PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【しっぽの気持ち】

このページでは、私が好きな作家の「渡辺 眞子さん」について掲載します。

渡辺眞子さんは、動物に関する書籍を発行されています。
捨て犬猫や殺処分がテーマとなっている場合でも、公平さを失わず、事実が淡々と書き進められています。

●毎日新聞掲載 しっぽの気持ち●

2009年10月20日 不幸な事故、なくすために
2009年11月03日 外来生物を飼うということ
2009年11月17日 「商品」は幼い命
2009年12月01日 ガス室の不条理
2009年12月15日 「ドッグシェルター」の取り組み
2009年12月29日 一人の意識が変わることから

2010年01月12日 「しつけ」に悪戦苦闘する前に
2010年01月26日 見えない敵と闘う
2010年02月09日 私にできることは
2010年02月23日 盲導犬を見かけたら
2010年03月09日 ボランティアがつなぐ命
2010年03月30日 人と犬の間の深い絆
2010年04月22日 つながり、支え合う命
2010年05月27日 命を救うリレー
2010年06月24日 個人ができることは無限大
2010年07月22日 老いも死も共に
2010年08月26日 隣り合わせに生きる者へ
2010年09月23日 変わる殺処分の現場
2010年09月26日 歯のケアをおろそかにしないで
2010年11月23日 真の「地域猫活動」とは
2010年12月21日 成犬を救う努力

2011年01月18日 流行に惑わされないように
2011年02月15日 愛する人を失ったとき
2011年11月01日 動物たちは助けを待っている
2011年11月29日 動物たちに快適な環境を
2011年12月27日 愛する誰かに寄り添って


●書籍●

捨てないで!殺さないで!日本では年間65万頭もの、何も罪のない犬や猫の命が失われています。この現実を見つめ直す旅を、どうぞ、ご一緒に。ペットブームの陰のタブー、「殺処分」問題を真正面から捉えた衝撃の書。
2000年1月発行



ベストセラー『捨て犬を救う街』の著者が、犬や猫を救う人々を訪ねた感動のルポ!犬や猫を愛し、人間を愛する人へ、「65万頭の犬猫の命を救うシリーズ」第3弾。
2000年11月発行



ペットを亡くした読者に捧ぐ、著者渾身の涙のエッセイ。
2001年8月発行



カバー写真の子犬、巻頭写真の子犬たち。みんな保健所などに収容された子犬たちです。犬だけでなく猫もたくさん収容されます。これらの施設では責任を持って育ててくれる人たちに譲渡を斡旋しています。それでも年間五十三万頭もの罪のない犬猫が殺処分されているのです。こうした不幸な犬猫を一頭でも減らすために踏み出した著者の、希望を見つけるための旅。
2002年12月



トラックが激しく行き交う産業道路で子猫を救う人がいます。保護管理施設で、譲渡を待つ子犬をシャンプーする人がいます。交通事故で後ろ足を無くした犬に車いすを作って世話する人がいます。一匹を救えた喜びは「救えなかった命の多さ」にかき消されてしまうけど、目の前のこの「小さな命」を救わなければ何も始まらない。そして、救うだけでは問題は解決しないのだと、真摯に訴える「小さな救う手」を持つ人たち。その活動を丁寧に語り描いた、あなたの心に問いかける一冊。
2004年11月発行



宝物だった愛犬に死なれて、悲しみから立ち直れないでいた著者の下にそれは突然やってきた!一匹のちっぽけで病弱なトイプードル。食欲不振、原因不明のかゆみ、寄生虫、脱走劇、獣医師探し…。めげてなんていられない、次々と湧き起こるトラブルを乗り越えて、一人と一匹ぜったい幸せになってみせる!飼い主なら誰もが思い当たる「困った」に、自らの体験を基にしたアドバイスが満載。
2006年9月発行



共同通信社より30回に渡り、全国の地方紙に掲載された『いつもいっしょに ペットとのくらし』を大幅に加筆修正し収録。
2007年5月発行



あなたの想いが届けば、きっとこの子たちを新しい家族が迎えてくれるでしょう。年間10万頭もの「処分」される犬たちを1頭でも多く救っていきたい─あなたができる、犬たちを救う11の方法。
2010年2月発行



人と犬の織りなすドラマのような、映画のような10のリアルストーリー。あたたかい涙が頬をつたうとき、うちのコがもっと愛しくなる。
2010年3月発行



宝物だった愛犬をなくし、失意の中にいた著者の下にやってきた1匹の子犬。原因不明のかゆみ、寄生虫、獣医歯科探し…。わき起こる数々のトラブルのために奔走する著者だったが…。「幸福な犬とは、幸福な飼い主と暮らすことができた犬だ」穏やかにあなたを見上げるまっ直ぐな瞳が教えてくれること。あなたの犬は、猫は、しっぽのある小さな家族は幸せですか?感動エッセイ。
2010年4月発行





ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので
よろしければポチッとお願いします。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

関連記事

| メイン | 08:13 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ロレックス

ロレックス [url=http://www.michaelkorsppeerror.asia/]ロレックス[/url] <a href="http://www.michaelkorsppeerror.asia/" title="ロレックス">ロレックス</a>

| http://www.michaelkorsppeerror.asia/ | 2013/07/26 17:34 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/117-fd1c21fa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。