FC2ブログ

2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[報道] 地域ねこ活動県内で広がる 野良猫を避妊・去勢し住民が世話 /徳島

地域ねこ活動県内で広がる 野良猫を避妊・去勢し住民が世話


 野良猫に避妊・去勢手術をした上で住民が育てる「地域ねこ活動」が徳島県内で広まっている。2010年度から県が名乗りを上げた地区を認定しており、これまでに徳島市など3市1町の計14地区が申請。環境改善や繁殖抑制に一定の効果を挙げている。

 徳島市の中島田、南島田町内では10年以上前から野良猫がすみ着き、ふん尿をしたり生ごみを食い荒らしたりするようになった。発情期には夜通しで鳴き、眠れないという人も。一時期は100匹ほどいたようで地域住民の悩みの種だった。

 地元の中・南島田町内会は12年3月、県からモデル地区に認定されて地域ねこ活動を開始。地区の5カ所に猫の餌場やトイレ、寝床を確保し、動物好きの住民が世話をするようにした。さらに、住民から持ち込まれた飼い主のいない猫27匹の避妊・去勢手術を県動物愛護管理センター(神山町)が実施。今は苦情はほとんどなくなった。

 町内会長の坂本実さん(77)は「野良猫だからといって殺処分されるのはかわいそう。飼い猫に避妊・去勢手術をする住民も増え、飼い主としての自覚を持つ住民も増えた」と話す。

 10年4月の申請受け付け開始後、認定地区は年々増え、現在は徳島市7、小松島市4、吉野川市2、上板町1の計14地区。13年1月末までに同センターで250匹の避妊・去勢が行われた。県は12年度も避妊・去勢手術費用などに220万円を予算計上している。

 地域の環境改善を目的とする地域ねこ活動が、野良猫の殺処分を減らすことにつながることも期待されている。

 センターによると、県内の12年度の猫の殺処分数は12月末現在で1492匹。すでに11年度の1427匹よりも多い。

 背景には、相変わらず捨て猫が減らないことがある。地域ねこ活動のうわさを聞いて、中島田、南島田町内に猫を捨てに来る不届き者もいるという。住民は監視の目を光らせ、県警にもパトロールを頼んでいる。

徳島新聞 2013年2月16日




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

地球生物会議ALIVE 家庭動物
地球生物会議ALIVE 家庭動物

アニマルライツセンター 殺処分をゼロに
アニマルライツセンター 動物売買禁止


| 報道 | 01:28 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 路上に猫の頭部/別の場所で切断、放置か /香川

 13日午前8時10分ごろ、香川県高松市仏生山町の路上に、切断された猫の頭部があるのを通行中の男性が見つけ、高松南署に通報した。現場に胴体がなかったことなどから、同署は何者かが別の場所で頭部を切断して放置した可能性があるとみて、動物愛護法違反などの疑いで捜査している。

 同署によると、猫は首の上部を刃物で切られたような跡があり、交通事故などの衝撃で切断された可能性は低いという。同署は聞き込みなどから、12日夜から13日朝にかけて放置されたとみている。

 同署から連絡を受けた近くの仏生山小は、不審者による異常行為の可能性もあるとして13日午後、全校児童を集団下校させた。

 現時点で周辺では同様の事案はないが、同署は「何者かが切断したのなら極めて残忍。動物虐待による殺傷、遺棄の可能性がある」としている。

四国ニュース 2013年02月14日




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

動物虐待防止ポスターA-  動物虐待防止ポスターB-  動物虐待防止ポスターC-

ヘルプアニマルズ 動物虐待
ヘルプアニマルズ 動物虐待


| 報道 | 01:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 善意の募金で野良猫に不妊手術 無料で10頭 /神奈川

善意の募金で野良猫に不妊手術



 東希望が丘の兵藤動物病院では、野良猫の不妊手術を10頭に限り無料で行うことになった。

 1963年の開院以来、「ペットの治療だけではなく命を救いたい」と里親探しに力を入れている同院。その思いに共感した人々からの募金で毎年行っている取り組み。

 近年、問題となっている野良猫の諸問題。横浜市でも猫の不妊・去勢手術に、今年度は飼い猫4000円、野良猫6000円(それぞれ獣医師会が1000円負担)で助成している(今年度の受付は終了)。

 旭区内でも、野良猫に関する苦情相談は多く、旭区福祉保健センター・生活衛生課によると「野良猫にエサやりをするなら室内で飼ってほしい」「糞尿の被害で困っている」などが寄せられているという。

 同院によると、猫は年中発情を繰り返し、交尾するとほぼ受胎し、複数頭出産するという。一度に複数の仔猫が産まれるため、野良猫になる確率が高く殺処分に至るケースも。同院の家入庄一郎院長は「これ以上不幸な猫を増やさないためにも不妊手術をしてほしい。また、野良猫への正しい理解を深めて」と呼びかけている。

 同院では野良猫の不妊手術のための捕獲箱の貸し出しも行っている。相談も受け付けている。申し込みは下記まで。

■兵藤動物病院【電話】045・364・1367/東希望が丘14の9

タウンニュース 2013年2月14日




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

地球生物会議ALIVE 家庭動物
地球生物会議ALIVE 家庭動物

アニマルライツセンター 殺処分をゼロに
アニマルライツセンター 動物売買禁止


| 報道 | 01:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] EUから広がる化粧品の動物実験全面禁止、イスラエルでも

延期を繰り返した全面禁止 今後は医薬品以外の実験禁止を強制
2月2日、examiner.com は、イスラエルにおける化粧品の動物実験禁止に関する記事を掲載した。

来る3月11日、EUで動物実験を伴う化粧品と日用品の販売が全面禁止となることから、各国でそれに呼応する動きが明らかになっている。

動物実験禁止の法案は2007年に発令、2010年に可決されていたが実施は延期を繰り返し、 本年1月1日よりようやく実質的に禁止されることとなった。

イスラエルはEUをモデルとしてこの法を施行している。EUではすでに最終段階となっている動物実験禁止だが、イスラエルでは現段階では化粧品メーカーに強制はしていない。しかし、今後は化粧品、日用品の製造、販売、輸入において、動物実験を禁止するただし、医薬品については免除されている。

動物にとっての幸せな環境をめざして
イスラエルでは動物愛護団体の活動も盛んで、動物の権利を非常に重く扱っている。動物虐待に反対するグループは、人間が犯した罪を鶏に乗り移らせたことにして処分する宗教的儀式についても改善するよう運動をしている。

愛護団体の一人は、

一つの製品に対して2~3,000もの実験が行われている場合もあった。その数だけ動物が死んでいる。法の実施までは本当に長い道のりだった。次はすべての動物実験廃止を望む。イスラエルを動物にとって幸せな環境にしたい。

と語っている。

世界的規模で活動する動物愛護団体 PETA では、ヨーロッパに続いて中国、インドにも全面禁止を勧めている。

examiner.com
 http://www.examiner.com/

PETA
 http://www.peta.org/

マイナビニュース 2013年02月13日




実現間近!動物実験コスメ全面禁止!【ヨーロッパ】

活動20年を経て、ついに全面廃止へ

動物実験を伴う化粧品の製造、販売、輸入がヨーロッパで全面禁止される。実現の日まで1か月である。

ヨーロッパから動物実験を経た化粧品が姿を消す。EUは来る3月11日をもって、動物実験を伴う化粧品の製造はもちろんのこと、輸入することも禁止する。

HAND.comは、動物実験全面禁止までの歴史を振り返る記事を掲載した。

もう動物実験はされていないと思っている人もいるのではないだろうか。しかし、この問題はまだ終わっていないのだ。

EU諸国では、化粧品製造に関わる動物実験の中止を求めるキャンペーンを20年以上前から行っており、一般にも広く認識されている。人体の安全優先のため即全面禁止という訳にはいかず、実現までには長い年月を必要とした。その時を目前にして感慨深い思いを抱く人は多いはずだ。

イギリスから始まりヨーロッパ全域へ 世界中が動物実験廃止の道を

動物実験廃止運動の歴史は19世紀までさかのぼる。1898年、イギリスで動物実験廃止を訴える団体、英国動物実験廃止連盟(BUAV)が設立されたのが始まりだ。

その後、活動はヨーロッパ全域に拡がり、1996年には400万人の署名を集めた。しかし、化粧品業界の抵抗があり、全面禁止は延期を繰り返した。

その中で、化粧品メーカーとして画期的な活動をしたのが、現在世界中で動物実験廃止キャンペーンを続けているザ・ボディショップである。ザ・ボディショップは原料、製品ともに動物実験を一切行わず製品化し、BUAVの基準を満たした初めての化粧品メーカーとして高く評価された。

長い道のりを経てようやく全面禁止が実現される。3月11日以降、動物実験を伴う製品はヨーロッパの地を踏むことはできない。対象は石けんや歯磨き粉なども含む化粧品一切だ。

日本ではザ・ボディショップ、生活の木に続き、2011年3月には最大手の資生堂も自社での動物実験を廃止した。世界中が動物実験廃止に向けて、着実に進んでいる。

HAND.com
 http://www.handbag.com/

BUAV
 http://www.buav.org

マイナビニュース 2013年02月12日




ザ・ボディショップ
 http://www.the-body-shop.co.jp/index.html

~以下、ザ・ボディショップのHPより~

ザ・ボディショップでは、化粧品業界において動物が危害を加えられるべきでないと考えています。世界中での化粧品の動物実験を廃止するため、常に動物実験反対に情熱をもって取り組んできました。動物実験をしない化粧品会社の先駆けとして、動物愛護の精神は今も変わらずに続いています。

「動物を犠牲にしない」とは?
ザ・ボディショップの化粧品はどれも動物実験を一切行なっておらず、使用原料も動物や虫を傷つけることなく、完全に人道的な方法で採取し配合しているという意味です。全製品が人道的化粧品基準を満たしていることがBUAVによって認証されています。

「全製品ベジタリアン対応」とは?
全製品がベジタリアンの使用に適しています。製品のほとんどは動物由来原料を全く使用していません。ハチミツやミツロウなど、使用しているいくつかの動物由来成分は動物に害を与えないことが知られている原料です。

私たちの取り組み
ザ・ボディショップ製品は、原料・製品に至るまで動物実験を一切行なわず、古くから世界中の人々が生活の中で使用してきた天然のスキンケア原料、植物性オイルなどをベースとしています。私たちは人道的化粧品基準(Humane Cosmetics Standard)のとても厳しい条件に適合し、評価されています。これは世界の主要な動物愛護団体「BUAV(British Union for the Abolition of Vivisection:英国動物実験廃止連盟)」が定めた国際基準で、化粧品業界における動物保護の「黄金律」となっていて、ザ・ボディショップはこの基準を満たした初めての化粧品ブランドです。BUAVは私たちが確実に基準を守っているかを定期的に監査し、私たちも自主監査を実施しています。最新の動物保護基準を確実に順守するため、一年おきに自分たちの方針や順守状況を確認しています。


1990年EC(欧州委員会)における動物実験義務化の仮指令に反対する「化粧品の動物実験反対」キャンペーン実施。
 
1996年全世界のザ・ボディショップで「化粧品の動物実験反対キャンペーン」を実施。キャンペーンで集まった400万筆の署名(当時最多)をECに提出する。
 
1997年国際的な化粧品会社として初めて人道的化粧品基準(Humane Cosmetics Standard)を導入する。これは世界の主要な動物愛護団体BUAVが定めている国際基準。
 
2004年EU(欧州連合)全体で化粧品の最終製品(完成品)に対する動物実験禁止が発令される。
 
 
2008年ザ・ボディショップの方針と基準をBUAVが高く評価。また、英国RSPCA (Royal Society for the Prevention of Cruelty to Animals:王立動物虐待防止協会)の化粧品部門優秀企業賞(Good Business Award )を受賞する。
2009年英国RSPCA(Royal Society for the Prevention of Cruelty to Animals:王立動物虐待防止協会)の特別功労賞(Lifetime Achievement Award)を受賞。EU(欧州連合)全体で化粧品の原料に対する動物実験禁止、ならびに動物実験が行なわれた化粧品の完成品及び原料の取引(輸入販売)が禁止される。
2012年全世界での化粧品動物実験廃止を求めて、クルエルティフリー インターナショナルのグローバルキャンペーンに参加。
 




生活の木 オンラインショップ
 http://fairyteatime.cart.fc2.com/

~以下、生活の木 オンラインショップより~

当店は動物実験に反対しています

★動物、環境に優しい商品は、私達の心や身体にも優しい商品。
当店は動物実験に反対しています。
動物実験を行っている商品は取り扱っておりません。

★動物実験についての「生活の木」からの回答
「取扱商品は全て動物実験を行っていません。
作用などはボランティアスタッフ(社内)にて実験をし効果を試しております」  (2011.3)

生活の木



★ウサギのマークが『気づき』につながる!
~"NO ANIMAL TESING"の表示を始めた「生活の木」にインタビュー~

ハーブとアロマテラピーの専門店「生活の木」が、今年に入ってから、取り扱っている化粧品に“NO ANIMAL TESTING”(動物実験していません)のマーク表示を始めました。
2008年にJAVAが行なった化粧品アンケートに対して「今後、消費者にわかり易いように、動物実験を行っていない旨を表すマークを表示する事を検討中」との回答をいただいていたので、実現されたことに私たちは大喜び!

表示に至るまでの経緯やナチュラルコスメ業界の動向について、
株式会社生活の木 商品開発DIV マネージャーの阪東忍さんにお話を伺いました。

「生活の木」インタビュー記事   (2011.12)

生活の木 2

生活の木 3

生活の木 4

生活の木 5





EUが3月11日から化粧品の動物実験を全面禁止

 英化粧品ブランドのThe Body Shop(ザ・ボディショップ)および動物実験廃止キャンペーンの非営利組織Cruelty Free International は、20年間余りの反対運動後、動物実験でテストされた化粧品や素材の輸入および販売が2013年3月11日から欧州連合(EU)で禁止されるとの待望の発表によって、欧州では化粧品の動物試験がついに終えんすることを喜び合っている。

EUが3月11日から化粧品の動物実験を全面禁止



この画期的な勝利は、3月11日以降からEUで新しい化粧品と素材を販売したい者はすべて、世界のどこにあても動物を使ってそれらをテストしてはならないことを意味する。この禁止は石けんから歯磨きまで洗面用化粧品と美容製品を含むすべての化粧品に及ぶ。The Body Shopは一貫して動物試験に反対しており、この禁止の対象にならない数少ない美容ブランドとなる。

 The Body Shop とCruelty Free Internationalは3月11日のカウントダウンに向けて広範な特別記念行事を開始するが、手始めに欧州委員会(EC)のトニオ・ボルジ委員(保健・消費者政策担当)がこの禁止措置は提案通り発効する予定であると個人的に確認している。ボルジ委員はこのほど、動物実験廃止キャンペーンに向けた書簡の中で、「私はこの禁止措置が欧州議会および欧州委員会がすでに決定したように2013年3月に発効するべきだと信じる。私は従って禁止措置の延期あるいは一部廃止を提言する計画はない」と述べている。

 提案された禁止措置は世界に向けて、特に化粧品に対する動物試験をなお求めている中国などの国々に対して、呼応して動物試験を禁止して、動物虐待のない美容を支持するよう強いメッセージを送るものである。

 Cruelty Free Internationalのミシェル・シュー会長は「これはまさに歴史的出来事であり、20年余りのキャンペーンの最高の帰結である。われわれは今後、世界の舞台でわれわれの決意と考え方を適用して、世界全体がこのような方向に確実に向かってもらいたい」と語った。

 The Body Shopのポール・マグリービ氏(International Values Director)は、長年にわたり動物試験に反対する同社キャンペーンを支援してくれた顧客に敬意を表して、「欧州におけるこの大きな成果は、なお第1章の終わりにすぎない。美容の将来には虐待が一切あってはならない」と語った。

 1991年、Cruelty Free Internationalの創設者である英国動物実験廃止連盟(BUAV)は、化粧品に動物実験を利用することを終わらせる目的で、欧州全域の有力な動物保護組織が参集した「動物実験廃止のための欧州連盟(ECEAE)」を設立した。これによって欧州全域で20年間にわたり注目された一般大衆を動員した政治的キャンペーンが始まった。The Body Shopは1993年、化粧品に対する動物実験に反対する行動を起こした初の美容化粧品会社となり、欧州全体で同社消費者からの支持を取り付けてキャンペーンを支援した。3年後の1996年、The Body Shopの創業者で大英勲章(デイム)を授与されたアニタ・ロディック氏は、欧州委員会に400万人の署名嘆願書を提出するためECEAEメンバーおよび欧州議会議員(MEP)の支持を取り付けた。

 BUAVは2102年、世界的に化粧品の動物実験を終わらせることに献身する初のグローバル組織、Cruelty Free Internationalを設立した。The Body ShopはCruelty Free Internationalに賛同して新たな国際的キャンペーンを開始して、これまでに55カ国の顧客が化粧品の動物実験を永遠に終わらせることを支持する世界的誓いに署名する成果を得ている。

EUが3月11日から化粧品の動物実験を全面禁止 2

EUが3月11日から化粧品の動物実験を全面禁止 3

EUが3月11日から化粧品の動物実験を全面禁止 4



注:
 動物実験される化粧品の輸入と販売に関するEU禁止措置は2009年以来計画されてきた。しかし多くの美容会社がこの禁止措置が延期されるか一部削除されることを期待していた。欧州委員会(EC)の新任のトニオ・ボルジ委員(保健・消費者政策担当)は最近の書簡の中で、以下のように禁止措置は予定通り実施されることを確認した。

 「私はこの禁止措置が欧州議会および欧州委員会がすでに決定したように2013年3月に発効するべきだと信じる。私は従って禁止措置の延期あるいは一部廃止を提言する計画はない。今回の決定はまた、われわれが(動物実験に代わる)別の方法の開発、評価、受け入れとともにこれらの方法の国際的承認でわれわれの努力を強化する必要のあることを意味する。私はECEAEがこれらの分野で貴重かつ博識なパートナーであることを知っており、あなた方の今後の支持を期待している」

 Cruelty Free Internationalのミシェル・シュー会長は1月30日に、ECEAEを代表してトニオ・ボルジ委員と会談して、今回の禁止措置の実施について協議する。

▽問い合わせ先
media@crueltyfreeinternational.org

インターネットコム 2013年1月31日




緊急:EU化粧品の動物実験禁止を止めないで!!

「ベジタリアン ベグブロ」様より転載

※転載記事の場合、「応援コメント」や「ツイート」や「いいね」は転載元の方でお願いします。



■ ■ ■ ■ ■ 転載、ここから ■ ■ ■ ■ ■

hsi_alert_eat

WHITE_LABORATORY_MICE__MOTHER_WITH__PUPS__ISOLATED_92337



EUで動物実験した化粧品販売がされないために力を貸してください。

この重大な2013年の執行期限に近づくにつれ、化粧品会社からのプレッシャーの元、動物実験した化粧品は禁止されたにもかかわらず、欧州委員会委員長は再びEUでの販売を許可するための抜け道を検討しています。

欧州委員会はこの発効に向けての草案さえあります。

委員長に対して、如何なる抜け道も使わず、そのまま禁止して欲しいと要望するのに、少ししか時間がありません。

署名をお願いします
印の空欄を上からローマ字で、なまえ・みょうじ・メアド・Japan・送信ボタンを押す

■ ■ ■ ■ ■ 転載、ここまで ■ ■ ■ ■ ■


~以下、動物実験廃止・全国ネットワーク(AVA-net)より~

■化粧品の動物実験禁止に至る背景

 化粧品に関するEU指令は、1976年7月27日、消費者の安全を確保するとともに、化粧品に含まれる原料、表示、包装など化粧品に関する加盟国の法のばらつきを平均化し、これらの製品のEU市場内における流通を円滑にするために設けられました。

 この指令における「化粧品」とは、人体(表皮、頭髪、つめ、唇、外部生殖器)のさまざまな外側部分、歯、口腔粘膜と接触し、これらの箇所を、洗浄、芳香付け、保護によって良い状態に保つ、外見を変える、体臭を抑える目的で作られたすべての物質、または調合物をいいます。

 この指令は、これまでに7回改正されていますが、実験動物の保護や代替法(3R) の概念が盛り込まれたのは、1986年11月24日に「実験その他の科学目的に使用される動物の保護に関する指令」が発効してからです。この指令は動物実験に関するEU内共通の規則を制定し、科学的に適切と認められる代替法が存在する場合には、動物実験に代わりそれを使用しなくてはならないと定めています。この指令によって、EU域内の法律に3Rの概念が導入されて以来、動物福祉はEUにおける重要な政策となりました。

 これを受けて1993年6月14日化粧品指令の第6回改正では、化粧品用動物実験の代替法の開発と使用促進を義務付け、動物実験に関する指令とそこに盛り込まれている実験動物の保護について言及し、1998年1月1日より動物実験を行った化粧品原料、および原料化合物を含む化粧品の最終製品の流通を禁止することが盛り込まれました。

