PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 環境保護主義者「自然環境のために猫を追放せよ!」との主張に愛猫家が猛反発「お前が出ていけ!」

 世界でもっとも猫を飼っている割合が高い国をご存じでしょうか? その国とはニュージーランドです。

 約48パーセントの家庭で、一匹以上の猫を飼っているそうです。現在猫を巡って、ちょっとした議論が巻き起こっています。環境保護を訴える人物が、同国から猫を追放する運動を始めました。この動きに愛猫家は猛反発。一体なぜ、猫を締め出そうとしているのでしょうか?

 猫追放を主張しているのは、経済学者で自然環境保護を訴えるガレス・モーガン氏です。彼がいうには、猫は国に現存する小型動物(特に鳥類)を、絶滅に追いやろうとしているとのこと。

 なかでもキーウィやカカポ(フクロウオウム)など、飛行できない鳥は、あっさりと猫の餌食になってしまうと言います。一方猫は、同国に140万匹生息すると言われており、さらに彼らを脅かす自然の捕食者を持ちません。

 猫は年々増える一方で、個体数の把握もままならない現状にあります。そこでモーガン氏は、猫を減らすための運動をウェブ上で展開し始めたのです。彼は今すぐに飼い猫を殺せと言っているわけではありません。猫を飼っている人に以下のような行動をとって欲しいと訴えています。

・モーガン氏の主張
 1.飼い猫に鈴をつけてください
 2.去勢していない場合には、速やかに去勢手術を行ってください
 3.飼い猫は室内にとどめてください
 4.猫は環境への脅威であり、あなたの猫もそれに代わりありません
 5.野良猫の処分と飼い猫登録の活動をすすめるために、地方自治体に働きかけてください

 しかしこの訴えは、愛猫家から猛反発を受けており、「お前(モーガン氏)がニュージーランドから出て行けばいい!」という人さえいます。

 また別の視点から、彼の主張に異論を唱える人もいます。自然環境に詳しいデビッド・ウィンター氏は「仮に猫を排除しても、絶滅危惧種の保護に何も貢献しない」と指摘しています。デビッド氏は「ひとつの捕食者(猫)を取り除くと、別の種の抑制がきかなくなる。たとえばネズミやオポッサムが激増する事態にもなりかねない」とのこと。

 なお、モーガン氏の猫追放を訴えるサイトには、次のような質問が掲載されています。「あなたが現在飼っている猫が亡くなったら、新しく猫を飼わずにいますか?」。これに対して75パーセントの人が「いいいえ」と答え、飼い猫が亡くなった後も新たに猫を飼うとしています。モーガン氏の主張は、愛猫家の多いニュージーランドの人々に強い抵抗を生んでいるようです。

サーチナ 2013年1月24日




この記事どう思われますか?

