PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 捨てられた子猫命つなぐ 保育ボランティア奮闘 /仙台

河北新報 2012年06月23日

 元記事:http://www.kahoku.co.jp/news/2012/06/20120623t13033.htm

 生まれたばかりの捨て猫を人の手が掛からなくなる生後1、2カ月まで自宅で育て、新たな飼い主に引き渡す「捨て猫の一時保育ボランティア」が、仙台市動物管理センター(宮城野区)を拠点に奮闘している。「殺処分をできるだけ減らし、命を全うさせたい」。メンバーたちはそう願い、心身の負担を苦にせず活動を続ける。

 センターには毎年、1000~2000匹の猫が持ち込まれる。その大半が生まれたばかりの子猫だ。譲渡会などで引き取り手が見つかる場合もあるが、例年、7割近くが殺処分されてきた。

 処分される猫を少しでも減らそうと、センターの職員2人が2010年4月、夜間や休日に小猫を自主的に家に持ち帰り、一時的に保育する試みを始めた。

 職員の取り組みを知った猫好きが協力を申し出た。ボランティアの輪は少しずつ広がり、現在は7人の女性が一時保育に携わっている。

 それぞれ3~5匹を預かる。3、4時間おきの授乳など、子猫は生後2カ月ごろまで付きっきりの世話が必要で、根気や体力が求められる。

 本年度は5月までに計45匹を預かり、うち27匹を新しい飼い主に引き渡すことができた。

 ボランティアの一人、仙台市泉区の手工芸教室講師若松静子さん(47)は「多数の猫が処分される現状を、いくらかでも変えたいと思った。新たな飼い主にもらわれていったときは、本当にうれしかった」と語る。

 抵抗力が少ない子猫は感染病で急死するケースも多い。センター職員は「一時保育には根気と責任感に加え、猫の死を感情的にならずに受け止める心構えも必要」と話す。

 ボランティアになるには、飼育環境や経験などを把握するための面談を受ける必要がある。連絡先はセンター022(258)1626(平日)。



仙台市動物管理センター
 http://www.city.sendai.jp/shizen/dobutsu/pet/index.html

私も左サイドバーに出しているうちの子たちはみんな手のひらより小さいサイズの時に拾ったので、真夜中の授乳もオシリとんとんも経験した事があります。

サイドバーに出ていない子で、守りきれずに拾った3日後に亡くなってしまった子も居ました。

子猫を育てるって大変ですよね。

でも、子猫を育てた経験がある事が仙台市の動物管理センターでは役に立つようです。

経験値をお持ちの方で現在は余裕がある方は、保育ボランティアで仙台市動物管理センターを支援して頂ければと思います。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

8週齢未満で親から引き離された子犬子猫には、
健康面や社会化の面で問題が発生すると言われています。
その問題が原因となって捨てられたり殺処分される犬猫が少なくありません。
今年行われる動物愛護法の改正で、
8週齢になるまでは親から引き離さないよう規制される事を願っています。

そうにゃんだ!」のにゃんとらさん作成のバナーです。
リンク先では、バナー拡散をお願いされています。是非、ご協力お願い致します。
8syu_b_main_M3

全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細はバナーをクリックして下さい。
全ての生命を尊ぶ会 里親募集バナー

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細はバナーをクリックして下さい。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー

関連記事

| 報道 | 01:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1156-e292788b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。