PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 子猫・子犬 親との時間を長く

 初めて来院したミニチュアダックスのチョコ。その名の通りチョコクリーム色の毛並みだが、口の周りの毛色が周辺より薄い。「差し毛」といって、けがや化膿(かのう)で毛が抜けた時に生えてくるが、ぐるりと口を囲むような生え方は珍しい。ひょっとして口を縛られた跡なのではと思い、飼い主にそれとなく尋ねた。

 「娘の犬なんですけどね、この子が鳴くのでねぇ。それで口をくくったと聞きました……」と涙ぐんだ。

 無駄ぼえや噛(か)むといった問題行動が手に負えず、飼い主が処分施設に持ち込む。そんな話が後を絶たない。犬と猫の殺処分は年間20万匹に上る。

 動物愛護法の改正が、そんな不幸な犬や猫の減少につながるかもしれない。生後56日までの生体の販売を禁じる規制が新たに盛り込まれるのだ。

 子猫や子犬は生後2カ月程度を親やきょうだいと一緒に過ごすことで、社会性のある子に育つと言われる。社会性が十分身につかないとしつけしづらく、攻撃的で、問題行動を起こす子も出てくる。

 だが、ペットショップで人気なのは生後2カ月に満たない幼い子たちだ。効果が期待される法改正だが、販売規制は当面の間、生後45日に短縮される。ペット業界への配慮と言われる。法改正の行く末を見守りたい。

 幸いなことに、冒頭のチョコは新たな飼い主が見つかった。今度こそ幸せになってね、と送り出した。

朝日新聞 2012年10月3日




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

里親募集
岡山県で犬との暮らしをご検討中の方が居られましたら、是非お願いします。
そうにゃんだ 山の仔犬  バナー

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー



関連記事

| 報道 | 00:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1291-568f664c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。