PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[転載] イルカ漁の太地町に「クジラ牧場」構想、和歌山県

ヘルプアニマルズからのメールです。



和歌山県のクジラ牧場を作る計画だそうです。
これは、牛や羊の●●牧場などで、牛や羊を見ながらジンギスカンを食べるのと同じ発想でしょうか。

その構想は太地町の数名の人がいっているものではないのでしょうか。
”牧場”のお金はどこからくるのでしょうか。

ニュースを見る限り、三軒一高(Kazutaka Sangen)町長は、コーブ以降、外国人ではなく、日本人の目を気にしていると思います。

日頃から和歌山県や太地町へメールやファックスなどを送ったり、またブログやサイトなどを通して、また会社や会った友人、マスコミへの投稿などで少しでも多くのまわりの人、日本人にイルカ猟の悲惨さを伝えていき、なくしていくべきものであること、そして水族館が牢獄にすぎないことを伝えていきましょう。

メールを出しても定型文が帰ってくるだけかもしれませんが、日本人の意見を心から関係ないものとして無視できるかというと決してそうではないと思っています。
ぜひマスコミなどへ思いついた時に意見を送ってください。

新聞投稿(Web上で投稿できる新聞) http://kobo-joho.jpn.org/kobo/sinnbun.html
和歌山県知事 http://www.pref.wakayama.lg.jp/chiji/index.html
太地町 Fax.:0735-59-2801 電話:0735-59-2335
農水省 水産庁資源管理部国際課 電話:03-3502-8111(内線:6762)


尚、太地町漁協HPには、「鯨類捕殺方法の改善について」の掲載があり、苦しませないで殺している旨記載がありますが、http://www.cypress.ne.jp/jf-taiji/
長い間苦しむイルカの様子がyoutubeで確認できます。
http://youtu.be/Himh7f5Kf1I


イルカ漁の太地町に「クジラ牧場」構想、和歌山県
2012年05月03日

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2875740/8886720?ctm_campaign=txt_topics
(写真)和歌山県太地町付近で追い込まれる2頭のハナゴンドウ(2003年11月23日撮影、資料写真)。


【5月3日 AFP】米アカデミー賞(Academy Awards)長編ドキュメンタリー賞を受賞した米映画『ザ・コーヴ(The Cove)』でイルカの追い込み漁を批判的に取り上げられた和歌山県太地(Taiji)町で、海生哺乳類を放牧する「クジラ牧場」の構想が持ち上がっていると前週の時事通信が伝えた。

 報道によれば、住民による協議会の計画で候補に挙がっているのは、同町北西部にある森浦湾の一部(広さ約28ヘクタール)。湾の入り口を網で仕切ってイルカや小型クジラを放牧し、来園者が一緒に泳いだりカヤックで遊びながら触れ合える海のサファリパークにする構想という。湾を管理する県や、真珠養殖業者らと交渉し、5年後をめどに事業化を目指すとしている。同町周辺で捕獲したゴンドウクジラやバンドウイルカなどを放すほか、大型クジラの飼育の可能性についても検討する。

 同町の三軒一高(Kazutaka Sangen)町長は、町が海生哺乳類と共生しているというメッセージを広めたいと語っている。
(c)AFP



”頚髄及び頚椎周囲の血管叢を切断し、切断創に楔を打ち込む”

”湾の入り口を網で仕切ってイルカや小型クジラを放牧し、海のサファリパークを作る”

こんな事をする(考える)人間が、

『町が海生哺乳類と共生しているというメッセージを広めたい』

って言える神経が解らない。

クジラ漁、イルカ漁、そしてクジラ牧場。

一方的な搾取でしか無いこれらの事業を行っておいて、共生?




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

8週齢未満で親から引き離された子犬子猫には、
健康面や社会化の面で問題が発生すると言われています。
その問題が原因となって捨てられたり殺処分される犬猫が少なくありません。
今年行われる動物愛護法の改正で、
8週齢になるまでは親から引き離さないよう規制される事を願っています。

そうにゃんだ!」のにゃんとらさん作成のバナーです。
リンク先では、バナー拡散をお願いされています。是非、ご協力お願い致します。
8syu_b_main_M3

全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細はバナーをクリックして下さい。
全ての生命を尊ぶ会 里親募集バナー

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細はバナーをクリックして下さい。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー


関連記事

| 転載 | 05:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1088-1743fda7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。