PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 「ひどい」「かわいそう」 捨て犬や猫の現状知って! /石垣

「小さな命の写真展」

「ひどい」「かわいそう」 捨て犬や猫の現状知って!

 石垣島しっぽの会(早川始代表)の「小さな命の写真展」が29日から、石垣市立図書館展示室で開催されている。人間に捨てられ、保健所で殺処分されたり、運良く里親に迎えられた犬や猫の現状について、児童文学作家・今西乃子さん著書の「犬たちをおくる日」「命のバトンタッチ」「しあわせのバトンタッチ」掲載の写真が展示されている。

 同会は、飼い犬・猫の適正飼育を促進し、捨て犬・猫を減らすことで、不幸な犬・猫をなくすことを目指し、動物愛護精神の普及を図るため、昨年4月に「石垣島しっぽくらぶ」として有志により結成された。

 昨年は八島町の新港地区緑地公園内に住み着いている猫の避妊・去勢手術にも協力し、現在も里親募集などに取り組んでいる。

 写真展では、飼い主が引き取りに来るのを悲しそうな目で待ち続ける犬やケージの中でおびえた様子を見せる猫、後の両足が切断され、右目負傷の虐待を受けた子犬の写真などが今西さんのエッセーとともに展示。会場を訪れた市民は「ひどい」「かわいそう」と声を漏らしていた。

 この日は中山義隆市長も写真展に訪れ、「いまだに放し飼いやはいかいで捕獲される犬などがおり、まだまだ改善されていない部分がある。写真展を通して市民に動物を飼うことの大切さや覚悟を実感してほしい」と話した。

 早川代表は「写真展だけでなく、広く市民の皆さんが動物愛護を学ぶ機会を増やしていけるよう、行政とも協力していきたい」と述べた。

 写真展は6月2日まで開催。平日は午前10時から午後7時。土日は午前10時から午後5時(最終日は午後4時まで)。入場無料。

八重山毎日新聞 2013年05月31日




犬、猫かわいがって 市役所で初の譲渡会

 石垣市役所玄関前ピロティで12日、犬・ネコの譲渡会があった。石垣島しっぽの会(早川始会長)が主催し、市が協力した。親子連れら約50人の市民が訪れ、うち猫4匹の譲渡が決まった。保護する数が多いことから、しっぽの会は2カ月に1回のペースで譲渡会を開催していく予定だ。

 市役所内で初めて開催された譲渡会には犬2匹、猫35匹が出された。市の事業で、サザンゲート緑地公園で捕獲され、避妊去勢手術を受けた猫10匹余もいた。

 同会によると、同事業実施後の同10月以降、新たに30匹の捨て猫が確認されている。一方で、いなくなっている猫も20匹程度いるという。

 早川会長は「避妊去勢手術をして最後まで飼ってもらいたい」と話している。同会は犬・猫の保護する活動はしていないが、保護された犬・猫の譲渡については協力する。

八重山毎日新聞 2013年05月13日




猫79匹の不妊手術実施 南の島の猫アイランド事業

緑地公園の快適利用 今後の取り組み次第

 石垣市が管理する新港地区緑地公園で一斉捕獲された猫は、79匹が不妊手術を終え、耳先V字カットの「愛され猫」(公益財団法人どうぶつ基金)として同公園に戻った。市が同基金やボランティアらと連携して実施したことは、同公園を一代限りの命を全うしてもらう場所として公認したことを意味する。今後、猫の適切な管理と公園内の衛生環境の向上が求められる。(比嘉盛友記者)。

■衛生環境の悪化

 同公園は遊具もあって子どもたちに人気だったが、数年前から捨て猫が多くなった。繁殖するなどして数が増え、あちこちにエサの残りや糞(ふん)が散乱、衛生環境の悪化を招いていた。

 子育て中の中山義隆市長も「以前は家族連れがいっぱいだったが、猫が増え、糞もあって、子どもを遊びに連れて行けない状況になっている」と公園利用者が減っている現状を指摘する。

 3年前に移住してきた中川美也子さん(48)は「市街地に近く景色も良いところだったので、当初はバーベキューしたりと利用していたが、今は猫もごみも多くなり、使いたくない」と嘆き、「少しでも役に立ちたい」と同事業に賛同してボランティアに加わった。

■「終わりではない」

 同公園内で17日、市、基金、ボランティアらがケージに入った猫を出し終えると、拍手がわき起こった。
 同基金は、耳先カット猫無料不妊手術事業を全国で展開しているが、石垣市など行政と協働で行うのは初めて。佐上邦久理事長は「初の試みとして全国の見本となる」と評価する一方、「これで終わりではない。継続して初めて効果が出る。事業は始まったばかりだ」と引き締めた。 

 不妊手術をしたことで「自然淘汰(とうた)される」(同基金顧問・山口武雄氏)ことになるが、捨て猫が増えれば元の木阿弥。山口氏は「猫は年に3、4回生む。あっという間に増える」と捨て猫対策の重要性を指摘する。

 一方、不妊手術をしたからといって、現状の環境が即良くなるわけではなく、餌や糞が散からないようにしなければならない。同基金は「まちがきれいになることはすべての住民にとってプラス。猫が嫌いな人にとってもプラスです」という。

 ボランティア団体が要望している餌やり場やトイレ(砂場)について中山市長は取材に「餌を食べる場所がバラバラになると汚れるので、何カ所かに餌場や水飲み場、トイレをつくりたい」と答えた。

 市民が公園を快適に利用できるかどうかは、今後の取り組み次第だ。

八重山毎日新聞 2012年10月20日




耳先カットが目印 猫の不妊手術事業

79匹が公園に戻る

 新港地区緑地公園で一斉捕獲され、不妊手術を受けた猫79匹が17日、同公園に戻された。片方の耳先をV字カットされている。捕獲できなかった猫もいるが、避妊去勢された猫が全体の8割を占めていることから、捨て猫が増えなければ徐々に減少するものとみられる。

 市の「南の島の猫アイランド事業」では90匹を捕獲、不妊手術のできた79匹を公園に戻した。子猫11匹は手術ができなかったため、石垣島しっぽの会やボランティアが一時的に預かり、里親を募集することにしている。

 この日は市環境課やしっぽの会、公益財団法人どうぶつ基金、ボランティアら約20人が参加し、ケージから放した。

 同基金の佐上邦久理事長は「市、環境省、県など行政の協力を得て実施したのは全国で初めて。大成功に終わった。今回の試みが全国の見本になる」と評価した。

 環境課の仲本賢治課長は「今後は捨て猫が増えない対策をとっていきたい」と話した。

八重山毎日新聞 2012年10月18日




「もう捨てないで!」猫の不妊手術事業スタート

ボランティア、快適な公園望む

 新港地区緑地公園のネコに避妊去勢手術を行う石垣市の「南の島の猫アイランド事業」は13日、一斉捕獲が始まった。14日まで続け、15日から3日間かけて手術を行い、18日までに公園に戻す。猫の移送や世話の作業に、予想を上回る約40人のボランティアが登録。「もう捨てないで」と訴え、「快適な公園にしてもらいたい」と望んでいる。

 全面協力している石垣島しっぽの会(早川始代表)によると、公園には100匹前後がいる。会員が12日に捕獲した分を含め、この日までに60匹以上を捕まえた。猫は八島町の港湾管理施設に運ばれ、手術が行われる。市は公園にロープを張り、作業期間中の立ち入りを制限している。

 13日はしっぽの会、市担当職員、ボランティアら20人余がケージを組み立てたり、捕獲したりするなど手術に備えた。ボランティアは現状の公園に「ひどい」と口をそろえ、事業に協力している。

 3年前に移住した中川美也子さん(48)は「公園は市街地に近く景色も良いところ。移住したころはバーベキューをしていたが、今は使いたくない。ネコを増やさないようにすることが人間にできる最善のこと。少しでも協力したい」と話した。

 娘の美帆さん(平真小6年)は「公園はひどいです。ケガをした子がいたり、病気の子がいたりして、かわいそう」と嘆き、新城さおりさん(29)らも「捨て猫を増やさないでほしい」「生き物を粗末に扱ってほしくない」と願う。

 事業は、公益財団法人どうぶつ基金が手術費用を出し、「NPOゴールゼロ」が獣医師を派遣。市は一括交付金を活用した事業138万円で獣医師の受け入れ、捕獲器など備品購入に充てる。

八重山毎日新聞 2012年10月14日




保護預かり犬・猫へ助成を 避妊・去勢なども、石垣島しっぽくらぶ市に要請

八重山毎日新聞 2012年05月23日

 元記事:http://www.y-mainichi.co.jp/news/20129/

 捨て犬・捨て猫ゼロを目標に活動を行っている「石垣島しっぽくらぶ」(早川始代表)は22日、中山義隆石垣市長とのランチミーティングで保護預かりとなっている犬・猫の避妊や去勢、混合ワクチン接種の助成など4項目を要請。中山市長は「一括交付金などを活用し、対応を考えたい」と回答した。

 同くらぶは「石垣市では、去勢手術をする飼い主が少なく、犬や猫が妊娠し、子どもを産むと『育てきれないから』などの理由で保健所への引き取りや山林に捨てる飼い主もいる」と問題視している。

 同くらぶやわんわんクラブなどのボランティアが捨てられた犬、猫を保護し、里親探しなどをしているが、経費やスペースに限界があり、年間100万円以上の支出で、2011年度は234万円だったという。

 八重山福祉保健所管内では犬、猫の引き取りが、11年度で182匹(犬100匹、猫82匹)、犬の捕獲は125匹。
 新たな引き取り手がなく飼い主も現れなかった場合、殺処分されることになっており、11年度は211匹(犬136匹、猫75匹)が処分された。

 早川代表は「人間の身勝手な都合で犬や猫が処分されることは許されない。飼い主には責任を持ってペットを飼育し、避妊などで望まない妊娠を防いでもらいたい」と話す。

 中山市長は「殺処分をゼロにするという目標に向かって協力していきたい」と話した。
 市は、新港地区緑地公園で野良猫が繁殖している問題で、拡大防止を目的に避妊去勢手術の支援を行う予定だが、同くらぶでは「まず、保護されている犬、猫へ助成してもらい、里親がもらいやすい状況をつくってほしい」と求めた。

 このほか、「八重山保健所と協力しての譲渡会開催」「小学校の総合学習で『命の授業』として犬、猫の問題を取り入れる」「災害時のペットの同行避難を飼い主の責任とし、一時避難への同行を認めてほしい」と要望した。



ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

地球生物会議ALIVE 家庭動物
地球生物会議ALIVE 家庭動物

アニマルライツセンター 殺処分をゼロに
アニマルライツセンター 動物売買禁止

関連記事

| 報道 | 07:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こういう対処法って

実は(残念ながら)遺棄動物の呼び水になりかねない危険性がありますよね。
私の知る地域猫活動地でも、環境省や行政市区町村のポスターや看板が貼られている場所がありますが、それが愛護や啓発どころか「ここはペットを棄てても世話してくれる人がいますよ~」とPRしているのと同じ、また「この場所で(置き餌等の)トラブルが発生してますよ~」と周辺住民に告知しているのと同じだと指摘した方がおられました。
難しいのですが、どこまでも第一義的原因である動物の遺棄を食い止めない事には、殺処分を廃止しようが動物シェルターを整備しようが、今後の展望は拓けず暗いままでしょうね。。

| tunafishermann | 2012/10/22 21:05 | URL | ≫ EDIT

Re: こういう対処法って

> tunafishermannさんへ

コメント有難うございます。
お返事が遅くなって、すいません。

確かにその通りだと思います。
ただ「動物の遺棄を食い止める」、これが一番難しいですね。

結局は人のモラルに訴えかけるしか出来なくなってしまいます。
そして遺棄するような人間は元々人の話なんて聞かない自分勝手な人間が多いでしょうから、訴えかけても耳に届かない。

地域猫の掲示を見て「捨てて良い所」だと解釈するなんて自分勝手な証拠です。

簡単に飼わせない、簡単に捨てさせないをメインに、そこから零れ落ちた子を救う為にシェルターを整備したり、処分されてしまわないように働きかけたり。

問題の根が深すぎて、色んな方面に働きかけ、色んな行動を起こさないと夢は叶わないんでしょうね。

| ぐーパパ | 2012/10/26 01:57 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1121-20fc5e70

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。