私は愛猫家の立場になりますが、モーガン氏の方が正しいのでは?と思います。

5番だけはちょっと引っ掛かりますますが、要は適正飼育を薦めているだけで、「猫を追放」とは違います。

愛猫家たちが今のままでは、そのうち猫で溢れ返って、結局悲しい末路を辿る事になるでしょう。

日本でも同じです。

ちゃんとしましょう。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

関連記事

| 報道 | 01:56 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

案の定

ぐ~パパさん、おはようございます。
今、例のアンチがブログに書いたネタを検証・反論しているところですが、主題はまさにコレなんです。
不思議とアングロサクソン国の学者などにこの主張(しかも熱弁)をする人が多いみたいですね。先日も米国のある州(50州の下から数えてすぐの、愛護意識が低い州)で警察官が外を出歩いていた飼い猫(首輪やチップ無し)をトラップにて捕獲後、ノラと判断し条例に基づいて「shot」した(これを射殺ととるか薬物注射ととるかでアンチと私の見解が違う)事件がありまして、そのニュースを流した現地新聞HPのコメントにも「nature advocate(だいたい自然保護の意)」を名乗る奴が「外をうろつく猫は撃ち殺して(証拠隠滅の為に)埋める」を推奨していました。もう、猫に関しては「野生動物保護」を謳えば何でもアリ、みたいな人が東西を問わずいるみたいですね。自然保護なんて本当はどうでもいい人が猫嫌いな余りにそれを山車に使っているんだと思いますよ。証拠に「人に危害がある熊や数の多い鹿や猪などは積極的に狩って有効利用すべし・ハンターが少なすぎる!」ですから。
地域によっては猫の外飼育ないし野良は野生動物に深刻な影響を及ぼすでしょう。猫科は生粋のハンターですからね。ただ、都市部も野生動物がいるであろうNZや英国とは異なり、「日本の都市部で猫の捕食により絶滅に瀕している動物って何ですか」の問いに答えられる人などいない。以前アンチに問いかけたら「問題のすり替え」だと言われた(笑)
江戸時代には猫は希少価値があった為に外へ放す人(今で云えばセレブ)は稀だった様ですが、明治以降庶民が飼い出すと放任飼育が当たり前になった。今でも「狭い家に閉じ込めとくのは残酷」と云う人はいますよね。。
ところで、動物愛護とはひとえに言っても様々な価値や尺度や対象動物、それに目的があり、一枚岩でもなければ実は共通認識すら持つのは難しい場面もありますよね。ぐ~さんはベジで狩猟反対、私は肉を喰うしスポーツハンティングは条件付きで容認、です(理由は後日)。ただ、肉体・精神に長々と苦痛を与える飼育や屠畜には断固反対します。ついでに日本の捕鯨は消極的支持でしたが、今はネガティブです(近代捕鯨って伝統とは呼ばないと思う…)。

| tunafishermann | 2013/01/25 08:34 | URL | ≫ EDIT

こんなニュースが

>猫は小動物に深刻な脅威、年間200億匹を捕食=米調査 | 世界のこぼれ話 | Reuters

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE90T02O20130130

先月末の米国配信ニュースです。

以下、同じ内容を編集した別サイトから。

>猫は小動物に深刻な脅威、年間200億匹を捕食=米調査

 世界で最も多くの命を奪っている生き物といえば、サメ、ライオン、それに人間などを思い浮かべるかもしれない。しかし猫はそれを上回る「殺し屋」だった――。米スミソニアン保全生物研究所などの研究チームが31日までに、そんな調査結果を発表した。
 それによると、米国内でイエネコが年間に殺す鳥類は14億~37億羽、ネズミなどの小型げっ歯類は200億匹。特に野良猫は、米国の鳥類と哺乳類にとって最大級の死の要因に挙げられるという。この研究は科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に29日に掲載された。
 猫は愛らしい姿をしていても、高度な殺しの能力を持つ。その能力は自然界に深刻な影響を及ぼしかねないと調査チームは警鐘を慣らし、当局に対策を求めている。
 米鳥類保護団体のジョージ・フェンウィック会長も「鳥類が絶滅し、あるいは個体数が減少するたび、我々人類が依存している生態系が変わっていく。この問題は保護の観点から直ちに注目する必要がある」と指摘する。
 国際自然保護連合の絶滅危惧種調査でも、鳥類や哺乳類、爬虫類の絶滅と、放し飼いの猫との関係を指摘している。
 猫はライオンやトラと違って、獲物の後を付けるか、物陰に潜んで待ち伏せして近くに来るのを待って飛びかかる戦法で狩りをする。猫を放し飼いにしている飼い主なら、飼い猫が得意げに持ち帰った動物の死骸を処分する羽目になったことがあるだろう。

…米国では動物愛護団体と野鳥保護団体が野良猫や在来野生肉食動物を巡って保護か「対策か」争っているらしいです。
先日触れた2009年のLAにおける裁判所による猫TNR停止命令を検索を重ねてやっと(動物愛護団体のそれを)見つけたのですが、提訴していた方はどうやら野鳥愛護家集団だった様です。

| tunafishermann | 2013/02/20 09:12 | URL | ≫ EDIT

こんなニュースが

その野鳥保護団体「アメリカ野鳥保全協会」がこんな声明をだした様で、猫アンチが盛り上がっています(笑)

Study Finds Free-Roaming Cats Pose Threat from "Serious Public Health Diseases"

http://www.abcbirds.org/newsandreports/releases/120918.html

何故野鳥愛好団体が「野良猫は感染症を運ぶ、だからTNRを止めるべき」という、最初から結論ありきの意図的としか言いようのない声明を出したのかが気になりますよね。野鳥を猫が襲うから、は定説ですが、疾病に関しては畑違いでは!?と感じております。
勿論、風当たりを考慮しているのか「ではどうしたい!?」までには踏み込まないんですがね…。
野鳥と鯨は自然保護の象徴とみられがちなので、案外こういう主張は説得力を持ってしまいますね。。

| tunafishermann | 2013/02/20 16:20 | URL | ≫ EDIT

Re: こんなニュースが

> tunafishermannさん

コメント有難うございます。

私もこんな記事をみていました。

猫を殺せば野鳥救える? 野鳥保護団体「深刻な脅威」
 http://www.asahi.com/national/update/0219/TKY201302190023.html

「猫を殺せば野鳥救える」に猫好き「発狂」 「殺すな」「ふざけんな!」怒り爆発
 http://www.j-cast.com/2013/02/20166196.html

> その野鳥保護団体「アメリカ野鳥保全協会」がこんな声明をだした様で、
> 猫アンチが盛り上がっています(笑)
> Study Finds Free-Roaming Cats Pose Threat from "Serious Public Health Diseases"
> http://www.abcbirds.org/newsandreports/releases/120918.html
> 何故野鳥愛好団体が「野良猫は感染症を運ぶ、だからTNRを止めるべき」という、
> 最初から結論ありきの意図的としか言いようのない声明を出したのかが気になりますよね。
> 野鳥を猫が襲うから、は定説ですが、疾病に関しては畑違いでは!?と感じております。

病気を運ぶと言うなら、鳥の方がよっぽどではないでしょうか?
自分の首を絞めているようにしか思えません。
でも、猫側の人間は鳥を殺せなんて言わないでしょうけど。

それにTNRを止めるとは、猫を増えるがままにするって事では?

> 勿論、風当たりを考慮しているのか「ではどうしたい!?」までには踏み込まないんですがね…。
> 野鳥と鯨は自然保護の象徴とみられがちなので、案外こういう主張は説得力を持ってしまいますね。。

特定の何かを守る為に別の何かを殺すとか、特定の何かを殺す為に別の何かを導入する。
こんな方法は愚かとしか言いようがありません。

過去の過ちを繰り返すだけです。

| ぐーパパ | 2013/02/23 06:14 | URL |

ぐ~パパさん

レスありがとうございます。
LAのTNR差し止め判決なる2009年の報道は、動物愛護団体発の記事が3本ヒットしたのですが、その1本の末尾に以下の一文が。

Comment: TNR of feral cats is a hotly debated topic among animal welfare and birding groups.

注釈:野良猫へのTNR施術は動物福祉グループと野鳥保護グループの間で白熱の議論が交わされている題材です。

…の一文が全てを物語っています。

危機状態
開発による生息地の破壊、食用や娯楽としての乱獲、人為的に移入された動物による捕食、植物による植生の変化などにより生息数が減少している種もいる。

また「毎度お騒がせな過激動物愛護団体」、PETAの公式HPにはやはり以下の様な記述があります。(翻訳しましたが、前半は蛇足です)

PETA事務局には毎日、動物達への残虐行為に関する通報が溢れる程寄せられています。
全米で、自由徘徊猫(野良猫と外飼い・放し飼い猫)は身体の一部を切断され、発砲され、溺れ、毒を盛られ、物理的に打ちのめされ、火にくべられ、生け贄にされ、金目当ての一味に動物実験用途の需要の為に捕獲され、闘拳家によりその闘争心を維持する為ないし単に餌として、非業の死を遂げています。
また野良猫は野生動物にとっても脅威となっています。全米野鳥保全協会は自由徘徊猫が全米で毎年数百万の野鳥と小型哺乳類を殺害しており、その中には種の存続が危惧されているチドリ目の数種も含まれています。

以下はチドリの置かれている状況。Wikiより。

危機状態
開発による生息地の破壊、食用や娯楽としての乱獲、人為的に移入された動物による捕食、植物による植生の変化などにより生息数が減少している種もいる。

| tunafishermann | 2013/02/24 00:47 | URL | ≫ EDIT

すみません、前コメントに「危機状態」が二重にコピペされてしまいました。無視して下さい。尚、我が国ではチドリの近縁種のコアジサシが危惧種だそうです。有名アンチがその主原因を外来種の猫によるものだと以前熱便しておりましたが、私は繁殖地である海岸線の乱開発(ないし生息地への人の立ち入り)が主原因だと思うのですが…ぐ~パパさんは如何でしょう!?

私は野鳥も漠然とですが好きですし(種類とか分からんw)、また野鳥の保全、則ち生息地の維持管理の必要性は重々承知のつもりです。野鳥愛好家に限らず、日々野良猫の脅威を感じている愛鳥家の言い分も至極ごもっともかも知れません、ただし籠の中の鳥の福祉に関して疑念を抱かない点を除けば…。
私は最近、猫アンチに限らず「駆除やむなし」派の意見を聞いていて、ある矛盾に気づきました。それは殆どの方が「人間>動物(鳥獣)」と仰られ、またほぼ重ねて「野生種保護の為の」外来動物駆除は正しいとも仰います。また熊や鹿猪の様に野生動物でも間接・直接を問わず人間に害を与えるものは、当然の如く駆除を正当化しておられます。
さて、ぐ~パパさんはこれにどういった矛盾が潜んでいるか見破れますでしょうか!?
始めに、動物より人間の生活や産業重視ならば、突き詰めれば野生鳥獣の保護などという「足枷」は本来要らない、無視される筈です。それなのに何故か「希少な野生鳥獣に限り保護」と唱える輩の多いこと…。
次に「希少な」種のみの保護を唱える行為は、既に『生殺与奪の権は我(人間)にあり』と唱えている事に他ならない訳です。しかしこれを認める方はアンチにもいません…私はお目にかかった事が無い。希少では無い野生鳥獣なら駆除して構わん、外来種なら尚更というならば、何故そう言わないのかが不思議でなりませんな、私は。多分、「公益」などと云う言葉を引き合いに出して駆除を正当化する連中が多い事にも、(殺生が忌み嫌われている日本の民俗的事情以外に)この件が関係している筈です。個人的に出過ぎた釘は打たれるからこそ、「みんなの迷惑」を演出する訳です。

| tunafishermann | 2013/02/24 01:50 | URL | ≫ EDIT

更に、外来種ならば「愛誤」も流石に反論出来ないだろう、と云うのならば…愛護動物の中でもペットとして中核を成す犬と猫は時代の流れと共に今や人間の家族と同然と感じる方も多いです。またその人間臭さや存在の親しみは何も愛好家の感じるところのみでは無いのは周知の通りです。要するに既に「人間≧犬猫」であり、また親近感では「犬猫≧野生動物」です。犬猫(イエイヌ・イヌネコ)は外来種だから駆除、といったところで(人間ならではの)感情的反発が起こるのは当然の成り行きです。
これを受けても野良犬猫の駆除を正当化出来るのでしょうか。
今、猫の虐殺が相次いでおりますが、昔の神戸の事件を引き合いに出さずともそれが人間へのそれとエスカレートする可能性が示唆されていますよね。同じ理屈で「犬猫なんて外来種なんだし、ましてや人間>動物なんだし駆除が当然の公益活動」などとのたまう輩が、貧困層や障がい者、外国人や同和地区出身者を差別糾弾ないし公的社会福祉からの除外、ひいては精神・物理的排撃行為に賛同を示す可能性は容易に想像出来ます。

私はアンチを始めとした人々こそが、自身の無謬を疑わぬ故に自己の観念を顧みる事無く他者を偽善者だのと罵り卑しめる、まさに『愛誤』そのものだと確信しました。

| tunafishermann | 2013/02/24 02:19 | URL | ≫ EDIT

訂正

闘拳家によりその闘争心を維持する為ないし単に餌として、非業の死を遂げています。
また野良猫は野生動物にとっても脅威となっています。全米野鳥保全協会は自由徘徊猫が全米で



闘拳家によりその闘争心→闘犬家により犬の闘争心

全米野鳥保全協会は→協会によると

| tunafishermann | 2013/02/24 19:22 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

> tunafishermannさん

ちょっと具合を悪くしていました。
お返事が遅くなってしまい、すみません。

> 我が国ではチドリの近縁種のコアジサシが危惧種だそうです。
> 有名アンチがその主原因を外来種の猫によるものだと以前
> 熱便しておりましたが、私は繁殖地である海岸線の乱開発
> (ないし生息地への人の立ち入り)が主原因だと思うのですが…
> ぐ~パパさんは如何でしょう!?

私もtunafishermannさんと同じです。
人間がやる事はいつも広範囲に自然を破壊し、
大量の動植物の犠牲を生みます。
猫が捕食する数の比では無いと思います。

WIKIにも

「日本では本州以南に夏鳥として渡ってきて繁殖するが、
繁殖地となる場所の減少にともない数が減っている。」

とありました。

> 私は最近、猫アンチに限らず「駆除やむなし」派の意見を聞いていて、
> ある矛盾に気づきました。それは殆どの方が「人間>動物(鳥獣)」と仰られ、
> またほぼ重ねて「野生種保護の為の」外来動物駆除は正しいとも仰います。
> また熊や鹿猪の様に野生動物でも間接・直接を問わず人間に害を与えるものは、
> 当然の如く駆除を正当化しておられます。
> さて、ぐ~パパさんはこれにどういった矛盾が潜んでいるか見破れますでしょうか!?

矛盾かどうか解りませんが、「駆除やむなし」派の人って今現在の事しか見えておらず、
何が原因でこうなったのか、その原因を取り除く為に何をすべきなのかを全く無視して、
増えたから殺せ、減ったから守れと言う単純な思考なんだと思います。
しかも本当は減った方も守りたいと言う気持ちはあまり無くて、増えた方を殺したいだけ
のようにも見えます。

そもそも殺して数を調整しようなんて考え方自体が人間の驕りで、
本来は自然の中の力関係に任せて置けば、自然に調整されるものです。
但し、自然そのものに人間の手が入っていない事が前提になるので、
日本の自然ではもう既に無理があるのですが。

では、その日本の偽物の自然の中で自然に調整されなくて増えた動物が現れた場合、
殺して調整する事で本当に解決するでしょうか?
私は全滅させない限り、また増えて同じ事を繰り返す事になると考えます。

駆除を訴える人が全滅させると言って居るのを見た事ありませんし、
駆除目的で実際に全滅させたと言う話を聞いた事がありません。
駆除を続けた結果、数が減りすぎて保護に切り替えるなんて馬鹿な話はあったと思います。
そしてまた増える。
愚かとしか言いようがありません。

これを矛盾と言えるかも知れませんね。
(論点がずれていたらすいません)

| ぐーパパ | 2013/03/08 01:30 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1514-27c75948

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。