PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[転載] わなにかけられた動物 養殖される動物

「動物の解放」様より転載

※転載記事の場合、「応援コメント」や「ツイート」や「いいね」は転載元の方でお願いします。


この記事は毛皮に関する記事で、掲載されている動画/画像にはショッキングなものが含まれて居ます。
ここから先はご自身の判断でお願いします。

と、一応注意書きはしておきますが、

「毛皮がどうやって作られているかご存知ですか?」

この問いに対して答えを持たないまま毛皮を所有されている方には、是非見て頂きたいと思います。














■ ■ ■ ■ ■ 転載、ここから ■ ■ ■ ■ ■



わなにかけられた動物のうち、4匹に一匹は生存を望み、自分の体の一部を噛み切ってでも逃れようとすることが確認されています(PETA調査)
世界中の毛皮の85%以上は毛皮用に動物を養殖することで作られていますが、このように、わなにかけられた動物が毛皮にされることもあります。

子供の元に戻ろうとしていた母親がワナにかかることもあります。
この上の2011年の動画でも使われている、とらばさみ(LEGHOLD)は禁止している国が多い。理由は、即死ではないこと、骨が砕ける痛みに、動物は捕獲者が来るまで、長時間苦しまねばならないこと、などです。
多くの国でとらばさみは禁止されているが、動物の種類によって(有害動物であるかどうか)、あるいは違法に、とらばさみが使用されています。

日本でもとらばさみの使用は禁止されていますが、有害動物である場合、衝撃緩衝装置つきで、とらばさみを使用することができます。(ただし、自治体によってはとらばさみ自体を禁止している自治体もあります)

きつね・ボブキャット・ミンク・おおかみ などが、毛皮(ファー)にされています。

わなにかけられた動物 養殖される動物 01
きつね

わなにかけられた動物 養殖される動物 02
きつね

わなにかけられた動物 養殖される動物 03
ボブキャット

わなにかけられた動物 養殖される動物 04
ミンク

わなにかけられた動物 養殖される動物 05
コヨーテ

わなにかけられた動物 養殖される動物 06
アイルランドで、違法とらばさみにかかり、手当てを受けるきつね



養殖される動物

世界中の毛皮の85%、毛皮用に養殖されたどうぶつからつくられます。
(IFTF 国際毛皮動物連盟報告)

わなにかけられた動物 養殖される動物 07
2009年 ノルウェーの毛皮用どうぶつ養殖場

わなにかけられた動物 養殖される動物 08
おそらく2005年ごろ 中国の毛皮用どうぶつ養殖場

わなにかけられた動物 養殖される動物 09
2007年 うさぎの養殖場

フランスだけで年間7000万のうさぎが毛皮に使われているとも言いますが、うさぎの毛皮は「うさぎの肉」の副産物とされるため、毛皮としてのカウントがされていないともいい、実際のところは分かりません。

日本に輸入される毛皮は、年間、ミンク71万匹分、きつね8万匹分、うさぎ・ひつじ・やぎ1000万匹分ほど、といわれています。
→ http://www.alive-net.net/fur/data.html

わなにかけられた動物 養殖される動物 10
うさぎの処理工場

写真では分かりませんが、動画では、吊るされ、首を切られても、のがれようと体を動かしているうさぎの姿が撮影されています。

動画 → http://www.youtube.com/watch?v=cWvrBLg1TnM

わなにかけられた動物 養殖される動物 11
つぎに と殺されるうさぎは、ほかのうさぎが と殺されるそばで、待機しています

わなにかけられた動物 養殖される動物 12
養殖場から、ケースにつめられ、処理場につれてこられたうさぎ。網の間から、他のうさぎが と殺されるのが見えます。


ここから下は、とてもかわいそうな、写真をのせています。
わなにかけられた動物 養殖される動物 13
2005年ごろ 中国の毛皮用どうぶつ養殖場

金網の中で、一生を過ごしたどうぶつは、新しい毛に生え変わったころ、毛皮をはがされるために、金網から出されます。

2005年 中国の毛皮用どうぶつ養殖場を潜入取材した、動物保護団体により、養殖場の劣悪な環境、意識のあるまま、毛皮をはがされる動物など、どうぶつの福祉に配慮されていない、実態が明らかにされました。
日本の毛皮輸入の8割以上は中国からのものです(財務省貿易統計より)
わなにかけられた動物 養殖される動物 14
毛皮をはがされたあとも起き上がろうとする、アライグマ。アライグマからは、ラクーンファーがつくられます。コートのフードのふわふわした飾りに、よく使用されています。

わなにかけられた動物 養殖される動物 15
これらの写真は2005年ころのものです。
動画はこちらです→ http://www.youtube.com/watch?v=B2nOgZRAL2U

わなにかけられた動物 養殖される動物 16
完全に毛皮をはがされ、10分ほどして、息絶えました。

2005年に明らかになった、これらの中国の毛皮用どうぶつ養殖場について、日本毛皮協会から、中国へ、代表が送られ、意識のあるまま毛皮をはがされる動物についても言及され、改善を求めたそうです。

しかし、2011年の春、報道された、韓国が取材した中国の毛皮用どうぶつ養殖場も、同じように劣悪な環境で、意識のあるまま毛皮をはがされている動物の姿が撮影されています。
1/2 → http://www.youtube.com/watch?v=Y4YhiqwCAlI&feature=player_embedded
2/2 → http://www.youtube.com/watch?v=rSGHLXb644I&feature=player_embedded



うさぎの写真は、CAFT(毛皮貿易廃止連盟)より→ http://rabbitfur.org/index.html
「毛皮廃止のために、ご自由にお使い下さい」とあります

■ ■ ■ ■ ■ 転載、ここまで ■ ■ ■ ■ ■



まだ、毛皮を欲しいと思えますか?



ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村



動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー


関連記事

| 転載 | 01:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1346-760ccfe0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。