PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 世界一孤独なゾウに友達を!動物愛護団体がフィリピンで唯一のゾウの開放とタイ移住を呼びかける

 動物愛護運動家達が、フィリピンで唯一のゾウを動物園から開放し、仲間がたくさん居るタイへ送るよう、政府に呼びかけている。

 マリは、1977年に当時のフィリピン大統領への贈り物として、スリランカからやって来たゾウで、フィリピンで唯一のゾウだ。母親から引き離されてフィリピンへやって来てから35年間、マリはずっとたった一人で、他の仲間との交流もないまま、マニラ動物園の殺風景な檻の中で暮らしてきた。マリの唯一の娯楽は、檻の中にある小さなプールだけだ。長年に渡る狭い檻の中での孤独と運動不足、それに高齢が加わって、マリは心身共に様々な病気・不調に見舞われている。そう言われれば、確かにマリはどこか悲しい目をしている気がする。

 動物愛護運動家達は、そんなマリを長年の孤独から開放してタイのゾウ保護区へ送り、他のゾウ達と引き合わせようと、フィリピン政府に要求している。この運動には、女優のブリジット・バルドーや歌手、作家など著名人が加わったことにより、ここ数週間で大きくなり、ベニグノ・アキノ大統領は先週、個人的に会議を開いて、マリをタイへ移送可能かどうかの調査を関係機関に命令した。一方、運動家達の方も、タイの検疫所にマリの移送を認めてもらう為に動き出した。

 野生で生きるアジアゾウの平均寿命は60~70歳なのに対し、動物園で生活するゾウは、狭い檻の中で生活するストレスや運動不足、肥満などにより、寿命は大幅に縮まり20歳まで生きるかどうかというところだ。動物園で35年間過ごしたマリに残された時間は、おそらくそう長くはない。このまま檻の中で生活し続けるということは、そのまま死の危機に繋がる。

 フィリピン政府はまだ、正式にマリの引退とタイ移住を認めた訳ではない為、動物愛護運動家達は、一刻も早い、マリの開放と移住を、政府に求めている。

マイナビニュース 2013年1月25日




突然知らない場所に連れて来られました。

ずっと一緒だった仲間の姿はどこにもありません。

どの方向に進もうとしても邪魔をする物があって先に進めません。

嫌な気は出していませんが、よく解らない音を発する生き物が入れ替わり私を見ています。

私は何故この場所に居るのでしょうか?

仲間と触れ合いたい。

広い大地を進みたい。

元居た場所に帰りたい...



あなたがこんな目に会わされたらどうですか?

単純な話です。

自分がされて嫌な事は、他人にも動物にもするのは止めましょう。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

地球生物会議ALIVE 動物園
地球生物会議ALIVE 動物園

アニマルライツセンター 動物園
アニマルライツセンター 動物園


関連記事

| 報道 | 01:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1515-526ed8d1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。