PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] おうちに帰ろう 死んだ子イルカを背中に乗せ海へ帰るイルカに感動の声

ロケットニュース24 2012年07月18日

 元記事:http://rocketnews24.com/2012/07/18/231388/

2012-07-17_154514


来ていた観光客が偶然見つけたものだという。

体長3メートルはあろうかというイルカが、1.5メートルほどの子どものイルカを背負って泳いでいるのが発見された。近づいて見てみると、子イルカの腹には大きな穴が開いて出血していた。血はすでに黒くかたまり、死んでいることがすぐにわかったという。イルカは死んだ仲間を背負って泳いでいたのだ。

この日、海は風と波が強く、背中に乗ったイルカは、何度も滑り落ちそうになっていた。その度に大人のイルカは頭を上げて体を建て直し、子どものイルカが落ちないようにゆっくりと泳ぎ、海へと消えていったそうだ。
 
この画像には

「感動した……」
「泣けてきた」
「これが愛情だ」
「動物が当たり前にできることが、人間ができなくなっているなんて」
「人が動物より優れているなんて誰が言ったんだよ」
「イルカの方が良心があるよ」
「人類は反省しなきゃいけないと思った」
「次、生まれ変わるなら人ではなくイルカになりたい」

というコメントが寄せられている。
 
クルージング船を操縦していた男性は「話には聞いていたが、こんな光景は初めて見た。イルカは仲間を見捨てられないんだなぁ……どこに帰って行ったんだろうなぁ」と話しているそうだ。 

世界中で、人が起こす悲しい事件が後を絶たない。この仲間を思うイルカの姿からは人類は学ぶところがあるのではないだろうか。

2012-07-17_154458
2012-07-17_154424
2012-07-17_154439





イルカもクジラも感情を持ち、愛情を持ち、暮らしている生き物。

人間にそれを邪魔する権利も、その命を奪う権利もありません。

調査、頭数制限、文化。

この記事のように愛情深いイルカがそんな理由で殺されている事をご存知でしょうか。

それもかなり残酷な方法で。

ヘルプアニマルズ  イルカ漁(猟)
 http://www.all-creatures.org/ha/saveDolphins/saveWhaleDolphin.html

 ※リンクをクリックするとホームページが表示されると同時に、
  漁としてイルカが殺されている動画が再生されます。

  出来れば見て頂きたいと思いますが、自己責任でお願いします。


  イルカに対して人間が行っている現実です。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

8週齢未満で親から引き離された子犬子猫には、
健康面や社会化の面で問題が発生すると言われています。
その問題が原因となって捨てられたり殺処分される犬猫が少なくありません。
今年行われる動物愛護法の改正で、
8週齢になるまでは親から引き離さないよう規制される事を願っています。

そうにゃんだ!」のにゃんとらさん作成のバナーです。
リンク先では、バナー拡散をお願いされています。是非、ご協力お願い致します。
8syu_b_main_M3

全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細はバナーをクリックして下さい。
全ての生命を尊ぶ会 里親募集バナー

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細はバナーをクリックして下さい。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー

関連記事

| 報道 | 06:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おはよございます
京都は今すごい雨が降っていますよ~
この映像にとても感動しました。

京都にも水族館が出来てからお客さんが
「イルカ可愛かったよ~」と言われる度に
笑顔で対応しながらも心が痛みます。
”イルカもおうちに帰りたいだろうに・・・・”と。

イルカに限らず
たんぱく質は人体にはとても必要な食材ですが
動物にそれを求めなくても食材は豊富にありますもんね。
また人類の英知を持ってすれば簡単に代用品は作れるのに
本物・偽者で分けられている現実は悲しいですね。

和歌山県勝浦での漁の光景は壮絶です。
私が見たのは真っ赤な海で漁後の湾でした。

| kingoma41235 | 2012/07/21 12:28 | URL |

Re: タイトルなし

> kingoma41235さんへ

おはようございます。
最近、あちこちですごい雨が振りますね。

たぶん普通の人は、イルカがどんな経緯を経て水族館に来るのか、知らないでしょうね。
私もそうだったし。

そしてそんな人たちは、色んな生き物を犠牲にして自分の生活が成り立っている事にも気付いていない。
私もそうでした。

動物を犠牲にして成り立っている食事、娯楽、文化の裏側を全て公表して、その裏側を知ってもまだそれを続けたい人は続ければいい。
そう思います。

きっと裏側を知った大多数の人は、その行為に対して反対してくれると信じています。
その上で、kingoma41235さんが言われているように簡単に代用品を作り出す事が出来ると思います。

人間が動物の犠牲をなくそうって本気で思えば。

| ぐーパパ | 2012/07/22 06:45 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1173-bd5e83b2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。