PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ペットの災害対策、どうすれば… 専門家に聞く /兵庫

 いまや、人間の家族同然の存在になっているペット。兵庫県姫路市内には犬猫合わせて約12万匹が飼育されているとされる。東南海・南海地震や山崎断層地震が懸念される中、ペットの災害対策はどうすればいいのか。同市動物管理センター(同市東郷町)に聞いた。

 同センターによると、阪神・淡路大震災で被災した動物は犬4300頭、猫5000匹(推定)。東日本大震災では原発事故で避難区域が発生し、今も犬や猫の保護が続いているという。

 ペットの災害対策でまず大切なのは、離ればなれになっても飼い主が分かるよう首輪や迷子札に名前と連絡先を書いておくこと。屋内で飼っていても外へ出る可能性はあるので、首輪を付けたりマイクロチップを入れたりする必要がある。

 次に、ケージに慣れさせる、人を怖がったりかんだりしない‐など基本的なしつけをしておくことも大切だ。犬の場合、人をかむと保護しづらくなる。また、避難所で一緒に暮らせても、人を怖がる動物は集団生活になじみにくいという。

 人間の備蓄品に加え、ペット用品もそろえておくといい。優先順位は水や食料など命に関わる物▽かかりつけの動物病院や健康状態などの情報▽タオルやブラシ、おもちゃなどペット用品‐となる。特にペットの写真を持っておくと、ポスター作成や飼い主の特定に役立つという。

 一緒に避難できなかった時のために、同センターは9月、動物が屋内にいることを示す「エマージェンシー シール」を作り、イベントなどで配布している。ペットがいることを表示することで、救助隊に場所を知らせ、日頃から防災意識を高めてもらおうと考える。

 同センターの獣医師、今田吉隆さん(30)は「非常時は人命優先になりがちだが、大切な家族の一員として、ペットのことも考えてみては」と話す。同センターTEL079・281・9741

神戸新聞 2012年9月28日 9時20分




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

里親募集
岡山県で犬との暮らしをご検討中の方が居られましたら、是非お願いします。
そうにゃんだ 山の仔犬  バナー

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー


関連記事

| 報道 | 01:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1276-92bd2980

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。