FC2ブログ

2012年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[報道] クロは家族 介護11年 /兵庫

 「クロ、早(はよ)しっこしてちょうだい」
 そうやさしく声を掛けながら、洲本市本町2丁目の上村較子(あつ・こ)さん(76)は猫を抱きかかえ、ぼうこうを手で押さえておしっこをさせている。6時間おきに1日、4回。夜も起きて。大切な日課だ。もう、11年になる。

 メスのクロは、この23日に13回忌を迎える母親のとよのさんが亡くなって1週間後にやって来た。玄関に誰かが置いていったらしい。

 とよのさんは生前、「あつこ、私は死んでも、1週間後に生まれ変わる」と言っていた。上村さんは「妙なこと言うな、と思っていた」。言葉通り、真っ黒な猫の出現に因縁を感じた。

 とよのさんは93歳で亡くなった。小学校の教師を務め、海でボートをこいだりするハイカラさん。夫の退職後はお好み焼き屋さんを始めた、自立した女性だった。上村さんも背中を見て、地元の信用金庫に勤めた。

 とよのさんは亡くなる9か月ほど前、左足の指先が紫色になり、病院で、「壊死(え・し)で腐ってくる」と告げられた。病状は悪化し、包帯を巻いたり、袋をかぶせたりして、上村さんたち家族は必死だった。

 クロは、上村さんに飼われるようになって1年後、車にはねられた。手術を受けたが、後ろ足がぶらぶらして立てない。動物病院から連れて帰ったクロにも、母親と同じことをした。「お母さんと一緒やなあ」と、みんなは言った。

 クロはその後、傷口もかちんかちんに硬くなり、前脚で走る。上村さんは追いつけないぐらい。でも、おしっこは手伝ってあげないと、自分ではできない。しっかりしてあげないと、膀胱(ぼう・こう)炎になる。

 「毎日、よくそんなことをするね」と周囲から言われる。めいが「私が代わっても」と言ってくれている。ありがたいが、そうは簡単にできない。「猫は家族。子どもを育てているみたいで責任がある」

朝日新聞 2012年9月21日


| 報道 | 00:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 違法犬192匹を捕獲 11年度保健所まとめ /沖縄

狂犬病予防義務3割が果たさず

 2011年度に宮古島市と多良間村で捕獲された違法犬は合わせて192匹で、飼い犬や野犬にかまれけがをした件数は30件となり、前年度に比べ若干減少していることが宮古福祉保健所のまとめで分かった。犬の登録数は1886匹だが、飼い主に毎年一回義務づけられている狂犬病の予防注射は1315件で、約3割の飼い主が義務を果たしていないことが浮き彫りとなった。家畜の被害や放し飼いへの苦情も多く、飼育マナーやルールが指摘されている。26日までは「動物愛護週間」。

 捕獲された違法犬192匹のうち、飼い主に返還されたのが44匹、別の飼い主に引き取られたのが8匹、けがや病気などで死んだのが5匹で、残りの130匹余りは県動物愛護管理センター(南城市)へ移送されほぼすべての犬が殺処分された。

 保健所では捕獲した犬は5日間(休日、祝日除く)は同所で保護し飼い主や「里親」が現れるのを待つが、ほとんどが飼育放棄された犬のため、引き取られていくのは少ないという。

 犬にかまれけがをした30件のうち、野犬は2件、残りの28件は飼い主不明を含めた「飼い犬」だった。

 同所では飼い犬に手を出してかまれたり、配達や訪問の際に襲われるケースが多いとしてしつけや飼い方など、飼い主側の意識の向上を呼び掛けている。

 野犬に襲われたとみられるヤギや子牛などの家畜被害は16件で前年度より3件減少した。

 同所では依然として放し飼いが多い現状を指摘。野犬化につながる恐れや、去勢・避妊していない犬、猫が、新しい野良犬、野良猫を増やす傾向にあることから、繁殖を望まない飼い主には避妊・去勢手術の徹底を呼び掛けている。


 市や県獣医師会では、動物愛護思想の普及啓発事業の一環として、犬や猫合わせて350頭を対象に避妊・去勢手術の費用の一部を助成している。

 助成金は犬の雄と雌、猫の雌が5000円。猫の雄は3000円となっている。

 募集期間は第1期が9月18日~11月30日。第2期が12月1日~来年1月7日まで。

 問い合わせは赤嶺獣医科病院(電話72・7976)、宮里動物病院(同73・6130)

宮古毎日新聞 2012年9月21日9時9分


| 報道 | 00:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 命守れ、飼育放棄のペット /北海道

