PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 犬猫殺処分減へ県が初拠点 飼育や避妊手術部屋も /岐阜

 捨て犬や捨て猫を保健所で殺して処分するケースを減らすため、県は美濃市片知の山間部に「動物愛護管理施設」を建設する。犬猫の新しい飼い主を見つける拠点で、県内では初めて。二〇一三年度一般会計当初予算案に建設費など一億七千万円を計上し、一四年四月の開所を目指す。

 県生活衛生課によると、犬猫の殺処分をゼロにする努力を自治体に求める改正動物愛護管理法が九月に施行されるのを受けた事業。全国で同種の施設が無いのは、岐阜、北海道、岩手、福島、群馬、香川の六道県だけだった。

 県内の保健所が一一年度に収容した犬猫は、四千匹。このうち引き取り手が見つからずに殺処分されたのは犬三百六十八匹、猫二千二百十七匹で、殺処分率は65%に上る。県は一七年度までにこの数値を50%以下に減らす方針だ。

 新しい施設は、年間百八十匹の受け入れを予定。犬五匹、猫十匹分の飼育室のほか、避妊や去勢手術、治療用の部屋を備える。市民と犬猫が触れ合う多目的ホールも用意する。県生活衛生課は「施設で預かった犬猫はすべて市民に譲渡できるよう努力する」としている。

中日新聞 2013年2月13日




犬猫の殺処分減施設整備を検討

 保健所などで収容した犬や猫の殺処分される数を減らすため、県が新年度、動物愛護管理施設の整備を検討していることがわかった。施設は美濃市に建設され、2013年度中の完成を目指す。また、犬や猫とふれ合うことができるドッグランも建設されるという。

 県生活衛生課によると事業費は約1億7000万円で、施設の広さは約295平方メートル。飼育室や検査・治療室などが設けられ、犬5匹、猫10匹の飼育ができる。防臭対策も備え、多目的ホールではしつけ方法などの研修も開催される。新しい飼い主への譲渡は、年間計180匹を目指すという。

 今年9月に施行される改正動物愛護管理法で、自治体に犬や猫の殺処分をなくすよう努力義務が定められたため、建設の検討を決めた。県によると昨年度、県内で犬368匹、猫2217匹が殺処分された。県は「処分される命を1匹でも減らしたい」としている。

 また、けがをして保護された希少な猛禽(もうきん)類の野生復帰を目指して、飼育や飛ぶ訓練などを行う施設も併設される。

読売新聞 2013年1月31日




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

地球生物会議ALIVE 家庭動物
地球生物会議ALIVE 家庭動物

アニマルライツセンター 殺処分をゼロに
アニマルライツセンター 動物売買禁止

関連記事

| 報道 | 02:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1521-3f18fee5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。