PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 犬と触れ合って「命」実感 朝倉の小学校で特別授業 /福岡

犬と触れ合って「命」実感 朝倉の小学校で特別授業



 犬と触れ合い、命の重みを感じてもらおうと、朝倉市の動物愛護団体「わんダフル朝倉」(徳安雅子代表)と県北筑後保健福祉環境事務所は14日、同市の志波小学校(鶴田卓校長、44人)で「命の授業」を行った。

 講師役は、同事務所職員2人とわんダフル朝倉のボランティア8人。事故で後ろ脚を切断した「ファイト」や、東京電力福島第1原発の20キロ圏内で保護された母犬から生まれた「ボタン」など7匹の犬も参加した。児童たちは真剣な表情で、聴診器で心音を聞いたり、犬の気持ちを察する方法を学んだりした。

 「18万4915匹。何の数か分かりますか」。低学年の教室では、2011年度に全国で殺処分された犬・猫の数を聞いた児童は「どうして殺すの。違う人にあげたらいいのに」と悲しそうな表情。老犬「ナナちゃん」を飼っている4年の男子児童(9)は「うちのナナちゃんは、もう目が見えなくなってしまったけれど、絶対に最後まで飼う」と誓っていた。

西日本新聞 2013年6月15日




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

関連記事

| マナー・モラル | 05:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1847-f153ef13

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。