PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[しっぽの気持ち] 21万の不幸な命=渡辺眞子

毎日.jp 2012年4月3日

 元記事:http://mainichi.jp/feature/news/20120403ddm013070004000c.html

 遠くに見える頼りないシルエットは、少し移動しては止まり、また移動して止まった。近づくにつれて、それが子猫だとわかる。家のない母猫から生まれたのなら、もっと警戒心が強いはず。でも雑踏の中で蹴られそうになり、踏みつけられそうになりながら、道行く人々を見上げては顔半分まで赤い口を開けて訴える様子は、つい最近まで人と暮らしていたことを想像させる。

 足元にいる動物が助けを求める姿に目を留める人はない。か細い鳴き声は都会の喧噪(けんそう)に呑(の)み込まれ、不思議なことに、本当に誰一人として一(いち)瞥(べつ)もくれず、まるでその生き物が透明であるかのように通り過ぎてゆく。子猫は鳴き疲れたのか、さらに小さくなって車の下にもぐった。

 人が覗(のぞ)き込む気配を察するや、慌てて飛び出してきた。恐る恐る差し出した私の手から胸へとよじ上り、精いっぱいの声をあげた。毛糸玉ほどの重さの、紛れもないひとつの命。世界にたった独りぼっちで細い脚を踏ん張り、どれだけの恐怖と心細さに耐えてきたのか。

 10年度の犬と猫の殺処分数は全国で約21万匹(地球生物会議の全国動物行政アンケート結果)で、猫に限れば約16万匹に上る。飼い主が持ち込む数の倍以上を飼い主不明の猫が占め、その8割以上は生後間もない幼い子猫だ。猫の殺処分数は、親猫に生涯一度の不妊去勢手術を受けさせれば避けられた不幸の数ともいえる。

 アメリカでもヨーロッパでも、特に都市部における犬と猫の不妊去勢手術は完全室内飼育と共にごく一般的だ。動物の健康を守る意味でも、殺処分数を減らすにも有効であるとして行政、獣医師、民間団体と個人ボランティアらが協力して普及に努めてきた。一方、日本ではまだ否定的な人が多く、獣医師さえ積極的でない場合がある。

 反対する理由としてよく挙げられるのは「不自然」「人間のエゴ」「かわいそう」。健康な体にメスを入れる手術は、不自然でエゴだと私も思う。しかしそれは人に依存せず生きられないペットをつくった時点ですでに始まったことで、だからこそ彼らの命への責任が問われるのではないか。殺処分を受けるために生まれるような命こそ、たまらなくかわいそうだ。(作家)



ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

8syu_b_main_M3
そうにゃんだ!」のにゃんとらさん作成のバナーです。

8週齢未満で親から引き離された子犬子猫には、健康面や社会化の面で問題が発生すると言われています。
そして、その問題が原因となって捨てられたり殺処分される犬猫が少なくありません。
今年行われる動物愛護法の改正で、8週齢になるまでは親から引き離さないよう規制される事を願っています。

リンク先では、バナー拡散をお願いされています。是非、ご協力お願い致します。


全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細は写真をクリックして下さい。

全ての生命を尊ぶ会 D001全ての生命を尊ぶ会 D002全ての生命を尊ぶ会 D003
全ての生命を尊ぶ会 D005全ての生命を尊ぶ会 D006全ての生命を尊ぶ会 D007
全ての生命を尊ぶ会 D008全ての生命を尊ぶ会 D009



京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。

D001-snD002-snD003-sn
D004-snD005-snD007-sn
D008-snD009-snD010-sn
D011
関連記事

| しっぽの気持ち | 05:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>私の手から胸へとよじ上り、精いっぱいの声をあげた。

涙(TT)

小さな命を守るために、その命が生み出されないように避妊去勢する。
せつなすぎるけれど、人間社会の現実ですね・・・

| にゃんとら | 2012/04/05 12:37 | URL |

Re: タイトルなし

にゃんとら様

コメント有難うございます。

>私の手から胸へとよじ上り、精いっぱいの声をあげた。

うちの”きじ”を拾った時がこんな感じでした。

良く行くショッピングセンターの植え込みの中で2匹でピーピー鳴いていました。
気が付いて駆け寄る前にもたくさんの人が通っただろうに、誰も足を止めなかったんですね。

植え込みに手を突っ込むと、腕伝いに上がって来た2匹。
その場で病院に直行し、うちの子になりました。

その場所はよく子猫が捨てられているようで、同じ人間が自分の所で生まれた子猫を捨てているのではないかと思われます。

捨てるくらいなら何故、避妊去勢しないのか。

>せつなすぎるけれど、人間社会の現実ですね・・・

そうですね。

生まれてくる子を全て幸せにしてあげられるなら避妊去勢なんかしたく無いですよね。
でも現実は無理なので、生を受けた子を殺すのではなく、望まれない子が生まれないようにする為に避妊去勢する。

せつないですね。

| ぐーパパ | 2012/04/06 01:24 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1050-b1e7ae78

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。