FC2ブログ

2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[報道] 捨てられた命、救って 県動物愛護センター /岡山

朝日新聞 2012年06月19日

 元記事:http://mytown.asahi.com/okayama/news.php?k_id=34000001206190001

■犬猫の一時預かり・飼い主探し

 飼い主に捨てられたり、迷子になったりして、施設に収容された犬や猫。1匹でも多くの命を救おうと、県動物愛護センターなどでは、犬猫を一時的に預かり、新しい飼い主を探す手助けをしてくれるボランティアを募っている。

■県・岡山市ボランティア募る

 県動物愛護センター(岡山市北区御津伊田)では昨年度、迷子などによる「保護」の数が犬猫合わせて651匹、飼い主が引っ越しや病気などを理由に手放した「引き取り」が1220匹いた。

 このうち8割を超える1604匹が処分された。だが、保護分も引き取り分も、その処分数は05年度より半減している。

 センターでは月4回、健康で、しつけがされ、人に慣れた犬猫を対象に譲渡会が開かれている。こうした活動が功を奏し、新しい飼い主が見つかった犬猫は、11年度で203匹に上り、05年度の3・6倍となった。

 だが全体数からみると、まだ1割ほど。センターで飼える期間は原則8日間だけなので、譲渡から漏れれば、週1回ある処分の対象になってしまう。

 担当者は「飼い主のマナーが良くなり、捨てられる数は減っている。でも、子猫はまだまだ多く、老犬の保護数も増えているのが現状です」と話す。

 もっと命を救う機会を増やそうと、今年から一時預かりボランティアを募り始めた。一時的に預かって、譲渡先を探す際に協力してもらうボランティアで、18日現在、四つのボランティア団体と個人2組が登録しているという。

 岡山市保健所でも犬の保護・引き取り数は減少。01年度は700匹を超えたが、11年度(速報値)は267匹と約6割減となった。

 譲渡事業は収容スペースなどの問題で犬に限定しているが、08年度からは子犬だけでなく成犬も追加。11年度は、前年度より倍増して125匹が新しい飼い主を見つけ、初めて3ケタ台になった。

 だが、センターより一足先に昨年度から始めた一般向けの一時預かりボランティア登録事業はうまく軌道に乗っていない。担当者は「新しい飼い主を探してもらうことが負担に感じられているのかもしれない」と話す。

 行政が呼び掛ける一時預かりのボランティアは、全国に広がっており、千葉県や神戸市などでも取り組んでいる。

 ボランティアについての問い合わせは、県動物愛護センター(0867・24・9512)、岡山市保健所衛生課(086・803・1259)へ。



岡山県動物愛護センター
  http://www.pref.okayama.jp/soshiki/191/

  ・犬又はねこの譲渡事業に協力していただける個人又は団体の募集について
    http://www.pref.okayama.jp/page/detail-118188.html
  ・動物の保護収容情報
    http://www.pref.okayama.jp/page/detail-54435.html

最近、民間と手を取り合って殺処分を減らそうとしているセンターが増えていますね。

本当に嬉しく思います。

一時預かりボランティア、里親で協力可能な方が居られましたら是非お願いします。

頑張っているセンターが実績をあげれば、それに続こうとする動きが出てくると思います。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

8週齢未満で親から引き離された子犬子猫には、
健康面や社会化の面で問題が発生すると言われています。
その問題が原因となって捨てられたり殺処分される犬猫が少なくありません。
今年行われる動物愛護法の改正で、
8週齢になるまでは親から引き離さないよう規制される事を願っています。

そうにゃんだ!」のにゃんとらさん作成のバナーです。
リンク先では、バナー拡散をお願いされています。是非、ご協力お願い致します。
8syu_b_main_M3

全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細はバナーをクリックして下さい。
全ての生命を尊ぶ会 里親募集バナー

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細はバナーをクリックして下さい。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー






| 報道 | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[転載] ビニー ~シェルター(保健所)からきた犬の物語 ~

眠り猫 / Le sommeil du chaton様の

ビニー ~シェルター(保健所)からきた犬の物語 ~

を、ご覧下さい。



犬のせいにしないで、ちゃんとした飼い主になりましょうね。

人の子と同じで、最初から馬鹿な子なんていないんです。

全ては親次第、飼い主次第です。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

8週齢未満で親から引き離された子犬子猫には、
健康面や社会化の面で問題が発生すると言われています。
その問題が原因となって捨てられたり殺処分される犬猫が少なくありません。
今年行われる動物愛護法の改正で、
8週齢になるまでは親から引き離さないよう規制される事を願っています。

そうにゃんだ!」のにゃんとらさん作成のバナーです。
リンク先では、バナー拡散をお願いされています。是非、ご協力お願い致します。
8syu_b_main_M3

全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細はバナーをクリックして下さい。
全ての生命を尊ぶ会 里親募集バナー

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細はバナーをクリックして下さい。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー


| 転載 | 01:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 免疫不全豚開発に成功 生物研などが世界で初めて

農業協同組合新聞 2012年06月14日

 元記事:http://www.jacom.or.jp/news/2012/06/news120614-17156.php

 免疫不全豚は、免疫器官である胸線と、免疫に関与する主要なリンパ球を欠失し、抗体が産生できなかった。これら免疫不全の状態はヒト重度複合免疫不全症とよく類似していた。

 今回の成功は、小動物のマウスでのみ可能だった免疫不全動物の開発を、ヒトとの類似性がより高い大型動物である豚へ発展させることを可能にした大きな一歩とされる。

 また抗体医薬品の開発への利用、再生医療でのiPS細胞由来のヒト培養細胞の長期安全性試験、それに実用的なヒト組織や臓器の再生に向けた最初の一歩としても今後の活用が期待される。

 この成果は6月13日付けの米国の専門誌「Cell Stem Cell」で公開される予定。

 重度な複合型免疫不全マウスはすでにヒト造血系や免疫系のモデル、ヒト肝臓やヒト感染症のモデルなど多様なヒトモデルマウス作出に貢献しており、今回の豚はヒトの細胞や組織を移植した新たな大型ヒトモデル豚作出への一歩を踏み出した大きな成果だという。

 今後はさらに免疫に関与する他の遺伝子の機能喪失も必要と考えられ、この開発にも取り組む。そして2種類の免疫不全豚を交配することにより作出した豚にヒト由来の細胞を移植することで「ヒト化ブタ」の開発を目指す。



元記事の方には、「免疫不全ブタの作出方法」って図解が掲載されています。

「ヒト化ブタ」

人には出来なくても、ブタの形をしてれば何でも出来るのか?




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

8週齢未満で親から引き離された子犬子猫には、
健康面や社会化の面で問題が発生すると言われています。
その問題が原因となって捨てられたり殺処分される犬猫が少なくありません。
今年行われる動物愛護法の改正で、
8週齢になるまでは親から引き離さないよう規制される事を願っています。

そうにゃんだ!」のにゃんとらさん作成のバナーです。
リンク先では、バナー拡散をお願いされています。是非、ご協力お願い致します。
8syu_b_main_M3

全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細はバナーをクリックして下さい。
全ての生命を尊ぶ会 里親募集バナー

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細はバナーをクリックして下さい。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー

| 報道 | 00:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[イベント] ペットを救え!「HAPPY MUSIC FESTA」にトータスら

ナタリー 2012年06月15日

 元記事:http://natalie.mu/music/news/71169

ペットの幸せと命を考える音楽イベント「&PETS project【HAPPY MUSIC FESTA】2012 vol.3 ~Toward ZERO~」が、9月8日・9日に東京、9月16日に大阪で開催。その出演アーティスト第1弾が発表された。

「犬猫の殺処分数をゼロにしたい」「動物のために懸命に活動している人たちをサポートしたい」という思いから、動物を愛するアーティストらが集結するイベント「HAPPY MUSIC FESTA」第1弾発表ではトータス松本、坂本美雨、ウルフルケイスケ、リクオ、うつみようこ、BONNIE PINK、持田香織、IMALU、キマグレン、モリマン モリ夫が名乗りを上げた。各アーティストの出演日程は下記のとおり。

第1弾発表に併せ、オフィシャルサイトでは本日6月15日18:00よりチケット先行受付がスタート。エントリー受付は6月21日まで。

&PETS project【HAPPY MUSIC FESTA】2012 vol.3 ~Toward ZERO~

2012年9月8日(土)東京都 恵比寿ザ・ガーデンホール
OPEN 15:00 / START 16:00
<出演者>
トータス松本 / 坂本美雨 / ウルフルケイスケ&リクオ&うつみようこ / モリマン モリ夫 / and more
MC:南美布

2012年9月9日(日)東京都 恵比寿ザ・ガーデンホール
OPEN 14:00 / START 15:00
<出演者>
トータス松本 / BONNIE PINK / 持田香織 / IMALU / モリマン モリ夫 / and more
MC:南美布

2012年9月16日(日)大阪府 服部緑地野外音楽堂
OPEN 13:00 / START 14:00
<出演者>
トータス松本 / BONNIE PINK / キマグレン / IMALU / and more
MC:加藤真樹子

<料金>
前売:大人 4800円 / 子供 2000円
当日:大人 5800円 / 子供 2500円
※東京公演は1ドリンク代別途必要(全席自由、入場整理番号付き)
※大阪公演は全席自由(入場整理番号付き)
※子供チケットは4歳~小学6年生まで保護者同伴の上入場可能(3歳以下入場無料)
一般発売:2012年7月28日(土)
オフィシャルサイト先行受付:2012年6月15日(金)18:00~6月21日(木)23:59

「HAPPY MUSIC FESTA」イベント趣旨

このイベントは、飼い主や住む家を失ったペットたちを救いたい、殺処分されていく犬猫をゼロにしたい、という強い想いから始まりました。

そのような動物たちの現状や保護活動をする人々のことを知ってもらうと共に、動物たちが新たな家族に出会えるきっかけにもなるようなイベントにしたいと考えました。

ペットブームが定着した日本ですが、ペットは商品・物として扱われている一面もあります。悲惨な運命を背負わされている犬猫たちが大勢います。知識もないままに飼って、手に負えなくなると捨てたり、保健所に持って行って処分するという人も後を絶ちません。

問題を後回しにして来た裏側で、犬猫たちが毎日殺処分されていく現状。それを脱するには、皆が見て見ぬ振りをするのではなく、愛を持って真剣に向き合っていく必要があるのではないでしょうか。

興味が無い人たちにも目を向けてもらうために、そのきっかけは、好きなこと・好きなアーティストからでもいい。

アートや音楽の力で、幸せなペット文化をつくりたい。そして大きなムーブメントにしていきたいと思っています。

2010年9月、大阪・服部緑地 野外音楽堂から始まったこのイベントですが、規模を拡大させつつ、継続的な開催を目指していきます。

身近な音楽を通して、命の重さを今一度考えてほしい。

動物たちが安心して幸せに暮らせる日が、一秒でも早く訪れることを願って…



ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

8週齢未満で親から引き離された子犬子猫には、
健康面や社会化の面で問題が発生すると言われています。
その問題が原因となって捨てられたり殺処分される犬猫が少なくありません。
今年行われる動物愛護法の改正で、
8週齢になるまでは親から引き離さないよう規制される事を願っています。

そうにゃんだ!」のにゃんとらさん作成のバナーです。
リンク先では、バナー拡散をお願いされています。是非、ご協力お願い致します。
8syu_b_main_M3

全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細はバナーをクリックして下さい。
全ての生命を尊ぶ会 里親募集バナー

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細はバナーをクリックして下さい。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー

| イベント | 23:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 石川の犬保護団体がチャリティバザー、食費、医療費に協力を /金沢

金沢経済新聞 2012年06月14日

元記事:http://kanazawa.keizai.biz/headline/1811/

 石川県南部小動物管理指導センター(小松市)に収容された犬を引き取り、新しい飼い主探しに取り組む団体「石川ドッグレスキュー」が6月24日、問屋団地きまっし広場(金沢市問屋町1)で「捨てられた犬救済のためのチャリティーバザー」を開催する。

 同グループは、代表の池田裕美子さん(金沢市)をはじめとする金沢市や白山市などの主婦ら約20人のスタッフで構成。スタッフは新しい飼い主が決まるまで犬を預かる「預かりさん」などとして活動している。

 引き取っているのは、能登地区・加賀地区の保健所に捕獲され、同センターに搬送されて処分を待つばかりとなった野犬の子どもたちや捨て犬、迷子犬、飼い主が特別養護老人ホームに入ったり、離婚したりして育てられなくなった飼い犬など。昨年度は65頭、本年度は既に14頭を引き取り、現在は「預かりさん」役の7人が約20頭を預かって家庭犬としてのマナーやルールを教えている。

 「里親」と呼ぶ新しい飼い主はブログで募集しており、ほとんどの犬は募集開始後半年までにもらい手が見つかるという。ただ、預かり期間中の食費や医療費などがかさむため、同グループでは年に数回、バザーを開いたり、寄付を募ったりして活動資金を集めている。

 24日は食器セットやタオル、おもちゃ、犬用品などこれまでに寄付を受けた不用品を販売するとともに、新たに未使用品を受け付ける。

 能登谷澄子副会長は「私たちが救える命があるなら頑張って救っていきたい。将来的には、処分される犬の数をゼロにしたい」と話す。「当日は掘り出し物があるので、犬が欲しい方でなくても遊びに来ていただければ」とも。

 開催時間は10時~13時。入場無料。



石川ドッグレスキュー
ホームページ:http://dogrescuejp.net/
ブログ:http://kanta.a-thera.jp/

チャリティーバザーの詳細は、ホームページの方を参照下さい。

会場へ行ける範囲にお住まいの方、バザーで購入するだけでも、レスキューしている方たちをサポートする事が出来ます。

頑張っている人たちの応援を是非お願いします。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

8週齢未満で親から引き離された子犬子猫には、
健康面や社会化の面で問題が発生すると言われています。
その問題が原因となって捨てられたり殺処分される犬猫が少なくありません。
今年行われる動物愛護法の改正で、
8週齢になるまでは親から引き離さないよう規制される事を願っています。

そうにゃんだ!」のにゃんとらさん作成のバナーです。
リンク先では、バナー拡散をお願いされています。是非、ご協力お願い致します。
8syu_b_main_M3

全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細はバナーをクリックして下さい。
全ての生命を尊ぶ会 里親募集バナー

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細はバナーをクリックして下さい。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー

| 報道 | 00:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[イベント] 写真展 救いたい命、待っている命 /岡山

ちゃんた&ゆかいな仲間たち ~わんにゃん組~様からの転載でイベントのお知らせです。

 元記事:http://chanta39.blog134.fc2.com/blog-entry-2421.html

クリックで拡大します
救いたい命、待っている命

まだ被災地の動物たちの状況をご存じない方に、是非見て頂きたいと思います。

元記事の方では、岡山県内の方を対象に「ポスター拡散」の協力者も募集されています。



ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

8週齢未満で親から引き離された子犬子猫には、
健康面や社会化の面で問題が発生すると言われています。
その問題が原因となって捨てられたり殺処分される犬猫が少なくありません。
今年行われる動物愛護法の改正で、
8週齢になるまでは親から引き離さないよう規制される事を願っています。

そうにゃんだ!」のにゃんとらさん作成のバナーです。
リンク先では、バナー拡散をお願いされています。是非、ご協力お願い致します。
8syu_b_main_M3

全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細はバナーをクリックして下さい。
全ての生命を尊ぶ会 里親募集バナー

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細はバナーをクリックして下さい。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー

| イベント | 05:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 「家族になって」犬猫譲渡会、毎月開催に /長野

朝日新聞 2012年06月10日

 元記事:http://mytown.asahi.com/nagano/news.php?k_id=21000001206090003

 長野市保健所で9日、引受先が無い犬猫の飼い主を探す譲渡会があった。ここ数年は犬の保護数は減っているが、猫は横ばい状態。特に猫の出産シーズンは施設が手いっぱいで、やむなく殺処分されるケースも多い。同保健所では今年から年1回だった譲渡会を毎月開き、特に猫の引受先を募っている。

 譲渡会には引き受けを希望する人が次々と訪れ、実際に犬や猫たちと触れ合いながら互いの相性を確認した。この日は犬3頭と猫約20匹。希望の犬猫を選び、職員が後日、飼う環境などを確認した上で引受先を決める。

