FC2ブログ

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[転載] 拡散希望 8週齢規制は絶望的

さっち~のブログ様からの転載です。

 元記事:http://ameblo.jp/amour918/entry-11143692568.html


以下転載


「8週齢規制」メールプロジェクトを立ち上げて下さった ジュルのしっぽ 様より残念な情報です。

政治家は一体何のために存在しているのでしょうか。

命のために散々声を上げてきた人達の想いがどうしてここまで届かないのでしょうか。。

許せません。

動物達が見殺しにされるのを、このまま黙ってみていられるはずがありません。

命がかかっているのです。

まだ希望はあります。

ジュルのしっぽ様が例文を用意してくださっています。

みんなで徹底的にダメージを与えてやりましょう!!


~以下転載です~


8週齢規制は絶望的。


自民党が8週齢規制に反対する意向で固まっていることが判明しました。

これでいま現在、自民党と公明党が、
<わたし達国民が健全な動物の提供を受ける権利>よりも、
今年中に実施される公算が高い総選挙にそなえ、業界の組織票目当てに、
<ペット業界の営業権>を優先するつもりでいることがはっきりしました。

いま現在、単独で法案を成立させるほどの議席数は民主党にはありません。
つまり、このままいけば8週齢規制は修正協議に追い込まれ、
法案を成立させるために、民主党も譲歩せざるを得なくなるのは確実です。

わたし達はこれまで、「国会議員さんを味方につけよう」と思ってきました。
そうでなければ、日本に動物福祉文化が根づいていかないからです。

でも残念ながら、自民党も公明党も、手をつないでくれるつもりはなく、
醒(さ)めた目で一瞥し、体(てい)のよいことをいって、そっぽを向いてしまいました。

わたしは8週齢規制が成立しなかったら、
自民党にも、公明党にも、お世話になっている都議の方々も含め、
次の総選挙では、絶対に投票しません。


衆議院は今年中に総選挙、参議院は来年夏に総選挙が控えています。
おそらくマニフェスト無視や説明の足りない増税で、民主党の支持率が低下し、
自民党に追い風が吹いているので、成立させなくても議席がとれると思っているのでしょう。

でも、わたし達は知っています。

民主党だからマニフェストに掲げてトライしてくれたことを。
自民党なら、マニフェストに掲げることすらしなかっただろうことを。
増税は自民党が言い出したことで、
どっちにしろ、実行しなければいけないことを。
その証拠に、自民党はそれに代わる代替案を提示できずにいます。

こうなると、8週齢規制の実現のためには、
「この規制を実現させないと、次に落選してしまうかもしれない・・・」
「また、あの悪夢のような選挙戦になるかもしれない・・・」
と、実感してもらわなければなりません。

もし、「わたしも自民党に投票しない」、「ひと言いいたい」という方がいらしたら、
以下に自民党の改正関係者(重点議員、その他関係議員)をリストアップしておきますので、
ぜひその気持ちを議員達に伝えてください。
用意した文例をお読みいただければ、絶望的なのがご理解いただけると思います。
文例はご自由にご利用ください。

そして、お願いがあります。
今回の相手は、“あの” 自民党です。
相当なダメージを与えないかぎり、せせら笑われて終わってしまいます。
拡散していただけると効果が倍増していくので、
ご協力いただける方はぜひお願いいたします(転載もリンクも自由)。

********************************************

【 文 例 】

●自民党どうぶつ愛護議員連盟をはじめ、自民党から8週齢規制にするという確かな意思が、一切表明されていないのは非常に残念です。

●8週齢規制が成立しなかった際は、今年中に行われる公算が高いといわれている衆議院選挙、来年夏の参議院選挙で、貴党および所属議員には一切投票いたしません。

●20日の意見交流会で松浪健太議員は、「省を超えて、狂犬病予防法を一部、動物愛護法にうつして、登録の時に戸籍づくりをし、愛護管理法と連携させなければ8週齢も機能しない」と発言されていましたが、常識から考えて、3月には内容を確定しなければいけない今回の改正で、省を超えた戸籍づくりができるわけがありません。そうなると必然的に8週齢規制もザル法になるから意味がない、見送ると、威勢のいい発言でカモフラージュして、巧みに8週齢規制にする意思の表明を避け、暗にほのめかされていたことは、聞く人間が聞けばすぐにわかります。「そんなこと言っていない」と言い逃れするのでしょう。しかし、真実は必ず露呈するのです。

●そもそも規制をつくるうえで、戸籍づくりをしないと8週齢規制しても実効性がなく、逃れる業者を取り締まれないので意味がないというのは詭弁です。すでに環境省の検討委員会で、その詭弁は意見として破棄されています。それを言っていたら規制などどの業界でもできないからです。例えばお酒は20歳からと規制しても、実際には未成年で飲酒している人すべてを取り締まりきることなどできません。規制とは、健全で安全な社会をつくるために指標として必要となるものであり、実効性は規制状態を検証して高められ、取り締られていくものです。

●20日の意見交流会で松浪健太議員は、「各党に議連があり、それをどうまとめていくかが大事。民主党には議連が3つ。民主党の松野議員とお話をした際に、3つをまとめてくださいとお願いした。自民党は私が幹事長を務めて議連をひとつにして復活した。公明党は高木議員にお願いした。超党派でやっていきたい」とおっしゃいましたが、これは暗に自民党と公明党が反対し、8週齢規制を業界の希望に沿うように民主党に修正協議を迫ることを暗に宣言していたことも、わたしは知っています。

●ここまで馬鹿にしても、国民を言いくるめられると思っておられるのでしょう。だとしたら、社会を見る目がないのです。国会議員のバッヂを外しなさい。

●よくも動物愛護に熱心な方々の前で、そのような振る舞いができたものです。政治家以前に人として人格を疑います。

●どうりでAERA(12/26)でも、8週齢規制にするとひと言もいっていなかったわけです。

●三原じゅん子議員も1月5日のブログで8週齢規制問題に触れ、賛成派反対派の意見を紹介し、「難しい問題ですよね。みなさんはどうお考えになりますか?」と、また、20日の意見交流会でも、ご自分の意思を表明されていません。自民党が8週齢規制に反対であることが公に知れ渡ったいま、「検討中だから」というのは言い訳にもなりません。

●どうりで、自民党どうぶつ愛護議員連盟代表の小池百合子議員が、20日の意見交流会に挨拶にすら来なかったわけです。

●自民党は野党に下ってなお、国民の意識や情報収集能力の向上と変化をわかっていらっしゃらないとお見受けします。この8週齢規制に対する雑な対応が、どれだけ党の未来に致命的となるか、もっとよく体験された方がよいのでしょう。

********************************************

【 重点議員 】

●は最優先議員です。○は余裕があればお願いします。

<自民党本部>
メッセージ投稿先/https://ssl.jimin.jp/m/contact  ※600文字まで
本部住所/〒100-8910東京都千代田区永田町1-11-23

<自民党どうぶつ愛護議員連盟>

●会長/小池百合子
選挙区/東京10区(豊島区・練馬区)
HP/http://www.yuriko.or.jp/
メッセージ投稿先/http://www.yuriko.or.jp/mailform/mailform.shtml
※上記のHPのフォーマットでは、なぜか弾かれてしまいます。
 その場合は、「koike@yuriko.or.jp」こちらのアドレスへ。
事務所住所/〒171-0022 東京都豊島区南池袋1-20-9第1中野ビル6階B号室

●幹事長/松波健太議員(衆議院)
選挙区/大阪府10区(高槻市・三島郡)
HP/http://kentakenta.org/
メッセージ投稿先/http://kentakenta.org/info.html
事務所住所/〒569-0804 大阪府高槻市紺屋町11-1

●事務局長/三原じゅん子議員(参議院)
選挙区/比例区(全国区)
HP/http://www.miharajunco.org/
メッセージ投稿先/http://www.miharajunco.org/contact/index.html
事務所住所/〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館

●衆議院環境委員会筆頭理事/田中和徳(衆議院)
選挙区/比例区・南関東ブロック
HP/http://www.tanaka-kazunori.com/
メッセージ投稿先/HPの「お問い合わせ」をクリック。
※田中和徳議員は衆議院議員環境委員会筆頭理事なので、修正協議に出席すると予想されます。
 わたし達が特に田中議員の対応を注視していることを伝えましょう。
事務所住所/〒210-0846 川崎市川崎区小田6-11-24望星ビル205号室

○副会長/山本一太議員(参議院)
選挙区/群馬県
HP/http://www.ichita.com/
メッセージ投稿先/http://www.ichita.com/03mail/index.html
事務所住所/〒371-0846群馬県前橋市元総社町1-3-10-2F

○副会長/野田聖子議員(衆議院)
選挙区/比例区・東海ブロック(岐阜第1区) 
HP/http://www.miharajunco.org/
メッセージ投稿先/http://www.noda-seiko.gr.jp/contact/
事務所住所/〒500-8463岐阜県岐阜市加納新本町2-23

中川雅治(参議院)
選挙区/東京都
HP/http://www.nakagawa-masaharu.jp/
メッセージ投稿先/http://www.nakagawa-masaharu.jp/contactus.html
※150字程度しか送信できません。
事務所住所/〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1参議院議員会館 904号室

