PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 新潟動物ネットワークがイヌとネコの譲渡会(2/3)

 県内の保健所や動物管理センターに収容されたイヌやネコの新しい飼い主を募集するボランティア団体「新潟動物ネットワーク(NDN)」(岡田朋子代表・新潟市中央区)は2月3日、三条市・旧坂田動物病院を会場にイヌとネコの譲渡会を開く

 午前11時から午後2時まで、坂田動物病院の旧病院を借りて開く。譲渡するイヌとネコは合わせて約50頭。ネコの方が多く、ネコの子どもはいるが、イヌはおとなだけ。無償で譲渡するが、健康診断料などの実費は必要。

 家族が動物を飼うのに反対で再び捨てられ、なかには動物虐待をする人が引き取る場合もあるため、会場で連れ帰ることはできず、お見合いまで。後日、飼い主に決まった人の家を会員が訪れて渡す。

 新潟動物ネットワークは2001年に発足。イヌ、ネコの譲渡会のほか動物の保護と相談、学校啓発活動も行って東日本大震災後は福島県内の学校でも活動している。

 譲渡会は毎月のように新潟市内で開いているが、周知されて浸透したこともあり、市外の会場を探していたところ、坂田動物病院が旧病院を貸してくれることになり、今回初めて会場に借りることに。このあと年内にもう2、3回、開きたい考えだ。

新潟動物ネットワークでは、保健所に収容されたり、捨てられたりしてつらい思いをしている動物が多いので、温かく迎えて入れて生涯に渡って飼ってくれる里親を待っている。問い合わせは新潟動物ネットワーク(電話:090-2844-4881)へ。


大きな地図で見る



ケンオードットコム 2013年1月9日




新潟動物ネットワーク
  http://ndn2001.com/

新潟動物ネットワーク(NDN)は、人間と動物との共生を目指して活動するボランティア団体です。
不適切な多頭飼育を規制する条例の制定に向けた準備を進めることを求めます。
私たちは移動販売、ネット販売による生体販売に反対します。
動物愛護センターの早期設置を求めます。



ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

関連記事

| 報道 | 02:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1483-da72e496

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。