PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] フォアグラの強制餌付け禁止、7月1日から実施 加州

CNN.co.jp 2012年05月10日

 元記事:http://www.cnn.co.jp/travel/30006526.html

(CNN) 世界三大珍味のひとつといわれるフォアグラの生産過程で、アヒルやガチョウなどに強制的に餌を与えるのは動物愛護の精神に反するとして、米カリフォルニア州で7年前に制定された強制餌付けの禁止法の猶予期間が、6月末に終了する。

フォアグラを扱うレストランのシェフらは、禁止法の撤回を求めて土壇場の論争を展開している。

フォアグラはアヒルやガチョウに大量の餌を与えて肥大させた肝臓で、通常の10倍程度の大きさになる。のどにパイプを差し込んで強制的に餌を流し込む方法は残酷だというのが、禁止派の意見だ。一方、フォアグラ好きのシェフや料理専門家は「アヒルやガチョウには咽頭反射がない」「魚を丸のみするのに慣れている」「体重が増えるのは渡り鳥の習性だ」と反論してきた。

禁止法には、より残酷でない餌付けの方法に切り替えるための猶予期間が設けられていた。しかし7月1日以降、同州で強制餌付けによって生産されたフォアグラを販売することは違法となる。同州内にある唯一のフォアグラの生産者は禁止法に賛成している。

サンフランシスコ市内のレストランのシェフ、クリス・コセンティノ氏は、禁止派からの脅迫やレストラン前での抗議デモに直面しながら、禁止法の撤回を求めてきた。「食肉に関しては、抗生物質を多用する工場飼育などの方が大きな問題だ」と話す。

動物愛護団体の活動家が「強制的に餌を与えられたアヒルの死亡率は10~20倍に跳ね上がる」「飼育場ではおびえたアヒルを手づかみにしてパイプを突っ込んでいる」と指摘するのに対し、同氏は「ニューヨークの飼育場を訪問したが、環境は良好だった」「人間が入っていけばおびえるのは自然なこと」と強調する。だが今のところ、同氏らに賛同して州議会で撤回を提案する議員は現れていないのが現実だ。



フォアグラ 1
こんな風に無理やり餌を詰め込まれ

フォアグラ 2
こんな風に餌まみれになって

これを何度も何度も繰り返して

肥大した肝臓がフォアグラです。

詳しくはアニマルライツセンターのフォアグラのページ(下記)をご覧下さい。
http://www.hopeforanimals.org/animals/foiegras/


ご存知だったでしょうか?

これを知ってもまだ食べたいですか?

これを知って「もう、食べない」と思って下さった方、
どうかご自分の周りの人にも教えてあげて下さい。

需要が無くなれば、鳥たちもこんな目にあう事はなくなります。

人間のモラルの欠如が生み出した食べ物がフォアグラです。

日本では、わざわざ法律で禁止されなくても、
誰も必要としなくなったので、フォアグラが無くなりました。

を目指しましょう。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

8週齢未満で親から引き離された子犬子猫には、
健康面や社会化の面で問題が発生すると言われています。
その問題が原因となって捨てられたり殺処分される犬猫が少なくありません。
今年行われる動物愛護法の改正で、
8週齢になるまでは親から引き離さないよう規制される事を願っています。

そうにゃんだ!」のにゃんとらさん作成のバナーです。
リンク先では、バナー拡散をお願いされています。是非、ご協力お願い致します。
8syu_b_main_M3

全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細はバナーをクリックして下さい。
全ての生命を尊ぶ会 里親募集バナー

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細はバナーをクリックして下さい。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー

関連記事

| 報道 | 00:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。

フォアグラは食べた事も食べたいとも
思ったことはありませんが日本で調べてみたら
(勝手な事してごめんなさい)
青森県のジャパンフォアグラという会社では
一貫工程で行っているようです・・・
http://www.e-jf.com/index.html
残念な事ですね・・・

こんな姿になっているなんて消費者は分からずに
口に入れているのですね。
野菜と一緒で生産工程写真を添付して売ってくれたら
絶対に買う人がいなくなるのに・・・・。
こうなるから出来ないんですよね。

昨年から肉を絶ってよく思うのですが、
日本も含めた 世界中ののシェフと呼ばれる人達は
味覚や見た目だけで 環境や栄養の事も考えずに
料理をするのって無責任だな~と・・。

ホテルや料亭など付き合いでどうしても仕方がない時は
食べますが
気分的には ゴキブリのいる部屋で食べている感じがして
美味しくないです。

私は変なのでしょうか・・・?

| kinnogoma | 2012/05/12 21:29 | URL |

Re: タイトルなし

kinnogomaさん。

こんばんは。
お返事が遅くなり申し訳ありません。

調べて下さって有難うございます。
(私は全て海外製だとばかり思い込んでいました)

ホームページ見ました。
トップで雛鳥と成鳥と精肉を同列にしている神経を疑いますね。

どうやってフォアグラを作っているかなんて一言も触れていない。

今はテレビの料理番組なんかに踊らされて、
「フォアグラは高くておいしいもの」
なんて思い込まされていますが、kinnogomaさんが言われている通り、
生産方法を知ればみんな食べなくなるでしょう。

パネル展でもフォアグラを出していて、真剣に読んでいる人も居ました。
新たに知った方が、自分の身近な人に伝えていってくれれば、
どんどん広まって買う人もいなくなるのにと思います。

料理人って肉も魚も材料にしか見えないんでしょうね。
ひょっとしたら、その肉がどうやって作られているのかも
知らない人が多いのではないでしょうか。

> 私は変なのでしょうか・・・?

変では無く、現実を知った人の正常な反応だと思います。

日本ではまだまだ「私はベジタリアンです」って
言いずらい状況があるのが悲しいですね。

| ぐーパパ | 2012/05/13 23:24 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1102-857775d3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。