 北見市内在住の30~50代の女性5人が、保健所で保護されたペットの新たな飼い主を探す「オホーツク小さな命を守る会(仮称)」を23日に設立する。飼い主探しをはじめ、安易な飼育放棄を防止するため、ペットの適切な飼育法を訴える啓発活動も展開する。

 同会の代表は、建築士の高橋真美さん。ペットの飼育放棄などの問題に興味を持ち、5年ほど前から個人的に飼い主探しのボランティアをしている。今年5月、特定の飼い主がいない外猫を世話していた仁木奈々華さんと知り合い、外山真実さんらほかの仲間にも呼びかけて、同会の設立に向けて準備を進めてきた。

 そんな矢先、9月中旬には、北見在住の女性が北見保健所に対し、経済的事情などで47匹の飼い猫の引き取りを依頼する事態があった。高橋さんらは同保健所から猫を引き取り、急きょ、新たな飼い主が見つかるまでのシェルターとして、市内に空き家を借りた。

 現在はメンバーが資金を出し合い、えさなどの購入費を捻出し、交代で世話にあたっている。空き家は今後も、シェルターと、活動拠点として使う。保健所で殺処分される前に引き取り、去勢や健康チェックをしたうえで、新たな飼い主に譲りたい考えだ。

 同会は、大正琴を指導している仁木さんが23日に開くチャリティーコンサートを機に、正式に発足。会場に募金箱を置き、同会の運営資金として活用する。高橋さんは「無責任な飼育で最も被害を受けるのはペットたち。飼育放棄がなくなるように訴えていきたい」と話し、保護した犬猫の世話をするボランティアを募集している。

 23日のコンサートは北見芸術文化ホールで午後7時開演。大正琴のほか、ピアノやパーカッションの演奏もある。入場料800円(小学生以下無料)。問い合わせは高橋さん(電)090・8907・4648へ。

北海道新聞 2012年09月20日16時00分


| 報道 | 00:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 「動物愛護管理法」の一部改正でペットショップに廃業の危機!?

 動物愛護週間が始まる。9月20日からの1週間だ。啓発がまったく足りないことから、「そんな週間、あったの?」と思う人のほうが圧倒的に多いのではないか。「動物愛護管理法」(「動物の愛護及び管理に関する法律」)に基づいて、環境省が形式的にやっていることなので、知らない人が多くて当然なのかもしれない。国が本気でやれば、動物愛護の啓発は今より進むのは確実なのに、もったいない限りである。

 さて、同週間は「国民の間に広く動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を深めて」もらうために設定されている。その対象となる動物はいろいろいるが、ようは犬や猫をはじめとする愛玩動物と人との付き合い方を見直すのが、同週間の目的だと言ってもよい。タイムリーなことに、9月5日には「動物愛護管理法」の一部が改正された。

 今回の改正により、犬猫を商品として取り扱う業者、いわゆるペットショップは困ったことになる。子犬や子猫の販売・展示に規制がかかるからだ。改正前は、生後30~40日くらいの犬猫が平気で販売されていた。日本では、小さければ小さいほどペットは売れるからだ。しかし、それでは早すぎるという声も多く、とりあえず3年間は生後45日、それ以降は生後49日、将来的には生後56日で販売・展示されることが、今回の改正で決まった。

 ペットショップにしてみれば、子犬や子猫を販売前に飼育する期間が増えるし、そのあいだに身体は大きくなってしまうので、いいことはひとつもない。また、販売が困難になった動物の終生飼養(死ぬまで飼うこと)も義務付けられたことから、売れ残った犬猫を飼育し続けるための費用も発生する。

 とはいえ、生後何日なのかという証明は、行政がよほど管理を徹底しない限り、ねつ造が可能だと思う。さらに、売れ残りの終生飼育にペットショップが本気で取り組むとは思えない。長生きする犬猫であれば、10年以上も飼い続けなければならなくなるのだから。つまり、行政が今後、動物愛護管理法の遵守を徹底した場合、ペットショップは商売にならない業種となるかもしれないのだ。

 筆者は、基本的に犬猫を売買することには反対なので、ペットショップが商売にならなくなる状況については歓迎する。犬猫は、人と人とのあいだで「もらい・もらわれ」ていく環境がベストだと思うからである。金銭を介在させてやりとりすると、「生き物」を「商品=物」だと錯覚する飼い主が少なからず出てくる。「物」だから、飽きれば簡単に捨てるし、気に入らなければ虐待もする。

