PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 「ペットは家族」手厚く供養 富山県内で拡大

 亡くなったペットを手厚く供養する動きが富山県内で広がっている。納骨施設の利用に 加え、最近は自宅に設置する専用の仏壇や、生前の姿を再現した石像を置く墓も見られる ようになった。少子高齢化が進む中で、ペットを家族の一員として大切に弔う流れはさら に加速しそうだ。

 県内の葬祭業者らによると、ペットの葬儀件数は年々増えており、ここ数年は年間約5千件に上る。合同慰霊祭を営む業者によると、毎回多くの「遺族」が集まり、悲しみを共 有している。納骨施設に遺骨を納め、定期的に僧侶に読経を依頼する飼い主もみられる。

 ペットが亡くなった時、かつては自宅敷地や畑などに埋葬するのが主流だったが、近年 は墓を設けるなど、人間並みに扱う家庭が増えている。

 名垣浦仏壇店(氷見市)は需要に応え、ペットの遺影や遺骨、位(い)牌(はい)など を納める仏壇を制作。職人が飼い主の要望を聞いて一から作り、金箔(きんぱく)などの 高級素材も用いる。犬小屋をモチーフにした観音開き型など5種類を基本にしており、市 内外から受注がある。

 石像を備えた墓も登場した。杉本工業所(上市町)は、飼い主から写真などの提供を受 け、姿をかたどった墓づくりを行っている。同社によると、室内で犬を飼っていた人が「 亡くなってから外に出すのはかわいそう」と屋内に置くケースもある。

 県によると、県内の2011年度の犬の登録数は4万9540匹。7・8世帯に1匹が 飼われている計算になる。

 北陸ペット葬儀社(富山市)の宮嶋博悦社長は、核家族化や少子化の流れを受けて、ペ ットを大事に扱い、弔いも丁寧にするケースはますます拡大すると予想する。とりわけ室 内犬の飼い主は、家の中でともに過ごす時間が長い分、家族と同じという思いが強く、永 代供養する流れにある。

 宮嶋さんは「ペットの存在は、現代社会では人間と変わらない大きなものになっている 。飼う人が増え、供養の方法も多様化するだろう」と話した。

北国新聞 2012年11月13日




「ペットは家族」

動物と暮らした事が無い人には中々その意味が伝わりませんが、その動物を可愛がるだけではなく、その命の尊さと向き合って接している飼い主にとっては、本当に我が子と変わりません。

記事では「核家族や少子化によって」と書かれていますが、それは動物と暮らす事になるきっかけなだけで、「弔いを丁寧にする」飼い主が増えているのは、一緒に暮らす事で命の尊さを理解した飼い主が増えていると言う事では無いでしょうか。

動物と暮らす人全てがそんな飼い主であれば、不用意に繁殖させる事も、飼い殺しにされる事も、遺棄される事も、センターに持ち込まれる事も無くなるのに、そう思います。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村



動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー


関連記事

| 報道 | 00:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1348-e577c2e5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。