PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 命の重み訴え 映画「ノー・ヴォイス」

 「捨てられる命をゼロにしたい」。殺処分される犬や猫は年間17万匹(環境省調査、2011年度)に上る。その痛ましい現実に光を当て、命の重みや愛情を持ってペットを育てる大切さを訴えようと、映画監督の古新舜さん(32)=東京都杉並区=が映画「ノー・ヴォイス」を企画、自主製作を進めている。

 古新さんは10年末、動物好きの知人から「捨てられる犬をテーマに映画を撮ってみては」と勧められた。興味を持ち、保健所から犬猫を引き取って育てている施設を訪問。飼い主に虐待され、片目の見えなくなった犬に出会った。

 声を上げることもできないまま殺されてしまうペット。子どものころいじめに遭ったという古新さんは「人間と同じく尊いはずの動物の命を軽視している。相手を思いやれないという意味で、いじめと根は同じだ」と考え、製作に打ち込んだ。

 ノー・ヴォイスは6月に完成予定。

沖縄タイムス 2013年5月5日




以下、「No Voice」HPより

制作者からのメッセージ





「犬と猫と人間と」

「ひまわりと子犬の7日間」

そして

「ノー・ヴォイス」

このような映画によって、まずは日本人全員が殺処分の現実を知る事。

知る事によって、殺処分を無くす為に

「安易に飼わなくなる」

「ペットショップで購入しなくなる」

「最後まで責任を持つ飼い主になる」

そんな流れが生まれてくる事を願います。



署名

ペットショップでの犬猫の販売を禁止し、新しく飼う際には保健所や保護センターなどから引き取る制度を作ってほしい

保健所への動物の持ち込み禁止および殺処分の撤廃




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

地球生物会議ALIVE 家庭動物
地球生物会議ALIVE 家庭動物

アニマルライツセンター 殺処分をゼロに
アニマルライツセンター 動物売買禁止


関連記事

| 殺処分 | 07:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1775-d7a34f5f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。