 まあ、ペットショップの側もいろいろと抜け道を準備して、今後も商売を続けるのであろう。問題は、それをどれだけの意気込みを持って行政やNPOなどが監視するのか、である。そして、それらの活動を支えるのに不可欠なのは、多くの人が動物愛護に関心を持つことだと言える。「動物愛護週間」は、そのよい機会なのである。もっと力を入れて啓発してよ、と環境省には言っておきたい。

ガジェット通信 2012年9月18日21時00分


| 報道 | 01:30 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 話せぬ被害者 /福岡

 「人間不信になるよな。一生、人になつかないかもしれん」。愛犬家の県警幹部が深いため息を漏らした。8月上旬、西区のペットショップが荒らされた事件。両前脚の骨を折られた犬2匹と死んだ犬1匹が見つかり、パピヨンなど犬2匹が盗まれた。現場には血の付着した鉄アレイがあった。西署は9月18日、窃盗容疑などで私立大学生の男(26)を逮捕した。

 被害店舗の関係者らは泣きながら報道陣に状況を説明した。従業員によると、幸い骨折した犬たちは現時点で人間を怖がるそぶりなどは見せていないといい、ほっとした。一方、男は調べに「覚えていない」などとあいまいな供述をしている。「もしも犬が話せれば、卑劣な犯行に何て言うだろう」。幹部と私のため息が重なった。

毎日新聞 2012年10月03日




ペット店から小型犬を盗み虐待か? 大学生を逮捕 /福岡

 福岡県警西署は18日、ペットショップから小型犬2匹を盗んだとして窃盗の疑いで、福岡市の私立大生(26)を逮捕した。

 同署によると、被害に遭ったペットショップで、死んでいる犬1匹と両前脚にけがをした2匹が見つかった。立花容疑者が虐待した可能性もあり、動物愛護法違反などの疑いでも調べる。

 逮捕容疑は8月4日午前3時45分ごろ、同市西区のペットショップ入り口のガラスを割って侵入。ショーケース内のパピヨンなど2匹を盗んだ疑い。1匹は容疑者の自宅で発見され、残る1匹は行方が分からない。

 近くでゴミ清掃中の男性が、犬の鳴き声を聞き、店から出て車で逃げた男を目撃して通報。車のナンバーから大学生が浮上した。通報で駆け付けた警察官が、死んだ犬などを見つけた。

スポーツ報知 2012年9月18日19時59分


| 報道 | 01:24 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しっぽの気持ち:ペットの信頼、裏切らないで

「新しい家族が増えたよ。しっぽが付いた、極上のかわいい子!」。そんなメールが届いたのは半年ほど前だったろうか。

 友人は動物が好きで、いつか条件が整ったら犬と猫と暮らしたいと長いこと考えていた。ようやくペット飼育可のマンションに引っ越したのを機に、夢を実現させることに。まずは近所の子どもが拾った子猫を、次に地元自治体から紹介された動物保護団体を通じて推定5歳の犬を迎えたのだった。

 子猫があっさりと一家に馴染(なじ)んだ一方で、犬は想像以上に大変だった。時間も場所も相手も関係なく、吠(ほ)え続ける。夜の間にケージから脱走して盗み食いした挙げ句、リビングのあちこちに排泄(はいせつ)し、家具や壁や絨毯(じゅうたん)やスリッパをぼろぼろに。狼藉(ろうぜき)ぶりたるや「一時は家を壊されるかと思った」ほどのすさまじさだった。

 もともと外で飼育されていた上、虐待を受けた痕跡もある。人間の手が自分を傷つけるものでなく、優しく撫(な)でたり美味(おい)しいものをくれたりする素敵(すてき)なものなのだと、根気よく教えることからのスタートだった。

 「うちに来るまでの数年間、どんなふうに生きてきたかわからないし、今まで経験していない、知らないことを学習させるのだから時間がかかって当然。それに失敗しても上手に伝えられないこちら側の問題で、仕方ないよね」と、決して怒らず諦めず、自分たちのペースで互いの距離を縮めてきた。

 久々に会いにゆき、変貌に驚いた。以前はリードをつけようものなら前後左右に引っぱっていたというのに、今やぴたりと左側について一緒に歩く。見知らぬ子どもが急にさわっても落ち着いている。思わず立ち止まり、犬の顔をのぞきこんだ。そこには以前の険しさなど微塵(みじん)もない、穏やかで真っ直(す)ぐな瞳が、きらきら輝きながらわたしを見上げていた。

毎日新聞 2012年09月18日




「今まで経験していない、知らないことを学習させるのだから時間がかかって当然。それに失敗しても上手に伝えられないこちら側の問題」

自分の飼い犬をバカ犬とか言う飼い主に聞かせたい言葉。

これから犬と暮らそうとしている人に覚えていて貰いたい言葉


| しっぽの気持ち | 01:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 被災犬猫の不妊手術病院=神戸のNPOが開設-繁殖防止、年間1000匹に・福島

 東京電力福島第1原発事故で警戒区域内に放置された野良猫などの繁殖を防ぐため、神戸市のNPO「アニマルレスキューシステム基金」は16日、福島県白河市に不妊・去勢手術の専門病院を開設した。警戒区域内で犬猫が過剰繁殖する一方、県内の収容施設の受け入れは限界に近づいており、年間計1000匹に手術を行う計画だ。

 同基金の山崎ひろ代表(44)は、米国で動物の過剰繁殖を防ぐノウハウを学んだ。阪神大震災では神戸市内で被災した野良猫を保護。不妊・去勢手術によって、殺処分数を大幅に減らした実績を持つ。今年4~6月、福島県内の獣医師の協力を得て、警戒区域などから保護した計60匹を手術したが、繁殖スピードに追い付けず、専門病院の開設を決めた。

 JR新白河駅近くにオープンした病院は、「フクシマ スペイ クリニック」と名付けられた。犬猫の保護では、アニマルライフサポート福島(郡山市)、ニュータウン動物愛護会(横浜市)、緊急災害時動物支援ネットワーク熊本(熊本市)の3団体が協力。手術は、静岡県伊豆の国市で動物病院を経営する遠藤文枝獣医師(48)らが週末にボランティアで行う。

 対象は、警戒区域とされた20キロ圏内や周辺の地域に残されたり、放浪したりしている犬猫のほか、避難者が暮らす仮設住宅で飼われているペットなど。この日は川内村や葛尾村から保護された野良猫やペットの猫など約40匹が手術を受けた。

時事ドットコム 2012年9月16日21時44分


| 報道 | 01:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 東京都千代田区「猫殺処分ゼロ」継続中のヒミツ

 東京都千代田区が「猫の殺処分ゼロ」を2010年3月末から継続中で、全国から注目を集めている。同区は、皇居や国会議事堂の周辺など、飼い主のいない猫が非常に多かった地域。ほかの自治体では毎年多くの猫が殺処分されているというのに(2010年度は全国で計16万匹)、一体どういうことなのだろうか?

「これは一朝一夕に達成したことではなく、区が13年前から区内在住・在勤ボランティアや動物病院の協力を得て取り組んできた『動物との共生支援ネットワーク事業』の成果です」と語るのは、区のボランティアや獣医などの協力者を中心とするネットワーク「ちよだニャンとなる会」の香取章子さん。

飼い主のいない猫の問題は行政だけで解決できるものではなく、地域の人たちの協力が不可欠です。本当はすべての猫に飼い主ができるといいのですが、子猫でなければなかなか里親は見つからない。この事業は、飼い主のいない猫に不妊・去勢手術を行い、元の場所に戻して『地域猫』としての一代限りの命を見守っていこうというものです」

 猫は生まれて4~5か月ほどで発情期を迎え、子供を産む。放っておけばその子供がまた子供を産み……という形でどんどん増えていく。

かつては千代田区でも猫をめぐる苦情が数多く寄せられ、餌やりをめぐってトラブルが起こることも数多くありました。そして爆発的に増えた猫たちは自動車にひかれて路上死していく。そのうちの85%が、生まれて間もない子猫という現実もあります

 同事業を進めていくうち、猫についての苦情や路上死体の数は激減。2010年3月以降、区内から都の動物愛護相談センターに引き取られる猫は1匹も出ていない。

 現在、千代田区は同事業のボランティアを募集中。区内在住・在勤・在学者であれば誰でも登録可能で、国会議員秘書や丸の内勤務の会社員なども登録しているという。

※【問い合わせ】千代田保健所地域保健課(TEL03-5211-8164)

区民ボランティアによる「地域猫」づくりは、以下のような流れで進められる。

・まず、区の普及員(ボランティア)に登録する。

・飼い主のいない猫を見つけた場合、まず地域猫であるかどうか(耳に手術済みの印があるかどうか)をチェック。

・地域猫でなければ、保健所に連絡して捕獲機を借りる。捕獲機をしかけ、猫が入るのを待つ。

・捕獲機にかかった猫を動物病院に届け、そこで不妊・去勢手術を行う(費用は千代田区から助成金が出る)。

・手術済みの猫を迎えに行き、元の場所に戻す。

「『猫の殺処分』というと、飽きて飼育放棄したり生まれた子猫を捨てたりする人たちが原因だと考える人が多いのですが、実はその数は意外と少ない。大きな原因は飼い主のいない猫の増加で、これを止めるには不妊・去勢手術が不可欠です。そうでなければ、いくら里親探しをしてもそれ以上に子猫が増え続けてしまう。せっかく生まれてきた大切な命を路上死や殺処分で失わないためにも、多くの人に『地域猫』づくりへの関心を持っていただきたいと思います」

【香取章子】
1954年千代田区生まれ。フリーランスジャーナリスト。著書に『猫のたま吉物語~ぼくは大地震にあった』(双葉社)、『猫への詫び状』(新潮社)、『犬と猫のための災害サバイバル』(学習研究社)、『ペットロス』(新潮社)など。

【ちよだニャンとなる会】
飼い主のいない猫のTNR(一時保護、不妊・去勢手術、地域に戻す)活動や子猫の里親探し、動物との共生社会実現に向けての普及・啓蒙活動などを行う。現在、仙台からの「被災猫救援」プロジェクトを実施中(詳しくは同会Facebookページを参照)。
※支援金の宛先:三菱東京UFJ銀行神田支店 普通口座0187929 ちよだニャンとなる会

日刊SPA 2012年09月15日


| 報道 | 01:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

くろちゃんの病気 9/15更新

[2012年08月30日]

このブログの左サイドバーに写真があるくろちゃんですが、”胸”と”肺”に水が溜まっている事が判明しました。

胸水の細胞診の結果は2日後、ウイルス検査の結果が1~2週間後に出ます。

猫伝染性腹膜炎(FIP)か癌かそれ以外か。

先生が言うにはそんな感じらしいです。

どうなるんだろう...



[2012年09月01日]

今、病院から帰ってきました。

胸水の細胞診の結果では、猫伝染性腹膜炎(FIP)は陰性でした。

後はウイルス検査の結果を待って他のウイルスによるものなのかを判断し、ウイルスではなかった場合は癌を疑った検査をする事になります。

口内の炎症も出ているせいか、この一週間殆ど食事をしておらず点滴で保っている状態です。

以前より大分痩せてしまいましたが、まだ目に力があるように感じます。

今日おこなった口内の炎症を抑える治療が効いて、とりあえず食事をしてくれるようになるといいのですが。



[2012年09月15日]

今日、ウイルス検査の結果が出ました。問題無しでした。

でも、心臓と肺に水が溜まっている事実は消えませんので、
まだ、癌の心不全の疑いが残ります。

口内の炎症の治療が効いたのか、食事は自分で出来るようになり、
最近では以前のように催促するようになりました。

食事をしてくれるようになったので、とりあえず一安心。

今後の検査の方向性を獣医の先生と決めてきました。

| その他 | 01:39 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 保護猫の一時預かり所、猫カフェ的発想で一般開放-マッチング向上目指す /鹿児島

鹿児島経済新聞 2012年09月02日

 元記事:http://kagoshima.keizai.biz/headline/426/

 保護した猫の一時預かり所を8月1日から、猫の家「のんきなねこ家」(鹿児島市鴨池新町、TEL 099-210-5320)として一般に開放している。

 マンションの一室を使う同施設。4LDKの間取りに、さまざまな理由から保護された約15匹の猫が暮らす。広さは約30坪で、駐車場2台分を設ける。

 毎週日曜には市内の公園などで譲渡会を開いているが、「特殊な環境ゆえに猫たちは緊張やストレスを感じている。譲渡会の短い時間では猫それぞれの性格や良さはなかなか出てこない」と管理人。開放を始めたのは里親とのスムーズなマッチングのためで、猫たちの日常に触れてもらいたいと考えた結果だという。

 部屋での過ごし方は基本的に自由。雑誌や猫のおもちゃの貸し出すほか、くつろいでもらえるように「ごろ寝用マット」も用意する。他人の目が気になる人は個室でも対応。「愛想のいい猫ばかりではない。すぐ隠れてなかなか出てこなかったり、出てきても寄りつかなかったり、人に慣れるには時間がかかる。1回来ただけでは猫の性格や、自分の家に合うか合わないかもわからないので、何度か通うか、できれば長い時間、部屋で過ごして猫たちとの相性を確かめてほしい」とも。

 利用者も少しずつ増え、友人同士やカップル、週末には家族連れで見に来ることが多いという。気に入った猫がいれば、里親側の飼育環境を調査した上で譲渡することになる。

 開放時間は12時~19時。利用料金は1時間500円(コーヒーなどのドリンクはサービス)。完全予約制。

1346516554_photo


| 報道 | 01:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT