PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 双葉から避難中、ペットの犬衰弱死 慰謝料100万円請求

 福島第1原発事故で福島県双葉町から宮城県内に避難した男性(53)と家族が7日までに、避難生活中に死んだペットの犬についての慰謝料100万円などの損害賠償を東電に求め、政府の原子力損害賠償紛争解決センターに和解の仲介を申し立てた。

 代理人弁護士でつくる「みやぎ原発損害賠償弁護団」によると、男性らは事故後、福島県内などの避難所を転々とした。犬は12歳のラブラドルレトリバーで、避難所では「周囲に迷惑が掛からないよう、車の中から出さないでほしい」と言われ、屋外で飼えなかった。犬は体調を崩して衰弱、ことし1月、宮城県内の借り上げ住宅で死んだ。

 男性側は「自宅では主に屋外で飼っていた。家族の一員を失った喪失感は大きい」と話す。申し立てに先立ち、東電の損害賠償の窓口に相談した際、「ペットは物としての扱いしかできない」と回答されたという。

 センターによる和解の仲介では、福島県大熊町の被災者がペットの猫を失ったことについて、慰謝料5万円を認められた例があるという。

 弁護団によると、事故で売り上げが減った仙台市の水産加工物仲卸会社や、宮城県南のシイタケ栽培・販売業の男性(59)も、ともに損害賠償を東電に求め、センターに和解の仲介を申し立てた。

河北新報 2012年12月08日




ちょうどこんな記事を見つけました。

「人と動物、自然のひとこま」様 経由
「おっさん犬と猫げんき」様 より転載

※転載記事の場合、「応援コメント」や「ツイート」や「いいね」は転載元の方でお願いします。

■ ■ ■ ■ ■ 転載、ここから ■ ■ ■ ■ ■

我が家の飼い猫は本当は3匹でした。
ハンドルネームの由来でもあるボン。
ボンのおばあちゃん猫のイブ。

そしてぷー。
今だから話せること 01

サバ白の男の子。
去勢済みで、喧嘩がとても弱い。

あだ名はぷっちょ。
今だから話せること 02

おっさん犬ともとても仲が良かった。

いつも私の部屋にいて、とても愛していました。
過去形で書かなければならないことが、今でもつらい。

2011年3月11日に起きた、東日本大震災でたくさんの人の命が失われました。
それはけっして忘れてはならないこと。

でも、そのあとに起きた福島県の原発被災地の状況はあまりにも知られていません。
多くの・・・本当にたくさんの人の命と、動物たちの命が二次的に奪われました。
その事実があまりに知られていないことに胸が痛みます。

でも、私もぷーのことは、つらくてまだ生々しくて、語ることはできずにいました。
記憶が思い出に変わってしまって、都合の良い書き換えが起きる前に残しておかなければいけない。
そんなふうに思って、今回、ブログに残すことにしました。
今だから話せること 03

ぷーは子猫の時に我が家にやってきました。
人見知りで、知らない人が来るといつも私の部屋に引きこもっていました。

震災の時、ぷーはちょうど去勢から1年。
年齢は2歳になるところでした。

大きな地震に、おびえた動物たちは、思い思いに安心だと思うところに隠れていました。
猫たちはみんな、外に逃げていて、姿を見せなかったので、フードと水を外にも置いて、私たち家族は家に入り休みました。

早朝、足元に小さく丸まって寝ていたぷーの姿が最後でした。

そのあと、拡大された避難指示を受けて、私たち家族は逃げて逃げて・・・
避難しなければいけないといわれたとき、頭にあったのは動物たちのこと。
避難所に連れて行けば、迷惑になる。

動物病院に行く以外に車に乗ったことのない猫3頭。
大型犬、中型犬、小型犬の三頭の犬。

連れて行くことはできないと思いました。
同じ町内の小学校に行くだけなら、すぐに戻ってこられるだろうと思ったのです。
それが間違いだと分かった時には手遅れでした。
今だから話せること 04

少しずつ・・・
大渋滞に巻き込まれて、じりじりとしか進まない車の中で、あきらめるしかないと、身を切るような思いで覚悟を決めました。
もう、戻るためのガソリンはなかったのです。

そして、いわき市の親戚宅に落ち着いてからも、動物たちのことは頭を離れず・・・
私はひどいうつ状態になりました。
体重は10キロ減って・・・
食事をすること自体が、おいてきた動物たちへの裏切りに思えて・・・
喉を通りません。
悲しくてたまらないけど、泣けなかった。
妹も大切な猫を置いてきたし、母も父も好んでそうしたわけではなかったことがよくわかっていたから。
今だから話せること 05

甘えん坊で、たまに獲物をとってくることもあったぷー。
なんとか、獲物をとって生き延びてくれていれば…
そう願うことしかできませんでした。
歩いて、原発のそばを通って、自宅へ帰ることを何度も考えて。
実行に移そうとして家族に止められました。

再会の時は、5月27日にやってきました。
浪江町住民の一時帰宅の第一号。
バスに乗って、自宅へ着いて・・・
私はずっと、猫の名前を呼んだ。

すぐにイブがやってきて、持参したフードを食べて離れなかった。
甘えて、甘えて、すり寄ってくるイブはがりがりに痩せていた。
置いて行ったなけなしのフードは犬たちに食べられてしまって、猫の口には入らなかったのだろう。

そして、ぷーとボンは、どんなに呼んでも姿を見せてくれなかった。
泣いても、叫んでも・・・
姿は見えなかった。
どこに隠れているのか。
もしかして、死んでしまったのかもしれない。

そう思ったとき、家の裏から忘れられないぷーの声がしたのです。
すぐに裏庭に向かうと、ぷーがいました。

にゃこーん・・にゃこーん・・・
呼ぶように鳴きながら、木にすりすりしている。

驚かせたら、逃げてしまう。
そっと近づきました。

「ぷー、ごめんね。迎えに来たよ。一緒に行こう!」
そう呼びかけながら、声をかけると、するりと手の届かないところへ離れて行ってしまう。

うなりながら、こちらを見つめる目が、本当に信頼してもよいのかこちらを量っているようにも見えました。
怒っている。

突然、いなくなって、帰ってこなかった私にぷーは怒っているのだと感じました。

猫だって、感情もあれば知性だってある。
飼い猫と家族には信頼関係がなければ一緒にいられないはずです。

このときに感じたのは、私の罪悪感がそう感じさせたのかもしれません。
でも、ぷーは怒って、悲しんでいる。
突然、おいて行かれてつらい目にあって、傷ついている。
そう感じました。

ごめんね。
ごめんね。
迎えに来たよ。
おいで。

許してなんて言えなかった。
許してもらえるようなことをしたとは思えなかったから。

うーと低くうなりながら、少しずつ離れていくぷーとここで別れるわけにはいかない。
父と協力して、半ば強引に持ってきたキャリーに入れました。

抱き上げたぷーは本当に軽くて、子猫みたいに小さくて、体の毛はぱさぱさしていました。
今だから話せること 06

どんなにつらかったか・・・

でも、保護できてそれで終わりではありませんでした。
私はまだ避難所にいて、ペットを飼うことのできる環境にありませんでした。

一時帰宅で保護した猫はすべて、保健所に預けなければいけませんでした。
がりがりに痩せたぷー。
隙間から差し入れたフードをむさぼり食べるぷーを保健所の職員に渡しました。
再会を信じて。

7月10日
突然の電話。
ぷーが死んでしまったという電話でした。

嘘だ・・・
電話を受けた母から聞いて、私は信じられませんでした。
もうすぐ、仮設住宅が決まったら、一緒に暮らせる。
そう思っていたのに・・・

後悔してもしきれない。
どうして、あのとき避難しない選択もあっただろうに・・・
今となっては、いろんな分岐点があったことに気付くのだけど、その時はそれが最善だと思って、精いっぱいだった日々。
それが、ぷーを殺しました。
自分自身の判断が招いたことです。

だから、恨むなら、自分を恨むことしかできない。
どんなに泣いても、どんなに苦しんでも、もう帰ってこない。
今だから話せること 07

ぷー。
大好きだったよ。
ごめんね。
あなたが犠牲になるなんて、思いもしなかったよ。

コタロウはまだ、あなたの名前に反応するよ。

できることなら、あの日に返ってやり直したいよ。
ごめんね。
愛してる。
ずっと愛してるよ。

今だから話せること 08

もう二度と、こんなことが起こらないでほしいのだけど。
もしも、起こってしまったら・・・
迷惑だといわれてもいい。
常識のない人だといわれてもいい。
絶対に離さない。
ずっと一緒にいる。

大切なものは離しちゃ駄目です。
連れていけないなら、自分も避難しない。
避難して、助かっても、絶対に後悔するから。

あなたの大事なものは何ですか?
絶対に離さないでください。

■ ■ ■ ■ ■ 転載、ここまで ■ ■ ■ ■ ■

次の震災があった時、必ず同行避難をして下さい。

他の人に迷惑をかけるかも知れません、
ですが、それは命と引きかえにする程悪い事なのでしょうか。

まずは自分の家族である命を守る事を一番とし、
その上で他の人へ迷惑がかからないように出来るだけ配慮しましょう。

みんなが動物連れで避難してくれば、動物連れ同士で集まってコミュニティを作れます。
お互い助け合う事も出来るでしょう。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村



動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
京都市家庭動物相談所 里親募集バナー

関連記事

| 報道 | 02:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1378-a1d0d123

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。