fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[転載] 日本人がまだまだ知らない「犬と猫の殺処分」あなたはどっち?

さっち~のブログ様より、

日本人がまだまだ知らない「犬と猫の殺処分」あなたはどっち?

を、ご覧下さい。

※犬の遺体の写真があります。



これが動物愛護センターで行われている殺処分です。

これが日常的に私達が納めた税金で行われています。

処分機から出た子犬の写真を見てどう思われますか?

この子は何故処分されないといけなかったのでしょうか?

こんな事がいつまでも続けられるのは間違いだと思います。



殺処分に反対するデモが今週末に神戸で行われます。


4月22日(日)
15時
三宮花時計前集合

参加連絡は
minna-issho@ae.auone-net.jp
全ての生命を尊ぶ会 井上

まで


子犬の写真を見て、殺処分を無くしたいと思って下さった方がおられましたら、デモに参加して頂ければと思います。



殺処分についてご存知なかった方の為に一応書きます。
(私個人の考えです)

殺処分を行っているのは動物愛護センター等の行政ですが、こちらの職員の方への批判はお控え下さい。

殺処分そのものの根本原因は、捨てる飼い主、面倒見切れないのに繁殖させる(不妊去勢を行わない)飼い主にあります。

動物好きなのに配属されてしまった職員や獣医の方も居られます。

動物嫌いな人に最後を雑に扱われるより、動物好きな自分が最後を看取った方がいいと、多大なストレスを抱えながら続けている職員されも居られると聞きます。

各地のセンターで少しでも現状を改善しようと、殺処分ゼロを目指して頑張られているセンターもあります。

・安易に飼わない
・必ず不妊去勢を行う
・野良猫のTNRを行う
・譲渡先を探す

他にも色々あると思いますが、そういった事が全て揃った時に初めて殺処分ゼロが実現するものと思います。

行政が引き取らないだけの殺処分ゼロでは、ネグレクトが増えたり、センター以外の場所で遺棄される子が増えるだけになります。



と、偉そうに書きましたが、私も大した事が出来ている訳ではありません。

ただ、何も知らなかった頃よりは、こうやってブログを見て下さる方にお伝えする事で、ちょっとだけでも何らかの効果があればいいなと思って続けています。

まずは知る事から、そこからもう一歩。



ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

8syu_b_main_M3
そうにゃんだ!」のにゃんとらさん作成のバナーです。

8週齢未満で親から引き離された子犬子猫には、健康面や社会化の面で問題が発生すると言われています。
そして、その問題が原因となって捨てられたり殺処分される犬猫が少なくありません。
今年行われる動物愛護法の改正で、8週齢になるまでは親から引き離さないよう規制される事を願っています。

リンク先では、バナー拡散をお願いされています。是非、ご協力お願い致します。


全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細は写真をクリックして下さい。

全ての生命を尊ぶ会 D001全ての生命を尊ぶ会 D002全ての生命を尊ぶ会 D005
全ての生命を尊ぶ会 D006全ての生命を尊ぶ会 D010D011
全ての生命を尊ぶ会 D009



京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。

D001-snD002-snD003-sn
D004-snD005-snD007-sn
D008-snD009-snD010-sn
D011C001C002
関連記事

| 転載 | 02:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

もどかしいです

ぐーパパさん、こんにちは。

>動物嫌いな人に最後を雑に扱われるより、動物好きな自分が最後を看取った方がいい

なんだか・・くやしくて涙が・・・。

もしも世界に、動物の気持ちになれる10人しかいなかったなら、殺処分なんて起こらないのに。
いろんな人がいて、たくさんいすぎて、思いどおりにいかなさすぎます。

殺処分反対デモ、参加したかったです。
今後もそういうイベントがあれば積極的に参加したいと思っているので、何かあれば教えてください!
いい記事をありがとうございました。

| にゃんとら | 2012/04/18 15:16 | URL |

Re: もどかしいです

にゃんとらさん。

こんばんは。
コメント有難うございます。

自分の心を殺して処分器のボタンを押している方も居るのに、無責任な飼い主の尻拭いをさせられる職員の方が悪く言われるのは聞くに堪えません。
(言われても仕方ないようなセンターもあるのですが...)

処分器のボタンは飼い主に押させるべきだと思います。

「動物好き」ではなく「動物の気持ちになれる人」って所が良いですね。

いろんな人がたくさんいて、そのたくさんの人の中に、にゃんとらさんが言われている「動物の気持ちになれる人」がどれだけ居るでしょうか?
以前よりは増えている事は間違いないのですが、「動物の気持ちになれない人」よりはまだまだ少ないんでしょうね。

動物の気持ちになれる人を増やす為にも、啓発/譲渡会/デモ等を頑張らねばですね。

殺処分反対デモは、おそらくですが毎月行うのではないかと思います。
予定がわかり次第、告知させて頂きます。

何か色々やりたい事はあるのですが、仕事/家事/育児に大部分の時間を費やしているので、睡眠時間を削らないとブログの更新も出来ません。

もっと時間を自由に使えたらな~。

| ぐーパパ | 2012/04/19 00:18 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1066-38577d82

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT