fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「ボランティア犬」制度スタートから5年 県動物愛護センター、積極利用呼び掛け /岡山

「ボランティア犬」制度スタートから5年 県動物愛護センター、積極利用呼び掛け(山陽新聞)

 体験教室などを通じて子どもらに命の大切さや動物との接し方を啓発する岡山県動物愛護センター(岡山市北区御津伊田)の「ボランティア犬」制度がスタートして5年。参加する犬の登録が順調に増える一方、要望に応じて開いている行事は利用が伸び悩んでおり、運営する県動物愛護財団(同所)が積極的な申し込みを呼び掛けている。

 制度は2005年スタート。県内の愛好家らが、周囲の犬に興奮しない▽ほえない▽かまない―などの審査をパスした飼い犬を登録し、動物愛護イベントに参加してもらっている。初年度10頭だった登録数は年々増え、現在は27頭いる。

 ところがPR不足のためか、ふれあい教室など肝心の行事開催は申し込みが少なく、毎年10回前後と横ばい。同センターの国近寛康所長は「身をもって命の温かさを体感できる取り組み。捨て犬や捨て猫を減らす草の根の活動でもある」と説明する。

 要望に応じて幼稚園や小学校に出向く出張教室もあり、同センターは「ぜひ利用してほしい」と話している。無料。予約は同財団(0867(24)3288)。
関連記事

| 報道 | 05:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/171-791d268a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT