PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 犬や猫の「保護施設」は強制収容所? 法案に動物愛好家が反発、トルコ

 イスタンブール(CNN) トルコの政府が野良犬や野良猫を集める施設の建設を盛り込んだ法案を提案したことに対し、動物愛護団体などが反発して各地で抗議活動を展開している。

 最大都市イスタンブール中心部で9月下旬に行われたデモ行進には、数千人が愛犬を連れて参加した。抗議行動に加わったテレビ番組司会者は「この法律のために何十万匹もの犬や猫や小動物が殺されるかもしれない。素晴らしい動物たちの声なき声を、私たちが代弁しなければならない」と訴える。

 愛犬家たちの念頭にあるのは、1910年に起きた「犬の大虐殺」事件だ。当時の政府はイスタンブール近代化の一環として、大量にいた野犬を狩り集めてマルマラ海の孤島に連れて行き、飢え死にさせた。

 この記憶が今でも新しい動物愛護活動家は、政府が今回の法案に盛り込んだ「自然生息公園」の実態は「強制収容所」になりかねないと危機感を募らせる。抗議活動はここ数週間で、イスタンブールからトルコ各地に広がった。

 法案によれば、自然生息公園は都市の郊外に建設し、保護施設に収容し切れない野良犬や野良猫を、里親が見つかるまで一時的に収容する。法案を推進する森林・水省では、その目的は飼い主のいない動物たちを保護することにあると強調。保護した動物はきちんと面倒を見て、餌を与え、快適な生活を保証すると説明している。野犬狩りなどを行う予定もないと強調した。

 しかしイスタンブールの動物愛護団体幹部を務める弁護士は、「法案には、飼い主に連れられていない動物を集めるという条項がある。つまり、例えば私の愛犬のように飼い主がいる場合でも、もし逃げ出して通りをうろついているところを見つかれば、狩り集められてしまうかもしれない」と危惧する。

 トルコの街角を歩くと至る所で犬や猫に遭遇する。イスタンブールでは、野良犬や野良猫の面倒を見ているカフェやバーも珍しくない。バーの客がアルコールを楽しむ隣で、猫がいすを占領してミルクを飲んでいたりする。精肉店や露店が近所の野良犬や野良猫に餌をやるのもごく普通の光景だ。

 イスタンブールのタクシム広場で露店を営む男性は、隣で秋の日差しを浴びて昼寝していた白い犬に、「こいつがそばにいてくれるとうれしい」と目を細めた。この男性は、最近、自分が餌を与えていた野良犬が少なくとも5匹、市の職員に連れていかれたと話し、「国が動物たちの面倒を見られる保証がないのなら、私たちが面倒を見る」と力を込める。

 なお、法案には動物虐待に対する罰則の強化も盛り込まれ、虐待して死なせた場合は2年以下、性的搾取に対しては1年以下の刑事罰を定めた。この条項については愛護団体からも異論は出ていない。

CNN.co.jp 2012年10月22日





ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村



動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

里親募集
岡山県で犬との暮らしをご検討中の方が居られましたら、是非お願いします。
そうにゃんだ 山の仔犬  バナー

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー


関連記事

| 報道 | 05:56 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

愛猫ムスリム国・Turkey

こんばんは。
日本人はムスリム(イスラム教徒)に関し、欧米人同様無知に基づく偏見を持っていると思います。
一般にアル・カイダの様な反欧米過激分子のイメージで「砂漠生まれの宗教らしく、非寛容で無妥協」な宗教と誤解されますが、信仰そのものは「平和と寛容」がベースなんですな、これが。
先日、パキスタンの部族地域で女子教育の自由を訴える女子中学生が銃撃される事件がありましたが、これは宗教の教え由来の行為などでは断じてなく、「封建的な部族社会の暗黙の掟」由来の狼藉です。ただ政府は部族地域に法治ルールを敷く事ままならず、それが彼の地の発展を妨げ私刑というテロを野放しにしています。
話を戻しますが、トルコは猫に優しい国だと良く云われますね。公園や墓地など緑と人の多い場所には必ず猫の姿がありますしね。無論、須らく猫が好きな人ばかり、なんてワケはありませんが、トルコはシンガポールやイタリアと並んでつとに有名です。

| tunafishermann | 2012/11/03 02:55 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/11/03 03:14 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/11/03 03:36 | |

Re: 愛猫ムスリム国・Turkey

> tunafishermannさんへ

こんばんは。
コメント有難う御座います。

tunafishermannさんは本当に色んな事をご存知ですね。
毎回勉強になります。

私は宗教と言うものに全く興味が無い人間なのでよく分かりませんが、
動物の事でこれだけ立ち上がる人が居るのが羨ましく思いました。

日本人の意識がここまでくるのに、後どれぐらいかかるでしょうか。

| ぐーパパ | 2012/11/05 01:29 | URL |

今晩は

ムスリム社会は国家間や宗派間の諍い、社会のあり方(世俗か封建か、近代的民主主義かムスリム的価値を重視したそれか)の違いはありますが、同じムスリムという事でのある種の連帯感はあるみたいですね。
因みにムスリムは豚を不浄な、犬を禁忌動物とみているそうです。一方で猫は預言者ムハマッドが大変に可愛いがっていた(愛猫の名前もあるが忘れた…)由来で、「割合と」大事にされているといいます。犬は軍用か牧羊ニーズしか聴いた事ありませんね…。

| tunafishermann | 2012/11/06 23:29 | URL | ≫ EDIT

Re: 今晩は

> tunafishermannさんへ

今晩は。
コメント有難うございます。

そうか...
宗教の関係で大切にされる動物と、粗末に扱われる動物も居るんでしたね。

私はあまり宗教と言うものを信じていませんので、人から言われて「豚が不浄だ」とか「犬が禁忌だ」とかをそのまま信じる人の気持ちはよくわかりませんが、そんな曖昧なものに左右されて殺されたり粗末に扱われたりする動物たちにしたらたまったものではありませんね。

どうせ信じるなら「全ての命を慈しみなさい」って感じの神を信じればいいのに。

| ぐーパパ | 2012/11/07 01:20 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1312-ac2ef381

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。