PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] どうすれば安全安心:高齢化する犬の介護 大切な「家族」最高の最期を

◇専門病院ホームを利用/飼い主も無理は禁物/安楽死に抵抗感強く

 犬が長生きになった。90年代ごろまでは10歳といわれた平均寿命が今や14〜15歳、人で換算すると100歳まで生きる。感染症対策が浸透し、栄養のある餌を食べ、人並みの医療を受けられるようになったためだ。その分、飼い主はどう世話をするかが問われる。老犬介護の現場に足を運んだ。

 東京在住の作家、赤瀬川原平さん(75)と妻尚子さんは、雑種犬のニナを17歳で見送った。晩年の3年間は後ろ脚が立たず、寝たきり。体重20キロのニナを何度も運ぶうち、尚子さんが腰を痛めてしまった。「元気な頃を思い出し、複雑でした。でも、生きているだけでいいと思って」と尚子さん。「僕の手をそっとかむのがいじらしくてね。犬は頭がいいから、こちらの気持ちなど、こまかいことがわかるんですよ」と赤瀬川さんは愛犬の面影をしのんだ。

 「昔は寝つくとすぐに死んだが、今は長いと3年は生きる。『もういいのでは』と獣医が思っても、飼い主が『できる限り』と延命を求める例が多い」。帝京科学大総合教育センターの石田〓(おさむ)特任教授は言う。

 犬の介護を手伝う施設がある。横浜市青葉区の「キュティア老犬クリニック」を訪ねると、14歳の柴犬(しばいぬ)、ヒカルが整体を受けていた。普段は人間をみるプロの整体師が背中などを1時間かけてマッサージする。飼い主の武田典子さんは「1年半前のけがをきっかけに寝たきりになり、今ではほとんど反応しなくなりました。でもここでは心地よさそう」。

 猪熊洋文社長は「15、16歳になると動物病院は『年だから』と診なくなることが多いが、飼い主には『また元気な姿を見たい』という思いが強く、老犬専門の院を開いた」と話す。犬は後ろ脚から衰える。このため「ハーネス(歩行支持器)や車椅子を提供し、グルコサミン、コンドロイチン、コラーゲンなどを投与して脚力の維持を図ります。介護に疲れた飼い主を励ますのも、私たちの役目の一つですね」。

 老犬ホームもある。東京・板橋の「老犬本舗」では5匹が2人の職員の介護を受けていた。オムツ姿の16歳の柴犬、コテツは必死に歩こうとし、男性職員がリハビリを手伝う。動物介護士(民間認定)の川口美恵さんが、「困っている飼い主のために」と昨年6月に開き、約40匹をみてきた。親が老犬の世話で苦労する姿を見たのがきっかけだった。

 「高齢者や主婦が近所に『夜鳴きがうるさい』と言われ、家族の支えもなく疲れ、『助けて』と頼んでくることが多い」。介護のトラブルが原因で離婚を考えている人の相談なども受ける。「入院で飼えなくなった高齢の飼い主さんは、仮退院のたびに来られるし、終身預かりの犬の飼い主も2週間に1度、好物や1錠500円もするぼけ防止のサプリメントを手に見舞いに来る。皆さん、本当に愛情が深い」と川口さん。

 料金は、犬の大きさや期間に応じ1泊3000〜7000円。長期の場合、中型犬で月額約10万円だが、異臭のない清潔な部屋での完全介護を思えば高くはない。

 飼い主が介護を担えず、安楽死も選べない場合は、都道府県の動物愛護相談センターに引き渡されることもある。ただし東京都センターの佐竹浩之業務係長は「犬の老化は、原則的には引き取りのやむを得ない理由には当たらない」とくぎを刺す。実際、老犬の持ち込みは少なく、飼い主の高齢化が理由のケースが全体の4割を占める。

 都センターに保護された犬は週平均2、3人の飼育希望者や約30ある愛犬団体に渡されるか、小学校などを回る模範犬になるという。ブルテリアなど名犬約9種は愛犬クラブに引き取ってもらえる一方、高齢犬は殺処分となる可能性が高い。受け入れ数自体は91年の約9800匹が10年には約1200匹と激減しているものの、こうした現実があることも飼い主は知っておきたい。

 犬を「家族」と考える人は91年には35%だったが、01年には83%に。「特に日本は、欧米に比べて安楽死への抵抗感が強く、寝たきりの犬が増えるのは必然です」と石田さん。赤瀬川さんも「やはり安楽死は選べなかった」と振り返る。

 犬は人間の顔色をうかがう点では最も優れた動物で、飼い主の目配せや指さしがあると、チンパンジー以上の学習能力を発揮する。飼い主が「寝たきりは困る」「もう面倒を見るのはつらい」と感じれば、敏感に察知するのだろうか。「伝わらないとは言えないでしょうね。犬は接し方がよそよそしくなったりすると、すぐわかりますから」。動物の認知能力が専門の長谷川寿一東京大教授(教養学部長)はそう指摘する。

 元気で長生き、やがてポックリが望ましいのは当然だが、そうならなくても最期まで向き合いたい。大切な人生のつれ合いだから。

 ◇アルツハイマーが増加

 スペインのバルセロナで7月に開かれた第3回国際犬学会では、犬のアルツハイマー病の研究報告が一気に増えたと、参加した長谷川寿一東大教授は話す。「ぼけのパターンや、脳萎縮との関係などが研究の焦点で、いずれ人間の認知症研究にも応用されるでしょう」。教授が飼う8歳の大型プードル、菊丸も「若い頃は相手構わず人、犬と仲良くなれたのに、年と共に頑固、意固地になり、嫌な相手にほえるようになった」。認知症の兆候は(1)異常な食い意地(2)好奇心減退(3)動作緩慢(4)無駄ぼえ(4)旋回歩行(5)失禁(6)夜鳴き(7)学習能力低下(8)昼夜逆転−−など。臨床例などから柴犬などの日本犬はぼけやすいといわれる。その理由として▽東洋犬特有の遺伝▽魚中心からドッグフードへの食生活の変化−−などの仮説があるが、原因は突き止められていない。

毎日新聞 2012年10月04日




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

里親募集
岡山県で犬との暮らしをご検討中の方が居られましたら、是非お願いします。
そうにゃんだ 山の仔犬  バナー

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー




関連記事

| 報道 | 06:27 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ぐーパパさんお久しぶりです。

この記事読みながら、ジョン君の事を思い出し涙しました。
苦しくて、愛しくて、切ない介護生活でした。

いろいろ思う所はあるけれど、記事にあるような、安心して預けられる施設がもっとたくさんあると、飼い主の休養が取れ、愛犬とも長くお付き合いができるのではないかなと思いました。

そして安楽死の勇気がないからといってセンターへ連れて行くのだけはやめてほしいです。愛しい家族が苦しんで死ぬことになるのですから。

| しょこママ | 2012/10/08 15:06 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

> しょこママさん

お久しぶりです。
コメント有難うございます。

人の場合も動物の場合も同じだと思いますが、
介護する側にも一旦その状況から離れられる時間って必要ですよね。

以前は愛護センターが何をする所か解らないで捨てに来る飼い主と、
何の説明もしないセンター職員の組み合わせで、他の飼い主を探してくれると
思ったままの飼い主が居るのかと思っていましたが、

このブログを初めて調べて見ると、再考を促す為にこの後どうなるかを
きちんと説明しても捨てる意思が変わらない飼い主がたくさん居る事を
知りました。老犬を捨てる人が居る事も知りました。

これまで一緒に暮らして来た間の記憶や愛情を全て捨ててしまえる人間が
居る事が怖いです。センターで処分されると解っていて持ち込み、
その後普通に生活出来る人間が居る事が怖いです。

| ぐーパパ | 2012/10/09 06:12 | URL |

こんばんは。
私も先住犬の事を思い出しました。

慢性腎臓病で発見から1週間という命でした・・。
長らくそれらしい兆候があったにもかかわらず
”仮病”と思っていた馬鹿な飼い主でした。

最後の1週間動物病院の待合室で毎日毎日涙が出て
何でもっと大切にしなかったのか・・・悔やんばかりでした。

最後のあまりの辛そうな姿に安楽死と言う選択をする前夜
私の手の中で大きな一声を発して息を引き取りました。

今でもお部屋には写真姿のジャックが沢山側にいてくれてます。

あれ?もしかして以前にもこのお話してましたっけ(笑)?
何度もしてたらすみません・・・。
私が健忘症になってますね^^

    動物は姿の違う家族

こう思ってる人が増えたのはネットが普及した
証拠でもありますね。
ぐーパパさんの記事はいつも命について考えさせてくるので
優しい気持ちになれます。

それと、表紙のお写真替えられたのですね。
あれ?ッと思いました。

ハスキーを見ると以前近所で虐待されてガリガリだった子
 (市役所に通報しましたが この子は亡くなり
  飼い主も転居されました)を 思い出してしまいますが、
こんなことが無いような世の中になりますように・・・。

| kingoma41235 | 2012/10/10 00:15 | URL |

Re: タイトルなし

> kingoma41235さん

おはようございます。

> 私が健忘症になってますね^^

大丈夫です。健忘症ではないですよ。
先住犬にジャック君が居た事は以前にお聞きしましたが、
亡くなった時の事は初めてお聞きしました。

> 最後のあまりの辛そうな姿に安楽死と言う選択をする前夜
> 私の手の中で大きな一声を発して息を引き取りました。

私がまだ学生の頃ですが、私も似たような経験があります。
苦しそうだから楽にしてあげたくて安楽死を選ぶのですが、
それを選ぶ事は悩んで悩んで決断するのですが、
その後には絶対後悔が残ると思いませんか?

家の子はそうさせたくなくて、そうなる前に逝ってくれたのではないか、
今ではそう思います。

よく知らない私が言うのも何ですが、
ジャック君もきっと同じ思いだったのではないでしょうか。

> それと、表紙のお写真替えられたのですね。

変える前の画像って最近も見えていたでしょうか?
だいぶ前からですが、私が自宅PCや会社PCや携帯で
このブログをみても画像部分はまっ白でした。

何で表示されなくなったのかわからないのですが、
まっ白は寂しいので何か別の画像に変えないとな~と思っていた所に、
Sabimamaさんの紹介でこの画像を知ったので使わせて頂きました。

残酷では無いけど、強く訴えかけている画像だと思い気に入っています。

| ぐーパパ | 2012/10/11 06:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1293-121473d2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。