FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

[転載] 秘めてた仔

動物たちの未来のために」様からの転載です。

※転載記事の場合、「応援コメント」や「ツイート」や「いいね」は転載元の方でお願いします。



「咬むから」

こんな理由で捨てていく飼い主。

どうして咬むのか考えようとしない飼い主。

咬む理由が自分にあるなんて全く考えない飼い主。



「咬むから」

こんな理由で殺処分するしかない管理所職員の方たち。

普段から殺さないように頑張っている所程つらい思いをする事になります。



こんな優しい子まで殺処分されてしまいます。




以下、転載です。




4/9、三本足のタケちゃんと初めて管理所で会った日、

ある一頭との出会いもありました。



その仔の事は、一生自分の胸の中だけで

止めておこうと決心してました。

その仔が確かに生きていた事…

私だけが一生記憶に残していこうと思いました。



ですが…

やはりその仔が生きていたことを、真実を書こうと思い直しました。

そのきっかけとなった理由は、後半にて書きます。



4/9、管理所の檻がいっぱいだったので、

子犬と成犬二頭が、同じ檻に入っていました。

子犬を見る優しいまなざし…

当然親子だろうと思ってボードを確認すると…

秘めてた仔 1

全く違うルートから、管理所に来た二頭でした。

秘めてた仔 2

子犬にとても優しい雄犬。

子犬とじゃれ合うわけでもなく、

ただただ、子犬に寄り添っているようにみえました。

「大丈夫だからね」って…

秘めてた仔 3

だけど、この仔は「生」への道は閉ざされていたんです。

管理所に来た時点で、全てが終わっていたんです。

秘めてた仔 4

「咬傷犬」

飼主の「心変わり」と「行動」…それだけしか

この仔の運命を変える事はできなかったんです。

秘めてた仔 5

優しい子でした…

あの仔の優しさに守られた子犬は、譲渡適性検査に合格しました。

お互い別々の扉へと向かいました。

「生」と「死」…この二頭にとって、

本当の…永遠のお別れでもありました。



今日「ひまわりの家」に行った時に、

あの仔が二週間、優しく見守ってた子犬と再会しました。

秘めてた仔 6

半月ぶりに会った子犬は、少し成長したかのようにみえました。

この子犬の後ろに…あの仔の姿が見えるかのようでした。

この子犬には絶対幸せになって欲しい…

秘めてた仔 7


管理所の緊迫した空気の中、

怯えていた子犬の側にずっと寄り添ってくれてた

亡くなったあの仔の優しさのためにも...




「いのちのはうす保護家」では、
特に、平日のボランティアさんを必要としております。
どうか、私達に力を貸して下さい・・
いのちを受け入れるキャパを...力を貸して下さい!

1ヶ月一回でも、1時間でも構いません。
ボランティア希望の方は、会の窓口電話か
下記のメルァドまでご連絡ください<(_ _)>
場所等ご説明いたします。


mailお問い合わせ(担当・カワノ&伊藤)

★090-4484-5165(担当・藤井)


チャリティーショップ開設しました。
売上の一部が、保護家の維持費、医療費、等になります。
どうか、皆様のご協力をよろしくお願い致します。
会オリジナルマグネット販売開始
(保護家マグネット再入荷しました)


http://xxinunekoxx.cart.fc2.com/




転載、ここまでです。


ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

地球生物会議ALIVE 家庭動物
地球生物会議ALIVE 家庭動物

アニマルライツセンター 殺処分をゼロに
アニマルライツセンター 動物売買禁止

| 動物愛護センター | 06:27 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 杉本彩さん、580万円寄付の理由は

杉本彩さん、580万円寄付の理由は



 動物愛護に取り組んでいる京都市出身の女優・杉本彩さんが23日、京都市役所を訪れ、京都府と市が共同で来年度の開設を目指す「京都動物愛護センター」(仮称)の整備費として約580万円を寄付した。

 子どもの頃から、捨てられたペットを連れ帰り、育てていたという杉本さん。東日本大震災の被災地で行き場のないペットを保護したり、動物虐待などを取り締まる態勢整備を求める署名を集めたりしている。

 寄付金は、杉本さんが3月に市内で開いた動物愛護のチャリティーイベントの収益金。門川大作市長から感謝状を受け取った杉本さんは「日本は動物愛護への意識がまだまだ未発展。センターを日本一の施設にし、京都から全国をリードしてほしい」と求めた。

読売新聞 2013年4月24日




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


| 動物愛護センター | 00:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 県動物管理センター ここに来る犬、猫がいなくなってほしい 関係者の願い /群馬

 県動物管理センター(沼田市)の処分室内に炭酸ガスが送り込まれた。数分後、施設内に響いていた犬の鳴き声が少しずつ小さくなり、モニターに映る処分室内の犬たちはピクリとも動かなくなった。ガスを送り込むスイッチを押すのは、センター長の役目。田中義朗センター長は「どれだけ殺処分しても終わりがない」と目を伏せる。

 県内の保健所などに引き取られ、新たな飼い主が見つからなかった犬猫のほとんどは、同センターに運び込まれて殺処分される。11年度の殺処分頭数は、犬952匹、猫1871匹。年々減少しているが、身勝手な理由でペットを手放す飼い主は後を絶たない。

 同センターの職員らは仕事が終わると、敷地内にある慰霊碑の前で線香を上げて帰宅するのが日課だ。毎秋、県内の保健所や動物愛護団体の関係者が集まり慰霊祭も行われる。「ここに来る犬や猫がいなくなるよう、最後まで責任を持って飼ってほしい」。関係者らの願いだ。

