PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[転載] 秘めてた仔

動物たちの未来のために」様からの転載です。

※転載記事の場合、「応援コメント」や「ツイート」や「いいね」は転載元の方でお願いします。



「咬むから」

こんな理由で捨てていく飼い主。

どうして咬むのか考えようとしない飼い主。

咬む理由が自分にあるなんて全く考えない飼い主。



「咬むから」

こんな理由で殺処分するしかない管理所職員の方たち。

普段から殺さないように頑張っている所程つらい思いをする事になります。



こんな優しい子まで殺処分されてしまいます。




以下、転載です。




4/9、三本足のタケちゃんと初めて管理所で会った日、

ある一頭との出会いもありました。



その仔の事は、一生自分の胸の中だけで

止めておこうと決心してました。

その仔が確かに生きていた事…

私だけが一生記憶に残していこうと思いました。



ですが…

やはりその仔が生きていたことを、真実を書こうと思い直しました。

そのきっかけとなった理由は、後半にて書きます。



4/9、管理所の檻がいっぱいだったので、

子犬と成犬二頭が、同じ檻に入っていました。

子犬を見る優しいまなざし…

当然親子だろうと思ってボードを確認すると…

秘めてた仔 1

全く違うルートから、管理所に来た二頭でした。

秘めてた仔 2

子犬にとても優しい雄犬。

子犬とじゃれ合うわけでもなく、

ただただ、子犬に寄り添っているようにみえました。

「大丈夫だからね」って…

秘めてた仔 3

だけど、この仔は「生」への道は閉ざされていたんです。

管理所に来た時点で、全てが終わっていたんです。

秘めてた仔 4

「咬傷犬」

飼主の「心変わり」と「行動」…それだけしか

この仔の運命を変える事はできなかったんです。

秘めてた仔 5

優しい子でした…

あの仔の優しさに守られた子犬は、譲渡適性検査に合格しました。

お互い別々の扉へと向かいました。

「生」と「死」…この二頭にとって、

本当の…永遠のお別れでもありました。



今日「ひまわりの家」に行った時に、

あの仔が二週間、優しく見守ってた子犬と再会しました。

秘めてた仔 6

半月ぶりに会った子犬は、少し成長したかのようにみえました。

この子犬の後ろに…あの仔の姿が見えるかのようでした。

この子犬には絶対幸せになって欲しい…

秘めてた仔 7


管理所の緊迫した空気の中、

怯えていた子犬の側にずっと寄り添ってくれてた

亡くなったあの仔の優しさのためにも...




「いのちのはうす保護家」では、
特に、平日のボランティアさんを必要としております。
どうか、私達に力を貸して下さい・・
いのちを受け入れるキャパを...力を貸して下さい!

1ヶ月一回でも、1時間でも構いません。
ボランティア希望の方は、会の窓口電話か
下記のメルァドまでご連絡ください<(_ _)>
場所等ご説明いたします。


mailお問い合わせ(担当・カワノ&伊藤)

★090-4484-5165(担当・藤井)


チャリティーショップ開設しました。
売上の一部が、保護家の維持費、医療費、等になります。
どうか、皆様のご協力をよろしくお願い致します。
会オリジナルマグネット販売開始
(保護家マグネット再入荷しました)


http://xxinunekoxx.cart.fc2.com/




転載、ここまでです。


ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

地球生物会議ALIVE 家庭動物
地球生物会議ALIVE 家庭動物

アニマルライツセンター 殺処分をゼロに
アニマルライツセンター 動物売買禁止

関連記事

| 動物愛護センター | 06:27 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今月号の

雑誌「ねこ(ネコ・パブリッシング)」にも横浜アニマルファミリー(例の子猫の足送付事件のグループ)の取材記事があり、その中で同団体が横浜市動物愛護センターからの流出記録書類を公開しておりました(信頼関係に悪影響を及ばさないか!?)。
それによると、全国でもいち早く殺処分を停止したという横浜市ですら、持ち込まれた「自活能力の無い」子猫の殺処分を行っていた事実、加えてその理由が「目やに」「鼻水」「人を警戒している」からですって。野良猫なんだから当たり前だろっつーの。
また、不妊去勢手術の助成頭数が市全体で「月10頭」。その理由が「不妊去勢手術の経験のある管轄の獣医師が少ないから」だと。嘘つけっつーの。どうせ「行政による民業の圧迫」だのと市によるTNRに反対するビジネス獣医の抗議に屈したからだ。
活動の味方たる行政や獣医師がこんなザマなんで、本記事にある様な現実も氷山の一角でしょう。
犬は狂犬病予防法のネックと「噛む・吠える」の要因で『(野放しの)地域犬』は不可能ゆえどうしても譲渡管理が不可欠なので、希望者には審査の上譲渡をすべきでしょうね。頭ごなしに「咬傷犬」と決めつけないで。
犬なんて「吠える・噛む」は習性なんだと、大抵コントロールすれば分かるものなんだと何故獣医師が助言しないのか不思議でならない。

| tunafishermann | 2013/04/28 12:53 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1671-7c0a4f7c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。