PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 1%の幸運 /鹿児島

毎日新聞 2012年05月10日

 元記事:http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20120510ddlk46070594000c.html

「99%」−−。

 その数字にあぜんとした。

 10年度に県内保健所が引き取った捨て猫は1785匹。その99%に当たる1764匹は引き取り手がなく、殺処分された。犬を合わせると、処分数は年間3560匹になる。

 実は、捨て猫を引き取って1年になる。名前は「ゆき」。生後間もなく鹿児島市内の公園に捨てられ、鹿児島中央署に届けられた。

 昨年5月、仕事で同署を訪れると、片隅に置かれた箱から元気な鳴き声が聞こえてきた。

 「飼ってみたら」。当直主任が笑顔でこう言った。

 片手に乗るほど小さく、体重300グラムだった子猫は1年で10倍に。甘えて膝に乗ってくる仕草が愛らしい。

 殺処分率が99%なのだから、私とゆきの出会いは、わずか「1%」の幸運と思えて仕方がない。

 でも、ゆきを見ていると、なんだか複雑な気分になってくる。

 人間の都合で、多くの動物が命を絶たれている。こんな現実があるのだから。



世の中の大半の人がまだその現実を知りません。

自ら知ろうとしなければ情報が入って来ないような環境しか用意されていない事が原因です。

まだ何も知らない人に知って貰いたくて、今日、神戸でデモ行進が行われます。


5月12日(土)
15時
三宮花時計前集合

参加連絡は
minna-issho@ae.auone-net.jp
全ての生命を尊ぶ会 井上

まで


「人間の都合で、多くの動物が命を絶たれている」

この現実を知った方、その現実がおかしいと思って下さる方、

是非デモに参加して下さい。

同じ目的を持った者同士で一緒に、

まだ何も知らない人の心に届くように強く声を上げましょう。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

8週齢未満で親から引き離された子犬子猫には、
健康面や社会化の面で問題が発生すると言われています。
その問題が原因となって捨てられたり殺処分される犬猫が少なくありません。
今年行われる動物愛護法の改正で、
8週齢になるまでは親から引き離さないよう規制される事を願っています。

そうにゃんだ!」のにゃんとらさん作成のバナーです。
リンク先では、バナー拡散をお願いされています。是非、ご協力お願い致します。
8syu_b_main_M3

全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細はバナーをクリックして下さい。
全ての生命を尊ぶ会 里親募集バナー

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細はバナーをクリックして下さい。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー

関連記事

| 報道 | 00:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

言葉にならない

99%?!
犬や猫に生きるチャンス1%しかない?

言葉にならない。

1分、1秒も待てない。早く何とかしなくては…酷過ぎますよね。

私の田舎、北海道の小樽市も【100%】ではありませんが、殺処分されているようです。そうならない為に地元の方々がボランティアで保護されている犬の散歩等、お世話をしているようです。
助ける事は必ず出来るはず。それには皆さんからの色々な案が必要だと思います。反発するだけではなく…うまく言えませんが…相手を納得させる方法。私は最近特に【北風と太陽】を心に持って動こうと心がけています。経験上【反発】をすれば【反発】しか返ってこないんです。考え方は人それぞれですよね。でも動物を思う気持ちは一つだと思います。きっと助けられると私は信じています。

| ひらベラ | 2012/05/12 22:06 | URL |

Re: 言葉にならない

ひらベラさん。

こんばんは。
お返事が遅くなり申し訳ありません。

99%、この数字には驚かされます。

ここまで酷いと反発したような意見を言いたくなりますが、
ひらベラさんの言われる通り反発はいけないですね。
建設的な意見の無い反発は、ただの文句でしかありません。

返還率や譲渡率の低いセンターは、まず率の高いセンターの手法を参考にして、
土地毎に異なる部分がある場合は、どんどん意見を募集し、
生かす事に長けているNPOに協力を求めるべきだと思います。

そして意見を言う側は、動物を思う気持ちを第一に、相手に理解して貰える方法で伝えないとですね。

みんな救いたい気持ちは同じでしょうから。

| ぐーパパ | 2012/05/14 00:47 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1105-ed1da30c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。