PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 「知らない」飼い主が 8割以上!!自治体によって避難所の規制があり、ペットとの同行避難が不可能な場合も

PRTIMES 2012年08月23日

 元記事:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000004246.html

 T&D保険グループのペット&ファミリー少額短期保険株式会社(東京都文京区、代表取締役社長:日下部 明)は、9月1日の『防災の日』にちなんで、ペットを飼っている20~70代の男女1,230人を対象に、『ペットの防災対策意識調査』(インターネット調査)を実施しました。

 『各自治体が指定する避難所はペットと同行避難できるかご存知ですか?』と質問をしたところ8割以上(84.3%)の飼い主が「知らない」と回答しており、災害時における避難所等の規制に対してほとんどの飼い主が知らずにいるという驚きの結果に。また、災害時のペットの預け先に関しても「家族や親戚」(26.9%)、「ペットホテルや動物病院」(18.0%)などの意見があるものの、「わからない」(43.7%)と回答している方が5割近くいることから、飼い主自身が災害時の行動に対して迷いを持つと共に、正確な情報が不足しているということが分かりました。

 更に、『ペットの防災に関して不安なことはありますか?』という質問に対しては、「とても神経質な子(犬)なので、地震が起きた時にパニックを起こさないかいつも心配です」や「我が家の犬は老犬のため、自分で歩くことが困難です。避難をする際、自分が抱えて一緒に避難できるかどうか一番の悩みです」など災害が起きた瞬間の対応について不安を感じている飼い主もいれば、「一緒に暮らしている私達にとってペットは家族なのですが、他人にとってはただの犬猫でしかありません。避難所で邪魔だと思われてしまうのでは…」や「避難後の環境の変化や食事の変化により、ペットの体調が悪くなった時、どうしたらよいのでしょうか」など、災害後の生活について不安を抱えている方も多くいることがうかがえます。

 ペットは災害時に人間以上に予測できない行動をとることが考えられます。大切なのは、日常から災害時のことを想定して対策を行うことです。9月1日の『防災の日』をひとつのきっかけに、飼い主自身が正確な情報をしっかりと得て、いつ災害が起きてもあせらずに安心して避難ができるよう事前の準備をこころがけていきましょう。



ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

8週齢未満で親から引き離された子犬子猫には、
健康面や社会化の面で問題が発生すると言われています。
その問題が原因となって捨てられたり殺処分される犬猫が少なくありません。
今年行われる動物愛護法の改正で、
8週齢になるまでは親から引き離さないよう規制される事を願っています。

そうにゃんだ!」のにゃんとらさん作成のバナーです。
リンク先では、バナー拡散をお願いされています。是非、ご協力お願い致します。
8syu_b_main_M3

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細はバナーをクリックして下さい。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー

関連記事

| 報道 | 01:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1238-12a755d0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。