【 その他関係議員 】

●参議院環境委員会委員長/松村祥史(参議院)
選挙区/ 熊本県
HP/ http://www.yoshifumi.net/
メッセージ投稿先/HPの「お問い合わせ」をクリック。
※松村祥史議員は衆議院議員環境委員会委員長なので、修正協議に出席すると予想されます。
 わたし達が特に松村議員の対応を注視していることを伝えましょう。
事務所住所/〒862-0950熊本県熊本市水前寺6-41-5 千代田レジデンス県庁東101号室

●参議院環境委員会筆頭理事/北川イッセイ(参議院)
選挙区/大阪府
HP/ http://www.k-issei.jp/
メッセージ投稿先/HP一番下の「ご意見・ご感想」のアドレスをクリック
※北川イッセイ議員は参議院議員環境委員会筆頭理事なので修正協議に出席すると予想されます。
 わたし達が特に田中議員の対応を注視していることを伝えましょう。
事務所住所/〒577-0801 東大阪市小阪1-12-12小阪駅前コーポ1003号

●環境関係団体委員会委員長 有村治子議員(参議院)
選挙区/比例区(全国区)
HP/ http://www.arimura.tv/
メッセージ投稿先/ http://www.arimura.tv/office_info.html
事務所住所/〒100-0014東京都千代田区永田町2-1-1参議院会館1015号室

●環境関係団体委員会副委員長/川口順子(参議院)
選挙区/比例区(全国区)
HP/ http://www.yoriko-kawaguchi.jp/official/index.html
メッセージ投稿先/ http://www.yoriko-kawaguchi.jp/official/about/goiken.php
事務所住所/〒231-0027横浜市中区扇町2-4-2関内京浜ビル202号室

○環境関係団体委員会副委員長/井上信治(衆議院)
選挙区/東京都25区(青梅市、福生市、羽村市、あきる野市、西多摩郡)
HP/ http://www.inoue-s.jp/
メッセージe-mail/HPの「メール」をクリック
事務所住所/〒100-8981東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第一議員会館317号室

○環境関係団体委員会副委員長/齋藤健(衆議院)
選挙区/南関東ブロック 
HP/ http://www.saito-ken.jp/
メッセージe-mail/HP右サイドバーの「ご意見」をクリック。
事務所住所/〒270-0137千葉県流山市市野谷665-40-103

○環境関係団体委員会副委員長/山田俊男(参議院)
選挙区/比例区(全国区)
HP/http://www.miharajunco.org/
メッセージ投稿先/http://www.miharajunco.org/contact/index.html
事務所住所/〒100-6826 東京都千代田区大手町1-3-1

********************************************

そんなメールを送っても、結局くつがえることなんてなくて、
どうせ政治家のしがらみで決まっちゃうんでしょ?

と思われる方も多いと思います。

いまなら、くつがえすことはできると、わたしは思います。

犬や猫を飼っている方々の投票数を換算すると、
民主党、自民党に次ぐ第三勢力になることをご存じですか?


ペットフード協会によると、約1500万世帯が犬か猫を飼っているそうです。
これは日本の総世帯数5000万世帯の30%にもおよびます。
でも業界の数字だから多めだとして25%ぐらいと仮定して、
ここでは1125万世帯が、犬か猫を飼っていることにして考えてみます。

1世帯当たり2.5人、選挙権のない20歳未満は全人口の18%ぐらいなので、
1世帯あたり2人の成人がいるとして計算すると
犬か猫を飼っている世帯の成人は2250万人になります。
もちろん、ウサギや鳥を飼っている世帯を併せたら、もっと増えます。

一方、2009年の衆議院選挙の投票率は70%だったので、
2250万人の70%が投票にいくとすると、
犬猫好きが投票している数は1574万票にもなるのです。

それがどのくらいのポテンシャルを持っているかというと、
2009年衆議院選挙の結果は、
民主党3340万票、自民党2730万票、共産党297万票・・・。
つまり、単独で自民党に次ぐ第三勢力に匹敵するのです。

近いうちに公職選挙法なんていうパソコンがなかった頃の法律は改正されます。
やりようによっては『動物愛護票』は、バカにできないポテンシャルを秘めているのです。

そのチカラを使うも使わないも、わたし達次第なのです。



追伸・・・

じつは個人的には、松浪健太議員を支持してきました。
5年前、まだこのブログで呼びかけても5、6人の方がコメントをくださる程度だったころ、
国会議員さんにメールしていたわたし達に、唯一、お返事をくださったのが、
松浪健太議員だったからです。
本当は、こんなに責め立てたりしたくありません。
でも、きっとこの5年で「政治家になられた」んだと思うことにしました。
正直、とてもショックです。
あんなに明るくお返事をくださった方が、こんな政治家になるなんて。
とても、残念です。


