PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 犬と一緒に育つ赤ちゃんは病気に強い、研究

AFPBB News 2012年07月09日

 元記事:http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2888706/9232654?ctm_campaign=txt_topics

 犬が飼われている家庭で育つ赤ちゃんは、感染症や呼吸器疾患にかかるリスクが減るとの調査結果が、9日の米小児科専門誌「ピディアトリクス(Pediatrics)」に掲載された。

 論文ではこの理由について詳しく説明していないが、毎日ある程度の時間を屋外で過ごす犬が周りにいることで、生後1年内の赤ちゃんの免疫力が高まる可能性があるとしている。

 猫でも同様の可能性が示されたが、その効果は犬より弱いようだ。

 フィンランドのクオピオ大学病院(Kuopio University Hospital)が行ったこの調査は、親が生後9~52週目に健康記録を取り続けた子ども397人を対象に行われた。

 その結果、犬や猫が飼われている家庭の赤ちゃんは、せき、喘鳴(ぜんめい)、鼻炎などの感染性呼吸器疾患にかかる確率が約30%低く、また耳の感染症にかかる確率も約半分だった。

 研究チームは、「動物との接触が免疫系の発達を助けることで、より整った免疫反応をもたらし、感染期間を短縮させるのではないか」と推論している。

 調査では、感染リスクの上昇が考えられる要因(母親による授乳や保育施設の利用、さらには親の喫煙や喘息など)を排除しても、犬のいる家庭で育つ赤ちゃんで感染症を発症する確率が著しく減少したことが確認された。また抗生物質の投与回数も少なかったという。

 先行研究では、ペットが子どもに与える恩恵についての意見が別れていた。恩恵などないとするものが存在する一方で、動物との接触が風邪や胃腸疾患を予防するとしたものなど、相反するものが見られた。

 研究チームは、今回の調査が出生後すぐの乳児のみを対象とした点で、先行研究とは異なっているとしている。



子供が産まれるから犬や猫を手放すように言われた人は、この研究結果で反論して下さい。



ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

8週齢未満で親から引き離された子犬子猫には、
健康面や社会化の面で問題が発生すると言われています。
その問題が原因となって捨てられたり殺処分される犬猫が少なくありません。
今年行われる動物愛護法の改正で、
8週齢になるまでは親から引き離さないよう規制される事を願っています。

そうにゃんだ!」のにゃんとらさん作成のバナーです。
リンク先では、バナー拡散をお願いされています。是非、ご協力お願い致します。
8syu_b_main_M3

全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細はバナーをクリックして下さい。
全ての生命を尊ぶ会 里親募集バナー

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細はバナーをクリックして下さい。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー

関連記事

| 報道 | 02:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

先人の知恵は正しい事も多くありますが
間違いもかなりありますね。

幼い頃、犬を拾ってきて「捨ててきなさい」と言われて
泣きながら元の場所に置いて来た経験があります。

最初の犬を家の中で飼う事になった時も実家で
「家にあげるな!」と言われ今でも悲しい思い出です。
今は私よりベタ惚れですけどね・・・勝手ですね・・・^^

親もその又親に間違った教育をされたのでしょう。

免疫もそうですが 情操教育にもどれだけ動物が貢献しているか・・
飼わない方々には理解できない事ですけど。

日本はあまりにも綺麗すぎてアレルギーが出るんですよね。
自己免疫は食事からも原因があり
出来るだけ肉食を控えると体内改善になる為
あらゆる良い変化が起きます。

知らない人には現実を早く知って欲しいですね。

| kingoma41235 | 2012/07/14 00:17 | URL |

Re: タイトルなし

> kingoma41235さん

私も同じような経験があります。
私の場合は高校生くらいだったので、父親と殴りあいの喧嘩になりましたが...

情操教育の面では確実に良い影響がありますよね。
おっしゃる通り、飼わない人には理解出来ないのが残念です。

食事についてもそうですね。
肉食をしないと言う事がどんな変化を与えてくれるか。
やった人でないと理解出来ない。

なんとかうまく伝える方法がないものでしょうか。

| ぐーパパ | 2012/07/17 04:59 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1170-9928e9d7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。