 保健所で保護するのは長くても数カ月程度。その間に元の飼い主に返すか、新しい引受先が見つからないと、殺処分するしかない。担当の笠原和浩さんは「大切な命。なるべく生存の機会を与えてあげたい」と言う。この日も訪れた人に、各犬猫の性格や特徴を熱心に説明した。

 同保健所では犬と猫を預かっているが、状況は対照的だ。犬は飼い主からはぐれて保護されるケースがほとんどだが、最近は飼い主の管理徹底や迷子札の普及もあり大幅に減少。特に長野市は飼い主に戻る率が7割超と全国でもトップクラスで、施設に残る犬の数が少ないため、新しい飼い主が見つけやすいという。

 一方で猫の保護数は高止まりのまま。猫の場合は「子猫が生まれたが飼えない」と言って持ち込まれる場合が多く、毎年200匹以上を引き受けている。猫は犬と違って放し飼いがほとんどで管理が行き届かず、不妊手術も進まないことなどが理由と見られる。

 特に出産期にあたる春から夏には、同保健所にも月に40匹以上持ち込まれることがある。ただ施設の受け入れ態勢にも限りがあり、昨年度は74匹が引受先が見つからないまま殺処分された。

 同保健所では猫の引き受けの機会を増やすため、毎年1回だった譲渡会を、今年度から月1回に増やした。笠原さんは「夏に向けて子猫が頻繁に持ち込まれる。しっかり飼える方に協力してほしい」と話す。

 今後の予定は7月21日、8月11日、9月8日など。いずれも午後1~3時に保健所の犬ねこ舎で行う。問い合わせは同保健所(026・226・9970)。




長野市保健所
  http://www.city.nagano.nagano.jp/life/1/7/

ここの保健所では、「できる限り致死処分をなくし生存の可能性を高め、新たらしい飼い主に譲渡することを目的として」一般の方への一時預かりさんの募集もされています。

すごいですね。

又、猫の不妊・去勢手術に対して助成も行われています。


•受   付 平成24年4月2日から
•助成金額 去勢(オス)2,500円、避妊(メス)4,000円
•助成頭数 約700匹(予算が無くなり次第、受付を終了します。)
•対   象 次の条件を満たしていること。
       1.飼い主の方が市内在住で、市内で飼育されているねこ。
       2.申請時に生後5ヶ月齢以上のねこ。
       3.市内で開業している動物病院で手術を受けること。
       4.一年度内(平成24年4月1日から平成25年3月31日まで)、一世帯一匹のみ助成します。
•申請方法 必ず手術を受ける前に申請者本人が窓口へお越しください。
•申請日時 平日の午前8時30分から午後5時15分まで。
•必要な物 必ず印鑑、身分証明書をお持ちください。
•申請場所 市保健所及び豊野支所、戸隠支所、鬼無里支所、大岡支所、信州新町支所、中条支所


長野市保健所の管轄内で犬猫との暮らしを望まれている方は、是非足を運んでみて下さい。

素敵な出会いが待っていると思います。

| 報道 | 01:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

全ての生命を尊ぶ会 6/17 譲渡会(兵庫 明石公園)


近く主催の井上さんが諸事情により遠方へ引越しされる事になりました。
全ての生命を尊ぶ会としての発表はまだありませんが、
この譲渡会は今回が最後になる可能性があります。

譲渡会用ポスター (2012年06月17日版).
クリックで拡大します


6月17日(日)12時~15時

兵庫県立明石公園 東芝生広場


※必ず最期まで大切にしてくださるかたに譲渡できるよう条件等ございます

犬・猫を参加させたい方は必ず事前にメールまたはお電話ください

minna-issho@ae.auone-net.jp

(078)591-2415  事前 
(070)6547-0765 当日

犬・猫を飼いたい方、譲りたい方は事前にホームページ表紙左側の
●当会の譲渡制度
●里親になるための条件

をご覧になってからお越しください

HPアドレス 
http://www.ac.auone-net.jp/~minna/

全ての生命を尊ぶ会
井上弥生

前回の様子は下記を参照下さい。
 http://minna-issho.blogspot.jp/2012/06/63.html


| イベント | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 飯能のペット死骸不法投棄:損賠訴訟 元業者、300万円支払い 飼い主に謝罪し和解 /埼玉

