PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 進まない犬猫の安楽死、設備は1市のみで大半は…

読売新聞 2012年06月20日

 元記事:http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120620-OYT1T00704.htm

 引き取り手のない犬や猫の処分方法を巡り、論議が起こっている。

 動物愛護団体は自治体に対し、苦痛を伴わないように「安楽死」を要請しているが、設備があるのは、主要都市では山口県下関市だけだ。設備が高額なこともあって財政難に苦しむ自治体では「余裕がない」との声が強く、識者は引き取り手の確保などの対策を訴えている。

 「人の都合で手放された動物を苦しませるわけにはいかない」。下関市動物愛護管理センターの藤永真善美センター長は強調する。

 市は3年前、約8億2000万円かけて、「安楽死」の設備を取り入れたセンターを建設した。人の手術で使う麻酔薬のガスを密閉空間で吸引させるもので、2011年度は犬や猫計1388匹を処分した。年間の処分費用は苦痛を伴うとされる「炭酸ガスによる窒息死」に比べ3倍の約700万円かかるという。

 環境省によると、全国の処分数は10年度、計約20万4700匹だったが、NPO法人「地球生物会議」ALIVE(東京)が10年、処分にあたる都道府県、政令市、中核市など108自治体に聞いたところ、安楽死の設備があったのは下関市だけだった。

 熊本市、京都市など15自治体は、原則として獣医師が麻酔注射で1匹ずつ安楽死させていたが、8割以上の92自治体(委託を含む)は「炭酸ガス」の方法を採用していた。

 内閣府の処分に関する指針(1995年)では、「出来る限り動物に苦痛を与えない方法」を求めているが、強制力はなく、多くの自治体は二の足を踏んでいるのが現状だ。



必ず殺処分する前提であれば「炭酸ガス」と「安楽死」の選択となり「安楽死」を望みますが、何か論点がずれてないでしょうか?

建設費に約8億2000万円、その上年間の処分費用に約700万円?

それだけのお金を使えばかなりの数の不妊去勢が出来、以降の施設の役割は本来の愛護センターとして啓発や保護や譲渡に力を入れて行けるのではないでしょうか?
(単純計算で1匹2万円として4億1000万匹と毎年350匹に不妊去勢が出来る?)

一般社団法人ペットフード協会が出している、平成23年度 全国犬・猫飼育実態調査結果では約2000万匹となっている事から考えても、約20倍もの数の犬や猫に不妊去勢が出来た事になります。この数であれば飼い主不明の犬猫を加えても十分に足りるのではないかと思われます。

つまり、山口県下関市に建設された施設にかかった費用だけで、日本全国の犬猫の不妊去勢が出来た事になります。
(ちょっと数字が大きすぎて、考え方や計算が間違えていないか不安になっています)

「人の都合で手放された動物を苦しませるわけにはいかない」と強調したセンター長は、殺処分前提の考えではなくて、殺さない方向で考えなかったのでしょうか?




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

8週齢未満で親から引き離された子犬子猫には、
健康面や社会化の面で問題が発生すると言われています。
その問題が原因となって捨てられたり殺処分される犬猫が少なくありません。
今年行われる動物愛護法の改正で、
8週齢になるまでは親から引き離さないよう規制される事を願っています。

そうにゃんだ!」のにゃんとらさん作成のバナーです。
リンク先では、バナー拡散をお願いされています。是非、ご協力お願い致します。
8syu_b_main_M3

全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細はバナーをクリックして下さい。
全ての生命を尊ぶ会 里親募集バナー

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細はバナーをクリックして下さい。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー

関連記事

| 報道 | 04:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして。
本文中で間違いがあり気になったので書き込みします。

>単純計算で1匹2万円として4億1000万匹と毎年350匹に不妊去勢が出来る?)
8億2000万÷2万=4億1000万匹ではなく、4万1000匹ですね。

本文中の数字を使って大雑把に計算してみますと、
おそらく20~30年使うことを見込んで建てたでしょうから
費用総計は8億2000万+(700万/年*30年)=10億3000万円
10年度の全国の殺処分数約20万4700匹÷47都道府県=約4300匹
山口県の人口割合から考えて処分数も少なめにみたとして3000匹とすると
年間3000匹*避妊去勢手術代2万=6000万円
30年この水準としたら30年*6000万=18億円
産ませない費用18億>殺す費用10.3億となります。

ただし市町村単位で避妊手術の助成金を出しているところもありますし、
この安楽死施設は県単位ではなく下関市が建てたということですから
もし県内の処分をすべて引き受ければ費用の問題も違ってくるとは思います。
片っ端から手術をしていけば30年の間に確実に数は減っているでしょうしね^^

私もわずかながら動物愛護活動をしており、ベジタリアンでもあります。
確かに殺すことよりも産ませないことが一番とは思いますが、
実際そう思うように事が進まないのがもどかしいところですね。

安楽死での処分施設は私は必要だと思います。
できれば犬猫の処分だけでなく食肉の屠殺場としても使えたら
費用が分散されて少しは負担が減り、より多くの苦痛を減らせると思いますが・・・。

いずれにせよ、少しでも多く、早く、命の大切さが見直されてほしいですね。
こちらの記事のおかげで調べていたことがわかりました。
ありがとうございました。

| みすず | 2012/10/01 14:04 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

> みすず様

初めまして。
コメント有難うございます。

赤っ恥ですね。
こんな単純な計算を間違えるなんて。

ご指摘有難うございます。

> 確かに殺すことよりも産ませないことが一番とは思いますが、
> 実際そう思うように事が進まないのがもどかしいところですね。

本当にもどかしいですよね。
全ての飼い主がちゃんと、望まない子が産まれないようにしてくれれば。

> いずれにせよ、少しでも多く、早く、命の大切さが見直されてほしいですね。

全くです。
殺処分、動物実験、毛皮、畜産。
動物に関して知れば知るほど、闇が広がって行くようで気が滅入ってしまいます。

まだまだたくさん居る無関心な人達に早く気付いて貰いたいです。


| ぐーパパ | 2012/10/03 00:45 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1151-b232353b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。