PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 千歳保健所 猫の引き取り最多記録 /北海道

 千歳保健所に持ち込まれた猫の引き取り数が2012年度、統計開始の08年度以降で最多を記録した。生後3カ月未満の子猫に限っては、一昨年度比のほぼ2倍と大幅増。気候が暖かくなる5月以降、本格的に猫の繁殖期を迎えるため、同保健所では「動物飼育に対するモラルを個人単位でもう一度、徹底してほしい」と注意喚起している。

 同保健所に引き取られる猫は、例年100~150匹で推移。昨年度は、統計開始以降初の200匹を超えた。09年度以降、これまで低く推移していた子猫の引き取り数が成猫を上回り、昨年度は計237匹中、200匹が子猫だった。

 子猫急増の要因として挙げられるのが、野良化した成猫への「餌やり」。野良猫に餌を提供することで、繁殖機会が増加。成猫が子猫を産み、成長後また子猫を産むといったサイクルが生まれてしまっているという。昨年度は7、8月の2カ月間で77匹の子猫が持ち込まれた。

 増加が著しい地域としては、市中心部と東部方面が挙げられる。「公園や民家の庭などで定期的に餌を与えている報告も多い」と担当職員。

 近年の動物愛護運動の活発化から、保健所から第三者への犬・猫の譲渡数も増加。殺処分数は年々減少傾向にあるものの「野良猫が増えることで、周辺環境への影響や地域トラブルを招く要因になりかねない」とし、「同情からの野良猫への『餌やり』はやめていただきたい」と呼び掛ける。

苫小牧民報 2013年5月7日




保護猫の処分率が過去最少に 千歳保健所

 千歳保健所の昨年4月から12月までの猫の殺処分率が、今の統計を開始した2009年度以降で過去最少を記録している。

 12年度は1月1日現在で保護した259匹中、処分に至ったのは20匹で処分率7.7%。同保健所の猫の殺処分率は例年25~35%で、11年度は193匹の猫を保護し、57匹を殺処分した。

 同保健所では、07年度から保護した犬・猫のプロフィルを掲載するホームページを開設。担当職員らが時間を見つけ多いときで1日当たり4~5回ホームページを更新し、市民に対するきめ細やかな広報活動を展開。結果、今年度は統計開始以降、毎年50%前後で推移している譲渡率が80%を超えた。

苫小牧民報 2013年1月18日




北海道千歳保健所
北海道石狩振興局保健環境部千歳地域保健室)

北海道千歳保健所

〒066-8666
北海道千歳市東雲町4丁目2
TEL:0123-23-3175 FAX:0123-23-3177

アクセス方法はこちら

里親募集情報はこちら




新しい飼い主探しネットワーク事業について  

 道では、道立保健所において引き取った犬・猫にできるだけ生存の機会を与えるため、「新しい飼い主探しネットワーク事業」を、平成14年7月1日から開始しました。

 この事業では、振興局があらかじめ譲渡希望者を把握しておき、引き取った犬・猫の情報と照らして合わせて、コーディネートを行います。

また、新しい飼い主の方には、「模範的な飼い主」として、道民全体の動物の適正な飼い方についての理解と意識の向上に寄与していただきます。

【譲渡対象者】

石狩振興局管内に住所を有し、管内で飼養管理ができ、18歳以上の方
終生飼養の意思があり、同一世帯全員の賛同を得ている方
適正に飼養する意思があり、また、適正に飼育できる環境にある方
※ 上記条件を満たす方に譲渡します。(申込み時に確認します)

【譲渡までの手続き】

石狩振興局に申込書を提出(郵送、ファクシミリ又は持参)
振興局でコーディネートし、申込者に連絡
申込者が該当保健所又は保健所支所で犬・猫を確認
飼養についての誓約書を提出
犬・猫を譲渡

【石狩振興局管内の保健所と犬猫情報(※保健所名をクリックして下さい。)】

江別保健所 (江別市錦町4番地1 電話:011-382-3054)
江別保健所石狩支所 (石狩市花川北7条1丁目14番 電話:0133-74-1142)
千歳保健所 (千歳市東雲町4丁目2番地 電話:0123-23-3175)

【申込書について】

 次の申込書を石狩振興局あて郵送、ファクシミリ又は持参で提出して下さい。

犬の譲り受け申込書

犬の譲り受け申込書クリックで拡大します。



猫の譲り受け申込書

猫の譲り受け申込書クリックで拡大します。





殺処分率が過去最小を記録。
すばらしい事だと思います。

この殺処分率を再び上げてしまわないよう、
石狩振興局管内に住所がある方で、
犬猫と暮らしたいと考えている方は、
是非里親となる事を選んで貰えればと思います。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

地球生物会議ALIVE 家庭動物
地球生物会議ALIVE 家庭動物

アニマルライツセンター 殺処分をゼロに
アニマルライツセンター 動物売買禁止


関連記事

| 動物愛護センター | 02:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1497-62c53b3f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。