PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 犬・猫:11年度、6000匹が殺処分に 県動物指導センター、迷子防止呼びかけ /茨城

毎日新聞 2012年05月05日

 元記事:http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20120505ddlk08040075000c.html

◇譲渡バンクも活用を

 県内で11年度1年間に6000匹を超える飼い犬・猫が県動物指導センターに収容され、殺処分となったことが分かった。迷子になるケースが大半だが、飼い主の持ち込みも2割近くあるという。同センターは殺処分を減らすため、飼い主に対し、迷子の未然防止や、飼えなくなったら新たな飼い主候補を探すよう呼び掛けている。

 センターによると、昨年4月から今年3月末までに犬4270頭、猫2998匹が収容され、犬3334匹、猫2792匹が殺処分となった。

 センターは、まず「迷子防止策」として、飼い主を明記した鑑札や狂犬病予防注射済票などの「迷子札」の着用や、犬・猫の首の部分に識別用のマイクロチップを埋め込むことを勧める。川島邦子センター長は「老犬になると人間と同じように認知症のようになり、家に自力では帰れなくなることもあるので、迷子札を付けてもらいたい」と強調する。

 また、収容されたうちの犬614匹、猫579匹は飼い主の持ち込みだ。センターは犬・猫の飼育希望者と譲渡希望者を仲介する「譲渡情報バンク」を設けているが、11年度に代わりの飼い主が見つかったのは、犬が全体の約2割に当たる848匹。猫は代わりの飼い主が見つかることがほとんどなく、数年に1匹程度だという。川島センター長は「もっと情報バンクを活用してほしい」と話している。

◇「ここに入ると皆おとなしく」 2日に1回、15匹のペースで

 4月のあるうららかな日、殺処分が行われるセンターの施設内部を取材した。

 白衣と白い長靴を履いて、犬と猫が収容されている建物に入ると、少しむっとした空気が漂う。約15平方メートルの犬舎に7〜8匹の犬がおり、ボランティアが提供した毛布の上に横たわり、こちらを見つめる犬もいれば、近寄ってきてしっぽを振る犬もいる。ほえることはほとんどない。「ここに入るとおとなしくなるんですよ」。男性職員が説明する。

 犬舎は、殺処分が行われる「炭酸ガス処分器」(約3平方メートル)につながっている。処分器は炭酸ガスに満たされ、犬が死に至るまで約20〜30分。殺処分は2日に1回程度、1回約15匹のペースで行われる。収容されてから殺処分までは原則4日。処分器は焼却炉に直結しており、センターに収容された犬や猫は、飼い主が現れなければ自動的に灰になる。子犬は肺が小さいため、苦痛を少なくするよう、殺処分前に麻酔薬を使用しているという。



最後の一文、処分の過程を読まれてどう思いますか?

犬猫たちがこんな目にあっているとご存知だったでしょうか?

相変わらずテレビや雑誌では子犬や子猫の可愛い部分だけを強調し、命を預かると言う事を深く考えないままに飼い主となる人を増やしています。

犬猫たちは、そんな飼い主による身勝手な理由でセンターに辿りつく事になります。

すべて人間次第。

テレビで見た子犬が可愛かったから、ショップで見た子猫が可愛かったから。

このブログを見て下さった方の中でこんな理由で購入を考えている方が居られましたら、もう一度良く考えて頂けないでしょうか?

動物を飼っても良い住宅にお住まいですか?

家族全員が賛成していますか?

選んだ犬又は猫がどんな気性でどんな風に成長するか理解されていますか?

定期的に病院代がかかる事をご存知ですか?

犬の場合は毎日の散歩に時間を割く事が可能ですか?

猫の場合はあんまり遠出出来なくなる場合もあります。

最低限のルールを犬猫に教える事が出来ますか?

元気であれば、そんな生活が10年以上続く事になります。その覚悟がありますか?




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

8週齢未満で親から引き離された子犬子猫には、
健康面や社会化の面で問題が発生すると言われています。
その問題が原因となって捨てられたり殺処分される犬猫が少なくありません。
今年行われる動物愛護法の改正で、
8週齢になるまでは親から引き離さないよう規制される事を願っています。

そうにゃんだ!」のにゃんとらさん作成のバナーです。
リンク先では、バナー拡散をお願いされています。是非、ご協力お願い致します。
8syu_b_main_M3

全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細はバナーをクリックして下さい。
全ての生命を尊ぶ会 里親募集バナー

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細はバナーをクリックして下さい。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー

関連記事

| 報道 | 05:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1090-bb2ed799

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。