PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スライドショー 「Ringling's Baby Elephants Tied Up and Electro-Shocked by Trainers」

ツイッターで見つけたスライドショーです。

http://www.ringlingbeatsanimals.com/bound-babies.asp



サーカスの象は、こんな風に調教されるのですね。

酷いものです。

こんな事をしてまで、動物で金儲けがしたいですか?

こんな過程を経て披露される象の芸を見て、本当に楽しいですか?



英国ではこんな動きがあります。




  英国のサーカスでの野生動物の飼育・使用が、2年後に禁止される
  ことが明らかになった。「デイリー・メール」紙が報じた。
  これは保守党議員のマーク・プリチャード氏を中心とする議員団や
  元ビートルズのポール・マッカートニー卿、コメディアンの
  リッキー・ジャベイスさんといった著名人が政府に働きかけていた
  もので、英環境省も度重なる圧力についに屈した形となった。
  これまで、サーカス団が野生動物を飼育・使用することは厳しい
  条件付きで認可されてきたが、今回の決定で全面的に禁止となり、
  2年以内に全ての野生動物がサーカスから消える。
  英国民の9割以上がこの決定を支持しているとされる。
  ちなみに、現在、サーカスに『出演』している動物は150から200に
  のぼるとされており、そのうち野生動物は37頭。
  シマウマ、ライオン、トラ、ラクダ、カンガルー、ワニなどが
  含まれているという。



英国民の9割以上が野生動物の使用禁止を支持している。
さすがだと思います。

日本でも木下サーカスがあり、下記のようなプログラムがあります。

 奇跡のホワイトライオン・世界猛獣ショー
 かわいい象さんのショー
 アメイジング・サファリスペクタクル

いずれも動物を使うショーです。

日本でこれを禁止するとなった時、果たして9割もの人が支持するでしょうか?
反対する人の方が多くなる事は無いでしょうか?

人間は、これまで散々動物たちを利用して生きて来ています。

そろそろ本当に不要な部分から順に、動物たちを踏みにじる行為を止めて行きませんか?




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


8syu_b_main_M3
そうにゃんだ!」のにゃんとらさん作成のバナーです。

8週齢未満で親から引き離された子犬子猫には、健康面や社会化の面で問題が発生すると言われています。
そして、その問題が原因となって捨てられたり殺処分される犬猫が少なくありません。
今年行われる動物愛護法の改正で、8週齢になるまでは親から引き離さないよう規制される事を願っています。

リンク先では、バナー拡散をお願いされています。是非、ご協力お願い致します。

関連記事

| 動画 | 23:57 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ひどい

ひどいスライドですね・・(もちろんスライド自体は有意義)
数枚見ただけで涙が出そうになったので、職場なので見るのをやめました・・・
サーカスには前から疑問を持っていましたが、実際の写真を見るとほんとにひどい。
拷問以外の何物でもないです。

娯楽のための動物ショーや毛皮など、本当にいらないです。

| にゃんとら | 2012/03/07 15:38 | URL |

Re: ひどい

にゃんとら様

コメント有難うございます。

全くです。

たかがショーの為にここまでするのかと唖然としました。

サーカスもそうですが、殺処分、動物実験、毛皮、もっともっと色んな人に知って貰って無くして行きたいですね。

| ぐーパパ | 2012/03/08 00:01 | URL |

こんばんは。
醜いですね・・・。

日本でもよく似た事がありましたよ。
15年ほど前の話なのですが「白浜アドベンチャーランド」の像が虐待で調教されていると新聞に掲載されて
切り抜いたことがありました。
当時は今ほど動物愛護心が無かったのですが
切り抜くほどですからそれほどインパクトが
あったということです。
それ以後ですね・・・サーカスも このアドベンチャーも
動物関係のショーを見たいと思わなくなったのは・・・ 
まだ探したら切り抜き出てくるかも・・・

像を故郷に返してあげたいですね・・・
知らない土地で虐待まがいの調教させられて
日本もイギリス人を見習いましょう!!!

| kinnogoma | 2012/03/08 00:50 | URL |

Re: タイトルなし

kinnogoma様

おはようございます。
コメント有難うございます。

そうですか...
白浜でもあったんですか...

調べてみたら、王子動物園でも象に対して「どうなの?」って扱いをしているのを見た人が居るみたいです。

動物関係のショー、見たくないですね。無くなって欲しいですね。

> 日本もイギリス人を見習いましょう!!!

見習いましょう!

| ぐーパパ | 2012/03/08 05:01 | URL |

困っています。

映像は想像がつくから見られませんが、子供の頃から動物を使ったショーは嫌いでした。
動物が、悲しい目をしている気がしたからです。
給料にあたる報酬もなく、休日にあたる休みもなく、人間の利益の為だけに虐待に近い訓練を毎日受けるのでしょうね。
闘牛とか、闘犬とかも嫌いでした。
なんでそんなのが楽しいのでしょうか。儲ける方も儲ける方で、見る方も見る方だと思っていました。
でも、私は小さい時から、何でも可哀想と思う所があって、牛や豚の可愛い映像を見るたびこんな可愛い生き物を殺して食べてるんだなとか、貝は生きたまま熱湯に入れて苦しみながら料理されるんだなとか…魚やエビやカニも大量に捕獲して食べられるのも可哀想だなとか、昆虫だって環境破壊のせいで絶滅したのがたくさんいるでしょうし、そんなこと考えだすときりがなくなってきて生きていけなくなりそうなので困ってしまいます。
だからあんまり考えないように、映像は見ないようにしてるんですが、人間とは本当に罪深い生き物です。
せめて、食べること以外で生き物を苦しめることがない世の中になって欲しいです。
こんな風に考えるのは私くらいでしょうね。
ヘンなコメントですみませんでした(._.)

| しょこママ | 2012/03/08 07:34 | URL | ≫ EDIT

同じですよー

またまた失礼します。
ちょっと覗いたら、気になるコメントがありましたので。

>しょこママさん
きっと、けっこういますよ、同じ感じ方の人が。
私もそうです。
室内で見つけた虫も殺せないので、外に逃がしているくらいです。
アサリ料理作れませんw
母曰く、私が小さいころには切り崩される採石場を見て「山がかわいそう」と泣いていたそうです^^;

屠殺や実験については、できるだけ考えないように生きてきました。
でも一度まじめに考えると、人間やめたくなりますよね。今は、自分がなんとかしなければと思うようになりました。
私たちの代で、すこしずつでも変えていけたらなーと思います。

| にゃんとら | 2012/03/08 15:54 | URL |

Re: 困っています。

しょこママ様

コメント有難うございます。

全然変なコメントでは無いですよ。

先ににゃんとらさんからもコメントがありましたが、私も似たような感じです。

子供の頃の話ですが、小学生くらいの男の子の遊びって(今は違うかもしれませんが)カブトムシやクワガタを捕まえてきて対決させたり、酷いのではカエルに爆竹を入れて爆発させたりしていたのですが、私は一切参加しませんでした。単純に可哀相だと思ったからです。

私もカブトムシ、クワガタ、カニ、ザリガニ、ヤゴと色々捕まえに行っていましたが、ひとしきり眺めたら逃がしていました。
私の親は、そう言う事を教えてくれる親では無かったのですが、幼い頃からずっと猫が居ましたので、その生き死にを見て自然にそうなったのではないかと、今になって思います。

今は蚊も殺せなくなっています。
家の中に虫が出た時には、ビニール袋に入って貰って外に放しています。

食に関してもそうですが、別種の命を犠牲している事がすごく気になった時期があって、人間でいる事が嫌だった事があります。

にゃんとらさんと同じで今は、もっと前向きに考えて、どうすればもっと動物に優しい世の中になるのかを日々考えています。

殺処分、動物実験、毛皮、家畜、動物園、水族館、闘犬、闘牛、サーカスと上げて行くとキリが無いくらい多岐に渡ってものすごい数の動物が虐げられています。

生き物を苦しめないで済む世の中に変えていきたいです。

| ぐーパパ | 2012/03/09 00:05 | URL |

Re: 同じですよー

にゃんとら様

こんばんは~。

そうですよね。

私も同じように感じている人って結構いると思います。

> 私が小さいころには切り崩される採石場を見て「山がかわいそう」と泣いていたそうです^^;

自分の子供がこんな素敵な事を言ったら、ギューってしたくなるくらい可愛く優しい話ですね。

> でも一度まじめに考えると、人間やめたくなりますよね。今は、自分がなんとかしなければと思うようになりました。

私も同じです。一頃はひどく落ち込んだ時もありました。

> 私たちの代で、すこしずつでも変えていけたらなーと思います。

そうですね!すこしずつでも変えていきましょうね。

| ぐーパパ | 2012/03/09 00:36 | URL |

何度もすみません。

何度もおじゃましてすみません。
にゃんとらさん、ぐーパパさん、コメントありがとうございました。
似たような感覚の人っていたんですね。
貝が水の中で目?のような物を出してるあの、可愛らしさを見ると、煮え湯の中へ放り込むなんて無理だし、生きた魚の生け作りなんかも酷いと思ってしまいます。
ぐーパパさんと同じで、小さな男の子って残酷な遊びをしますよね、今でも忘れられないのが、木にぶら下がってる可愛いミノ虫がたくさん居る場所があったのですが、それを取ってはみの後ろを押して中の虫を出し、川へ捨てる遊びをしていました(T_T)止める勇気もなかったのですが、なんて可哀想なのと。。ある時はハトを捕まえた子が、袋に押し込めて、ビルの上から落とそうとしていました。
助けようと追いかけて階段を登ってるとこまでは記憶にあるのですが、その先は残っていません。。
誰かが、そんな残酷な遊びを経験するから、大人になって人を殺したりしなくて済むと言ってた人がいます。今は自然と触れ合わなくなったから、犯罪が増えたと…ほんとにそうなら、人間は生まれながらに悪魔のようですね。
親にそんな話をすると、そんなこと言ってたら、生きていけないよと言われます。
そういえば、昔、ニルスの不思議な旅ってアニメで、ニルスが動物を食べるのが可哀想と思って、野菜だけ食べるようになった時、夢の中に植物が出てきて、「私たちだって生きているのに」って言われ、もう何も食べないよとニルスが苦しむお話がありました。すごく共感したので覚えています。結局、感謝して、何でも食べましょうって話だったんですけどね(笑)
私もたいしたことはできませんが、自分の周りにいる子だけは守ってやろうと思っています。
長くなってすみませんでした。

| しょこママ | 2012/03/09 08:18 | URL | ≫ EDIT

Re: 何度もすみません。

しょこママ様

こんばんは。

いえいえ~。何度でも。

昨日、地方のカミングアウトバラエティ(番組名忘れました)で、年に一度だけフナを食べる地方の話を放送していました。
その日は生きたフナを買ってきて、生きたまま昆布でぐるぐる巻きにして、鍋に野菜と一緒に入れます。
その家では鍋に5匹くらいのフナを入れていました。

その後、出汁のようなものを入れ火を付けるのですが、しばらくすると鍋の中のフナが暴れて出汁が飛び散っていました。

我慢して見ていたのですが、その時点で我慢しきれなくなりチャンネルを変えました。

何で生きたままでないとダメなのか?
せめて一瞬で〆てから料理する事が出来ないのか?
生きたまま料理する人、生きたまま食べようとする人を見るといつも疑問に思います。

>残酷な遊びを経験するから、大人になって人を殺したりしなくて済む

絶対違うと思います。
何かの犠牲なんか無くても、人間以外の生き物を大切にしたいと思えるような状況を作ってあげれば、ちゃんと理解すると思います。

私には今、1歳9ヶ月の男の子が居ます。
その子にどうやって伝えようか、悩みでもあり、楽しみでもあるって感じです。

成績なんて人並みくらいでいいので、人にも動物にも優しい人になって欲しいと思っています。

話がそれちゃいましたね。
すいません。

| ぐーパパ | 2012/03/10 00:49 | URL |

最後に。

ぐーパパさん、ありがとうございます。
フナ可哀想ですね(T_T)ひどい!
ライオンでも、捕まえた動物は急所を噛んで意識を無くしてから食べますよね(>_<)

私も残酷な遊びが犯罪をなくすと言うのは疑問に思っています。
ですが、同じ姉妹でも私は小さい時からむやみな殺生はしませんでしたが、姉はよく、溝に居るカニを捕まえて火で炒って遊んでいました(大人になってから聞いて、衝撃を受けました)。大人になった今はどちらも動物好きの無害な人間ですが、中には本能で殺すことへの興味を強く持った種類の人間が居るのかも?とか考えぞっとします。

優しすぎると生きづらくなりますし、強すぎても危険な存在になってしまいます。
私の場合は優しいのではなくて、弱いのだと思いますが。

最後に、
ぐーパパさんの子なら、命の大切さは教えなくとも身につきますよ。うちの小学4年生も、何も教えなくても犬や猫が教えてくれてるみたいです。

| しょこママ | 2012/03/10 07:48 | URL | ≫ EDIT

Re: 最後に。

しょこママ様

おはようございます。

>中には本能で殺すことへの興味を強く持った種類の人間が居るのかも?

何かすごく怖い一文ですね。
途中でその興味を失って普通にならなかった場合が、動物虐待者や無差別殺人犯と言う事になるでしょうか。本当にぞっとしますね。

> 優しすぎると生きづらくなりますし、強すぎても危険な存在になってしまいます。
> 私の場合は優しいのではなくて、弱いのだと思いますが。

そうですか?
ジョンくんの辺りからブログを拝見させて貰っていますが、(ブログから読取れる範囲では)しょこママさんは優しくて強い人だと思っていますが。

> うちの小学4年生も、何も教えなくても犬や猫が教えてくれてるみたいです。

それってすごく良い環境ですね。

私の周りの人でも、幼い頃に動物と暮らしていた人って、程度の大小はあっても基本他の人を思いやった行動を自然にしているように思えます。
逆にすごく無神経だな~と思う人に聞いて見ると、動物と暮らした事なんて無いって。

今、動物と暮らしていない家庭が1頭ずつ飼い主のいない動物の里親になって、その家庭で育った子供が大人になって子供を産んでを繰り返していれば、耳を疑うようなニュースはもっと減るんじゃないかなと思います。

| ぐーパパ | 2012/03/11 04:49 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1009-629b6c8a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。