PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 飯能のペット死骸不法投棄:損賠訴訟 元業者、300万円支払い 飼い主に謝罪し和解 /埼玉

毎日新聞 2012年06月08日

 元記事:http://mainichi.jp/area/saitama/news/20120608ddlk11040299000c.html

 三芳町の動物葬祭業者がペットを火葬すると偽って飯能市の山林に遺棄していた事件で、飼い主だった30人が元業者の男性(73)=詐欺と廃棄物処理法違反の罪で有罪判決確定=に1543万円の損害賠償を求めた訴訟の和解が7日、さいたま地裁川越支部で成立した。原告側によると、男性が飼い主に謝罪の意を表し、解決金として300万円を支払う内容。

 飼い主らは人生の伴侶であるペットの死を悼む権利を侵害されたとして慰謝料や毛呂山町に建立した墓地の費用などを火葬代金に加え、10年12月に提訴していた。

 この日は飼い主20人が同支部で男性の謝罪の言葉を聞いた。原告の一人で「伴侶動物死体遺棄、被害者の会」の細谷春美代表(50)は「(愛犬に)やっと(裁判が)終わったという報告ができる」と語った。原告側の平岡将人弁護士は「伴侶動物を弔う権利を裁判所に認めてもらうことはできなかったが、同種事件の発生を防ぐことにはつながるだろう」と述べた。

 訴状などによると、30人は98年から10年2月にかけて、男性にそれぞれ7000〜4万円を支払い、犬や猫の火葬を依頼。男性は火葬せずに捨て、別の動物の骨を被害者に渡すなどしていた。



この事件については、下記を参照下さい。
  http://animalexp0711.blog135.fc2.com/blog-entry-590.html

長く続いていた裁判が和解したようです。

金額云々ではなく、ようやく謝罪の言葉が聞けた事が和解のきっかけになったんでしょうか。

伴侶動物死体遺棄、被害者の会のブログでは、この事件を風化させないで欲しいと願われています。

最愛の伴侶動物の死に直面した時、動揺したままで葬儀を検討すると間違った選択をしてしまう事もあると思います。

飼い主としては「亡くなった時の事なんか考えたく無い」と思われるでしょうが、この事件のような業者を選んでしまわないよう、事前に検討しておいた方が良いと思います。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

8週齢未満で親から引き離された子犬子猫には、
健康面や社会化の面で問題が発生すると言われています。
その問題が原因となって捨てられたり殺処分される犬猫が少なくありません。
今年行われる動物愛護法の改正で、
8週齢になるまでは親から引き離さないよう規制される事を願っています。

そうにゃんだ!」のにゃんとらさん作成のバナーです。
リンク先では、バナー拡散をお願いされています。是非、ご協力お願い致します。
8syu_b_main_M3

全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細はバナーをクリックして下さい。
全ての生命を尊ぶ会 里親募集バナー

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細はバナーをクリックして下さい。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー

関連記事

| 報道 | 03:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

取りあえず…終わったと言っていいのでしょうか。飼い主さんは本当に苦しんでいましたから、今後このような事が二度と起こらないよう願うばかりです。
ぐーぱぱさんがおっしゃる通り、自分のペットが元気なうちに、ペットが亡くなった時の事を考えるべきだと私は思います。
《クチコミ》は《安心》と思われるかもしれませんが、今回の事件では《クチコミ》でペットを託した方も多くいました。中には3匹も託した方がいたり、前に託したので、今いるペットが亡くなった時には同じ所に託そうと思い領収証を取っておき、気が付いた方もいました。
元気なペットの死を考える事は決してマイナスな事ではないと思います。とても大切な事だと思います。
こんな悲しい事が起きない為にも。

| ひらベラ | 2012/06/12 11:39 | URL |

Re: タイトルなし

>ひらベラさん

こんばんは。
コメント有難うございます。

飼い主さんたちが犯人に対して出来る事は、取りあえず終わったなのでしょうね。
でも、飼い主さんの後悔はずっと消えないと思います。

こんな悪い業者が居る事がわかった以上、やっぱり事前に考え、調べ、足を運ぶ事が大事なんでしょうね。
悪い奴が居なければ面倒な部分を取り除いて、もっとシンプルに生活出来るのに...

| ぐーパパ | 2012/06/13 04:20 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1136-fbb6d1a9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。