毎日新聞 2012年06月08日

 元記事:http://mainichi.jp/area/saitama/news/20120608ddlk11040299000c.html

 三芳町の動物葬祭業者がペットを火葬すると偽って飯能市の山林に遺棄していた事件で、飼い主だった30人が元業者の男性(73)=詐欺と廃棄物処理法違反の罪で有罪判決確定=に1543万円の損害賠償を求めた訴訟の和解が7日、さいたま地裁川越支部で成立した。原告側によると、男性が飼い主に謝罪の意を表し、解決金として300万円を支払う内容。

 飼い主らは人生の伴侶であるペットの死を悼む権利を侵害されたとして慰謝料や毛呂山町に建立した墓地の費用などを火葬代金に加え、10年12月に提訴していた。

 この日は飼い主20人が同支部で男性の謝罪の言葉を聞いた。原告の一人で「伴侶動物死体遺棄、被害者の会」の細谷春美代表(50)は「(愛犬に)やっと(裁判が)終わったという報告ができる」と語った。原告側の平岡将人弁護士は「伴侶動物を弔う権利を裁判所に認めてもらうことはできなかったが、同種事件の発生を防ぐことにはつながるだろう」と述べた。

 訴状などによると、30人は98年から10年2月にかけて、男性にそれぞれ7000〜4万円を支払い、犬や猫の火葬を依頼。男性は火葬せずに捨て、別の動物の骨を被害者に渡すなどしていた。



この事件については、下記を参照下さい。
  http://animalexp0711.blog135.fc2.com/blog-entry-590.html

長く続いていた裁判が和解したようです。

金額云々ではなく、ようやく謝罪の言葉が聞けた事が和解のきっかけになったんでしょうか。

伴侶動物死体遺棄、被害者の会のブログでは、この事件を風化させないで欲しいと願われています。

最愛の伴侶動物の死に直面した時、動揺したままで葬儀を検討すると間違った選択をしてしまう事もあると思います。

飼い主としては「亡くなった時の事なんか考えたく無い」と思われるでしょうが、この事件のような業者を選んでしまわないよう、事前に検討しておいた方が良いと思います。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

8週齢未満で親から引き離された子犬子猫には、
健康面や社会化の面で問題が発生すると言われています。
その問題が原因となって捨てられたり殺処分される犬猫が少なくありません。
今年行われる動物愛護法の改正で、
8週齢になるまでは親から引き離さないよう規制される事を願っています。

そうにゃんだ!」のにゃんとらさん作成のバナーです。
リンク先では、バナー拡散をお願いされています。是非、ご協力お願い致します。
8syu_b_main_M3

全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細はバナーをクリックして下さい。
全ての生命を尊ぶ会 里親募集バナー

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細はバナーをクリックして下さい。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー

| 報道 | 03:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[転載] AERA記事『医学界が潰した動物愛護法改正案』

ヘルプアニマルズからのメールです。




AERA記事『医学界が潰した動物愛護法改正案』
http://alive-net.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-d88d.html


 既に報道もされている通り、5月31日の民主党動物愛護対策
ワーキングチームで、最終的な動物愛護法改正案骨子が公開され、
その場で了承となりました。

結論として、与党案には実験動物に係わる改正は一切含まれませんでした。
別法化案についても採用されないかわりに、動物実験の3Rの義務化も含めた
全てが入らないことになりました。


この信じがたい展開の経緯については、本日発売の「AERA」6.11号に
「削除された『幻の改正案』~医師出身議員らが動物愛護法改正に抵抗」
という記事が出ましたので、皆様、是非ごらんください。

一連の顛末について、非常に正確に書かれた秀逸な記事だと思います。
「AERA」のサイトの「Nice!ボタン」で記事に対する評価を表明
することができるので、皆様、ぜひワンクリックをお願いします。
http://www.aera-net.jp/latest/

また、多くのマスメディアが無視を決め込むこの問題について、
記事を掲載した「AERA」の姿勢を支持する意見も是非お送りください。
http://www.aera-net.jp/latest/#form

ちなみに、この記事で紹介されている医系議員の発言の数々です。

「正気の沙汰とは思えない。国家戦略を阻害し、雇用も減る。
テロリストが施設の構造などの情報を手にすれば大変なことになる。」
(吉田統彦衆院議員)

「実験動物の関係者からは、懸念が出ている。別法で対処して
ほしいという声も理解してくれないか」
(岡本充功衆院議員)

「『動物実験』と『実験動物』とを明確に分けることはできない。
実験が止まってしまう。」
(足立信也衆院議員)

また、動物愛護法改正については、医師などを中心とした
病院経営者向けの月刊誌『集中』でもとりあげられました。
医師の世界でも、潮流が変わっていくことを願ってやみません。

「動物愛護法改正で『欧州並み』規制なるか」(6月1日発売号)
http://medical-confidential.com/confidential/2012/06/post-410.html

動物愛護法改正案は、今週、WTの親会である環境部門会議での合意を経たのち、
政策調査会役員会の了承を経て法案登録の手続きに入ります。
また、条文化をすすめながら与野党協議にも入っていくとのことです。

実験動物については、国会会期末をにらんたスケジュールにも
押された形となりましたが、与党内の「抵抗勢力」が強かったことが
「改正一切なし」となった何よりの原因です。

動物実験/実験動物をめぐる国際情勢を考えたときにも、
「一切改正なし」とすることが先進国としてどれだけ恥ずかしいか、
ぜひ皆様からも伝えてください。

【民主党】

櫻井 充 
医師 党政調会長代理(参議院・宮城県)
Mail:mitsuru_sakurai@sangiin.go.jp
Fax:03-6551-0512

三井辨雄 
薬剤師 党政調会長代理(衆議院・北海道2区)
Mail(送信フォーム):https://secure.vanguard.ne.jp/mitsui/ssl/contact.html
Fax:03-3508-3705

吉田統彦 
医師 科学技術・イノベーション推進特別委員会理事(衆議院・比例東海ブロック)
Mail:info@yoshitsune-kai.jp
Fax:03-3508-3425

岡本充功 
医師 厚生労働委員会筆頭理事(衆議院・愛知9区)
Mail(送信フォーム):http://www.mitsunori.net/index.html 一番下にご意見箱
Fax:03-3508-3622

足立信也 
医師(参議院・大分県)
Mail:info@adachishinya.com
Fax:03-6551-0613

----------------
ヘルプアニマルズ
http://www.all-creatures.org/ha/index.html

動物実験廃止へ向けて
>http://www.all-creatures.org/ha/jikken/experiment.html

化粧品の動物実験
http://www.all-creatures.org/ha/jikken/cosme/

さよなら毛皮 毛皮は動物の死体です
http://www.all-creatures.org/ha/Kegawa/Kegawa.html

日本の毛皮産業 過去と現在
http://www.all-creatures.org/ha/Kegawa/FurInJapan.html

イルカを殺さないで - イルカ猟と水族館
http://www.all-creatures.org/ha/saveDolphins/saveWhaleDolphin.html

ベジタリアンになろう
http://www.all-creatures.org/ha/Chikusan.html

生体販売反対
http://www.all-creatures.org/ha/seitaihanbai.html

韓国犬肉
http://www.all-creatures.org/ha/kaps.html

中国犬猫肉
http://www.all-creatures.org/ha/helpChina/helpChina.html



本屋が開いている時間に帰れなくて、まだAERAを買えていませんが、この週末で必ず買いたいと思っています。

パブリックコメントでも「規制強化」の方が圧倒的に多かったはず。

結局、動物実験で儲けている奴らの意見が通るんですね。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

8週齢未満で親から引き離された子犬子猫には、
健康面や社会化の面で問題が発生すると言われています。
その問題が原因となって捨てられたり殺処分される犬猫が少なくありません。
今年行われる動物愛護法の改正で、
8週齢になるまでは親から引き離さないよう規制される事を願っています。

そうにゃんだ!」のにゃんとらさん作成のバナーです。
リンク先では、バナー拡散をお願いされています。是非、ご協力お願い致します。
8syu_b_main_M3

全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細はバナーをクリックして下さい。
全ての生命を尊ぶ会 里親募集バナー

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細はバナーをクリックして下さい。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー

| 報道 | 06:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT