PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[転載] 乳飲み子を母猫から離さないでください!!!!

Con Meo 日記」様からの転載です。

※転載記事の場合、「応援コメント」や「ツイート」や「いいね」は転載元の方でお願いします。




転載、ここからです。



みなさん、こんにちは


 最近、保健所への子猫の持ち込みが始まっているようです。

 自分の家で飼っていた猫が子猫を産んだからというのは、あまりに勝手な理由で人として論外です。


 また、自宅の倉庫で野良猫が子猫を産んでいたというのもよくある話です。

 そんなときは人が子猫を触ってしまうと、母猫はその子を置き去りにしてしまったり、ひどい場合は食い殺してしまうことがあるそうです。

 野良猫がお宅で子猫を産んでしまった場合は、どうかしばらくそっとしておいてください。


 
 どちらの場合も、子猫を母猫から切り離さないでいただきたいのです。

 
 乳飲み子のお世話は本当に大変です。

乳飲み子を母猫から離さないでください 1
この子の生きる道を奪ってしまっていいのでしょうか。

 2~3時間おきにお乳を飲ませて、夏でも体温が下がらないように気を配り、お尻を刺激して排泄をさせ、健康管理をして…。

 これをできる人がどのくらいいるでしょうか。


 つまり乳飲み子を母猫と別々にしてしまうということは、生きる道を奪ってしまうことになるのです。

 
 子猫を育てて飼う気もない、いずれは捨ててしまう、保健所に持ち込んでしまうつもりでも、どうか離乳までは母猫のそばに置いておいてほしいのです。



 「目が開いてしまうと情が湧くから」…そんな人の都合で命を奪われてはたまったものではありません!!


 
 母猫がいれば、こんな大変なこともやってくれますし、人は母猫に餌をやって、トイレを掃除していればそれで済みます。

乳飲み子を母猫から離さないでください 2
この子たちは母猫が育ててくれましたから、全員が幸せを掴みました。

そして、離乳が済んでいれば、里親も探せます。


 でも、離乳が済んでいない子は、保健所に持ち込まれた場合、殺処分されます。

 保健所によっては「ミルクボランティア」さんがお世話をしてくれるところもあるそうですが、そんなボランティアさんがいない場合、仕事を抱えた職員さんが寝ずの世話をするわけにもいかないのです。


  殺処分されているのは、実はほとんどがこうした子猫たちです。

 でも、殺処分されるために生まれる命なんかありません。

 殺処分を決めるセンターの職員さんたちも、実際に処分される職員さんたちも、どんなに辛い気持ちでいらっしゃることでしょうか。

乳飲み子を母猫から離さないでください 3
 「目が開く前に保健所へ」と言われていたチャチャとトラ兄弟たちです。

 今回、里親さんが見つかったトラちゃんやトライアル中のチャチャも、母猫のそばに置いていただけました。だからこそ幸せをつかんだんです。


 



 何度でも言います。


 どうか、離乳までは母猫のそばに!!!


 
 宜しくお願いします。






 では、また


 
     「命のバトンボランティア(仮称)」につきまして

 先日から募集しています、「命のバトンボランティア(仮称)」引き続き募集中です。

 諸事情で終生飼養はできないけれど、期限付きでなら飼育できるという方、ぜひメールでお問い合わせください。

 猫好きさん1人1人の小さい力を合わせたら、救える命があるかもしれない。

 そんな思いで、一時預かりのボランティアネットワークを作っていく構想です。

 どうぞ宜しくお願い致します。



転載、ここまでです。



ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

地球生物会議ALIVE 家庭動物
地球生物会議ALIVE 家庭動物

アニマルライツセンター 殺処分をゼロに
アニマルライツセンター 動物売買禁止


関連記事

| 殺処分 | 01:38 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/07/19 11:02 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1659-15dba8e5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。