~転載終了~


転載ここまで


私も順次メールを送ろうと思っています。

金儲けしか考えない業界側と、その業界の組織票を期待する自民党。

動物の為に存在するはずの動物愛護法の重要項目が、そんな卑しい仕組みによって捻じ曲げられるのをだまって見ていられません。

みなさまも、どうかご協力お願い致します。

| 転載 | 05:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 野犬の残酷な殺処分を停止 /バングラデシュ

時事ドットコム 2012年01月19日

 http://www.jiji.com/jc/a?g=afp_soc&rel=j7&k=20120119028232a

 バングラデシュの首都ダッカの市当局はこのほど、狂犬病予防を目的とした野犬の殺処分の停止を命じた。捕らえられた犬が残酷な殺され方をしているとの苦情が寄せられたためとしている。当局者が19日明らかにした。(写真はダッカ市内の野犬)

 市は1500万人近い市民を狂犬病から守るため、年間に最大2万匹の野犬を殺処分してきた。しかし、「非人道的であり、効果もない」(市幹部)として今月1日から殺処分を停止した。市幹部は「これまで数多くの犬が意味もなく、残酷な方法で殺されてきた。大人の犬は鉄棒で殴られて、子犬は壁にぶつけられて殺された。しかし狂犬病の発生状況はまったく改善しなかった」と話している。

 殺処分の停止は、小規模ながらも粘り強く主張してきた動物の権利擁護団体にとっての勝利だ。活動家らは野犬対策としては去勢や不妊化の方がよいとしている。市幹部も、同国南部のリゾート地コックスバザールで野犬不妊化の取り組みが成功したことが後押しとなってダッカ市当局は殺処分停止を決めたと述べた。

 ダッカ市内には推計約15万匹の野犬がいるとされる。バングラデシュ国内では年間約2000人が狂犬病のために死亡している。


日本とはだいぶ異なる点がありますが、

殺処分よりは去勢/不妊の方が効果があるのは同じですよね。

ガスによる処分も十分に非人道的です。

早く殺処分を止め、増やさない方向に力を入れて欲しいです。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細は写真をクリックして下さい。

2011年09月15日A-12011年09月15日B-12011年09月19日A-22011年10月16日A-1
2011年10月21日A-12011年10月24日A-22011年10月24日B-1D20111227-01


京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。


D007 京都市家庭動物相談所(チャイニーズクレステッドドッグ)D014 京都市家庭動物相談所D009 京都市家庭動物相談所(MIX)D003-2 京都市家庭動物相談所(MIX 1)
C014 京都市家庭動物相談所

| 報道 | 00:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[記事紹介] ある老犬が教えてくれた現実

そうにゃんだ!様の

ある老犬が教えてくれた現実

を、ご紹介します。



ある老犬を巡っての偶然と、

そこから導き出される教訓です。


是非、一読下さい。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細は写真をクリックして下さい。

2011年09月15日A-12011年09月15日B-12011年09月19日A-22011年10月16日A-1
2011年10月21日A-12011年10月24日A-22011年10月24日B-1D20111227-01


京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。


D007 京都市家庭動物相談所(チャイニーズクレステッドドッグ)D014 京都市家庭動物相談所D009 京都市家庭動物相談所(MIX)D003-2 京都市家庭動物相談所(MIX 1)
C014 京都市家庭動物相談所


| 記事紹介 | 07:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[記事紹介] 忘れてほしくない「8週齢規制」の必須条件

Dog Actually様の

忘れてほしくない「8週齢規制」の必須条件

を、ご紹介します。



動物愛護として片手落ちで表面的でお粗末。

その通りです。
記事を読んでいて、何でここまで考えが及んでいなかったんだろうと、自分が恥ずかしくなります。

健康面や社会化の為に8週齢が必要とは考えていましたが、まともなブリーダーであれば、元々そんな若すぎる子を親から引き離して売らないでしょうし、まともではないブリーダーであれば、週齢が延びる程、劣悪な環境に居る期間が長くなるだけで、それが本当に犬や猫の為になるのか?

ちゃんと飼育されていてこそ意味がある8週齢。
だから8週齢と言う数字にこだわるだけでなく、その飼育状況までこだわる必要がある。
なるほどと思いました。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細は写真をクリックして下さい。

2011年09月15日A-12011年09月15日B-12011年09月19日A-22011年10月16日A-1
2011年10月21日A-12011年10月24日A-22011年10月24日B-1D20111227-01


京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。


D007 京都市家庭動物相談所(チャイニーズクレステッドドッグ)D014 京都市家庭動物相談所D009 京都市家庭動物相談所(MIX)D003-2 京都市家庭動物相談所(MIX 1)
C014 京都市家庭動物相談所

| 記事紹介 | 04:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 津波に襲われ不明の愛犬 9ヵ月半ぶり、涙の再会 山元

河北新聞 2012年01月19日

 http://www.kahoku.co.jp/news/2012/01/20120119t15022.htm

 宮城県山元町で東日本大震災の津波に襲われ、行方不明になった犬が昨年12月下旬、9カ月半ぶりに飼い主の元に戻った。犬好きの近所の住民が保護していた。元気に散歩している姿を飼い主が偶然見つけ、涙の再会を果たした。飼い主は「まさか生きていたなんて…。奇跡だ」と感激している。

 飼い主は、山元町で焼鳥店を経営する工藤瞳さん(54)。9歳のオスの愛犬「ジャキ」と再会した。

 昨年3月11日、工藤さんは仕入れ先の亘理町内で地震に遭い、山元町高瀬の自宅に急いで戻った。ジャキは犬小屋で鎖につながれていた。長女が見当たらなかったため、「まず娘を捜そう」と店に向かった。

 途中で長女と出会い、ジャキを助けに自宅に戻ろうとしたが、既に津波が襲来し、諦めざるを得なかった。2階建ての自宅は1階部分が浸水し、犬小屋は跡形もなく流された。工藤さんは「あのとき、ジャキを連れて行けばよかった」と何度も自分を責めた。

 再会したのは昨年12月26日の早朝。工藤さん一家が修理をほぼ終えた自宅に、震災後初めて泊まり、店に戻ろうと車で出発した直後だった。

 見知らぬ男性と散歩する白い犬。「ジャキに歩き方がそっくりだった」という。工藤さんが車を降りて近づくと、犬が駆けだし抱きついてきた。「よく生きていたね」。涙が止まらなかった。

 保護していたのは、近くの無職菅野長徳さん(68)。震災翌日、自宅近くで泥だらけの犬を連れた青年に「犬が離れず困っている」と相談され、その場で引き取った。飼っていた犬が2カ月前に死んで、犬小屋や餌がまだ残っていた。

 「海の方から来たため、飼い主は津波で亡くなったのだろうと思った」と菅野さん。偶然にも、工藤さんの焼鳥店と同じ「仁(じん)」と名付け、大切に育ててきた。

 菅野さんは「再会の場面で甘えたような犬の鳴き声を初めて聞き、工藤さんが本当の飼い主に間違いないと分かった」と話した。工藤さんは「ジャキは死んだとばかり思っていた。いい人に巡り会えて幸運だった」と感謝している。



嬉しいニュースですね。

青年→菅野さん→工藤さんと繋がれた命のリレー。

見捨ててしまったと自分を責める工藤さんの心が救われた瞬間だったのでしょう。

立ち入り禁止区域から避難された方の中には、このように御自分を責めている飼い主さんも多いと聞きます。

今尚、立ち入り禁止区域内で生き抜いている動物を救い、そして、工藤さんのような飼い主さんの心が救われる事を願います。



ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細は写真をクリックして下さい。

2011年09月15日A-12011年09月15日B-12011年09月19日A-22011年10月16日A-1
2011年10月21日A-12011年10月24日A-22011年10月24日B-1D20111227-01


京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。


D007 京都市家庭動物相談所(チャイニーズクレステッドドッグ)D014 京都市家庭動物相談所D009 京都市家庭動物相談所(MIX)D003-2 京都市家庭動物相談所(MIX 1)
C014 京都市家庭動物相談所

| 報道 | 01:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 命の重さ、動物の幸せ議論 中学生が「いのちの授業」

産経ニュース 2012年01月18日

 http://sankei.jp.msn.com/region/news/120118/tky12011821210014-n1.htm

 殺処分される犬猫の現状を描いた映画「犬と猫と人間と」(平成21年)を撮影した映画監督の飯田基晴さん(38)と、動物の殺処分に関する著書の多い作家、渡辺真子さん(53)による「いのちの授業」が文京区のお茶の水女子大学付属中学校で3日間行われた。多くの犬猫がペットとして愛される一方、処分される動物の命の重さや幸せとは何か、2年生約130人が向き合った。

 「全国で1日に655匹もの犬や猫が殺処分になっている理由は何だろう?」

 飯田さんらは、約2時間の同作品を、授業に利用できるよう20分のDVD「いぬとねことにんげんと」にまとめた。生徒らは、ごみのように捨てられていく犬や猫の映像を観ながら、命の価値について考えた。

 もらい手が決まり、涙を流して喜ぶボランティアグループの職員。動物福祉先進国のイギリスでは、ペットショップが制限され、ブリーダーや保護団体から一般市民に譲渡される土壌が紹介された。

 「ペットショップをなくせないんですか」。生徒の問いかけに渡辺さんは「ペットショップの犬をかわいそうだと思う人が増えれば営業を続けられなくなります」。生徒はどうしたらこの問題を解決できるかを考え、ワークシートに書き込んでいった。

 同校では、命の大切さを学ぼうと全学年で取り組んでいる。2年生は、東日本大震災で両親が犠牲になった震災遺児や消防団の取り組みなどを取り上げてきた。総合学習担当の戸谷順子教諭によると、人間以外の命の大切さも考えようと今回、飯田監督に依頼したという。

 18日の授業で飯田監督は、猫の堕胎手術に立ち会い、胎児に触れた経験を話しながら「猫の赤ちゃんは温かかった」。生徒らから大きなため息が漏れた。

 その後、動物の不妊・去勢手術の必要性や、動物保護団体を運営する立場になって増えすぎた犬猫を安楽死させるかどうかを、グループに分かれて議論した。

 白熱した生徒からは「殺される命を作るより不妊・去勢手術がいい」「多くの命が救えるなら安楽死を選ぶ」など、さまざまな意見が噴出した。

 飯田さんは「生徒は予想以上にしっかり考え、人間も動物も命の価値に違いはないことを分かってくれた。これらも自分に何ができるか考え続けてほしい」。渡辺さんは「分かったつもりになっているのではなく、身近に感じてもらえたと思う」と話していた。

 この出張授業は小中高校を対象に、交通費のみで無料で実施する。問い合わせはローポジション(電)045・228・7996。



この記事では、授業を受けた生徒さんの反応があまり記載されていないのが残念です。

Low Positionのブログでもまだ記事にされていないようなので、生徒さんたちがどう捉え、どう考えたかを是非載せて欲しいです。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細は写真をクリックして下さい。

2011年09月15日A-12011年09月15日B-12011年09月19日A-22011年10月16日A-1
2011年10月21日A-12011年10月24日A-22011年10月24日B-1D20111227-01


京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。


D007 京都市家庭動物相談所(チャイニーズクレステッドドッグ)D014 京都市家庭動物相談所D009 京都市家庭動物相談所(MIX)D003-2 京都市家庭動物相談所(MIX 1)
C014 京都市家庭動物相談所

| 報道 | 00:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[記事紹介] 三重県の殺処分

グリーンNet 様の

三重県の殺処分

を、ご紹介します。



殺処分の工程が写真付きで記載されています。

『人を咬む』

『高齢だから』

こんな身勝手で下らない理由で連れて来られた子たちが、

短くて15分、長くて1時間も苦しんだあげく死に至るなんて!

殺処分機から出てきた亡骸はみんな目を見開いています。
その目は、最後に何を見たのでしょうか?



安易に飼わないで下さい。

安易に諦めないで下さい。

安易に捨てないで下さい。

自分がやろうとしている事を、自分がされた場合として考えて下さい。


その目が最後に見たものは、
その子を捨てた飼い主さんとの
幸せな日々の思い出だったのではないでしょうか?




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細は写真をクリックして下さい。

2011年09月15日A-12011年09月15日B-12011年09月19日A-22011年10月16日A-1
2011年10月21日A-12011年10月24日A-22011年10月24日B-1D20111227-01


京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。

D007 京都市家庭動物相談所(チャイニーズクレステッドドッグ)D014 京都市家庭動物相談所D009 京都市家庭動物相談所(MIX)D012 京都市家庭動物相談所(シーズー)
D016 京都市家庭動物相談所D003-2 京都市家庭動物相談所(MIX 1)C014 京都市家庭動物相談所 

| 記事紹介 | 01:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 生後8週齢に関する報道2件

「販売は生後8週以降に」 幼犬猫で議連会長の谷氏 法規制、曲折も

下野新聞 2012年01月15日

 http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20120114/699807

 幼い犬や猫を親から引き離す日齢に関しては、動物愛護管理法の改正をにらみ、具体的数値に基づく規制強化を盛り込むべきだとして、環境省の専門委員会が2010年8月から昨年12月まで25回にわたり議論してきた。

 しかし欧米諸国と同様の8週齢(56日齢)の規制を主張する動物愛護団体と、法制化に反対し45日齢の自主規制を掲げるペット業界が対立。結論が出ないまま、議論は国会に委ねられた。

 与党民主党の「動物の福祉を推進する議員連盟」会長を務める法務政務官の谷博之参院議員は「動物は人間の大切なパートナー。人間と同じように生きる権利、命の尊厳がある」と指摘。「犬猫の販売は生後8週以降とし、繁殖施設および流通の適正化を図るべきだ」と訴える。

