FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

捕獲サルを『公園で飼育』 三島市長が会見 /静岡

捕獲サルを『公園で飼育』 三島市長が会見(中日新聞)

 静岡県東部の5市1町で計117人に軽傷を負わせ、三島市に捕獲された「かみつきザル」について、同市の小池政臣市長は11日、殺処分はせず、市立公園「楽寿園」で飼育することに決めたと臨時会見で発表した。

 捕獲したサルはペットだった可能性が高いため、山野に放しても市街地に戻り問題を再発させる▽ほかのサルの群れにはなじまない-恐れがあると説明。園内にこのサル専用の飼育・展示施設をつくり、「かみつきザルなどと明示せず普通のサルとして飼いたい」と述べた。

 市が捕獲の協力を依頼した有識者らは、同様の理由から「殺処分するか、単独(1匹)で一生飼うかのどちらか」との見方を示していた。

 市農政課には11日から12日午前にかけ、18件の電話が市民らから寄せられ、うち15件が「サルを殺さないでほしい」という内容だった。小池市長は「絶対に殺傷はしません」と強調した。

 楽寿園は、JR三島駅近くにある国指定の名勝。園内にカピバラやワラビーなどを飼育している「どうぶつ広場」がある。

 既にサルを預かっていることから、11日には最近の休日の2倍に当たる2000人以上が来園。どうぶつ広場のカメ舎で、ガラス越しに興味深げに見入る人も多かった。サルは捕獲直後よりも落ち着いた様子で、市職員の差し出すバナナを手に取り、ほおばっていた。

 市は今後、専門機関に依頼し、サルの年齢や性別、種類などを確認する。10日午後にこのサルが捕獲されて以降、5市1町で新たな被害は出ていない。
関連記事

| 報道 | 00:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/148-a3c35f47

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT