PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] LUSH、「化粧品のための動物実験」廃止を訴えるバッグの販売を開始

 世界50カ国で展開するコスメブランド「LUSH(ラッシュ)」は12月26日、化粧品のための動物実験廃止を目指すメッセージを掲げたオーガニックコットン製のバッグ「FATバッグ」の販売を、日本全国の店舗と通信販売でスタートした。

 「FAT」とは、「Fighting Animal Testing」の略。「化粧品のための動物実験」を地球上からなくそうというLUSHの意志・思いが込められており、バッグには、そのメッセージにあわせて、戦っているウサギのシルエットがプリントされている。このバッグの販売によって、多くの人がこの動物実験の問題について考えるきっかけをつくり、「化粧品のための動物実験」をなくす第一歩としたい考えだ。

インドで製造されるこのバッグは、精算に携わる女性やそのコミュニティを支援するためのフェアトレード商品。

「FATバッグ」の売り上げは、「化粧品のための動物実験」をなくすために活動している国内3団体、NPO法人 動物実験の廃止を求める会(JAVA)、NPO法人 アニマルライツセンター、PEACE(Put an End to Animal Cruelty and Exploitation)に全額(消費税を除く)寄付される。

JAVAは、動物実験代替法の開発や普及を目指す個人・団体を表彰する目的で英国のLUSHが消費者団体「Ethical Consumer」と2012年に共同創設した「LUSH PRIZE」の第1回受賞団体でもある。日本の大手化粧品メーカーに対して動物実験の廃止を求めたキャンペーンの成果が評価され、動物実験に関する世論喚起に取り組んだ団体に贈られる「LUSH PUBLIC AWARNESS賞」を受賞した。

AdverTimes 2012年12月27日




以下、LUSH HPより

“美しくなるため”に犠牲は必要?「化粧品のための動物実験」と全力で戦う意志を表すバッグ
ウサギが戦うイラストが描かれた『FATバッグ』。「FAT」とは、「FIGHTING ANIMAL TESTING」の略で、ラッシュが「化粧品のための動物実験」が地球上からなくなるように、全力を挙げて戦うという想いを込めた言葉です。多くの人にこの問題について考えてもらうことは、「化粧品のための動物実験」をなくす第一歩。このロゴが書かれたバッグを持ち歩いて、「化粧品のための動物実験」に反対していることを広く発信しましょう!

『FATバッグ』の売上げ全額(消費税を除く)は、「化粧品のための動物実験」をなくすために活動している草の根団体へ寄付されます。彼らへの支援が、「化粧品のための動物実験」を反対する活動を促進することに繋がります。

サイズ:たて約35cm×よこ約34.5cm×マチ約11.5cm
素材:綿 100%

LUSH FATバッグ
¥1,380(税込)

オンラインショップリンク



~LUSHの信念~

日本人のための化粧品は日本人の肌で安全性を確認するべき

私が21歳のとき、ベジタリアンで動物実験反対の考えをもつ女性のものとで働いていました。
彼女は化粧品のためにどのような動物実験が行われているかを調べるために私を雇ったのです。
調査を進めるうち、私は化粧品のために動物を使って実験することがいかに無意味であるかを確信し、今に至るきっかけとなりました。
人間のための化粧品がウサギやマウスにもたらす働きは異なり、人間の健康的な生活に貢献するようなデータを得られるはずがありません。
動物実験は、消費者にすべての化粧品が安全とみせかける恐るべきシステムなのです。
人間が使う化粧品は人間で試すべきであり、日本人のための化粧品は日本人の肌で安全性を確認するべき。
たとえ英国生まれのラッシュ製品が、イギリス人が使って問題ないと確認されていても、その結果は異なる人種の日本人に対してそのまま適用されるとは限らないからです。

動物実験反対の信念は商品の安全性をおびやかすものではありません

ラッシュが掲げる動物実験反対の信念は商品の安全性をおびやかすものではありませんし、化粧品のための動物実験は必要のない残虐行為と考えています。
この信念を貫くためには困難がつきものです。
例えば髪のカラーリング。
ラッシュで人工の染料を使ってヘアカラーを作ることができないのは、すべての人工染毛剤が動物実験されているものだからです。
多くのお客様はヘアカラーやブリーチを好まれるので、もしそれらの安全性が立証できるのであればラッシュでも商品として作りたいと考えています。
言うまでもなく染毛剤が現在世界中で最も安全性が低いと言われる化粧品であることは別としても、動物を使ってテストすることは一部の原材料がもつ危険性から人々を守ることにはなりえません。
ラッシュでは動物実験の必要がない原材料のみを使うことで、必然的により安全性の高い原材料を選択することにつながっています。
ヘアマニキュア『カカ』は、染料として使用される植物ヘンナを使っています

長い歴史の中で人類が安全に使い続けている素材を

製品を安全に提供するために、私たちは長い歴史の中で人類が安全に使い続けている原材料をセレクトしています。
ラッシュの商品に使われている原材料は、イギリスでも日本でも、あなたや私たちのおばあちゃんやひいおばあちゃんの代にも使ってきたものです。
また、私たちはシンプルかつ誠実な方法で製品の安全性確認をするべきと考えており、人間が使うためのラッシュ製品は、発売前の段階で社外のボランティアを募って使用感を試してもらっています。
また、ラッシュが持つ経験と実績に加え、医者や毒物学者など外部の識者たちによるチェックを受け、安全性の高い製品作りを続けています。
テクノロジーが発達した今の時代に生きる私たちは、ウサギたちの眼にこすりつけるという野蛮な方法ではなく、もっと洗練された方法で化粧品の安全性確認をする代替手段を確立させなくてはなりません。
ラッシュを通じて1人でも多くの方に動物実験の実態を知っていただくことを願っています。

「動物実験を行わない会社からのみ原料の買い付けを行うこと」

1994年の創業から現在に至るまで変わらないラッシュの信念。
それは商品開発から原料の買い付け、製造の過程すべてにおいて、動物実験を行わないということです。
自社内ではもちろん、他の企業との取引だけにとどまらず、その会社が扱う製品においても動物実験を行っていないことを約束していただきます。
なぜ、こうまでして反対の意を表しているのかというと、私たちは動物実験を敬遠して商品を作っているというより、これまでの経験から、動物実験しなくても素敵な商品は作れると確信を得たからです。
共感してくださるお客様のためにも、動物実験反対をこれからも貫いていく決心です。

原料の仕入れ先に対して、調達チームが契約する際、動物実験を行っていないことを確認するため必ずサインをいただいています。
それでも仕入先がやむなく動物事件を始めれば、別の仕入先を探すことに。
私たちは、動物実験に関することに対して、お客様からいただいたお金を一銭たりとも渡したくはないのです。




寄付先のリンク

JAVA バナー

アニマルライツセンター バナー

PEACE バナー
関連記事

| 報道 | 01:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。

今年もあと2日となりましたね。
月日の通過が早いです・・・(笑)

こちらの記事は さらに一歩進んだ取り組みで
良いお話ですね。
動物実験の無意味さをほとんどの人は
理解されていなくて
・・むしろ人体へ使用する前に
動物でテストすべき!風潮があります。
悲しいですが 私の周りは全てそう思ってます。
私が実践している事で少しでも興味を持ってくれたら・・・
と、願うばかりです。
(無理強いすると反抗してくるので
  言えないのがもどかしいですね・・・)

ラッシュこれからも応援していきます。
実験動物してない化粧品会社や、製薬・デンタル会社さん
声を大にして宣伝してくださ~い。
(会社へ向けての発言です^^)
知らないだけで待ってる人は沢山居ますよ。

それではどうぞ良い新年をお迎え下さい。
また 読み逃げしに来ます(笑)

| kinnogoma | 2012/12/29 21:11 | URL |

Re: タイトルなし

> kinnogomaさん

コメント有難うございます。

そうですね。
国自体がそう言っているのですから、
それが当たり前と思っている人が
殆どでもおかしくないですね。

動物実験にしても毛皮にしても、
昔の私もそうであったように、
どんな事が行われているのか、
どうやって作られているのかを
考えた事すらない人が殆どでしょう。

個人が発信するよりも、
企業として自身を持って発信して貰えれば、
たくさんの知らなかった人にも知って貰えるでしょうから、
声を大にして宣伝して欲しいですね。


2012年もたくさんコメント下さって有難うございました。
よろしければ来年もお付き合いお願い致します。

2013年がkinnogomaさん、ひまわりちゃん、JJくんにとって
良い年でありますように。

| ぐーパパ | 2012/12/31 03:15 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1435-1c57682f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。