PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 犬猫の殺処分が大幅減 県内保健所11年度 /岩手

 県内の保健所で、犬猫の引き取り数と殺処分数が大幅に減少している。2011年度の犬の引き取り数(捕獲含む)は03年度比69・5%減、殺処分数は同80・2%減、猫の引き取り数は同55・7%減、殺処分数は同57・8%減。飼い主らに動物愛護の風潮が広がっているためとみられる。盛岡市は猫との共生を目指す独自対策も展開。動物愛護の醸成は一朝一夕にいかず、支援の輪を広げて息の長い活動にすることが大切だ。

 県県民くらしの安全課によると、11年度の犬の引き取り数は638匹(03年度比1447匹減)、猫は1746匹(同2190匹減)。殺処分数は、犬360匹(同1455匹減)、猫1657匹(同2263匹減)。同課の阿部太樹技師は「ペットを室内で飼う家庭が増え、家族の一員という意識に変わってきた」と指摘する。

 一方、11年度の殺処分率は犬56・4%(同30・7ポイント減)に対し、猫94・9%(同4・7ポイント減)。猫はいったん引き取られると、大半が殺処分される。懐きづらく、譲渡相手がなかなか見つからないためという。

岩手日報 2012年9月23日


関連記事

| 報道 | 02:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1265-090b1e64

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。