FC2ブログ

2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[転載] 動物愛護法改正パブコメ第2弾のお願い

公益財団法人どうぶつ基金様からのメールです。




公益財団法人どうぶつ基金 理事長の佐上邦久です。

パブリックコメントのご協力をお願いいたします。

http://k.d.combzmail.jp/t/a9s0/a01rpvx0di3ff9kveyEUq

こんにちは、公益財団法人どうぶつ基金(内閣府承認)理事長の佐上邦久です。
本日は、あなたに緊急のお願いがあります。
今、環境省が動物愛護管理のあり方について私達の意見(パブリックコメント)を2件求めています。

私たち国民が法案改正について直接意見を届ける事が出来る、5年に1度しかないチャンスなのです。
そこで是非あなた様から環境省あて意見を送付していただきたいのです。
やり方はカンタンで、あなたの賛同できる意見にチェックを入れて送信ボタンを押すだけです。どうか声なきどうぶつ達のために、あなたの貴重なお時間を少しだけください。

※このフォームによる意見提出が正式にパブリックコメントとして受け付けられることは環境省の承諾済です。


http://k.d.combzmail.jp/t/a9s0/a01rqvx0di3ff9kveyN2D

情報拡散をしていただければ幸いです。




今回のパブリックコメントでは、

「動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案等の概要」に対する意見の募集
(1)オークション市場の動物取扱業への追加
(2)動物を譲り受けて飼養する事業者の動物取扱業への追加
(3)犬及びねこの夜間展示の禁止等

「動物愛護管理のあり方について(案)(「動物取扱業の適正化」を除く)」に対する意見の募集
 1.虐待の防止
 2.多頭飼育の適正化
 3.自治体等の収容施設
 4.特定動物
 5.実験動物の取扱い
 6.産業動物の取扱い
 7.罰則の強化
 8.その他(1)犬のマイクロチップの義務化
      (2)犬猫の不妊去勢の義務化
      (3)飼い主のいない猫の繁殖制限
      (4)学校飼育動物および公園飼育動物の適正飼養
      (5)災害対応
      (6)実施体制への配慮

動物取扱業の適正化について(案)
(1)深夜の生体展示規制
(2)移動販売
(3)対面販売・対面説明・現物確認の義務化
(4)犬猫オークション市場(せり市)
(5)犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢
(6)犬猫の繁殖制限措置
(7)飼養施設の適正化
(8)動物取扱業の業種追加の検討
(9)関連法令違反時の扱い
(10)登録取消の運用の強化
(11)業種の適用除外(動物園・水族館)
(12)動物取扱責任者研修の緩和
(13)販売時説明義務の緩和
(14)許可制の検討

について意見が求められています。

8月のパブリックコメントと同じように、どんどん意見を送りましょう。

人間に翻弄され悲しい運命を辿る動物を減らす為に!



ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


全ての生命を尊ぶ会の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。

2011年09月15日A-12011年09月15日B-12011年10月19日A-12011年10月21日A-1
2011年09月05日A-12011年09月19日A-22011年09月19日A-22011年11月11日D-1
2011年10月24日A-22011年10月24日B-12011年11月17日C-12011年11月17日A-1
2011年11月05日C-12011年11月10日A-22011年11月11日A-1


京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。

京都市家庭動物相談所(MIX 1)京都市家庭動物相談所(ねこ 03)C009C010
D007 京都市家庭動物相談所(チャイニーズクレステッドドッグ)D008 京都市家庭動物相談所(MIX)D009 京都市家庭動物相談所(MIX)D011 京都市家庭動物相談所(イングリッシュコッカー)
D012 京都市家庭動物相談所(シーズー)C013 京都市家庭動物相談所  


動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。

犬 殺処分



クリックする事で募金が出来ます。
(サイト内の「ワンクリ募金をする」バナーをクリックして下さい)
募金はサイト運営者又はスポンサー企業が行いますので、クリック側に課金は発生しません。
(初クリックの場合は、サイトを良く見て頂き、サイトの趣旨に賛同して頂ける方のみクリックをお願いします)

1 Click Animalsへ

| 他サイト転載 | 01:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

全ての生命を尊ぶ会 里親募集情報 28

転載元記事:http://minna-issho.blogspot.com/2011/11/blog-post_6595.html

①オス 7歳くらい
2011年11月17日B-1

2011年11月19日 追記

神戸西警察から昨日引き出したわんこ(オス)

兵庫県龍野市のご家族に決定しました

始めて犬を飼われるということで

ゲージとトイレなど準備が出来次第お届けします




②メス3歳くらい
2011年11月17日C-1

2011年11月19日 追記

龍野市のかたが2頭一緒に飼ってくださることになっていました

昨日引き出したあとシャンプー・カット(臭いと毛のもつれがひどく)に連れて行ったのですが

カットを終えてみるとお腹が大きい気が・・・

今日病院で超音波検査をしてみるとおそらく2~3頭はいるだろうということ・・・

生まれるのは早くて来週おそいと12月上旬・・・

一度帝王切開したらしき跡も残っていました

小型犬は人が手を貸してあげないと無事に生まれないこともあるし

帝王切開になることもあると・・・

一番いいのは前もってレントゲンを撮りお腹の匹数を把握しておき

朝晩体温を測って一度くらい体温が下がったことを目安に入院させる
(体温がさがって12時間~24時間後に出産が始まるそうです)

入院、出産費用はその病院では8万円くらいと言われました

出産のときに避妊手術をすることも可能だそうです

それも入れるともっと高額になってしまいます

現在、保護犬ということで安く受けてくれる病院を探し中です

なんとか無事に出産を終えて欲しいです

龍野市のかたは男の子だけになりました

出産・授乳が無事終わりましたら母犬・子犬の里親さまを募集いたします





神戸市西区秋葉台の公園で2頭が同じ時間に近い場所で通行人に発見・保護されました

警察で別々のゲージに入れると鳴いていたのが2匹一緒にすると大人しくなったそうですので

同じ飼い主かブリーダーなど販売業者が捨てた可能性が高いです

メスは繁殖に使われた形跡あり

どちらもまったく手入れされていません

ただ2匹ともとても人なつこく写真撮影のためゲージから出されるととても嬉しそう

2匹とも元気いっぱい

警察にいられる期限は21日(月)まで

どうかこの子たちの里親さままたは一時あずかりさまになってください

よろしくお願いします




全ての生命を尊ぶ会

(078)591-2415 井上
minna-issho@ae.auone-net.jp


| 里親様募集 | 06:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

全ての生命を尊ぶ会 里親募集情報 27

転載元情報:http://minna-issho.blogspot.com/2011/11/blog-post_6595.html

2011年11月17日A-1





2011年11月23日 追記

兵庫県三木市のかたに決定しました。




今月15日に加古川市の公園に一人でいました

通りがかった中学生の女の子が

「おいで」と呼ぶと走って飛んで来たそうです

保護した中学生のお母さんから今朝電話がありました

この警察ではずっと外にだしっぱなしだそうで

ガリガリにやせていることもありとても心配なので

すぐに助けたいが飼い犬がかなり繊細なためこの子を飼うことができない

ということでした

別のわんちゃんの預かりを名乗りでてくださったかたに緊急でお願いしました

今日警察から引き出して神戸市西区のあずかりさまのお宅に届けました

オス 推定6~10歳

大変人懐こいです




全ての生命を尊ぶ会

(078)591-2415 井上
minna-issho@ae.auone-net.jp

| 里親様募集 | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 1頭でも多く助けてやって 石破自民前政調会長(追記)

2011年11月17日 家畜おたすけ隊様のブログより転載追記

SEACHINA 2011年11月09日
 http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=1109&f=politics_1109_036.shtml

 東京電力福島第一原発事故のために警戒区域内に取り残され、今も命をつないでいる牛など家畜の命を一刻も早く国の責任で救出するよう9日の衆議院予算委員会で自民党の石破茂安全保障調査会長(前政調会長)が涙を浮かべて訴えた。鹿野道彦農林水産大臣は「1頭でも多く、助けてやって頂きたい」と早急な対応を求めた石破氏に対し「研究用に本日公募する」と約束した。

 また、石破氏は「こうしている間にも、どんどん命が喪(うしな)われている。牛がどんなに苦しんでいるか、飼い主が涙に暮れているか。人間の責任はものすごく重い」と語り、「水をやり、餌をやり、したくても(警戒区域に入っていけないから)できない。入れないようにした国が責任を負うべき」として、命を救う対応を求めた。また、こうした家畜の経時変化を観察していくことが大事だとした。

 枝野幸男原子力災害対策本部副本部長は「人命最優先で動物への対応が十分でなかった。周辺住民、そこにいた動物に大変申し訳なく思っている。真摯に受け止め、本部としても農水省と迅速に対応していきたい」と答えた。

 農水省は9日、牛などの肉中放射性セシウム濃度の「と畜前」推定技術の検証を研究対象とした研究実施機関の公募をはじめた。研究費に最大1500万円を助成するとしている。

 ただ、警戒区域内では1000頭近くの家畜が命をつないでいるとされ、迅速に抜本的な救済策が求められている。



予算委員会での質疑

以下、家畜おたすけ隊様より転載

石破議員

次に、吉野委員が聞いておられた動物の問題でございます。

これはきのう、吉野委員は何も奇をてらってあのパネルを示したわけではありません。
どれだけ地元の人たちのことを思い、どれだけ寝食を忘れて地元のためにやってきたか、それは同じ選挙区である玄葉大臣もよく御案内のとおりだと私は思っております。
このことに与党も野党も関係はございません。

問題は、大臣、十二月までときのうおっしゃったように私は記憶をするのですよ。
この動物をどうするのか、ほかへ移すのか、どうするのかということについてですね。
まだ十一月の初旬であって、あと二月近くあるわけですよ。

その間に動物たちは、えさも食べられず、水も飲めず、どんどんどんどんあのような形で命を失っていくわけですよ。

私は、そのようなことがあっていいとは思わないし、これは感情論のみならず、法的にもそうなのではないかというふうに思っているのです。つまり、動物愛護法第四十四条というのを御存じでいらっしゃいますね。その趣旨をお述べになってください。

鹿野国務大臣

動物そのものの立場というふうなものを尊重して、そして施策を講じていくというふうに私どもは認識しております。

石破議員

これは農水省所管の法律ではありませんが、この問題を論ずるときに必ず出る議論なので、大臣、よく御案内のことだと思います。

つまり、第四十四条は、愛護動物は犬とか猫に限らず、牛であり、馬であり、豚であり、綿羊であり、ずらっと書いてありますが、「愛護動物に対し、みだりに給餌又は給水をやめることにより衰弱させる等の虐待を行つた者は、五十万円以下の罰金に処する。」というふうに書いてあるわけですね。

もう一方、原子力特別対策法という法律があって、この法律の方が動物愛護法よりも優先するという考え方なのか、それとも、みだりにということではないのだという考え方なのか、どちらの立場に政府は立っておられますか。

もう一つ、昭和六十二年十月九日総理府告示の、産業動物の飼養及び保管に関する基準、これを御存じだと思います。管理者、すなわち飼い主ですね、「管理者は、地震、火災等の非常災害が発生したときは、速やかに産業動物を保護し、及び産業動物による事故の防止に努めること。」
こういう基準がありますね。御存じのはずです。

何でこれがきちんと守られないのか。

つまり、国が立ち入りを禁止することによってこの保管者の義務を果たすことができないとするならば、入ってはならないと言った政府がこの義務をかわって負うということになるのが法律の考え方としては当然じゃないですか。

鹿野国務大臣

後段の件でありますけれども、この件につきましては、警戒区域の中におきましてもどういう形で対処していくかというふうなこと等々について、今、いわゆる放射線量の低いところから何とか囲いさくをつくりまして、そして、まさしく具体的な形で動物をそこに囲い込むというふうな施策をとっております。
それは、基本的に、原子力安全対策本部におきまして、この警戒区域におけるところの家畜等々につきましては、まさしく今日、処分をするという決定に沿って対処しているということでございます。

石破議員

済みません。私はそのようなことをお尋ねいたしておりません。原子力特別対策法という法律があって、動物愛護法という法律があって、そしてまた今申し上げた保護に関する基準があって、この三つはどういう関係に立っていますかということを聞いているんです。

枝野国務大臣

原子力災害対策本部の副本部長という立場から御答弁をさせていただきます。
今回の原子力事故が生じたことによって、特に警戒区域等を設定した初期の段階においては、まずは人命、人に対する健康を守るということに全面的に徹せざるを得ない状況の中で、動物に対する対応が十分ではなかった。

それは、愛護法の関係でいえば、「みだりに」というところとの関係で、人命、人の健康を守るという措置のためにやむを得ない措置であったということで解釈されるものというふうに思っております。

その上で、警戒区域等に対する立ち入り等、つまり、人に対する健康への影響についてリスクが一定程度低減された段階から、例えば動物、家畜についての安楽死等の対応や、今農林省で頑張っていただいている、今生きている家畜等に対する対応を順次進めていただいているところでございますが、これについては、原子力災害対策本部としても、できるだけ、特に今生きておる動物等についての対応を急ぐように農水省と連携して努力したいと思います。

石破議員

この話は、随分前からあるお話ですよね。何カ月も前から指摘していることですよね。

その間にどんどん牛の命が失われているわけで、きのうの写真を直視できますか。あんなのを直視できますか。

私は普通できないと思いますよ。

あれを見て涙を流さない人がいたとしたら、私はその人の人間性を疑いますね。

私、本当に悲しかったし、

あの牛がどんな気持ちで死んでいったかと思えば、人間の責任というのはものすごく重いと思う。

そんなに傲慢でいいと私は思わない。

それは、枝野大臣は今、法的にいろいろなお話をなさいました、私は全く納得していないけれども。                        (皆もです!)

では、保管義務というのが飼い主に、保管者にあるわけでしょう。水をやり、えさをやり、そういうのがあるわけでしょう。

入っちゃいけないということで、それはできないわけでしょう。

だとしたら、いけないと言った国にその責任があると考えるのが普通じゃないですか。
そうでないとするならば、放射能の被害を受けないようにきちんとした措置をした上で、飼い主が、えさをやり、水をやりということで立ち入りを、お願いだ、入れてくれなんと言って警察官に泣いて頼むなんという、そんなことがあっていいですか。

今こうしている間もどんどん命は失われているんですよ。

すぐに対策を講じる、

一頭でも死なないように今すぐやるということがどうして言えませんか。

なぜ言えない、農水大臣。

農水大臣に聞いています。

枝野国務大臣

ぜひ御理解をいただきたいのは、これは、今回の原子力発電所事故以降の対応について、こうした大きな事故についての準備ができていなかったということの結果として、特に周辺地域の住民の皆さん、そしてそこにいた動物も含めて、十分な対応が、当事者の皆さんから、至らない点が多々あったことは間違いない。それも大変申しわけなく思っております。

ただ、まずは周辺住民の皆さんの人命そして健康ということを最優先に、また、その上で、自衛隊や消防の皆さん初め、危険な中で頑張っていただきましたが、まさに事故の収束や周辺住民の皆さんの健康へのリスクとの比較の上でリスクを冒していただきましたが、そういったことの中で、動物などに対する対応がどうしても、周辺の放射線量やその時点での原子力発電所の状況等にかんがみたときに、では警察や自衛隊の皆さんにそのリスクを冒していただくということをお願いできる状況なかった時期を一定程度つくったことは間違いありません。

そうしたことの中で、現状では、順次入れるような状況になってきて以降の対応がまだまだ十分でないという御指摘については真摯に受けとめて、原子力災害対策本部としても、農林水産省等ともしっかりと連携をして、できるだけ迅速に対応してまいりたいと思います。

石破議員

この話はもうこれ以上しませんが、それを飼っている人がどんな思いでいるかというのは、枝野さん、わかっているでしょう、あなた。

話も聞いて、気の毒だという言い方は私はしたくないので、本当にそうだと言って共感をしたでしょう。

だとしたら、人命が今すぐに緊急を要するような状況かといえば、

もちろん、深刻な状況は続いていますよ。しかしながら、山古志村のときにCH47で自衛隊が牛を運んだ。

私は、自民党政権が全部正しかったとは言わないけれども、あのときに自衛隊のヘリを使ってでも牛を運んだということはやはりきちんとした人道的措置だったと思っていますよ。

それが今できないはずはない。

そして、今我々が要求をしているのは、口蹄疫とはわけが違うので、これは伝染していくものでも何でもないんですよ。

こういうような被害を受けたその牛がどのようにして経年変化を起こし、どのようにして健康に影響が及ぼされるかということは、きちんと科学的なデータをとるということも非常に意味のあることであって、

農水大臣、今こうしているときも牛がどんなに苦しんでいるか。

そして、飼い主の人たちが本当に涙に暮れているということは大臣よく御認識をいただいて、役所にお帰りになって、

何かすぐできることはないか、

今すぐ運べる牛はいないのか

ということについて御指示をいただきたいんですが、どうですか。

鹿野国務大臣

きのうも吉野委員から具体的なことの問題提起がされたわけでありますけれども、私もきのうの段階でお答えしたところでございますけれども、

一つ、きょうも石破委員から御指摘いただきましたので、実用技術開発事業として、まず、屠畜前の牛の放射線量に関する研究の公募というふうなものは早速行ってまいります。そういうふうなことで、具体的な措置を講じてまいりたいと思います。

石破議員

一頭でも多く助けてやってくださいよ。

一日も早くやってくださいよ。

そして、飼い主をこれ以上泣かせないでくださいよ。

それは国の責任として絶対にやるべきだと私は思いますがね。

鹿野国務大臣

今具体的に申し上げた事業につきましては、本日公募をするというふうなことで措置を講じてまいりたいと思います。

石破議員

その結果は日々検証していきたいと思っております。

このことは与党がどうの、野党がどうのという話では全くありませんので、ぜひお願いをいたしたいと思います。



この話は本当でしょうか?

本当だったら嬉しいなと言う思いと、本当であっても遅すぎるって言う思いで
複雑な気分になりながら、石破茂安全保障調査会長のブログに目を通しましたが、
動物の事には全く触れられていませんでした。

涙を浮かべて訴えるぐらいなら、これまでも発言しててもよさそうなもの。

やっぱりパフォーマンスなのかな?


追記分に対するコメント

結果を日々検証すると言われていますが、
何かアクションがあったのでしょうか?

かなり突っ込んだ質問をしてくれていますね。

やっぱりパフォーマンスでは無いと願いたいです。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


全ての生命を尊ぶ会の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。

2011年09月15日A-12011年09月15日B-12011年10月19日A-12011年10月21日A-1
2011年09月05日A-12011年09月19日A-22011年09月19日A-22011年09月19日A-2
2011年10月21日B-22011年10月24日A-22011年10月24日B-12011年11月05日B-1
2011年11月05日C-12011年11月05日D-12011年11月10日A-2 


京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。

京都市家庭動物相談所(MIX 1)京都市家庭動物相談所(ねこ 03)C009C010
D007 京都市家庭動物相談所(チャイニーズクレステッドドッグ)D008 京都市家庭動物相談所(MIX)D009 京都市家庭動物相談所(MIX)D010 京都市家庭動物相談所(ヨークシャーテリア)


動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。

犬 殺処分



クリックする事で募金が出来ます。
(サイト内の「ワンクリ募金をする」バナーをクリックして下さい)
募金はサイト運営者又はスポンサー企業が行いますので、クリック側に課金は発生しません。
(初クリックの場合は、サイトを良く見て頂き、サイトの趣旨に賛同して頂ける方のみクリックをお願いします)

1 Click Animalsへ

| 報道 | 00:39 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 『ひまわりと子犬の7日間』2013年公開

Walkerplus 2011年11月17日
 http://news.walkerplus.com/2011/1117/8/

必死に子犬を守ろうとする母犬と、生き抜いてほしいと願い続けた管理所職員とその家族が生んだ奇跡の実話を基に描く『ひまわりと子犬の7日間』が、堺雅人、中谷美紀出演で2013年春に公開されることがわかった。

2007年2月、宮崎県で住民の通報により1頭の母犬と3匹の子犬が県中央動物保護管理所に捕獲された。管理所に収容された犬たちには「命の期限日」が付けられ、飼い主が見つからないと7日後に殺処分される。管理所から生きて出られる確率はわずか10%。親子で保護された場合、ほとんどの母犬が緊迫した状況に驚き、子犬の面倒を見なくなるなか、この母犬は違っていた。子犬を守ろうと必死で人間を威嚇し続けたのだった。長年、犬を捕獲し続けている職員も、この母犬の姿に驚くと同時に、子への愛情に心を打たれ、職員は自分の担当月のぎりぎりの日まで期限を延期しようと決める。

今回、この実話を映画化するのは、『武士の一分』(06)、『母べえ』(07)、『おとうと』(10)でそれぞれ日本アカデミー賞脚本賞受賞した平松恵美子。管理所職員の神埼彰司を堺雅人が、獣医の五十嵐美久を中谷美紀が演じる。宮崎県出身の堺は、今回「宮崎が舞台の作品ということで、一も二もなく飛びついた」と言い、「18で上京しましたが、故郷の人間を演じるのは初めてのこと。幼い頃からなじんだアクセントで芝居をすることは、長年の夢でした。中年にさしかかった今、こうしたお仕事をいただいたことは、俳優としても何か意味があるような気がしています」と喜びを語る。2010年に宮崎県で発生した口蹄疫や、今年3月の東日本大震災を受け、堺は「この仕事は僕にとって、“命と向き合う”作業になるのではないか」と感慨深い様子だ。

中谷は自身の役柄の「動物を飼うことの幸福な面だけではなく、その影に隠れた哀しい現実に目を向けたうえで、それでも動物と触れ合うことの喜びを伝える作品であること」に共感したといい、「動物と子供と向き合うことになるので、虚飾のない素直な心で演じたい」と意気込みを語った。女性監督とのタッグは初となる中谷は、「女性の視点からどのように登場人物を動かしていくのか、とても興味深いですし、平松監督は生物学にも精通していらっしゃるので、犬について多くを教えていただけることを期待しています」と心待ちにしている。久しぶりの共演だという堺と中谷。堺は中谷との共演について、「何だか生まれ育った土地にお迎えするような照れくささも感じますが、彼女の精魂込めた、力強い演技を間近で見られることを楽しみにしています」と期待を寄せた。

本作の撮影は11月から12月にかけて行われ、宮崎では真っ青な空と紺碧の海に縁取られた美しい海岸線、手つかずの緑豊かな山々など心安らぐ日本の原風景の素晴らしいロケーションでひまわりが放浪するシーンを撮影するという。



まだ知らない人達に、この映画を通じて、

 ・殺処分と言う行為が存在すること
 ・たくさんの動物が犠牲になっていること
 ・原因が全て人間の身勝手であること

が伝わればいいなと思います。

映画の世界観を深める為にも、
オープニングで、上記の内容が伝わるようなテロップを流して欲しい。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


全ての生命を尊ぶ会の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。

2011年09月15日A-12011年09月15日B-12011年10月19日A-12011年10月21日A-1
2011年09月05日A-12011年09月19日A-22011年09月19日A-22011年11月11日D-1
2011年11月14日A-12011年10月24日A-22011年10月24日B-12011年11月05日B-1
2011年11月05日C-12011年11月05日D-12011年11月10日A-22011年11月11日A-1


京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。

京都市家庭動物相談所(MIX 1)京都市家庭動物相談所(ねこ 03)C009C010
D007 京都市家庭動物相談所(チャイニーズクレステッドドッグ)D008 京都市家庭動物相談所(MIX)D009 京都市家庭動物相談所(MIX)D010 京都市家庭動物相談所(ヨークシャーテリア)


動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。

犬 殺処分



クリックする事で募金が出来ます。
(サイト内の「ワンクリ募金をする」バナーをクリックして下さい)
募金はサイト運営者又はスポンサー企業が行いますので、クリック側に課金は発生しません。
(初クリックの場合は、サイトを良く見て頂き、サイトの趣旨に賛同して頂ける方のみクリックをお願いします)

1 Click Animalsへ

| 報道 | 23:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 深刻シカ食害、わなで防げ 山梨と連携し捕殺に着手

信濃毎日新聞 2011年11月17日
 http://www.shinmai.co.jp/news/20111117/KT111116SJI090010000.html

 南アルプスの高山帯や亜高山帯でニホンジカによる植物の食害や踏み荒らしが深刻化する中、南ア食害対策協議会(事務局・伊那市)は16日、長野県側の高山・亜高山帯では初めてとなる捕殺に向け、伊那市長谷の南ア林道沿いの山林に「くくりわな」と「囲いわな」を仕掛けた。県も、山梨県と連携した捕殺への取り組みに着手した。

 対策協は伊那市、飯田市、諏訪郡富士見町、下伊那郡大鹿村や南信森林管理署などで構成。この日は長谷猟友会員ら約20人が、板を踏むとワイヤの輪が締まり、脚が抜けなくなるくくりわな22個を標高1800メートル付近に設置した。本格的な降雪までの間、会員が連日見回り、掛かったシカを処分して麓まで下ろす。

 囲いわなの設置は信大農学部に委託。同1600メートル付近に、立ち木を利用して高さ2メートルのネットを20メートル四方ほどに張った。内側に塩を置き、なめに来たシカがワイヤに触れると落とし扉が下りる。竹田謙一准教授(応用動物行動学)によると、シカは寒さとともに里側へ移動し、大平山荘(1960メートル)付近では既に確認しにくくなっている。今回の設置の箇所や時期で、どの程度の効果があるか確かめたい考えだ。

 一方、長野、山梨両県は12日から12月末まで、互いに相手側の地元猟友会員にシカ捕殺許可を出し、県境を越えて活動できるようにした。山梨側では2009年度から捕殺を始めているが、長野側に逃げ込むと手が出せなかった。それぞれ猟友会員が随時、南ア林道を車で移動しながらシカを撃つほか、期間内に複数回、県境の北沢峠付近へ同時にシカを追い立てる計画だ。

 長谷猟友会の北原幸彦会長は「それぞれの活動を組み合わせ、効果的な対応につなげられるといい」と話している。



ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


全ての生命を尊ぶ会の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。

2011年09月15日A-12011年09月15日B-12011年10月19日A-12011年10月21日A-1
2011年09月05日A-12011年09月19日A-22011年09月19日A-22011年11月11日D-1
2011年11月14日A-12011年10月24日A-22011年10月24日B-12011年11月05日B-1
2011年11月05日C-12011年11月05日D-12011年11月10日A-22011年11月11日A-1


京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。

京都市家庭動物相談所(MIX 1)京都市家庭動物相談所(ねこ 03)C009C010
D007 京都市家庭動物相談所(チャイニーズクレステッドドッグ)D008 京都市家庭動物相談所(MIX)D009 京都市家庭動物相談所(MIX)D010 京都市家庭動物相談所(ヨークシャーテリア)


動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。

犬 殺処分



クリックする事で募金が出来ます。
(サイト内の「ワンクリ募金をする」バナーをクリックして下さい)
募金はサイト運営者又はスポンサー企業が行いますので、クリック側に課金は発生しません。
(初クリックの場合は、サイトを良く見て頂き、サイトの趣旨に賛同して頂ける方のみクリックをお願いします)

1 Click Animalsへ

| 報道 | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] シカ捕獲制限撤廃

YOMIURI ONLINE 2011年11月17日
 http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kyoto/news/20111117-OYT8T00050.htm

 15日、府内でも鳥獣保護法に基づく狩猟の解禁を迎えた。近年は、鳥獣による農産物被害が急増しており、府は今季から、これまで1日3頭までとしていたシカの捕獲制限を撤廃イノシシについては猟期を従来より1か月長く設定し、農産物被害の軽減に役立てたい考えだ。

 鳥獣保護法では、キジや野ウサギなど49種類の動物について、ハンターが猟をできる期間を定めており、また、猟期外でも、農作物被害が目立つ場合は特別に許可を出して有害鳥獣を駆除できると定めている。

 一方、府内では鳥獣による農作物被害額が近年、急増。2000年度以降、おおむね4~5億円台で推移してきたが08年度から6億円超となり、昨年度は6億9500万円に達した。

 地域別にみると、〈1〉綾部市9970万円〈2〉京丹後市7996万円〈3〉京都市7554万円〈4〉城陽市6098万円――などだった。

 特に、イノシシとシカによる稲や野菜の被害が目立ち、この2種類で全体の約5割の被害額を占める。

 本来、鳥獣保護法で認められた狩猟は11月15日~2月15日だが、こうした事態を受け、府は昨年度、シカの猟期を3月15日までと1か月延長。今シーズンはイノシシについても3月15日まで延長し、シカの狩猟頭数制限を撤廃した。

 昨年度の捕獲数はイノシシ1万3488頭、シカ1万2982頭だったが、今季はイノシシ2万6000頭、シカ1万9000頭の目標を立てている。

 府は「イノシシとシカについては生態系を維持させる目的の範囲を超え、大幅に増殖しているとみられる。猟期には捕獲鳥獣を食用するといった活用法もあり、この機を有効に生かしたい」としている。



ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


全ての生命を尊ぶ会の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。

2011年09月15日A-12011年09月15日B-12011年10月19日A-12011年10月21日A-1
2011年09月05日A-12011年09月19日A-22011年09月19日A-22011年11月11日D-1
2011年11月14日A-12011年10月24日A-22011年10月24日B-12011年11月05日B-1
2011年11月05日C-12011年11月05日D-12011年11月10日A-22011年11月11日A-1


京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。

京都市家庭動物相談所(MIX 1)京都市家庭動物相談所(ねこ 03)C009C010
D007 京都市家庭動物相談所(チャイニーズクレステッドドッグ)D008 京都市家庭動物相談所(MIX)D009 京都市家庭動物相談所(MIX)D010 京都市家庭動物相談所(ヨークシャーテリア)


動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。

犬 殺処分



クリックする事で募金が出来ます。
(サイト内の「ワンクリ募金をする」バナーをクリックして下さい)
募金はサイト運営者又はスポンサー企業が行いますので、クリック側に課金は発生しません。
(初クリックの場合は、サイトを良く見て頂き、サイトの趣旨に賛同して頂ける方のみクリックをお願いします)

1 Click Animalsへ

| 報道 | 23:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 仮設住宅とペット/トラブル予防、自治体工夫

河北新報社 2011年11月15日
 http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1071/20111115_01.htm

 東日本大震災の被災地の仮設住宅で、入居者のペット飼育をめぐってトラブルが生じるのを防ごうと、各自治体が工夫を凝らしている。「ペットは飼い主にとって精神的な支え」などとして、各自治体は仮設住宅での飼育を完全には禁止できないとのスタンス。ただ鳴き声や臭いを迷惑に感じる入居者もいるため、ペットを飼える居住区画を設けたり、飼育教室を開いたりして、トラブル防止や飼育マナーの向上を図っている。

◎専用区画や教室/苦手な人に配慮呼び掛け

<鳴き声お互いさま>

 亘理町東郷地区にある公共ゾーン仮設住宅。約550戸の一画にペットを飼う入居者向けの専用区画を設け、約180世帯が犬や猫などと一緒に暮らす。

 9カ月の犬を飼う主婦の村上陽子さん(62)は「知らなかった人ともペットを通じてあいさつするようになり、友達になれた。鳴き声などもお互いさまと分かっているので気が楽」と話す。

 町には震災後、避難所の被災者から「ペットと一緒に暮らしたい」という声が寄せられた。このため仮設住宅への入居希望調査の際にペットの飼育希望も確認。希望者を専用区画に寄せ、ペットを飼わない被災者と住み分けを図った。

 仙台市は震災後、動物管理センターが市獣医師会やボランティア団体と「動物救護対策本部」を設置。犬や猫を飼う仮設住宅の被災者向けに伝染病予防接種を無料化したほか、ノミやダニの予防薬、餌、トイレ用シーツの配布などの支援をしている。

 動物愛護の観点に加え被災者がきちんとペットを飼える環境整備を後押しし、周囲との間にペットに関するトラブルが起こらないようにする狙いもある。

 動物を飼う上でのマナーアップ教室も、太白区のあすと長町仮設住宅などで実施。教室をきっかけに、同仮設住宅でペットを飼う住民同士が悩みなどを話し合うグループもできた。

 気仙沼市は原則として、仮設住宅でのペット飼育を禁止している。ただし市に申し出た上で(1)近所の了解を得る(2)室内で飼う(3)問題が起きた場合はよそに預けるなど対応する―という条件付きで飼育を認めている。

<飼い主もマナーを>

 各自治体とも「仮設住宅での飼育を完全に禁止することはできない」という立場だが、ペットを飼わない被災者の中には迷惑に思う人も少なくない。

 石巻市の男性(51)は「隣で犬を飼っていて、うるさくて休めない。仮設住宅へのペット持ち込みは禁止してほしい」と言う。女性(41)も「飼い主のマナーが良くない。臭くて大変」とこぼす。

 住み分けを図った亘理町でも、仮設住宅の敷地内に犬のふんが放置されていてトラブルになったケースがあるという。

 仙台市動物管理センターの亀田由香利獣医師は「ペットは飼い主にとって精神的な支えであり、震災を生き残った大切な命でもある。嫌いな人や苦手な人にも理解してもらえるよう、飼い主がマナーを守ることが大切」とアドバイスする。

◎家族の一員一緒にいたい/仮設入居やっと/壊れた自宅で、テント生活…

 仮設住宅へのペット同伴が原則として禁止されている気仙沼市で、同市渡戸の渡戸仮設住宅は唯一、土地の提供者の計らいにより屋外でペットを飼うことができる。身を寄せる9世帯のうち4世帯は、ペットがいるために避難所に入れず壊れた自宅にとどまらざるを得なかったり、車中泊を続けたりした世帯だ。

 無職の畠山敏雄さん(68)、喜代恵さん(62)夫妻は、ミニチュアダックスフントの雄「ムサシ」と暮らす。ムサシは日中は敏雄さんの膝の上から離れないが、夜になると喜代恵さんの布団に潜り込んでくる甘えん坊だ。

 被災後、9月中旬に渡戸住宅に入居するまでの半年間、2人は長男とムサシと、津波で1階が大破した同市太田1丁目の自宅2階で暮らした。

 大勢の被災者でごった返す避難所には、ムサシを連れて行けなかった。4月上旬、市に仮設住宅への入居を申し込んだが、「ペット連れはだめ」とあっさり断られた。

 自宅は気仙沼港からわずか100メートルの場所にある。震災後、戻って暮らす人はなく、4月中旬に電気が通っても、夜は辺りが真っ暗だ。「本当に怖かった」と喜代恵さんは振り返る。

 気仙沼市は仮設住宅でのペットの飼育を原則として禁止しているが、近所の了解を得ることや室内飼いなどの条件を守る場合に限り認めるようになった。畠山さん夫婦には8月末、渡戸住宅への入居許可が出た。

 ペットを飼っていない住民も動物に寛容で、畠山さんは「周囲に遠慮しながら飼っている他の仮設住宅に比べて、恵まれている」と思う。

 この仮設には避難生活で、同様の悩みを抱えた世帯が集う。アルバイト男性(52)は、避難所になっていた気仙沼市民会館の駐車場で半年近く、飼い犬とテント生活を送った。

 畠山さんは、震災で大勢の人が住む家を失う中、市の担当者がペットのことまで気が回らないことや、動物を好きな人ばかりではないことを理解している。

 それでも、ペットは飼い主にとって、家族の大事な一員。「自分たちも家をなくした被災者。『好きで飼っているんだろう』などと簡単に切り捨てないでほしい」というのが率直な思いだ。



ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


全ての生命を尊ぶ会の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。

2011年09月15日A-12011年09月15日B-12011年10月19日A-12011年10月21日A-1
2011年09月05日A-12011年09月19日A-22011年09月19日A-22011年11月11日D-1
2011年11月14日A-12011年10月24日A-22011年10月24日B-12011年11月05日B-1
2011年11月05日C-12011年11月05日D-12011年11月10日A-22011年11月11日A-1


京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。

京都市家庭動物相談所(MIX 1)京都市家庭動物相談所(ねこ 03)C009C010
D007 京都市家庭動物相談所(チャイニーズクレステッドドッグ)D008 京都市家庭動物相談所(MIX)D009 京都市家庭動物相談所(MIX)D010 京都市家庭動物相談所(ヨークシャーテリア)


動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。

犬 殺処分



クリックする事で募金が出来ます。
(サイト内の「ワンクリ募金をする」バナーをクリックして下さい)
募金はサイト運営者又はスポンサー企業が行いますので、クリック側に課金は発生しません。
(初クリックの場合は、サイトを良く見て頂き、サイトの趣旨に賛同して頂ける方のみクリックをお願いします)

1 Click Animalsへ

| 報道 | 04:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 年をとってもペットと暮らしたい

毎日.jp 2011年11月15日
 http://mainichi.jp/life/today/news/20111115ddm013100230000c.html

◆年をとってもペットと暮らしたい。

 ◇飼い主支える環境を 高齢者に利点大きく、動物看護師の派遣活動も

 「また猫と一緒に暮らしたい。でも、無責任な飼い主にはなりたくない

 約30年の間、さまざまな猫を飼い続けてきた千葉県市川市の70歳の女性は今年5月、16年間一緒に暮らしたオス猫「ゆうき」を病気で失った。ゆうきは捨て猫で、道端で弱っていたところを女性が保護。大切に世話をしてきた。

 ゆうきの死から2~3カ月は、ゆうきを失った悲しみが深く、気持ちが落ち込んだ。だが、夏ごろには「また猫を飼ってもいいかな」と思えるようになった。友人や離れて暮らす息子も「また飼えばいいじゃない」と勧めてくれた。しかしなかなか決心がつかない。

 女性は1人暮らし。高血圧などの持病があり定期的に通院している。今なら猫の世話など苦にならないが、いずれ自分自身が入院することがあるかもしれない。息子はマンション住まいで、いざという時、猫を預ける先はない。「さみしいからといって飼っても、10年、20年先まで面倒をみられるだろうか」。女性はそう考え、あきらめた。

    *

 内閣府が全国の20歳以上の男女に実施した2010年の動物愛護に関する世論調査によると、回答者1939人のうち、ペットを飼っている人の割合は34・3%だった。飼い主の年代別で見ると、最も高いのは50~59歳の44・5%。70歳以上は24・1%で最も低かった。

 東京大学付属動物医療センター長の佐々木伸雄獣医師(63)は「子供が独立し、50代でペットを飼い始める人は多い。その後、ペットが死んだ場合、60代なら『また飼おう』という気になるかもしれないが、70代の人は自分とペットの寿命を考え、ためらってしまう」と話す。

 年齢以外にも、病気への不安や体力の衰え、近くにペットの世話を頼める家族や親戚がいないなど、ペットを飼いたくても飼えない事情が高齢者にはたくさんある。しかし、高齢者がペットを飼う利点は大きい。「ペットを飼えば、えさやりやトイレの世話など、毎日やることができて生活にメリハリがつく。高齢で1人暮らしだと、一日中誰とも話さない可能性があるが、ペットに話しかければ鳴いたりしっぽを振ったりして、コミュニケーションが取れる。散歩に出れば、他の飼い主と言葉を交わす機会もある。ペットは高齢者が社会とのつながりを維持する手助けをしてくれる」と佐々木さん。

 高齢化の進展とともに、ペットを飼う高齢者のサポートが重要になっている。佐々木さんは09年12月、NPO法人「高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク(VESENA)」(東京都足立区)を設立した。会員は首都圏で開業する16の動物病院。会員病院の獣医師や動物看護師はボランティアで高齢の飼い主宅の訪問活動をしている。

 会員の「まるち動物病院」(足立区)の親跡(ちかあと)昌博院長(54)は動物看護師と手分けして、70~80代の飼い主宅3軒を月に1回程度訪問。健康相談を受けたり、薬やペットフードを届ける。要望に応じてペットの爪切りや入浴を手伝うこともある。費用として受け取るのは基本的に薬代やフード代などの実費のみ。動物看護師の人件費(1回1000~2000円程度)を受け取ることもある。あくまで社会貢献の一環とし、「収益とは関係ない」と親跡さん。ただ、高齢の飼い主がペットを飼い続けられれば、動物病院を受診する機会も増え、病院側のメリットにもつながりそうだ。

 VESENAは、ペットを飼えなくなった高齢者のため、獣医師のネットワークを利用して新しい飼い主を探す仕組み作りの検討も始めた。佐々木さんは「ペットを飼うことをあきらめなくて済むような環境作りが必要」と話す。



ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


全ての生命を尊ぶ会の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。

2011年09月15日A-12011年09月15日B-12011年10月19日A-12011年10月21日A-1
2011年09月05日A-12011年09月19日A-22011年09月19日A-22011年11月11日D-1
2011年11月14日A-12011年10月24日A-22011年10月24日B-12011年11月05日B-1
2011年11月05日C-12011年11月05日D-12011年11月10日A-22011年11月11日A-1


京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。

京都市家庭動物相談所(MIX 1)京都市家庭動物相談所(ねこ 03)C009C010
D007 京都市家庭動物相談所(チャイニーズクレステッドドッグ)D008 京都市家庭動物相談所(MIX)D009 京都市家庭動物相談所(MIX)D010 京都市家庭動物相談所(ヨークシャーテリア)


動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。

犬 殺処分



クリックする事で募金が出来ます。
(サイト内の「ワンクリ募金をする」バナーをクリックして下さい)
募金はサイト運営者又はスポンサー企業が行いますので、クリック側に課金は発生しません。
(初クリックの場合は、サイトを良く見て頂き、サイトの趣旨に賛同して頂ける方のみクリックをお願いします)

1 Click Animalsへ

| 報道 | 04:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 子猫虐待容疑で男を逮捕 インターネットで譲り受け(追記)

47NEWS 2011年11月11日
    2011年11月14日 追記
 http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011111101000045.html

 神奈川県警麻生署は10日夜、子猫を床にたたきつけ、けがを負わせたとして動物愛護法違反の疑いで、川崎市麻生区岡上、会社員広瀬勝海容疑者(45)を逮捕した。

 同署によると「床を汚したので頭にきてやった。インターネットを通じて5月から10匹ぐらいもらい、1匹は川に捨て、他は逃げた」と供述している。

 逮捕容疑は2日午後8時ごろ、自宅アパートで自分が飼っている子猫2匹の顔面を床に数回たたきつけるなどした疑い。

 子猫は東京都足立区の女性(42)から譲り受けた。広瀬容疑者に子猫を譲った別の女性(52)が7日にアパートを訪ね、通路で死骸を発見し同署に通報した。



関連情報

転載元:幸せさがし 【With animals別館】

里親募集サイト【ロンリーペット】さんに寄せられた
調布で猫の、保護活動をされている方からの情報です。

--------------------------------------------------------

昨日、譲渡した猫が夜中に暴れたらしく
「生きたまま川に投げてきた」とメールが入って
夜中に警察に通報して、今日は現地にセンターの職員と警察で現場検証だったんですが・・・


里親の部屋の窓の下、木の根元部分に、中猫2匹の死体が発見されたんです。
みえるように、木におしつけるようにおいてどうも怪しい。
虐待だと思われるものでした。

それでお願いがあるのですが、ロンリーペットに登録している団体で
最近猫を、この男に譲渡した団体はないか調べて欲しいんです。

私もどうして不審だと気付かなかったのか、悔やまれてなりません。
私のあげた猫は、もともと野良で人慣れが今ひとつだったので
その状態については説明は十分したんです。

落ち着いて考えたら、生きたまま抱っこで川に運ぶことは不可能なんです。
私たちでも抱っこは出来ませんでした。
ただ室内では普通にリラックスして過ごしていたし、落ち着いている時だったら撫でることも出来ました。

抱っこは無理なことを考えると、虐待したうえで連れて行ったとしか考えられません。

それで見つかった遺体の猫の柄ですが
1匹は真っ黒、もう1匹は白にハチワレ(黒の斑点)の猫です。
オスメスは不明でした。

この人については、以前にも
「不審なところがあるので見てきて欲しい」と
警察に通報があったそうで、来たことがあると警察が言っていました。

階段の踊り場には、猫の形をした血痕もあり虐待は間違いないと思います。
でも証拠がないと検挙出来ないそうなんです。

この猫の詳しい状態については、明日センターの職員が
見に来てくれることになっていますが
今日、見た限りでは白黒のお腹が裂けていました。

この男に、この猫をあげた人が解れば証拠になるのでどうか協力をお願いします。

私のあげた猫についても、何としても探し出したいと思ってはいます。
明日、捜索に行きます。
どうかよろしくお願いします。


住所:神奈川県川崎市麻生区○○****-*7 ××××ハウスB-203

名前:△瀬 △△(45歳)


この男に黒猫、もしくは白、ハチワレ、黒斑点の猫を
譲渡した団体・個人ボラさんがいらしたら
至急ロンリーペットさんまでご連絡願います。


LONELYPET 星野さん
e-mail:lonelypet_jp@yahoo.co.jp
サイト:http://lonelypet.jp/

--------------------------------------------------------

男の特徴

○ペット可物件と言うが嘘

○在宅勤務の会社員(自称)

○腕に引っかき傷が多数ある

「最近ボランティア精神に目覚めた」

「野良猫を捕獲して不妊去勢を行っている」


などの作り話もするそうです。


たくさんの募集主さんへ、里親希望の連絡をしています。

動物愛護に理解のある人物を装っているため、安心して引き渡してしまう方が多いようで多くの猫が騙し取られている可能性が高いです。

非常に巧妙で悪質ですから、里親募集をされている方は十分ご注意ください。



2011年11月14日 追記

廣瀬勝海事件被害者のブログ
 http://ameblo.jp/calendulacat/

川崎猫虐待の被害に遭われた方が立ち上げたブログです。

「私たちがどのような経緯で廣瀬に遭遇し、
 子猫たちを取り戻したか詳細に記しました。
 このような人間が実際にこの世に存在するのだということを、
 子猫の里親を探されるすべての方に知っていただきたいと思います。」

と言う思いから始められています。

里親探しを行われている方、ご一読下さい。



毒を吐きそうなので、この男に対するコメントはしません。

譲渡の難しさを思い知らされます。

全ての生命を尊ぶ会の譲渡会を手伝わせて貰っていますが、
里親を希望された方は一様にやさしそうな方ばかりでした。

例えば、その中に仮面を被った悪魔がいたとして、
見つける事が出来るのでしょうか?

| 報道 | 05:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT