PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] ペット悩む被災者 /熊本

朝日新聞 2012年07月17日

 元記事:http://mytown.asahi.com/kumamoto/news.php?k_id=44000001207170001

 阿蘇市内の避難所では、被災者が水害から逃れたペットの扱いにも頭を悩ませている

 避難所になっている同市一の宮町宮地の市立一の宮中学校の体育館。入り口脇のケージ内で、茶色の雄猫と灰色の子猫がじゃれあっていた。

 飼い主の岩下美由紀さん(42)=同市一の宮町北高梨=の自宅には、12日朝、家に土砂が入り込んだ。猫と2階に上がり、水が引くのを待った。雄猫は体をこわばらせ、1階に降りるのを嫌がったが、2匹ともバッグに入れ避難した。

 猫嫌いの人がいたら迷惑かと思ったが、避難所では子どもから大人まで大人気だ。2匹が脱走したときは、大雨の中、子どもらが一緒に探し出してくれた。

 同じ避難所では連れてきた犬を車で飼ったり、やむを得ず自宅に残してきたりした人もいるという。気がかりなのは避難所から出た後のことだ。「ペットが入れる賃貸住宅はほとんどない。ケージ暮らしだと猫もストレスがたまってしまう」

 同市一の宮町北坂梨の上野さゆりさん(43)はマルチーズ犬を飼っていたが、ほえるので避難所には連れて行けないと思い、親類にあずけて避難所で暮らしている。「一緒に住める場所はあるのだろうか」と心配そうに話した。

ペット悩む被災者





阿蘇市では災害時の同伴避難について何も決まっていなかったのでしょうか。

それともやっぱり動物嫌いな人への遠慮が出てしまうのでしょうか。

いくら法整備がされたとしても、人と人との問題があるなら、やっぱり同伴避難は難しい。

「ペットも家族なんです」

そう訴えても、ペットと暮らした事が無い人には理解して貰えない。

ペットと真剣に向き合って暮らしている人にとって、

「ペットを置き去りにしろ」は「子供を置き去りにしろ」とほとんど同じです。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

8週齢未満で親から引き離された子犬子猫には、
健康面や社会化の面で問題が発生すると言われています。
その問題が原因となって捨てられたり殺処分される犬猫が少なくありません。
今年行われる動物愛護法の改正で、
8週齢になるまでは親から引き離さないよう規制される事を願っています。

そうにゃんだ!」のにゃんとらさん作成のバナーです。
リンク先では、バナー拡散をお願いされています。是非、ご協力お願い致します。
8syu_b_main_M3

全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細はバナーをクリックして下さい。
全ての生命を尊ぶ会 里親募集バナー

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細はバナーをクリックして下さい。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー

関連記事

| 報道 | 00:44 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おはようございます。

そうですね
動物を飼っている人は形の違う家族ですもんね・・・
私だったら 自分も大切ですが家族も大切
悲しくて置いていけないです。

早く動物への認知度が高まりますよう願うばかりです。
この国も世論の力で動かさないと政府は動かないのでしょうね・・。

いつも貴重な記事を読ませて頂き
世間の流れを知る事が出来て感謝しています。

| kingoma41235 | 2012/07/18 09:33 | URL |

次々と・・・

東北のペットたちもまだまだ動向が決まらないと言うのに、次々と災害が起こり、この日本はどうなってしまうのか…
世界中で破壊してきた自然が怒っている気がします。
自然は相手を選ばず壊してしまいますから本当に怖いですね。
次は自分たちに災難が起こらないとも限りません。
ペットの事、どうやって守るか、考えなければなりませんが、私には解りません。。

| Sママ | 2012/07/18 20:42 | URL | ≫ EDIT

おはようございます

コメントお久しぶりになってしまい、ごめんなさいです。

被災した時、わんにゃんと無事一緒に避難できるのか…これは心の中でいつも考える心配事です。そして、無事連れ出せても今度は一緒に暮らす場所がない。
動物も一緒に暮らせる場所を確保する配慮というのは、今のこの国には欠けていますね。
避難所の隣に、動物たちも暮らせる場所を確保して欲しい。
人間が大変な状況なのに、動物、犬猫なんかは二の次どころか眼中にない ということでしょうかね。

この考え方が野蛮な気がします。
心を大切にできない時代…というか国民性なんでしょうか。
悲しいけど、諦めたくないです。

| aries327 | 2012/07/19 08:11 | URL |

Re: タイトルなし

> kingoma41235さん

こんばんは。
いつもコメント有難うございます。

もちろんです。
置いて行くなんて絶対出来ないです。

避難所にしても住宅にしても、いつもペットが足枷になってしまうなんて悲しすぎます。

早く当たり前のように受け入れてくれる世の中にしたいです。

| ぐーパパ | 2012/07/20 00:55 | URL |

Re: 次々と・・・

> Sママさんへ

コメント有難うございます。

災害時にペットをどう守るか。
私も色々と悩んでいます。

他県の親戚に話を通しておく。
犬猫の食料はストックをダンボールに入れて、
すぐに車に運べるように玄関に置いています。

後はキャリーに慣れさせるとかあるのですが、
家の子たちはキャリー=病院と思っているのか、
キャリーを見ると逃げるので、慣れさせるとは
程遠い状態です。

| ぐーパパ | 2012/07/20 04:39 | URL |

Re: おはようございます

> aries327さんへ

おはようございます。
お忙しいのにコメント有難うございます。

まったくです。
国が動物への配慮が欠けた事をするから、
国民にも動物への配慮が欠けた人が多くなるんです。

多数決で負けたから自分のペットを見捨てた、
そんな選択にはなりたくありません。

| ぐーパパ | 2012/07/20 04:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1171-c5a58c95

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。