 同党は近く関係団体からヒアリングを行った上で、3月初めには同法改正の骨子案をまとめる予定。その後、野党との調整を経て通常国会に議員立法で改正案を提出したい考えだ。しかし野党内には幼齢犬猫売買の法規制に難色を示す意見もあり、法案提出までには紆余曲折も予想される。



生後1カ月前後の幼齢犬猫販売 獣医師の97%反対 日本小動物獣医師会が調査
下野新聞 2012年01月15日

 http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20120114/699808

 生後1カ月前後の幼齢な犬猫の販売に、獣医師の97%が反対していることが14日までに、日本小動物獣医師会が行ったアンケート結果から分かった。幼齢段階での売買は、性格形成や健康面に悪影響を及ぼすとの指摘がある。ことしは動物愛護管理法見直しが予定されており、改正案に幼齢犬猫の売買規制を盛り込むかどうかが焦点の一つ。アンケート結果は国会論議にも影響を与えそうだ。一方、県内販売業者は「幼齢販売には需要がある。現行通り、業者に任せるべきだ」と法規制の動きに反発している。

 同会は小動物を診療する獣医師と看護師の全国組織。アンケートは昨年末に配布し、今月13日までに会員獣医師約4500人の17%に当たる761人から回答を得た。

 生後30~45日の幼齢な犬猫の販売については、97%に当たる738人が「悪い」と回答。「分からない」が14人、「良い」は9人にとどまった。

 「親から引き離す日齢が早過ぎるための悪影響」があるかどうかの問いには、99%の751人が「ある」と回答。具体的に考えられる影響として(1)社会化期が足りないため、攻撃性や恐怖心、警戒心が強いなど性格形成に問題がある(2)体力的、免疫的に未熟で病気になりやすい-などが挙がった。

 親から引き離す日齢は最低何日が望ましいかについては、60日が371人と最も多く、90日の103人、50日の84人と続き、平均は63・5日だった。

 同会の副会長を務める宇都宮市中戸祭1丁目の後藤愛犬病院の矢部眞人院長(64)は「小さければ小さいほど問題。幼い犬猫の販売は飼育上のトラブルを招きやすく、結果的に殺処分を助長する」と指摘する。

 生後何日から犬や猫を販売できるか、現行法に規制はなく、各業者に判断が任されている。

 犬の血統を証明、登録する犬種団体の県代表を務める同市田野町のペットショップ「犬の店クロサワ」の黒沢和也店長(70)によると、売れ筋は35~50日。「より小さい犬や猫を求める客のニーズに応えなければ経営が成り立たない」と話す。

 アンケート結果については「性格形成の問題が指摘されているが、業者側だけでなく、飼い主のしつけや育て方の問題も大きい」としている。



与党民主党の議連の会長さんが生後8週齢寄りである事は、とりあえずは嬉しいニュースですね。

そして、毎日いろいろな犬猫と接している獣医師さんが幼齢犬猫の販売に反対している、
それも、アンケートを取った内の97%が反対している、これは力強い意見ではないでしょうか。

何でも反対する自民党に負けないで8週齢を現実のものとして欲しいです。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細は写真をクリックして下さい。

2011年09月15日A-12011年09月15日B-12011年09月19日A-22011年10月16日A-1
2011年10月21日A-12011年10月24日A-22011年10月24日B-1D20111227-01


京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。

D007 京都市家庭動物相談所(チャイニーズクレステッドドッグ)D014 京都市家庭動物相談所D009 京都市家庭動物相談所(MIX)D012 京都市家庭動物相談所(シーズー)
D016 京都市家庭動物相談所D003-2 京都市家庭動物相談所(MIX 1)C014 京都市家庭動物相談所 

| 報道 | 01:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[支援募集] 全ての生命を尊ぶ会 カイロを支援願います

全ての生命を尊ぶ会からの転載です。

 元記事:http://minna-issho.blogspot.com/2012/01/blog-post_16.html


以下転載


みなさまへのお願いです

猫部屋で使う使い捨てカイロがたくさん必要です
余っているものなどあればいただけると助かります

昨年は家のなかで過ごした成猫たちですが今年は引越しを期に建てた
猫ハウスで冬を越さなければなりません

最近猫かぜをひく子が多く、ダンボール箱をたくさん用意し
その中にカイロをくるんだタオルを敷いてあげています
(電気が来ていないもので)

ぜひよろしくお願いします

全ての生命を尊ぶ会
(078)591-2415  井上

minna-issho@ae.auone-net.jp

転載ここまで


あまっているカイロがありましたら、
ご支援よろしくお願い致します。

| 支援 | 00:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[転載] 拡散希望 民間団体による被災ペットの保護を目的とした福島第一原子力発電所にかかる警戒区域内への立入り」再開を求める要望書

