PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[書籍] 偏見・暴力…野良猫たちの過酷な日常


 12月に入って、都内もかなり冷え込むようになり、外出するのがおっくうな季節がやってきました。我々人間にとっても辛い冬ですから、外で暮らす動物たちにとってはより過酷な時期に違いありません。
 『さよなら、猫よありがとう』(猫咲スノー/訳、ウインク・パブリッシャーズ/刊)は、韓国の詩人、イ・ヨンハンさんがソウル郊外の野良猫たちの姿を、独特の鋭い視点で切り取ったフォトエッセイ。本書からは我々が思っている以上に外敵が多く、困難な野良猫の生活が浮かび上がってきます。
 どうやらそれは、冬の寒さだけではないようです。

■氷点下20℃にもなるソウルで暮らす

 本書に掲載されている猫たちの写真で特に目を引くのが、身を切るような北風から子猫たちを守るべく身体を丸める母親と、母の後ろに寄り集まって冬をやり過ごそうとする子猫たちを写したスナップです。
 全身が毛に覆われているとはいえ、韓国の冬は氷点下20℃にもなる過酷きわまりないもの。こんな環境でも、野良猫たちには暖炉もヒーターもなく、できることといったら、少しでも暖をとれる毛布や発泡スチロールなどを求めてゴミ捨て場をさまようか、何匹かで身を寄せ合ってじっと耐えるかだけ。
 あたたかい場所が大好きな猫ですが、野良猫たちには互いの体と体温が唯一の暖炉なのです。

■「猫は不吉」の偏見と暴力

 猫好きが多い日本とは違い、韓国では「猫は不吉」「猫は人間に害を与える」といった偏見がまだまだ根強く残り、猫の虐待も少なくありません。
 ヨンハンさんが雪遊びをしている野良猫を撮影しようとした時、こんな場面に出遭ったそうです。
 近くで雪かきをしていた老人がやってきて、ヨンハンさんに「そこで何をしている?」と尋ねました。ヨンハンさんが「猫の写真を撮っているんです」と答えると、老人は「猫はみんな殺してしまえ!」と言い、猫に向かって雪かき用のスコップを振りかざしました。それは、単に猫を追いやろうというものではなく、明らかに殺してしまおうというものだったそう。
 野良猫一匹であっても命があります。人間にはそれを好きに殺したり生かしたりする権利はないはずですが、残念ながら多くの人はそのことを忘れているとヨンハンさんはいいます。
 人間が持つ偏見や暴力とも野良猫たちは戦っていかなければならないのです。

 ここで描かれているのは、ふわふわとした毛に包まれ、温かい日なたで居眠りする飼い猫ではなく、厳しい環境や偏見、暴力に耐えながらたくましく生き抜こうとする野良猫たちです。本書が韓国でベストセラーとなり、映画(「Dancing Cat」)の題材となったのは、彼らの真の姿が描かれているからかもしれません。
 本書を手に取ったら、猫好きの人に限らず全ての人が心を揺さぶられ、勇気をもらわずにはいられないはずです。
(新刊JP編集部)

新刊JP 2012年12月7日




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー


関連記事

| 書籍 | 04:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

御無沙汰です

1週間前、例の翻訳を投稿した後、携帯の予測変換学習機能のリセットをしたのですが、連日の寝不足か・・メモリの全リセットをやらかしてしまい・・データ復旧に出しております。なので、記事を読むのも1週間ぶりです。。
御紹介頂いた本、近いうちに入手しようと思います。国際的な韓流ブームに湧く韓国での実情を理解出来る好書だと思います。
近年韓国内でもペットブームで、犬猫等を飼育する人は増えていると聞きます。が、諸般の事情でペット動物を遺棄する者が多いのは、この国も例外では無い様です。
韓国での猫への偏見は、有名な猫グッズのイラストレーターの韓国女性のインタビューで知ったのですが・・その一方で猫は自宅でも紐で繋いで飼う習慣とか(盗難防止!?)、猫科の虎を霊的な力を持つ動物として崇拝したりと、風変わりな価値観もあり、ここでも韓流の個性発揮です。
いずれ韓国でも世代交代が進み、動物愛護の分野でも日本を追い抜くかも知れません。
因みに韓国名物の犬肉料理「補身湯(ポシンタン)」、88年のオリンピック前に「国際社会に対し、韓国に野蛮なイメージを引き起こす恐れあり」と犬食反対運動が起こり、今では愛好家は肩身が狭いそうです。私自身は決して古くからの食文化としての犬・猫食のある民族を批判・揶揄する気はありませんが。

| tunafishermann | 2012/12/09 14:38 | URL | ≫ EDIT

Re: 御無沙汰です

> tunafishermannさん

コメント有難うございます。

データ復旧大変ですね。もう終わったでしょうか。

結局、国や人種が関係あるのでは無く、個人個人の考え方次第なんでしょうね。
犬猫を遺棄するような人間が多いか少ないかの違いだけ。
動物への優しさや思慮深さを持った人をもっともっと増やして行きたいです。

犬食文化、何も犬まで食べなくてもって思いますが、
日本では世界中からの批判を受けてもイルカ漁をやめようとしないし、
意見を言える立場ではありませんね。


| ぐーパパ | 2012/12/12 02:18 | URL |

こんばんは。

先日はありがとうございました。
過酷な環境を必死に生きているんだ・・・と
読ませていただいて切なくなりました。

国によって考え方は様々ですね。
何故 弱い立場の動物をいつくしむ心が持てないのでしょうか・・。
成長環境?お国柄?そのおばさんだけ?かな・・
韓国の猫好きの人には悲しい実態ですね。

食文化も様々・・・工程を隠さなければ 
食べてくれないような食材や、毛皮の着用は
すべきではないと思います。

分別できるのは人間だけですものね。

| kinnogoma | 2012/12/12 21:41 | URL |

Re: タイトルなし

> kinnogomaさん

こんばんは。
お返事遅くなってすいません。

弱い立場の動物をいつくしむ心...
このおばさんにも、全ての日本人にも、世界中の全ての人にも持って欲しいですね。

工程を隠さなければ食べてくれないような食材で思い出しました。

土曜日の夜にチキンナゲットの製造工程をあるテレビ番組で紹介していました。

これから食べ物にされる事を前提で映っている過密飼育されているヒヨコやニワトリを可愛いと言える神経、殺され宙刷りにされた肉の塊の列を見て爆笑している神経、信じられませんでした。

分別できるのは人間だけ、
その能力があるなら、
ちゃんと分別する人間になりたいですね。

| ぐーパパ | 2012/12/18 03:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1375-b0233063

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。