毎日新聞 2012年11月14日




群馬県動物管理センター
群馬県動物管理センター
http://www.pref.gunma.jp/07/p13210001.html




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分


| 動物愛護センター | 00:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 高崎市動物愛護センター 殺処分減らしたい 飼い主にアドバイス、譲渡先探しも /群馬

 「言うことを聞かない」「飼育費用が高い」「こんなに大きくなるとは思わなかった」。身勝手な理由でペットの犬猫を手放す飼い主が後を絶たない現状に歯止めをかけようと、高崎市の動物愛護センター(同市乗附町)は、やむを得ない事情以外は引き取りを断り、殺処分を減らす取り組みを進めている。

 同センターは11年4月、高崎市の中核市移行に伴い開設。西部保健福祉事務所から犬猫の保護業務を引き継ぎ、10年度に684匹だった犬猫の殺処分件数を、11年度は125匹にまで減少させた。同センターによると、引き取りを求める飼い主の大半は飼い方に問題があり、職員のアドバイスで解決することも多い。また、時には1〜2時間かけて再考するよう説得することもあるという。

 引き取った後も、病気や性格に問題がなければ譲渡会やホームページで譲渡先を探す。しかし、施設にはすでに何十匹もの犬猫が保護され満杯。引き取って半年以上になる犬も。それでも、「できるだけ殺処分は避けたい」と、職員たちは新たな飼い主が現れるのを信じている。

毎日新聞 2012年11月07日




犬・猫の殺処分 高崎市8割減

 高崎市で2011年度に殺処分された犬と猫の数が、前年度比で約8割も減少したことがわかった。同市は、昨年度の中核市移行で、新たに市動物愛護センター(高崎市乗附町)を開設。安易な処分依頼に応じず、飼い主に再考するよう職員が粘り強く説得したり、動物愛護団体と協力し、新たな飼い主捜しに奔走したりするなどの取り組みが功を奏したという。

 市によると、市内で11年度に殺処分された犬は、前年度比104匹減の69匹。猫は、同455匹減の56匹だった。

 高崎市は、11年度の中核市移行に伴い、これまで県西部保健福祉事務所が担当していた犬と猫の保護業務を担うことになり、同センターを設置。これを機に、殺処分数減少を目指し、職員7人態勢で業務を始めた。

 中核市となる前の10年7月には、保護業務の先進地域の熊本市に職員を派遣。同市は02年1月から「殺処分ゼロ」を掲げ、飼い主の身勝手な理由での引き取りを断っているほか、積極的な譲渡を行うなどの取り組みを続け、09年度には、前年度比で犬の殺処分数を71匹から1匹、猫を70匹から6匹に減らした。

 熊本市動物愛護センターの後藤隆一郎主任技士は「動物愛護団体などとの協力や理解のおかげで、ここまで来られた」と話す。

 高崎市は、熊本市の手法を参考に業務を開始。犬や猫を引き取ってもらうために高崎市動物愛護センターを訪れた飼い主に対しては、担当職員が丁寧に理由を聞き、動物の命の大切さを訴え、再考を促している。

 「鳴き声がうるさい場合、餌や散歩の時間を変えてみては」「ここに連れてくるということは、この子が殺処分される可能性もあるんですよ」。時には、2時間以上も説得を続ける場合もあるという。

 どうしても飼育できない時は、新たな飼い主を探す方法などを提案。時には、罵声を浴びせられることもあるが、納得して帰る飼い主も少なくないという。

 同センターの大熊伸悟主任管理技士は「動物たちの大切な命を簡単に断ってはいけないと、心を鬼にして説得している」と話す。

 また、犬を保護した場合は、市に登録してある飼い犬情報などと照合。該当しそうな全ての飼い主に電話で問い合わせる。この結果、06年度は19・8%だった犬の返還率が、11年度は44%に倍増した。

 地元の動物愛護団体と協力した新たな飼い主探しにも力を入れ、11年度は犬66匹、猫124匹を譲渡した。高崎市では、健康状態や年齢などの条件をクリアすれば成犬や猫であっても積極的に譲渡を行っている。

 大熊さんは「間口を狭く、譲渡を積極的に行うことに加え、イベントや講習会を通じて殺処分数を限りなくゼロに近づけるよう最善を尽くしたい」と話している。

読売新聞 2012年06月22日




高崎市動物愛護センター
 http://www.city.takasaki.gunma.jp/hokenjo/seikatsueisei/doubutsu.htm

 ・保護犬猫情報
   犬:http://www.city.takasaki.gunma.jp/hokenjo/seikatsueisei/s-dog.htm
   猫:http://www.city.takasaki.gunma.jp/hokenjo/seikatsueisei/s-cat.htm

 ・飼い主が行方を捜している犬猫の情報
   犬:http://www.city.takasaki.gunma.jp/hokenjo/seikatsueisei/y-dog.htm
   猫:http://www.city.takasaki.gunma.jp/hokenjo/seikatsueisei/y-cat.htm

このセンターの譲渡対象範囲内で犬猫を飼う事を希望されている方が居られましたら、ペットショップで買うよりも是非センターからの譲渡を選んで欲しいと思います。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村



動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

里親募集
岡山県で犬との暮らしをご検討中の方が居られましたら、是非お願いします。
そうにゃんだ 山の仔犬  バナー

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー

| 動物愛護センター | 00:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |