PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 犬猫の殺処分ゼロへの願い込め花育てる /青森県

デーリー東北新聞社 2012年07月02日

 元記事:http://cgi.daily-tohoku.co.jp/cgi-bin/news/2012/07/02/new1207021401.htm

 犬や猫の殺処分をゼロにしたい―。青森県立三本木農業高校(十和田市)の生徒たちが、殺処分された犬猫の骨を引き取り、肥料として土に混ぜて花を育てる活動に取り組んでいる。伝えたいのは、ペットブームの裏側で繰り返される殺処分の現実と、飼い主の都合などで〝処分〟された動物たちの命の重さ。生徒は「殺処分がゼロになる方法をみんなで考えてほしい」と訴えている。
 
 活動を始めたのは、同校動物科学科愛玩動物研究室の3年生14人。骨を肥料にして校内で育てた花をプランターや鉢植えに分け、犬と飼い主が参加するイベントで配布したり、市内の保育園や老人ホームに届けている。

 受け取った人からは、「愛犬と同様、大切に育てたい」などの感想が寄せられる。木崎加奈子さん(17)は「動物を飼っている人もそうでない人も、考えるきっかけになれば」と願いを込める。

 活動のきっかけは3月の県動物愛護センター(青森市)見学。焼却後の骨が事業系廃棄物、つまり「ごみ」として捨てられているという事実に、生徒たちは大きなショックを受けた。石川原美結樹さん(17)は「何もしてあげられないのが悔しかった」と話す。

 どうすれば殺処分を減らせるか。話し合いの末、せめて骨を土に返し、多くの人に命の貴さを伝えようと、花を育てることを発案。活動は「命の花プロジェクト」と名付けた。

 同センターから引き取った骨は、生徒たちが手作業で砂状に細かく砕いた。焼け焦げた首輪や臓器なども残っており、泣きだす生徒も多かったという。それでも、殺処分をゼロに近づけようと、活動を続けている。

 一方、犬猫の骨を肥料として使うことに対し、「かわいそう」などという声もある。赤坂圭一教諭(39)は「賛否両論があるのは分かっているが、生徒の思いを伝える方法は、ほかに思い浮かばなかった。涙を流して感動してくれる人もおり、考えるきっかけになっていると思う」と語る。

 同センターによると、2011年度に殺処分されたイヌは788匹、ネコは2621匹に上る。イヌはやや減っているものの、ネコは増加傾向で、その半数以上が子ネコだという。



素敵な子供たち。

この子たちの思いがどんどん広がって行って欲しい。

そして、未来を担う子供たちの多くが「殺処分なんておかしい」と言う思いを持って大人になってくれれば、動物たちの未来も少しは良くなるように思います。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

8週齢未満で親から引き離された子犬子猫には、
健康面や社会化の面で問題が発生すると言われています。
その問題が原因となって捨てられたり殺処分される犬猫が少なくありません。
今年行われる動物愛護法の改正で、
8週齢になるまでは親から引き離さないよう規制される事を願っています。

そうにゃんだ!」のにゃんとらさん作成のバナーです。
リンク先では、バナー拡散をお願いされています。是非、ご協力お願い致します。
8syu_b_main_M3

全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細はバナーをクリックして下さい。
全ての生命を尊ぶ会 里親募集バナー

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細はバナーをクリックして下さい。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー

関連記事

| 報道 | 05:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

高校生たち、ありがとう。

 わたしたちと同じように、きょうも生きたいと願う犬さん、猫さん。共に暮したことのある人なら、だれもが、彼らの愛情深さに、こころ打たれるだろう。

 殺されるそのときまで、飼い主を待っているものたちよ。

 もう二度と、こんな愚かなことを繰り返したくありません。ごめんなさい。

 秋田では、動物管理センターの所長さんが、退職後、獣医になりました。「もう二度と動物を殺さない。一つでも多くの命を救う」
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/akita/feature/akita1325380522038_02/news/20120111-OYT8T01240.htm

| じゅん | 2012/07/06 18:21 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。

素晴らしい活動だと思います。
いえ・・・活動がないのが一番なのですが
廃棄されていた事を思うと
沢山の人に命の大切さをわかってもらえるきっかけに
なっていくことを祈ります。

ショールームの華やかさの裏で苦しい現実があることを
全国の学校で教えて欲しいです。
これからの時代の子供から大切な命の教育ですね。

| kinnogoma | 2012/07/07 01:58 | URL |

Re: 高校生たち、ありがとう。

> じゅんさんへ

コメント有難うございます。
お返事が遅くなり、すいません。

リンクの記事、読ませて頂きました。

センター勤めの方も元々自分で志願して行く訳ではないんですよね。

殺処分に関わっていた人から「殺処分が間違っている」って声があがるのは心強く感じます。

「命の授業」で何かを感じてくれた子供たちが、この間違いを正そうと思ってくれると信じます。

| ぐーパパ | 2012/07/08 23:55 | URL |

Re: タイトルなし

> kinnogomaさんへ。

こんばんは。
コメント有難うございます。

そうですね。
この子たちの活動は必ず人の心を動かすものだと思います。

ただ、あんな残酷な殺処分をまだ知らない人に知って貰う為に、こんな風に特別な事をしないと伝わらないと言う状況はおかしいんですよね。

「命の授業」は、他のどんな授業よりも大事で、まず人がちゃんと理解していなくてはいけない授業だと思います。
kinnogomaさんの言われるように、全国の学校で実施して欲しいです。

今はテレビやゲームで命を奪う事が簡単に行われている為に、どうしても命の重さが希薄になりつつあります。
そこを親や学校がちゃんとサポートすべきだと考えます。

| ぐーパパ | 2012/07/09 00:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1166-773f4e68

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。