人と動物、自然のひとこま 様からの転載です。

 元記事:http://niziironosoranoyume.blog137.fc2.com/blog-entry-276.html


以下転載


LYSTA1さんのブログからです。。重たい記事ばかりになり、ごめんなさいね
http://lystoanimals.blog.fc2.com/blog-entry-79.html

私、LYSTAも、12月の黄色いリボン立ち入り許可では一般社団法人アニマルエイドの
レスキュー隊として参加をさせていただきました。
※動物保護立ち入り許可該当車両には、黄色いリボンをつける義務があったため「黄色いリボン」と呼んでいます。
20km圏内には、まだまだ多くのペットたちがとりのこされており、餓死、凍死、病死、事故死、と生存をかけた戦いが続けられています。
春の繁殖の時期になれば、再び悲劇が連鎖されてしまうことになるでしょう。
一刻も早い、継続的な救助活動が求められます。

ご賛同をいただける方にはご署名をお願いしたく、よろしくお願いいたします。
大至急、要望書の提出が必要です。
緊急拡散希望

記入済み署名用紙の受付期限は、ご署名の集まり具合によりますが、とりあえずの期限を設けさせていただき、
1月22日(日)着でお願い致します。
記入済み署名用紙の受付を延長する際や、提出日に関しましては、追ってお知らせ致します。

また、署名用紙のダウンロードが困難な方、いらっしゃいましたら、非公開コメントにてFAX番号をお知らせくださいませ。
(FAX送信まで少々お時間をいただきます)
記入済み署名用紙の送付は、郵送でお願い致します。

↓こちらからダウンロードできます。
「民間団体による被災ペットの保護を目的とした福島第一原子力発電所にかかる警戒区域内への立ち入り」再開を求める要望書

【要望書全文】
内閣総理大臣 野田佳彦 殿
経済産業大臣 枝野幸男 殿
環境大臣   細野豪志 殿
農林水産大臣 鹿野道彦 殿
福島県知事  佐藤雄平 殿

平成   年  月  日
平成23年12月に実施されました表記保護活動は、犬猫合わせて約330頭の保護に成功し、一定の成果をおさめましたが、いまだ福島第一原発20km圏内には、多数の動物が取り残されたままとなっています。その数は、猫5,000頭、犬300頭とも言われており、春の繁殖時期を迎える前に保護を完了させることが求められます。

 数千頭に及ぶ犬猫が人間の管理を離れた状態で繁殖期を迎えてしまえば、圏内の動物の数は爆発的に増大してしまうでしょう。しかもそれらの動物は法的に保護される「愛護動物」であり、さらに所有者が存在する親から生まれたと推定される限りにおいて、憲法が保証する国民の財産権の対象でもありますから、国はそれらの動物も保護していく責務を負っていくことになります。そうなる前に全ての動物の保護を完了し尽くすことが必要です。

 また、愛犬愛猫を20km圏内に残してきてしまった避難者の皆様の中には、表記保護活動を知らず、保護を依頼する機会が得られなかった人も少なくないと思われます。満足な説明もないまますぐに帰宅できると信じて愛犬愛猫を圏内に残してきてしまった人々のお気持ちを思う時、せめて保護活動に関する広報くらいは周知に周知を重ねていく配慮が必要ですし、保護の依頼も長期間に渡って受け付け続けていくことが必要です。

 繁殖によるさらなる悲劇の連鎖を防ぐためにも、避難者の皆様への配慮の見地からも、「民間団体による被災ペットの保護を目的とした福島第一原子力発電所にかかる警戒区域内への立入り」の再開と長期的な継続を、私達はここに強く求めます。

以上

※ 記入にはボールペンなどご利用ください。鉛筆は不可です。
※ 氏名が自筆でない場合は押印をお願いします。
※ ご記入いただきました個人情報は署名提出以外の目的には絶対に使用しない事をお約束致します。


【記入済署名用紙送付先】〒970-0101
福島県いわき市平下神谷字堤原148-2
LYSTA~動物たちに光と再生を。鈴木理絵

転載ここまで


立ち入り禁止発令からこれまで、

国関係のグループで救出が行われたり、
獣医師メンバーでの救出が行われたり

しましたが、どれもパッとしない結果でした。
(救出に入られた方は頑張って下さったと思います)

しかし、この度の民間グループでの救出では、
震災当初よりも難しい状況でありながら、
かなりの成果がありました。

まだまだ区域内に残る動物たちを救う為に、
再度の民間グループでの救出活動が必要です。

その為の「警戒区域内への立ち入り再開を求める嘆願」に
ご協力頂けないでしょうか。


よろしくお願い致します。

| 他サイト転載 | 06:04 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT