FC2ブログ

2012年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年02月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[報道] 野良猫 地域で管理 /島根

 野良猫に不妊・去勢手術を施し、行政と地域住民が連携して管理する「地域猫」事業が、県内の2地区(非公表)で進められている。野良猫に関する住民の苦情と殺処分を減らすのが狙いだが、いかに事業を軌道に乗せるか、手探りが続いている。

 「猫のふん尿のにおいがひどい」「餌やりをやめさせろ」。県東部のある地区の管理者には、こうした苦情が日常的に寄せられていた。この地区では、一部の人が野良猫に餌を与え続けたことなどで猫が繁殖、住民間のトラブルになっていた。昨年、県が設けた地域猫事業のモデル地区に指定され、11月末から本格的な取り組みを始めた。

 管理者は、餌やりをする人と何度も交渉。管理者が餌やり場のそばに猫のトイレとなる砂場を設置し、餌やりを認める代わり、餌をやる人に砂場の清掃などを行ってもらうことにした。ボランティアと協力し、同地区に生息する推計30匹のうち、12月初旬までに7匹を捕獲。保健所で不妊・去勢手術を施し、耳に目印を付けた後、再び地区に放した。

 管理者は「野良猫への餌やりは違法ではなく、説明しても、なかなかやめてもらえなかった。餌やりを認めながら、猫を自然に減らす考え方には少しずつ理解を示してくれている」と手応えを語る。

 地区では、住民の理解を広げたいとするが、事業に協力的な住民は、今のところ、ごく一部。隠れて餌をやる人は後を絶たず、野良猫の殺処分を求める声も残る。県も、2地区以外に事業を広げたい考えだが、住民の理解が得られないことなどから、拡大の見通しは立っていない。県薬事衛生課の伊藤耕・食品衛生グループリーダーは「地域猫事業への理解を広げるのは、非常に険しい道のり。住民の理解が不可欠なので、地道に話し合いをしていくしかない」と明かす。

 一方、保健所から犬猫を引き取って、里親を見つけるボランティア活動を進める動物愛護団体「松江犬猫の会」の阿式章江会長(52)は「課題は多いが、始まったことに意義がある」と事業を評価。「野良猫に餌やりをする人の意識改革につながれば、トラブルも減り、殺処分もなくしていくことになるのでは」と話している。

読売新聞 2013年1月20日




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分


| 報道 | 01:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 悲惨な野良猫 ゼロに /東京

■「猫のゆりかご」代表 後藤由美子さん 53

 国立市や地域住民と連携し、野良猫のトラブルをなくす「地域猫」活動を続けている。野良猫に悩む地域に出向き、餌やりやふん尿の片づけの担当者を決めるよう自治会などに促し、野良猫の不妊・去勢手術をするための支援も行う。「地域猫」は1世代限りの飼育が原則で、野良猫の数は自然に減っていく。

 「もともと動物に関心が高いとか、猫が好きだとかではなかったんです」。1990年5月、夫の孝宏さん(53)が勤め先のアニメスタジオの社長から子猫をもらってきたことがきっかけだった。夫婦共にアニメーターで多忙な日々を過ごしていたが、2人の間に子どもがいないこともあり、初めて飼った子猫を殊更いとおしく感じた。

 当時、自宅周辺に野良猫がたくさんおり、猫を飼ったのを機に、飼い主のいない猫が気になり始めた。やせて餓死したり、病死したりした子猫の姿も相次いで見た。

 「無惨な姿で死んでいく子猫がかわいそう」。居ても立ってもいられず、野良猫に餌をあげるようになったが、餌やりだけでは根本的な解決にならないことが分かった。野良猫の飼い主がいないことを確認した上で、自費で不妊・去勢手術をする活動を始めた。新しい飼い主を探すこともしたが、個人の活動に限界を感じた。

 98年、「地域猫」活動の先駆者で新宿区のNPO法人「ねこだすけ」代表理事の工藤久美子さん(57)に助言を求めた。野良猫の数を確実に減らすためには地域住民、行政、ボランティアの3者が協働することが必要だと知った。

 翌99年から「地域猫」活動を試行し、野良猫対策に苦慮していた国立市に働きかけも続けた。市は2002年、住民への説明に担当職員を同行させるなど活動に参画するようになった。

 05年11月、同市の自営業手伝い福井和江さん(58)とともにボランティアグループ「猫のゆりかご(ゆりかご)」を発足。実動部隊は2人のため、仕事の合間を縫って現場にかけつける。不妊・去勢手術の費用は本来、地域住民や市に負担してもらいたいが、現状は「ゆりかご」への寄付金で賄わざるを得ない。それでも「地域猫」活動を学ぶセミナーが市役所で定期的に開かれるようになり、協力者が「ゆりかご」のホームページを製作してくれるなど支援の輪は広がった。

 今では「地域猫」活動が市内10か所で行われている。野良猫の数が10年間で3分の1に減るなど成果を上げ、最近は隣の国分寺市の住民から相談が来るようになり、ますます忙しくなった。「私はふつうのおばさん。代わりにやってくれる人がいれば、いつでもやめたいと思っているんですよ」。素っ気ない口調に猫への愛情がにじんだ。

 「猫のゆりかご」の名称には安心して猫が生きられる受け皿になりたい、との思いを込めた。人手不足のため、ボランティアを求めている。協力・支援や寄付の振込先など問い合わせは、ホームページ(http://nekoyuri.web.fc2.com/)から。

読売新聞 2013年1月14日




住民が野良猫管理、10年で頭数・苦情減…国立

 地域住民や行政などが協力して野良猫の数を管理する「地域猫」活動が東京都国立市で始まって、今年で10年がたった。

 同市での活動は多摩地区の自治体の中でも古く、市への野良猫に関する苦情は当初に比べて大幅に減少した。野良猫の個体数も不妊・去勢手術で年々減少しており、活動の効果は着実に上がっている。

 ニャゴウ、ニャゴウ――。

 11日午前6時過ぎ、市内の住宅街の一角に7~8匹の猫が集まってきた。猫は片耳の先端がV字形に切られている。不妊・去勢手術を施した印だ。

 「朝ごはんの時間がちゃんと分かっているのね」。手慣れた様子でキャットフードの準備を始めたのは近所に住む年配の女性。女性はこの地域の「地域猫」担当として、毎日、餌やりや周辺の清掃を行っている。市によると、この地域では、野良猫の数が10年間で3分の1に減り、苦情もほぼなくなったという。

 市内で「地域猫」活動が始まったのは1999年。市民の有志が試行的に活動を始めたことがきっかけだった。2002年以降は、市が啓発パンフレットを製作したり、自治会への説明会を開いたりして、活動への理解を求める取り組みを開始。今では活動地域は市内10か所に増えた。

 活動では地域住民、専門家によるボランティア団体、行政の三者による協力が重要となる。市は現在、市内のボランティア団体「猫のゆりかご」と二人三脚で動いている。同市環境保全課の担当者は「苦情への迅速な対応などを含め、行政の力だけで成果を上げるのは難しかった」と話す。野良猫に関する市への苦情件数は11年度は16件と10年度の3分の1にまで減少した。

 ただ、課題もある。年間30~60匹の不妊・去勢手術費用は「猫のゆりかご」に集まる寄付金で賄っている。同団体は市に助成を求め続けているが、市は応じていない。また、捨て猫を防ぐため、市は活動地域を原則非公表としており、より多くの市民に活動を知ってもらう機会が制限されてしまっている。

 「地域猫」活動 ボランティア団体と行政の支援の下で、地域住民が野良猫に不妊・去勢手術を施し、餌やりやフンの始末などを行う。野良猫を一代限りの飼育とすることで、数を減らすことを目指す。東京都内では新宿区が先進地として知られているほか、立川市も2009年に市民向けの手引を策定した。

読売新聞 2012年10月15日





猫のゆりかご ブログより抜粋

東京都国立市及びその周辺地域において、猫と地域住民との良好な関係を築く手助けを目的としたボランティア活動をしております。
単なる話し合いや餌やり禁止の呼びかけだけではなく、地域住民、行政、ボランティアの三者恊働による問題解決を目指します。

会員募集、里親募集中。

平成24年10月27日(土) イベントがあります。

第6回にゃんにゃんセミナー くにたち地域猫活動10周年~伝道師たちによる秋のトークセッション~

| 報道 | 00:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[転載] お願い

「うちのとらまる」様からの転載です。

※転載記事の場合、「応援コメント」や「ツイート」や「いいね」は転載元の方でお願いします。



以下、転載


のこされた動物たち

人間から見放されてしまった

動物たちがいたから 

私は福島に行きました





お願い 1


お願い 2





同じ気持ちを持った人たちが たくさん

それこそ たくさん向かったのです

しかし たくさんといっても万単位でいる動物たちを

取り締まっている警察の目を逃れて

どうにかできるような人数ではありませんでした

しかも家畜までといったら一般の素人にはどうにもできない状態でした





お願い 3


お願い 4





1年と10ヶ月が経ちました

何か変わったかといえば 

基本的には何もも変わっていない

今もボランティアさんや 一時帰宅された住民の方々が

継続して置いてくださっているフードを食べて

ぎりぎりの状態で生き残っている犬や猫が今もいます





お願い 5





警戒区域を解除になった地域や計画的非難区域でも

住民が住むどころか宿泊することも出来ないでいます

その地域もまた

警戒区域と同じようにまだ動物たちの悲劇は続いているのです

ボランティアさんや一部の住民の方々で給餌はしていますが

それはまったく十分ではありません





お願い 6





牛たち

一部の農家さん ボランティアさんの手によって

こちらもまたぎりぎりの中で生かされています

世話をしてやろうにも警戒区域の中ですから

十分に看てあげる事が出来ないのです

結果 弱い牛から死んでいくことになります





お願い 7





こういう悲劇が 福島県双葉郡を中心に1年10ヶ月の間 続いています

信じられないのは国や行政が動いてくれないこと

いや 動くことは動きましたが 

ペットに関しては あまりにも小規模でした

家畜に関しては あまりにも情のない全頭殺処分
(現在はとりあえず生かすことは認められました)



だから

だからボランティアさんたちは行くのです

身銭を切って

仕事を抱えながらの活動です

いつか「大きい力」で動物たちを助けてもらえる

それを信じて頑張っているのです


しかし彼らにも限界があります

本人は大丈夫だと思っていても

精神的にも肉体的にも

限界が近づいているボランティアさんも多いのです

病気になった方もいらっしゃいます

事故に遭われた方もいらっしゃいます

そして限界を迎えてしまった方も・・・





お願い 8





彼らの負担を少しでも軽くしなければと思っています

そうすることが結果 動物たちのためにもなります

今まで何度も書いてきましたが

福島に行くことだけがボランティアではありません

保護してきた犬や猫の一時預かりや

里親になっていただくのが本当に助かります

1匹 

皆さんが1匹でいいから保護した子達を迎えてくだされば

ボランティアさんたちの気持ちはどれだけ軽くなるか

たくさんの犬猫がいるシェルターでは

きめ細やかな愛情もかけてあげることが出来ないのです

もちろんシェルターのボランティアさんも最大限の努力をして

動物たちが快適に過ごせるようにしておられます

しかしシェルターは終の棲家ではないのです

あくまでも一時的に保護している場所にしか過ぎません





お願い 9
(おーあみ避難所 人格者タヌ吉)





餓死を免れた子たちの里親になってください

もしくは一時預かりして里親を探してください

どうかよろしくお願いいたします


転載、ここまで


被災地でのこの状況を知っている日本人ってどれ位居るのでしょう。

きっと知って居る人より、知らない人の方が多いんでしょうね。

昨日あったBSスカパーでの「のこされた動物たち ~半径20キロ圏内の命~」。

この放送で初めて知った方も多いのではないでしょうか。

もっと詳しく知りたくなって頂けたら、下記を当時に遡ってご覧下さい。

うちのとらまる
 http://ameblo.jp/uchino-toramaru/

ねこさま王国
 http://blog.livedoor.jp/ariko602/

天使達の居場所 ほんわかな時間
 http://nekoswans.blog49.fc2.com/

にゃんこはうす
 http://ameblo.jp/ariko602/

ぽんぽんと犬と猫
 http://pon-rare.jugem.jp/

希望の牧場~ふくしま~
 http://fukushima-farmsanctuary.blogzine.jp/

置き去りにされた小さな命~福島第一原発20km圏内 警戒区域から~
 http://ameblo.jp/kuri-koyagi/

犬猫みなしご救援隊 栃木拠点ブログ
 http://blog.livedoor.jp/inunekoblog/


福島原発被害の動物たち
 http://www.facebook.com/fukushimaanimal



ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

| 転載 | 07:22 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[放送] BSスカパーで殺処分ゼロを目指したどうぶつ特集が放送されます(報道記事追記)

(2013年1月20日 追記)

残念ながら私は見る事が出来ませんでした。

内容が気になったのでTwitterで検索すると下記のような感想がありました。

嬉しかった。

-------

とるて ‏@Torutete
『どうぶつと生きる社会』を観た。犬の殺処分の実態に迫るドキュメンタリー。殺処分方法は安楽死などではなく二酸化炭素による窒息死だ。飼育放棄で施設に犬を持ち込む人にももがき苦しむ犬を撮影したビデオを見せるらしいがそれでも犬を置いて行く人がほとんどだという。BSスカパーで27日夜再放送

鶴姫@(=ΦωΦ=)∫ RTありがと~ ‏@Wmitsuruuu
民放で放送してくれー"@xxxmayu4000: 昨夜のBSスカパーにて殺処分される犬たちのドキュメントをやっていた。あまりに辛い内容で私は15分でギブアップ。自分のペットをセンターに持ち込む人に実際に殺処分されるVTRを見せて思い留まるよう説得しても殆どの人がそのまま置いていく

マユリズム ‏@xxxmayu4000
@Wmitsuruuu かなり衝撃的でした(゚д゚ll) でも多くの人に知ってもらいたい現状。民放でも放送すべきですね。

マユリズム ‏@xxxmayu4000
昨夜のBSスカパーにて殺処分される犬たちのドキュメントをやっていた。あまりに辛い内容で私は15分でギブアップ。自分のペットをセンターに持ち込む人に実際に殺処分されるVTRを見せて思い留まるよう説得しても殆どの人がそのまま置いていくらしい。どんな神経してるんだ(゚д゚ll)

この木なんの記 ‏@hawkeyeF
昨日、BSスカパーで「犬と命の物語」というドキュメンタリーが放送されていたので見た。でも、犬を助ける側の視点で何かもの足りなく。捨てる人間側をもっと掘り下げられたら、ペットを取り巻く社会が浮かび上がったのでは。27日に再放送。

umiberry ‏@umiberry
夜はDVD鑑賞の予定だったが、BSスカパーの内容がショックすぎてそんな気になれず。ある程度の事は知ってるつもりだったけど、現実はあまりにも残酷でした。日本の動物たちがもっと幸せになれるように、無責任な飼い主やペット業者が減るように、小さなことでも何かしら行動したいと思った。

ゆずゆきん ‏@yuzuyukin
見てるの辛かったけど目を背けちゃいけない現実。来週再放送があるので、見逃した方は是非。 【BSスカパー!】『犬と命の物語~どうぶつと生きる社会~』 http://www.bs-sptv.com/program/page/001290.html …

サラリーマンパパ ‏@kenkun1956
今日、BSスカパーの番組で、「犬と生命の物語」を見た。 あまりにも身勝手なブリーダーがいること。自分本位の飼い主がいること。 売れない犬は、殺すのですか? 一生懸命に生まれてきたのに・・・。 飼えなくなったら、捨てるですか? 一緒の思い出も捨てますか?

nika ‏@zefosy
BSスカパー「犬と命の物語」見たかったな~なんでBSなんだよ~(T_T)地上波ゴールデンでやってほしかったなー

あやすぱ ‏@ayaspa0932
BSスカパー『犬と命の物語。』地上波でやるべき。人間の勝手な行動でどれだけの命が毎日犠牲になっているか。もちろん犬に限らずだけど。目をそらしちゃいけない。

MSM_FAMILY ‏@MakiLilmom
BSスカパー 『犬と命の物語』を観てる 1時間半とっても貴重な時間でした。 今日は、もうツィートは辞めておきます。 番組関係者の方に 現実を隠さず伝えてくれた事にお礼を言いたいです。 ありがとうございました。

Яingo♡*゜ ‏@mumuma_fa
BSスカパーのアニプラpresents 涙が止まらなかった.˚‧º·(´ฅωฅ`)‧º·˚ 自分にできる事は何か...

たけちゃん ‏@chubakko
今 BSスカパーで犬の特集やっていた。日本人全員に見てほしい素晴らしい番組でした。殺処分されるあの犬の目を見ていたら涙が止まらなくなった。ペットも家族  捨てに来る人間が許せない

ハム炭酸 ‏@ham_tansan
なんか帰ってきたら親父がBSスカパー!で『犬と命の物語』っての見てて色々崩壊した。ついでに人間嫌いになった。自分勝手に飼って捨てるような人間がより一層大嫌いになった。

MA'mission ‏@GdMiyabilove
BSスカパー!『どうぶつと生きる社会』観ました。終始涙が止まりませんでした。 ペットを飼っている皆さん、これから飼おうとなさっている皆さん、どんな状況になろうとも、一生涯ペットを大切にしてあげて下さい。お願いします。

chiakick ‏@yamachi_ssms
BSスカパーで犬と命の物語って番組をやってるんだけど、徳島の愛護センターで窒息死させられる犬の映像が…。仰向けになって悶えながら死ぬ犬の映像が映ったりしてて涙出てくる。子犬もいっぱい殺されてる。子犬が殺処分て…あまり新潟では考えられないかも…。

セラ(チェヒ) ‏@sera322
BSスカパーの 犬と命の物語 っていうの見てると、犬に限ったことじゃなくて猫にもいえる事。 こういう番組はBSじゃなくて誰でもが見れる場所で放送してほしいって思う

真由美ねぇ〜さん☆ ‏@aap_mayumi
BSスカパー「犬と命の物語」もっと沢山の人が見るべき!!地上波でも放送すべきだと思う!!動物を捨てるという事はその子達の末路がどうなるのか知らなければいけない。家族に迎える責任をもっと持って欲しい。犬や猫、小動物は家族です。自分の子供なんだよ!!

こうふくそう ‏@zenryokutaku
BSスカパー(ch241)で「どうぶつと生きる社会」(無料放送)放送中です。捨て犬や野犬になってしまった犬の殺処分など、非常に厳しい問題を取り上げています。被災地に残された犬達の悲惨な現状、ペットブームの陰にある悲惨な繁殖現場など目を背けずに観られる方、何かを感じてください。

MSM_FAMILY ‏@MakiLilmom
普段はTV見ませんが… 今、BSスカパーの『犬と命の物語』を見ています。 現実って残酷過ぎます。 言いたい言葉が見つからない。 人間の都合で犬達の命を左右するのはやはり間違ってます。売られる命、処分される命 こういう番組を放送して下さるスカパーさんに感謝します。

浜田博幸 ‏@sentaihirolove
@MakiLilmom こんばんわ、僕も同じ気持ちです…犬の命を簡単に殺処分をしてしまう人間も許せないですし、飼い主も自分達の言い訳だらけの理由で見捨てないでほしい…人間として最低レベルの人です!

リトル・ミィ ‏@_pinokoooo
BSスカパー!にて「犬と命の物語」 くだらんテレビ観てるならこれを観て欲しい。むしろ、民放でやってほしいくらい

ひなぎく ‏@hinakiku
BS スカパー! 犬と命の物語 飼えなくなった理由があんまりにもひどい! 号泣 けど現実なんだ

ぴょん太 ‏@yuki48467
BSスカパー!の無料放送で、犬の命に関する番組やっています。殺処分の現実などやっています。直視するのは辛いけど直視しなければならない内容です。

♪yukiko♪ ‏@yoonhakkk
BSスカパー「犬と命の物語」憤りを感じるわ。飼育放棄なんて考えられない。

-------

良い番組だったみたいですね。



(2013年1月18日 追記)

 ペットブームのなか、テレビでも動物番組の人気は高い。その陰で、飼い続けられずに捨てられ、殺処分される犬や猫も多い。BSスカパー!はこの問題と向き合うドキュメンタリー「犬と命の物語〜どうぶつと生きる社会〜」を19日午後8時から無料放送する。

 徳島県動物愛護管理センターの職員が、町中で野良犬を追いかけ回す。捕獲した犬は施設内に7日間収容される。信じがたいことに、つい昨日まで飼われて首輪をつけたままの犬もいる。ペットや飼い主が高齢化したり、子供が生まれたりして都合が悪くなり、直接連れてこられるケースだ。この間、飼い主や引き取り手が現れなければ殺処分される。

 スカパーがこうした社会派ドキュメンタリーを自主制作するのは初めて。企画した赤松勇介プロデューサー(31)は「やるからには地上波のゴールデンタイムでは放送できないところまで踏み込んでメッセージを打ち出したかった。殺処分を批判するのではなく、飼う人に問題意識を持ってもらえる内容にしたかった」と制作意図を語る。

 全国で取材に応じた自治体は、殺処分の大幅削減を目指す徳島県だけだったという。これを切り口に、ペットブームに乗って人気種を劣悪な環境で大量に繁殖させる犬ビジネスや、誰でも参加できる犬のオークションの悲惨な実態、原発事故の影響で置き去りにされた福島県内の犬を助けるボランティアの人たちの姿などを追う。

 犬が苦しむ様子などショッキングな映像も含まれているが、これが現実だ。結局、飼い主が最後まで責任を持って面倒を見る覚悟が必要だということを思い知らされる90分。動物好きの人こそ、ぜひ目を背けずに見てほしい。

毎日新聞 2013年01月18日




BSスカパー

--------------

「どうぶつを大切に」

年間30万頭、殺処分されている”どうぶつ”。
ペットの殺処分ゼロを目指し、「スカパー!どうぶつ特集」と題して1月19日にドキュメント番組を徹底的に無料放送します。
ペット殺処分の現場や東日本大震災での被災犬の様子などの映像を通じて、「どうぶつと共に生きる」ことの現実や責任、未来(これから)を考えるきっかけづくりを一緒にできたらと思います。

--------------

と言う趣旨で下記の4番組が無料放送されます。



「戦渦の犬たちを救え~バグダッドの奇跡~」

放送スケジュール
 1/19(土)後4:00-5:00

戦場の小さな命を守ろうとした米軍兵士たちの活動の全記録。
犬たちを保護するだけでなく、米国まで安全に移送するという難題に取り組む兵士たち。
戦渦のイラクで、ある一部の米軍兵士たちが戦場に放置された犬たちを救おうと奔走していた。
自らも命の危険と隣り合わせの極限状態の中、犬たちの救済へと彼らを突き動かしたものは何だったのか?
知られざる実話、感動のドキュメンタリー。



「のこされた動物たち ~半径20キロ圏内の命~」

放送スケジュール
 1/19(土)後5:00-5:30

福島第一原発20キロ圏内に残された動物たち-
震災直後から、そんな彼らの元に駆けつけ、活動を続けるひとりのカメラマンの姿を通し、動物たちの現状を伝える。
カメラマンの太田康介さんは、警戒区域内に何度も足を運び、動物たちの姿を追い求め、シャッターを押す。
生き続ける動物たち、命絶えた動物たち…人間が決めた境界線の中の危険な場所に取り残された動物たちのことを知ってほしいから、彼は、シャッターを押し続ける。



「HAPPY MUSIC FESTA 2012 ライブスペシャル」

放送スケジュール
 1/19(土)後6:30-8:00

ペットのためのチャリティ音楽フェス「HAPPY MUSIC FESTA」2012年度公演の密着レポート。
「犬猫の殺処分数をゼロに」という想いから、トータス松本、スガシカオなど、動物好き豪華アーティストらが、いつもと違うアコースティックライブを披露。
バックステージインタビュー等「スカパー!でしか観られない」コンテンツが盛り沢山。



「犬と命の物語 ~どうぶつと生きる社会~」

放送スケジュール
 1月19日(土)後8:00
 1月27日(日)深0:30

犬と人間は昔から、素敵な関係を築いてきました。
犬をペットとして飼っている家庭では、大切な家族の一員です。
また、盲導犬や介助犬のように人間を支えてくれる犬もいます。
しかしその一方で、悲しい現実があるのを皆さんはご存知ですか。
ペットブームの陰で乱繁殖される犬たち。
人間の勝手な都合で左右される、小さな命。
犬の殺処分という実態と向き合い、いのちの大切さ、犬と共に生きる社会を考えてみませんか。



殺処分がどんなものなのか、

被災地で動物たちがどんな目にあっているのか、

をご存知無い方は是非この番組をご覧になって下さい。

そして何かを感じ取って貰えればと思います。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

| その他 | 23:41 | comments:21 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 犬に狂犬病のワクチン投与開始 殺さないよう呼びかけ /中国

 世界動物保護協会(WSPA)は中国動物疫病管理センター(CADC)との間で合意を締結し、現在殺されて続けている中国国内の犬について、ワクチン投与を開始することを発表した。WSPAのサイトに寄れば、狂犬病の疑いがもたれた瞬間に中国では犬が殺されているという。しかしウィルスは北部および西部に広がり続けており、健康な犬にとっても脅威となっている。

 今回の合意の枠内で、WSPAは中国における狂犬病対策としてワクチン投与が有効なものなのかを調査する。これはすでに犬が殺され始めている地域から行われ、中国政府にたいして全国における大量ワクチン投与の必要性を訴える。約50万匹の犬を救うことができると見られている。

The Voice of Russia 2013年1月18日




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


| 報道 | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[転載] ここにいるよ!僕たちの存在を知って!緊急里親募集

「そうにゃんだ!」さんからの転載です。

※転載記事の場合、応援コメントや「ツイート」や「いいね」は転載元の方でお願いします。

転載元:http://animalhearts0.blog.fc2.com/blog-entry-39.html



2013年01月18日 追記

里親募集その2のワンちゃんの里親様も決まったようです。

情報拡散にご協力下さいました皆様、有難うございました。



2012年11月06日 追記

里親募集その1のワンちゃんの里親様が決まったようです。

情報拡散にご協力下さいました皆様、有難うございました。



□ □ □ □ □ 転載、ここから □ □ □ □ □

岡山県動物愛護センター / 岡山県動物愛護財団 さんより、掲載依頼です。
私が参加しているボランティアチームを通して、私も慌てて拡散のお手伝いです。


↓掲載ここより全文
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***

犬の飼主の募集について

岡山県動物愛護センターでは犬・ねこの譲渡会を開催して飼主さんを募集しています。
譲渡会では通常1ヶ月以内には飼主さんが見つかるのですが、数ヶ月経っても見つからずにいる成犬が2頭います。
そこで、責任を持って飼っていただける次の犬の飼主さんを募集しています。
今回は初めて、岡山県動物愛護センターの登録譲渡団体のホームーページへの掲載による飼い主募集を依頼することにしました。
譲渡条件及び手続き等につきましては(財)岡山県動物愛護財団のホームページを御覧いただくか、直接お問い合わせください。


里親募集その1里親さん決定しました!!

里親募集その1

【種類】 雑種
【性別】 オス
【年齢】 1才位
【体格】 中(9kg)
【毛色】 黒茶

【性格】
・従順
・尾を追いかけて回転しながら声を発する癖がある。
・他の犬に対しては社会性がないところがある。

【その他】 ワクチン注射、駆虫済みです。



< お問い合わせ先 >
(財)岡山県動物愛護財団
電話:(0867)24-3288
HPアドレス:http://ww9.tiki.ne.jp/~okadouaizai/


-------------------------------------------

里親募集その2 まだまだ募集中です!!!どなたか!

里親募集その2

【種類】 雑種
【性別】 メス
【年齢】 1才位
【体格】 中(11kg)
【毛色】 茶黒

【性格】
・従順
・やんちゃ
・飛びつきがある。

【その他】 ワクチン注射、駆虫済みです。



< お問い合わせ先 >
(財)岡山県動物愛護財団
電話:(0867)24-3288
HPアドレス:http://ww9.tiki.ne.jp/~okadouaizai/


*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
↑掲載ここまで


こんないい子たちまで緊急事態とは・・・
岡山県民のみなさん、運命のわんこはペットショップではなくここにいます。
どうかこの2匹を救ってあげてください。

□ □ □ □ □ 転載、ここまで □ □ □ □ □

この子たちが安心して寄り添える里親さんが早く見つかりますように。



ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村



動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

| 転載 | 03:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 中国、台湾の食文化

中国 年間400万匹の猫が食材に

 中国の動物愛護活動家たちは、中国のレストランに運ばれていた猫およそ1000匹の命を救った。

 この猫たちは、ネズミ捕りのためではなく、食材として運ばれていた。もし猫が積まれたトラックが事故を起こさなかったら、恐らく猫たちは料理されていたことだろう。

 だが、事故現場に到着した警官の1人が、ソーシャルネットワークを通じて猫たちの保護を呼びかけ、近隣の居住区からおよそ50人が猫たちの保護にあたり、約1000匹の命が救われた。

 Huffington Postによると、中国では猫料理の人気が高く、猫を捕獲、販売してお金を稼いでいる人々がいる。「猫ディーラー」は、1匹1-2ドルで販売しているという。たくさんの猫が集まったらレストランに運び、販売する。

 Huffington Postの情報によると、中国では年間400万匹の猫が食材になっている。中国には、「猫狩りをする人」を罰する法律がない。最近は、ボランディアたちの動物愛護活動に警察が積極的に参加するようになったという。

The Voice of Russia 2013年1月17日




「猫やネズミの肉、食べてたの?」 人気屋台料理の羊肉串に疑惑

 中国では冬になると、熱々の羊肉の串焼きに舌鼓を打とうと、人々が群れをなして屋台を目指す。しかし、この人気の高いB級グルメに猫やネズミの肉が使用されているという疑惑が浮上している。中国国内紙、楚天都市報が報じた。

 インターネットではこの話題で持ちきりだという。「猫の肉の串焼き。食べたかも?」「5元(約60円)以下の羊肉は食べないほうがいい。猫やネズミの肉に決まっている」などが書き込まれている。そして、羊肉の風味を持たせるため、安価な猫の肉を羊の尿に数時間を漬けてから、食肉軟化剤や調味料をまぶし、羊の油と精油で加工すれば、羊肉の出来上がりだ」とその手口を暴露する人もいる。

 真偽を訪ねる取材に乗り出したところ、ほとんどの店主が本物の肉を扱っていると主張する。一方、中に「本物の羊肉を今の値段で売っていれば、大赤字だよ」とポツリと本音を漏らす人もいた。

 店で使った羊肉串焼きのほとんどは冷凍食品の卸し専門業者から仕入れたもの。業者は取材に対して、百パーセントの羊肉はほぼ存在せず、取扱商品はすべて「羊肉風味」に調味された肉だと強調した。

 記者はさらに、卸市場や屋台、レストランなど6店舗で串焼きを購入し、専門機関に分析を依頼した。

 その結果、3店のものからは羊肉の成分を検出したが、豚肉と鴨肉が混ぜられていた。ほかの3店の肉からは羊肉の成分は全く検出されなかったうえ、豚肉でも鴨肉でもない、「正体不明」の肉が使用されていた。噂の猫やネズミの肉が、本当に市民の口に入ってしまったのかは、更なる分析測定が必要だという。

大紀元 2013年1月17日




違法食肉処理場から犬の陰茎435本を押収、台湾・雲林県

 台湾西部・雲林(Yunlin)県で15日、違法な食肉処理場から乾燥させた犬の陰茎や睾丸など400点以上が押収されたことが、獣疫当局の16日の発表で分かった。

 処理場では、乾燥陰茎435本が冷蔵庫から見つかったほか、死後間もない犬の死骸も12体見つかったという。

 当局者は食肉処理場の所有者の男がなぜ犬の死骸を保存していたかは定かではないと話しているが、地元メディアの報道によると、犬の陰茎には男性の精力増進効果があると信じて薬用酒の材料にしていた可能性があるという。

 処理場からは生きた犬2匹も保護された。また首輪も多数見つかったことから、殺された犬にはペットも含まれていたとみられる。

 犬の肉を食用として販売した疑いがかけられている処理場所有者の男には、動物を殺した前科があるという。犬を殺すことを禁じる動物愛護法に再度違反したことが分かれば、最長で1年の禁錮刑と100万台湾ドル(約300万円)の罰金が科せられる可能性がある。

 かつて台湾では犬の肉は一般的な食材だったが、現在では犬や猫を食べることは違法。違反すれば、最高で50万台湾ドル(約150万円)の罰金が科される。

AFP BB News 2013年1月17日




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分


| 報道 | 02:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 飼い主しのび毎日教会で礼拝、イタリアの忠犬

 イタリア南部の村サンドーナチ(San Donaci)で、飼い主だった女性の葬儀が営まれた小さな教会に2か月間毎日通い続け、礼拝に参加する忠実なイヌが話題を呼んでいる。

 伊紙メッサジェロ(Il Messaggero)が16日報じたところによると、この律儀なイヌは12歳のジャーマンシェパード「トミー(Tommy)」。飼い主だった女性は1人暮らしで、トミーと他3匹の救助犬を飼っていた。4匹のイヌたちはいつも忠実に女性の後をついて回っていたという。

 葬儀の日、トミーは教会まで女性のひつぎを運ぶ葬列にぴったり寄り添っていた。イヌたちは村が引き取って世話をしているが、トミーは毎日午後の礼拝の鐘が鳴り始めると、どこにいようと教会に駆け戻り礼拝に参列。この2か月というもの1日たりとも休むことなく、祭壇に最も近い最前列に陣取って礼拝が終わるまで静かに座っているという。

 サンタ・マリア・アスンタ(Santa Maria Assunta)教会のドナト・パンナ(Donato Panna)司祭は、今では礼拝にトミーの姿がないことなど考えられないと話している。

飼い主しのび毎日教会で礼拝、イタリアの忠犬


AFP BB News 2013年01月17日




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分


| 報道 | 01:42 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 不幸な猫を減らせ 30匹に無料で不妊去勢手術 /神奈川

 港南区獣医師会と港南キャッツアイ連絡協議会は特定の飼い主がいない猫30匹を対象に、無料で不妊去勢手術を実施している。

 これは横浜市内で1年間に多くの野良猫が安楽死処分されている現状を受け、両団体が野良猫の数を抑制しようと続けているもの。具体的には、自宅で飼ってはいないが、定期的に餌やりをしているなど、日常的に面倒を見ている猫を想定している。

 この手術は同獣医師会に所属している18病院(表)で受けることが可能で、申し込みは先着順で1月21日(月)から5月末まで受け付ける。ただし、ケースによっては有料となる場合もあるので、詳細は事前に各病院へ問い合わせを。

 同獣医師会の会長で、連絡協議会の代表も務める港南動物病院の太田雄一郎獣医師は「1匹でも多くの猫に手術し、不幸な野良猫を減らしていければ」と話し、「野良猫の事なので区民の方の力が必要。ぜひ、ご協力をお願いしたい」と協力を呼びかけている。

不幸な猫を減らせ 2



タウンニュース 2013年1月17日




野良猫に不妊去勢手術 獣医師会らが無料で30匹

タウンニュース 港区版 2011年01月20日

 港南区獣医師会と港南キャッツアイ連絡協議会は特定の飼い主のいない猫30匹を対象に、無料で不妊去勢手術を実施している。

 この事業は両団体が横浜市内で1年間に多くの野良猫が安楽死処分となっている事実をふまえ、野良猫の数を抑制しようとの目的で続けているもの。具体的には、飼ってはいないものの、定期的に餌やりをしているなど、日常的に面倒を見ている猫を想定している。

 不妊去勢手術は獣医師会に所属をしている17病院(表)が無料で行う。申し込みは先着順で期限は5月末まで。また、ケースによっては有料となる場合もあるので、詳細は各病院に問い合わせを。

 獣医師会の会長で、連絡協議会の代表でもある港南動物病院の太田雄一郎先生は「1匹でも多くの手術をして不幸な野良猫を減らせれば」と話している。



ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分


| 報道 | 01:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[転載] 台湾、海洋ほ乳類の商業的取引を禁止する法案を可決

ヘルプアニマルズのメールより転載

以下、転載


台湾では、海洋ほ乳類の商業的取引を禁止する法案を可決しました。
アザラシの毛皮も禁止になります。ただし、伝統的な猟については例外となります。

カナダあざらし猟保護の主要な第1歩となります。

団体HSIは台湾の動物保護団体EASTとともに、2010年よりアザラシ製品の取引中止を求めて活動してきました。
業界からの反発も大きくロビー活動も行われましたが、今日の成果を見ることができました。

台湾は2003年から2009年までの間に43万キロのアザラシ油を輸入し、その量は世界第4位でした。

台湾の決定は他の国々のお手本になることでしょう。


詳細 HSI
http://www.hsi.org/world/canada/news/releases/2013/01/taiwan_seal_product_ban_010813.html?utm_source=hsica_em010813&utm_medium=email&utm_campaign=ps13


アザラシ毛皮関連ページもご覧ください。

ロシア、カナダのアザラシ毛皮の輸出入を禁止
http://helpanimals.jugem.jp/?eid=268

進む毛皮への規制
http://www.all-creatures.org/ha//Kegawa/furKiselNew.html

----------------
ヘルプアニマルズ
http://www.all-creatures.org/ha/index.html

動物実験廃止へ向けて
http://www.all-creatures.org/ha/jikken/experiment.html

化粧品の動物実験
http://www.all-creatures.org/ha/jikken/cosme/

さよなら毛皮 毛皮は動物の死体です
http://www.all-creatures.org/ha/Kegawa/Kegawa.html

日本の毛皮産業 過去と現在
http://www.all-creatures.org/ha/Kegawa/FurInJapan.html

イルカを殺さないで - イルカ猟と水族館
http://www.all-creatures.org/ha/saveDolphins/saveWhaleDolphin.html

ベジタリアンになろう
http://www.all-creatures.org/ha/Chikusan.html

生体販売反対
http://www.all-creatures.org/ha/seitaihanbai.html

韓国犬肉
http://www.all-creatures.org/ha/kaps.html

中国犬猫肉
http://www.all-creatures.org/ha/helpChina/helpChina.html



転載、ここまで

| 転載 | 01:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT