PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 人と動物との共生 /新潟

毎日新聞 2012年08月01日

 元記事:http://mainichi.jp/area/niigata/news/20120801ddlk15070043000c.html

 5年前に山形県米沢市に勤務していた時、盲導犬の取材を通じて飲食店を経営する女性店主と知り合った。店主は動物好きで、飼い主が手放した犬や猫を保護しては、自宅で世話をしていた。猫に至っては50匹を超え、建屋1棟が猫屋敷となるほどだった。全てにワクチン接種や不妊・去勢手術をしており、家計的負担は大きかったはずだが、「一番可哀そうなのは、この子(犬・猫)たち。保健所に行っても殺処分されるだけだから」と意に介さなかった。

 今年4月、長岡市に県動物愛護センターがオープンし、取材した。犬・猫の健康を考え、冷暖房や治療室、トリミング室などを備えたのが特徴だ。「動物福祉」をうたっているだけに、同センターでは殺処分はしない。これが全国に広がれば、店主のような人は助かるのにと思った。

 県は動物の殺処分ゼロを目指している。そのためには、ボランティア団体などと連携した不妊・去勢手術の普及や、動物愛護の啓蒙(けいもう)が必要だ。

 今は夏休み。同センターでは犬・猫の譲渡もしているので、家族と訪れ、人と動物との共生について考えてみるのはどうだろうか。



ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

8週齢未満で親から引き離された子犬子猫には、
健康面や社会化の面で問題が発生すると言われています。
その問題が原因となって捨てられたり殺処分される犬猫が少なくありません。
今年行われる動物愛護法の改正で、
8週齢になるまでは親から引き離さないよう規制される事を願っています。

そうにゃんだ!」のにゃんとらさん作成のバナーです。
リンク先では、バナー拡散をお願いされています。是非、ご協力お願い致します。
8syu_b_main_M3

全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細はバナーをクリックして下さい。
全ての生命を尊ぶ会 里親募集バナー

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細はバナーをクリックして下さい。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー

関連記事

| 報道 | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1194-8bc8029e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。