 しかし動物実験代替法の開発が間に合わない場合にはこれを延期できるという条項が入っていたため、1997年には禁止時期が2000年まで延期され、さらに2002年6月までの延期が決定されました。並行して2000年4月には第7回改正案が公表されたため、2度延期された禁止期限はいったん棚上げされた形となりました。動物実験の禁止は、WTO(世界貿易機構)の規定違反になるのではないかと欧州委員会が危惧したことも、この禁止期限延期の理由のひとつです。

 遡って1997年10月2日に調印されたアムステルダム条約(発効は1999年5月1日)には、動物の福祉を尊重し、その保護を改善するという一節が含まれ、以降の化粧品指令の改正の議論では、動物実験指令と共に、その影響が顕著に表れています。

 そして、2003年3月11日発効の第7回改正では、動物実験した化粧品の最終製品、原料、あるいはその合成物を含む最終製品の市場流通、そして、化粧品の最終製品、原料、あるいはその合成物の動物実験の禁止などを含む、化粧品関連の動物実験全面禁止に向けて、2004年9月11日までに欧州委員会が最終期限までの予定表を作成・公表することを義務付けました。

 なお、化粧品の最終製品の動物実験は2004年9月11日に禁止となりましたが、製品に使用されている原料、あるいはその合成物が、最終製品になる以前に安全性評価試験をクリアしているもので、ある程度の安全性はすでに確認できているというのがその理由です。

 化粧品原料およびその合成物の動物実験については、代替法の有効性が評価され、EU法規に採択されるに従い、段階的に実施し、改正された化粧品に関するEU指令の発効より6年後の2009年3月11日以降は代替法の有無に関わらず禁止となったのです。

 動物実験された製品の市場流通の禁止は、代替法の有効性評価がOECDの有効性評価過程に準じて行なわれ、EU法規に採択されるに従い、段階的に適用されてきました。

 今回の動物実験禁止からは、反復投与毒性試験、生殖毒性試験、全身的暴露試験は除かれ、この3つについては、改正EU指令の発効から10年後の2013年3月11日以降は代替法の有無にかかわらず、全面禁止となります。



~以下、ウサギを救え!化粧品の動物実験廃止キャンペーン~より

化粧品の動物実験とは

ウサギやマウスが化粧品の実験台に

シャンプーが眼に入ったり、口紅の成分が口から体内に入ったり、肌からクリームがしみこんだり、ファンデーションを塗った肌が太陽光線にあたったりしたときに、化粧品の成分がわたしたちの体にどんな影響を及ぼすのか――ウサギやモルモット、マウス、ラットといった動物たちが実験台となって、化粧品の成分となる化学物質の毒性試験が行われています。動物たちは、痛くても苦しくてもそこから逃げることはできず、実験が終わっても、健康なからだに戻ることなく、すべて殺されて、廃棄処分にされます。下記の実験は、代表的な例です。

usagi-04



眼刺激性試験(ドレイズテスト)

1944年に開発された毒性試験方法。ウサギの片方の眼に試験物質を強制的に点眼し、その刺激を観察する。実験されるウサギは眼を手足でこすらないように、頭だけが出る拘束器に入れられ、まぶたをクリップなどで固定されたまま、72時間(3日間)経過観察される。麻酔をかけられていないため、あまりの痛みから大暴れし、首の骨を折って死んでしまうこともある。
ヒトは、眼に異物が入ると涙によって流しだすという作用があるが、ウサギは涙腺の発達が悪く試験物質が流されにくい。また、声をあげて鳴かない、などの理由から、この種の実験にウサギは最適とされている。しかしその結果は研究室によってバラつきが多く、研究者内部からも信頼性がないといわれてきた。
「人間とウサギでは、まぶたや角膜の構造、涙の量が異なるため、ドレイズテストは、人間への毒性を予測するのに信用できないものとなっている。実際、14種類の家庭用品について、目の炎症に関するウサギのデータを人間のデータと比較したところ、18倍から250倍もの違いがあった」MRMC(Medical Modernization Committee:アメリカの科学者と医師の団体)

usagi-05



急性毒性試験(単回投与毒性試験、LD 50)

化学物質が体内に取り込まれたときの毒性をはかる試験。化粧品の実験には主にラットやマウスが使われる。動物を1グループ5匹以上、4~5のグループに分けて、それぞれ用量の異なる試験物質を、あらかじめ絶食させて置いた動物の口から強制的に投与する。どんな中毒症状が、どの程度、どのくらいの時間続くのか、死亡したときはどんな状態か、といったことについて、通常14日間にわたって観察する。実験後は、死亡したものも生存しているものもすべてが解剖される。動物たちの半数が死ぬ化学物質の用量(致死量、LD50=Lethal Dose 50)を求めるため、たくさんの動物が犠牲になる。

皮膚感作性試験

化粧品などの化学物質がアレルギーを引き起こすかどうかをはかる試験。希釈しない試験物質を、毛を刈ったモルモットの背中の皮膚内に注射し、1週間経過後、今度は同じ場所に直接塗布し、引き起こされるかぶれなどの炎症を観察する。これに加え、太陽光線などにあたった場合の反応をみる「光感作性試験」では、皮内注射と塗布、さらに紫外線照射を数日間繰り返す。

usagi-06





新商品を出す為に新しい成分を追加する。
その成分がどれくらいの毒を持っているかを確認する為に大量の動物を使う。
それを知らずに新商品を喜んで買う消費者が居るので、また新しい成分を追加する。

化粧品はこんな悪循環を繰り返しています。


わざわざ毒性を確認しないといけないような、そんな危ない成分を使う必要がありますか?
動物実験が必要無い自然な素材を使ってる化粧品ではだめなんでしょうか?
既に長年使用されている化粧品だけでは足りないですか?


化粧品の動物実験は毛皮と同じで、購入者が居なくなれば無くす事が出来ます。

どうか賢い消費者になって下さい。
派手なCMやパッケージに騙されないで下さい。

動物実験を行っていないメーカーのリストが下記にあります。
 http://www.nomoreanimaltests.com/cosme/cosme_list1.html



ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

地球生物会議ALIVE 動物実験
地球生物会議ALIVE 動物実験

動物実験廃止・全国ネットワーク
AVA-net

アニマルライツセンター 動物実験
アニマルライツセンター 動物実験

| 報道 | 02:23 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 犬猫殺処分減へ県が初拠点 飼育や避妊手術部屋も /岐阜

 捨て犬や捨て猫を保健所で殺して処分するケースを減らすため、県は美濃市片知の山間部に「動物愛護管理施設」を建設する。犬猫の新しい飼い主を見つける拠点で、県内では初めて。二〇一三年度一般会計当初予算案に建設費など一億七千万円を計上し、一四年四月の開所を目指す。

 県生活衛生課によると、犬猫の殺処分をゼロにする努力を自治体に求める改正動物愛護管理法が九月に施行されるのを受けた事業。全国で同種の施設が無いのは、岐阜、北海道、岩手、福島、群馬、香川の六道県だけだった。

 県内の保健所が一一年度に収容した犬猫は、四千匹。このうち引き取り手が見つからずに殺処分されたのは犬三百六十八匹、猫二千二百十七匹で、殺処分率は65%に上る。県は一七年度までにこの数値を50%以下に減らす方針だ。

 新しい施設は、年間百八十匹の受け入れを予定。犬五匹、猫十匹分の飼育室のほか、避妊や去勢手術、治療用の部屋を備える。市民と犬猫が触れ合う多目的ホールも用意する。県生活衛生課は「施設で預かった犬猫はすべて市民に譲渡できるよう努力する」としている。

中日新聞 2013年2月13日




犬猫の殺処分減施設整備を検討

 保健所などで収容した犬や猫の殺処分される数を減らすため、県が新年度、動物愛護管理施設の整備を検討していることがわかった。施設は美濃市に建設され、2013年度中の完成を目指す。また、犬や猫とふれ合うことができるドッグランも建設されるという。

 県生活衛生課によると事業費は約1億7000万円で、施設の広さは約295平方メートル。飼育室や検査・治療室などが設けられ、犬5匹、猫10匹の飼育ができる。防臭対策も備え、多目的ホールではしつけ方法などの研修も開催される。新しい飼い主への譲渡は、年間計180匹を目指すという。

 今年9月に施行される改正動物愛護管理法で、自治体に犬や猫の殺処分をなくすよう努力義務が定められたため、建設の検討を決めた。県によると昨年度、県内で犬368匹、猫2217匹が殺処分された。県は「処分される命を1匹でも減らしたい」としている。

 また、けがをして保護された希少な猛禽(もうきん)類の野生復帰を目指して、飼育や飛ぶ訓練などを行う施設も併設される。

読売新聞 2013年1月31日




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

地球生物会議ALIVE 家庭動物
地球生物会議ALIVE 家庭動物

アニマルライツセンター 殺処分をゼロに
アニマルライツセンター 動物売買禁止

| 報道 | 02:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[イベント] 美しさに犠牲はいらない 化粧品の動物実験を考えるシンポジウム

美しさに犠牲はいらない 化粧品の動物実験を考えるシンポジウム


「美しさ」を追求するツールである化粧品の開発のために,これまで,世界中で,ウサギやモルモットなどを使った動物実験が行われてきました。

 「動物がかわいそう」「動物実験した化粧品を使いたくない」という消費者の声が高まった結果,EUでは化粧品開発のための動物実験を2004年から段階的に禁止し,一部例外とされていた試験についても最終的に完全に禁止する期限が2013年3月11日に到来します。

 日本国内でも,昨今の動物愛護の世論の高まりを受けて,最大手の資生堂が2011年3月に自社の動物実験施設を閉鎖し,2013年3月には,外部への委託も含めて化粧品開発のための動物実験を全廃することが予定されています。

 この,動物実験を巡ってターニングポイントとなる2013年3月を機に,化粧品の動物実験をなくしていこうという機運を高めようと,国内で動物実験問題に取り組む3つの動物保護団体が合同で,消費者への啓発を目的としたシンポジウムを企画いたしました。

皆さま、ぜひ足をお運びください。

美しさに犠牲はいらない 化粧品の動物実験を考えるシンポジウム
http://www.CrueltyFreeBeauty.jp

日時: 2013年3月10日(日)13時開場 13時30分開演 16時30分終了
場所: 千代田区立日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホール
    東京都千代田区日比谷公園1-4
    http://hibiyal.jp/hibiya/access.html
参加費:1,000円
主催: 美しさに犠牲はいらないキャンペーン実行委員会



ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

地球生物会議ALIVE 動物実験
地球生物会議ALIVE 動物実験

動物実験廃止・全国ネットワーク
AVA-net

アニマルライツセンター 動物実験
アニマルライツセンター 動物実験


| イベント | 02:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[転載] No More Fur!

CAPTAIN POO POO」様からの転載です。

※転載記事の場合、「応援コメント」や「ツイート」や「いいね」は転載元の方でお願いします。



以下、転載です。


私が毛皮反対バッジを付け始めて約1ヶ月が過ぎました。
1歩外へ出れば、どこもかしこも毛皮だらけ。
一人でこんなことして、何の意味が...、と弱気になることもあります。
でも、何もしないよりマシだし、きっとどこかに同じように思っている人がいるはず。
毛皮を着ている人がいるなら、毛皮を着ない・買わない選択をしたことを主張したって良いはずです。
全部が全部、リアルファーだとは限らない。
諦めたらなにも変わらない。
いつか、毛皮を着ることが恥ずかしいことになる日が来るように。

毛皮反対、と聞くと、じゃ、革製品は?とか、肉食ってんだろ?って言う人が必ずいます。
その理論に従ったら、All or Nothing ということになってしまいますが、それは現実的ではないと思います。
私も今まで、そこに引っかかって、なかなか意思表示ができずにいました。
同じように迷う方もいらっしゃるかもしれませんが、私は、残酷なことはひとつでも少ない方が良いと思っています。
毛皮を着る人より、確実にひとつ、動物に優しい訳ですから。
そういうことは、本当のことを知ると、自ずと変わっていくものではないでしょうか。

それに、肉食ってたって、毛皮に反対して、毛皮農場禁止や販売禁止という、国、地域の法律にまでなった事例もあるんです。
どんなに素晴らしい意見にも、必ず批判や反対は起こるもの。
だから、そういう声には惑わされなくて良いと思います。
自分で見て、知って、考えて決めることですから。

以下、アニマルライツセンターさんからの情報を転載します。

参考:海外の規制と、日本国内の毛皮農場

海外規制

各国の毛皮動物禁止動向

オーストラリア:国内毛皮農場禁止(1998年)
オランダ:キツネ・チンチラの国内毛皮農場禁止(1998年)
ミンクについても2024年から禁止
イギリスおよびウェールズ:国内毛皮農場禁止(2000年)
スコットランド:国内毛皮農場禁止(2002年)
北アイルラン:国内毛皮農場禁止(2003年)
クロアチア:国内毛皮農場禁止(2006年) ※10年の猶予期間あり

各国の毛皮動物の飼育基準

イタリア:国内のミンク農場は泳ぐプールや土のある檻が必要であり、ほぼ大量生産は不可能
スイス:生態を重視した飼育方法を規定する動物園の飼育基準に準拠している場合にのみ飼育が許可されるため、毛皮動物の飼育は実質不可能
ドイツ:給餌給水などの一般的な福祉基準だけでなく、スペースや巣箱の設置、エンリッチメント施策などが動物福祉法で定められている
ミンクの場合:スペースは、一頭当たりミンクは床面積1㎡・高さ1m以上/エンリッチメントとして30cm以上の深さのプールが必要

毛皮の輸入禁止

USA:犬猫の毛皮の製造・販売・輸出入禁止(2000年)
イタリア:犬猫の毛皮の製造・販売・輸出入禁止(2002年)
EU:アザラシの毛皮製品の輸入・取引を全面禁止(2009年)
ベルギー:犬、猫、アザラシの毛皮製品の輸入を禁止(2004年)

毛皮の販売禁止

USAカリフォルニア州ウェストハリウッド:2011年から毛皮製品の販売禁止

企業の取り組み

H&M、GAPなど多くの企業がFUR FREEを宣言し、毛皮を扱っていない

日本の状況

国としての取り組み

なし

業界団体の取り組み

なし

企業の取り組み

ユニクロ(株式会社 ファーストリテイリング)
無印良品(株式会社良品計画)
フェリシモ(株式会社フェリシモ)
ペピイ(新日本カレンダー株式会社)
※FUR FREE宣言をしている海外ブランドは日本でも毛皮を売っていない

海外と日本の違い

海外

毛皮のために動物を飼育し、殺すことは、非倫理的であるとして、EUを中心に複数の国で法律で毛皮動物の飼育を禁止している。
毛皮のために動物を飼育する際の、福祉基準を明確に定め、福祉的な飼育を担保している国もある。
犬猫の毛皮や、アザラシの毛皮など、非倫理的かつ社会常識と照らし合わせて受け入れられないと判断される場合、輸出入を禁止している。
公式な場への毛皮着用は非常識なことであるなど、毛皮が非倫理的であることが定着している。

日本

法的規制は動物愛護管理法のみだが、飼育基準などはなく、殺害方法などの把握も行われていないため、無法に近い。
多くの場合、消費者は、リアルファーかフェイクファーかの区別がついていないが、わかるとリアルファーへの拒否感は強い。

日本国内の毛皮農場の実態

2軒のミンク農家が、新潟県に存在するのみであると推測しています。

動物愛護の観点からの問題点
1. わたしが見たときは、給水を怠っており、猛暑の中でなんども水受けをなめる行動をしていました。
2. ミンクは水辺の動物で泳ぎを得意としますが、金網の檻で生活をしていました。一部のミンクには巣箱すら与えられていませんでした。
3. 年に1度、ミンクを殺し毛皮を剥ぎますが、と殺の方法が不明であり、これは行政も把握していないものであると認識しています。

外来生物法の観点からの問題点
1. アメリカミンクは2006年から特定外来生物に指定されていますが、2施設とも無許可の施設であることがわかりました。
2. 特に1軒は、檻の老朽化が激しく、檻が1重であること、檻の一部が壊れているものがあること、補修はビニールテープを使っていること、Facebookにミンクが逃げたときの話題を載せていたことなどから、ミンクが逃げ出し生態系に影響を与えていることは明白です。
※その他、食用と兼用でウサギの「毛」が採取されています。実態は不明です。

***********************************************

怖いですね、日本。ほぼ無法。
その命から利益を得ているくせに、飼育環境に何の配慮もありません。
壊れた箇所を、ビニールテープで補修って、昆虫じゃないんですよ。
ウサギは、肉の副産物だから良いって聞いた方もいらっしゃるかと思いますが、お肉にされるウサギと、毛皮にされるウサギでは、飼育期間が違うので、その時点で目的が違うことが分かります。
飼育環境は、いずれの動物でも、その習性を無視した劣悪なものです。
中国では、犬も猫も毛皮にされています。
その毛皮は、ほかの毛皮と偽って輸入されています。
もしかしたら、あなたの持っている毛皮は、犬や猫のものかもしれません。


毛皮の作り方です。
*閲覧ご注意下さい。お子さんと見る方は、「け と かわ」をご覧下さい。


直視できますか?なんの疑問も持ちませんか?
心が凍り付いていませんか?
でもね、この子たちも同じですよ。自分を守る為に、心を保てなくなって、異常行動をとる。
抵抗する。でも、誰も助けてはくれません。
同じことがあなたに起こったら、耐えられますか?

ハラコって知ってますか? *ハラコ情報はこちらから転載しました⇒チェルシーとnekoのブログ
ハラコ=腹子です。
「ハラコ...柔らかい手触り、この高級感」
「ハラコ」とは英語で「Unborn Calf」と呼ばれます。
名前の通り、この世に生まれていないということです。

業者の中には、「たまたま母牛の体内で死んでしまった胎児」と説明するところもありますが、商品となって流通している数から考えただけでも、それだけではないことが十分想像できます。
現実には出回っている「ハラコ」毛皮の多くは、
生まれる寸前で母牛のお腹を裂き、赤ちゃん牛を取り出します。
そして革を剥ぐのです。
もちろん、この場合、母子の両方の命が奪われます。


人間に置き換えて想像してみると、なんと残酷なことでしょう。
赤ちゃんの誕生を待ちかねて幸せ一杯の臨月に、無残にも母子、毛皮のために殺されるのです。

「ハラコ」毛皮は、一度も太陽にもあたったことのない胎児の肌ですから、
人間の赤ちゃん同様スベスベやわらかく、革自体も薄く柔らかい、とても良質です。
でも、手触りのよい財布、バックのために、母子が無残にも命を奪われているのが現状です。

*******************************************

どうやって作られてるか知ってる?って聞いたら、言わないで!って。
フォアグラの時も同じ。
自分に都合の悪いことから目をそらして、耳をふさいでも、現実は変わりません。
あなたが現実に向き合うまでの間に、一体どれだけの子たちが犠牲になるのでしょう?
あなたが買うから、殺される。
でも、あなたが勇気を出して、1歩踏み出したら、変えられることがあることを知って下さい。



毛皮は要らない、と思われる方は、ぜひ署名のご協力をお願いいたします。
匿名表示もできます。
勇気を出して、一歩を踏み出して下さい。
小さなことでもいい、できることから始めて下さい。
海外でも良いんです。毛皮が少しでも減れば、そのために苦しむ命も減るから。

以下、めー子さんのブログから転載です。

更新♪【拡散希望&毛皮反対署名のお願い】世界中で声を上げている毛皮反対署名を集めてみました!

No More Fur 1

世界中で毛皮反対、廃止を求める声をあげています。
毛皮のために苦しむ動物たちの為に、署名にご協力をお願いします。


世界最大級のショッピングサイト Ebayから毛皮を廃止するための署名。
署名数全く足りていません。ご協力お願いします。
No More Fur 2
FUR SALES on EBAY
署名
http://www.change.org/en-GB/petitions/fur-sales-on-ebay#share



Nordstromに毛皮販売を中止してもらうための署名です!
No More Fur 3
Nordstrom: Stop selling all animal fur.
署名
https://www.change.org/petitions/nordstrom-stop-selling-all-animal-fur-3?utm_source=share_petition&utm_medium=url_share&utm_campaign=url_share_before_sign#share%20…



ノルウエーのミンクとキツネの毛皮農場廃止の署名です。
署名目標数3,000 (1/16 現在2,899)
No More Fur 4
Close Mink and Fox Fur Farms in Norway
署名
http://www.thepetitionsite.com/841/630/012/close-mink-and-fox-fur-farms-in-norway/



EUの毛皮農場廃止の署名です。
No More Fur 5
EU: ban fur farming in the European Union
署名
http://www.change.org/petitions/eu-ban-fur-farming-in-the-european-union#share


全米に22店舗を持つSaksに毛皮販売中止のための署名です。
No More Fur 6
Saks Fifth Avenue-Stop selling animal fur
署名
https://www.change.org/petitions/saks-fifth-avenue-public-relations-stop-selling-animal-fur#share



カナダに犬猫の毛皮輸入を禁止にしてもらう署名です。
No More Fur 7
CANADA: Ban Imports of Dog and Cat Fur!
署名
http://www.thepetitionsite.com/136/327/211/canada-ban-imports-of-dog-and-cat-fur/



Harrods(ハロッズ)に、毛皮販売を中止してもらうための署名です!
署名数全く足りていません。ご協力お願いします。
No More Fur 8
Harrods: Please stop selling fur!
署名
http://www.change.org/en-GB/petitions/harrods-please-stop-selling-fur?utm_campaign=action_box&utm_medium=twitter&utm_source=share_petition



フェイクとラベルを付けてリアルファーを売っていたKitsonに毛皮販売を止めてもらう署名です。
No More Fur 9
Kitson: Please Stop Selling Fur
署名
http://www.change.org/petitions/kitson-please-stop-selling-fur#share



中国の犬猫の毛皮や肉の生産に対し規制を求める署名。
目標署名数 22,000 (1/16現在:21,187)
No More Fur 10
STOP THE DOG AND CAT FUR/MEAT TRADE !
署名
http://www.thepetitionsite.com/2/stop-the-dog-and-cat-fur-trade/



アメリカの毛皮販売禁止のための署名です!
あと少しです!
目標数 27,000 (1/24現在:26,162)
No More Fur 11
Ban the sale of fur and killing of fur bearing animals.
署名
http://www.thepetitionsite.com/423/455/964/ban-the-sale-of-fur-and-killing-of-fur-bearing-animals/



レディー・ガガは、本当に毛皮に反対なの? (PETA署名)
『ガガさまは、やっぱり毛皮好き&鳥の羽根も。おしゃれが出来ればそれでいいのかな?』
No More Fur 12
Ask Lady Gaga Where She Really Stands on Fur
署名
https://secure.peta.org/site/Advocacy?cmd=display&page=UserAction&id=4251
必ずCookieクッキーをONにして、リンク先に飛んだらページ左下空欄に、上からローマ字で、なまえ、みょうじ、メアド、チェックをはずす、オレンジの送信ボタンを押して完了です。



百円ショップ全店舗でのリアルファー販売を廃止し、消費者に商品の製造過程を明らかにすることを求める署名
「ダイソーから毛皮をなくそうアクション」
パソコンから⇒http://www.shomei.tv/project-1994.html
携帯から⇒http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=1994
No More Fur 13No More Fur 14



カナダアザラシの大量虐殺をやめさせるための署名。
No More Fur 15
Support Sen. Harb's Bill to End Canada's Seal Slaughter
署名
https://secure.peta.org/site/Advocacy?cmd=display&page=UserAction&id=4119

*********************************************

百均以外は海外のサイトなので、表記が英語になります。
Prefix = 矢印をクリックすると、Mr. Miss.など4つ出てきます。
男性はMr. 既婚女性はMrs.ですが、女性ならMs.を選んでおけば大丈夫です。
First Name = 名
Last Name = 姓
Street Address = 住所の一番最後、町の部分です。
City = 市の名前です。
Zip / Postal Code = 郵便番号です。
Eメールアドレスを入力したら、SignとかSing Nowというところをクリックして下さい。
これで署名完了です。

下の方に、署名された方のお名前一覧もしくは一部が表示されるサイトがあります。
お名前の表示を希望されない方は、don't disply my name のところにチェックを入れて下さい。
Change.orgの方は、Disply (表示する) にチェックが入っていますので、希望されない方はチェックを外して下さい。

署名だけでなく、もっと本当のことを広めたい、と思っている方は、こちらへ。
さっち〜さんのブログから、イベント予定表

毛皮反対バッジはこちらから⇒さっち〜さんのブログ

皆さま、ご協力ありがとうございました。


お洒落に命の犠牲はいらない。

転載、ここまでです。


毛皮、毛皮、毛皮。
この季節になると、沢山の人が毛皮が付いた服を着て歩いていますね。

見たくも無いのに...

その毛皮がどうやって作られているのか、を全く知らないんだろうな。
以前の私がそうだったように、全く考えた事もないんだろうな。

日本人の多くが、この全く知らない、考えた事もない人達です。
(私の場合も毛皮の事を知ろうとしていたのではなく、殺処分の事を調べて行く過程で毛皮の事も知りました)

日本と言う国は、こんな酷い現実を規制する事もなく、こんな酷い現実を国民が知る機会さえ与えようとしていません。
自ら知ろうとする人にしか伝わらない現実になっています。



ブログを見た、ツイートを見た、デモ行進しているのを見た。
きっかけは何でも構いません。

初めて毛皮について知った方、どうか一度考えて見て下さい。

毛皮って本当に必要ですか?

こんな沢山の命と引き換えにしてまで欲しいですか?



毛皮の残酷さ、不必要さを認めて下さった方、
毛皮を無くす為に活動している人を応援して下さい。
毛皮を無くす為に活動している人に協力して下さい。



出来れば、どうか感じた事を周りの人に伝えて下さい。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

地球生物会議ALIVE 毛皮
地球生物会議ALIVE 毛皮

アニマルライツセンター 毛皮
アニマルライツセンター 毛皮

ヘルプアニマルズ 毛皮
ヘルプアニマルズ 毛皮

| 転載 | 07:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 震災の悲しみは人間だけじゃない。被災ペットに里親、物資支援を!

被災動物の殺処分は一切なし

 東日本大震災並びに東京電力福島第一原発事故に伴い、多くの住民が不自由な避難生活を余儀なくされるとともに、多くのペットを失ったり、離れ離れに生活せざるを得ない状況のなか、「福島県動物救護本部」が被災ペットを保護収容する活動をおこなっている。

 避難生活などで動物を引き取ることが難しい飼い主も数多く、活動は長期化することが予想されるが、保護されているペットは集団管理のなか多くのストレスも受けており、早急に改善をはかるため、全国に向けて里親の募集、義援金、物資の支援を募っている。

ペットショップに行く、その前に…

 現在、新しい家族を探しているのは犬30頭、猫222頭。動物の飼育が承認されている住居で、愛情と責任を持って終生飼養できる人、福島市内の引き渡し場所まで来られる人に譲渡している。申込みが必要となるので詳細はホームページをチェックしよう。

 また里親になることができない人でも、チャリティー缶バッチの購入で支援をすることができる。南相馬市の障害者支援施設で作成されている犬・猫のイラストがかわいい缶バッチは、購入することで、被災した南相馬市の障害者支援と被災ペットの飼養に係る費用に活用される。

チャリティニュース 2013年2月8日




福島県動物救護本部バナー


被災保護動物リスト集 第一便 被災保護動物リスト集 第二便 被災保護動物リスト集 第三便
被災保護動物リスト集 第四便 被災保護動物リスト集 第五便

被災したペット達の新しい家族になってくださる方をお待ちしております!

被災ペットの保護状況はこちらです


申込み期間随時
申込み先福島県食品生活衛生課
〒960-8670
福島市杉妻町2番16号
FAX 024-521-7925
申込用紙犬又はねこの譲り受け申込書・確認票
【PDF形式】
新たな飼い主の条件1)福島市内の引き渡し場所まで来れる方であること
2)成人の方であること
3)飼養するにあたり、同居する家族の同意が得られていること
4)飼養環境が集合住宅もしくは借家の場合は、動物の飼養が承認されていること
5)狂犬病予防法、動物の愛護及び管理に関する法律などの関係法令を遵守し、愛情と責任を持って終生飼養できる方であること
6)引き渡しの際に示す誓約事項を遵守できる方であること
当日持参する物1)本人が確認できる物(運転免許証、保険証等)
2)印鑑
3)犬を連れて帰るためのリード、ケージ等




10086B 20263

まだまだ沢山の子たちが待ち続けています。

どうか、この子たちに温かい手をお願いします。


| 報道 | 07:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[転載] 【拡散希望】憧れてた光景がここに「1年間、駅に毛皮反対の広告が掲示!」みんなの力でワンモアステップ!

「苦しみ続ける動物達の為に◆さっち~のブログ◆」様からの転載です。

※転載記事の場合、「応援コメント」や「ツイート」や「いいね」は転載元の方でお願いします。


転載、ここからです。

昨日知って大興奮していたニュース(≧∇≦)
アニマルライツセンター様より素晴らしい1歩が☆
残酷という理由で闇に追いやられる毛皮問題。
日本でこんな光景が見れるなんて、、凄く嬉しい。
これを見るためだけに東京に行きたいとか思ってしまいました、笑。

~以下転載~
「AD FUND(広告基金)で、西武新宿線小平駅に毛皮反対の広告設置!」
http://www.arcj.info/news/detail/id=273
2013/02/03

2013/2/2から2014/2/1までの1年間、毛皮反対の広告が、西武線の小平駅に掲示されます。

「毛皮(リアルファー)を買わなければ
ぼく達はころされない
毛皮を買わないという選択を。」

というメッセージの看板を小平駅ホームに設置しました。
小平駅は急行も止まる駅であり、また、設置された場所は乗り換えのさいにエレベーターから降りてきたところに見える場所です。
一人でも多くの方に、このメッセージが伝わり、毛皮を買わない選択をしていただけることを願います。

駅に毛皮反対の広告 01

ぜひみなさん、見に行ったり、シェアしたりしてください!効果が最大化され、毛皮需要が減るよう、この広告を二次利用してください。
掲載の経緯-AD FUNDへのご協力をお願いします

この広告費は、おととしから立ち上げたAD FUND(広告基金)によるものです。
口コミだけでは伝わりきらない人に、アプローチしたい、という狙いで広告設置をするために立ち上げた基金です。
ご賛同いただきご寄付いただきました方に、本当にありがとうございました。

なお、このAD FUNDは続けていきます。
次はなんのトピックスの広告にするかはまだ決めておりませんが、
畜産についてなど、普段広めることが難しく、動物の犠牲の多いものを取り上げて生きたいと思います。
引き続き、AD FUNDへのご協力、ご寄付をよろしくお願いいたします。

~転載終了~

「畜産についてなど、普段広めることが難しく、動物の犠牲の多いものを取り上げて生きたいと思います。」

(≧∇≦)募金しよ♪

その他画像、動画は、エシカル&エコロジーなシンプルライフ様より♪
http://ameblo.jp/animaru-kouryu/entry-11462386981.html

駅に毛皮反対の広告 02

いやほんと、動画テンション上がるわ。



(≧∇≦)募金しよ♪

~続いて転載~
http://www.arcj.info/donate/adfund/

駅に毛皮反対の広告 03
駅に毛皮反対の広告 03A

アニマルライツの広告を出そう!
アニマルライツに関する意見広告を出すためのAD FUNDを立ち上げました。

例えば新聞広告。これまでクチコミとリアルな活動tとWEBをメインとして広がってきたアニマルライツセンターではアプローチできなかった人にアプローチできます。

街頭看板や交通広告。能動的にチラシやWEBサイトを見なくてはならなかったけれど、いやでも目に入る看板ならアプローチできなかった人にアプローチできます。

草の根(グラスルーツ)運動を続けてきたアニマルライツの活動には、様々なアプローチ方法が残されています。大規模な広告は掲載できませんが、力を合わせてこれまでと異なるアプローチを行いましょう。

2013年2月2日~2014年2月1日 西武新宿線小平駅ホームに毛皮反対の看板広告を出稿しました。
2010年10月19日 朝日新聞関東版に毛皮反対の広告を出稿しました。
ご不明な点がある場合は、お問い合わせフォームからご質問ください。また、これまでどおり、グラスルーツでの活動やクチコミでの活動にもさらに力を入れますが、下記の口座にお振込みいただいたものはAD FUNDとして使わせていただきます。

次回は畜産福祉向上or毛皮反対の広告を!

募集期間:2013年1月~2013年12月
この期間中に集まったAD FUNDで、出稿が出来る範囲で全国への意見広告をだします。
次はなんのトピックスの広告にするかはまだ決めておりませんが、畜産についてなど、普段広めることが難しく、動物の犠牲の多いものを取り上げて生きたいと思います。広告の内容が決まり次第、こちらで告知します。
引き続き、AD FUNDへのご協力、よろしくお願いいたします。

郵便振替(ゆうちょ銀行)からのお振り替え

口座番号 00170-3-189160
加入者名 特定非営利活動法人 アニマルライツセンター
通信欄 AD FUND とお書きください
ご依頼人 あなたのご住所・お名前・電話番号をご記入ください。

ゆうちょ以外のの銀行からのお振込み

お振込名義人(あなたのお名前)の前にADFUND(アドファンド)と入力してください。
口座番号 〇一九(ゼロイチキュウ)支店 (店番019)
当座 0189160
加入者名 トクテイヒエイリカツドウホウジン アニマルライツセンター


ご住所お名前をご記入ただけた場合は、ご入金確認後、お礼状をお送りさせていただきます。また、初めてのお振替の方にはARC NEWS最新号などをお送りさせていただきます。
(郵便振替の性質上、入金の確認が遅れる場合があります。ご了承ください。)

~転載終了~

他にも1歩進んだニュースがありましたので載せておきます♪

「Good News:国内ミンク飼育場で作られた製品の販売をしていたECサイトが販売中止」
http://www.no-fur.org/news/detail/id=129#.UQ6d9B1g-5I

2013/02/03
現在、日本国内には2軒のミンク飼育場があります。
※そのうちの1軒は、アニマルライツセンターの外来生物法に関しての環境省と警察への通報の影響により飼育をやめた可能性が高い。現在事実を確認中。
その2軒ともが、特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(外来生物法)に違反し、2006年から違法でミンクを飼育し続けていました。
この2軒が違法であり、かつ罰則の対象であることは明白ですが、この法律では飼育だけでなく販売も厳しく規制されています。
動物の死体についても、同様という環境省の見解(電話確認による)であるため、販売したり保管している側も厳密には違法となる可能性があります。

その点について、判明している販売経路に問い合わせを行い、販売の中止をお願いしたところ、佐藤ミンクファームの製品を販売していたECサイトは、即刻販売を中止しました。

~転載終了~

駅に毛皮反対の広告 04

転載、ここまでです。


凄いインパクト!

こんな広告が主要駅全てにあれば、毛皮の実態もあっと言う間に広がるのに。

この広告費ってどれ位するんだろう?




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

地球生物会議ALIVE 毛皮
地球生物会議ALIVE 毛皮

アニマルライツセンター 毛皮
アニマルライツセンター 毛皮

ヘルプアニマルズ 毛皮
ヘルプアニマルズ 毛皮


| 転載 | 01:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[動画] 『ぼくのともだち』

@kuusuke327さんのツイートでこの動画を知りました。







泣いた。

| 動画 | 02:34 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT