PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 中国で毎年恒例の「犬肉祭り」 1日で養殖犬10000頭食べる

 むせ返るような獣臭が街中に漂う。市場の店先に並ぶのは茹でられて毛をむしられた中型犬たち。骨を砕く中華包丁の音と、「犬肉」を買い求める人々の声がこだまする--。

 6月21日の夏至の日、中国の最南部に位置する広西チワン族自治区の玉林市では、毎年恒例の「茘枝狗肉節(ライチ犬肉祭り)」が開かれた。人口550万の都市では、この日だけで約1万頭分の犬肉が消費される。

 夏至に犬肉を食べるのは、この地方の伝統的な風習だ。そこに、今が旬のライチが加わって、町を挙げての年中行事となったのは18年前のことである。

 玉林市のみならず、広く犬肉食の習慣が残る中国だが、最近では「犬肉食は野蛮だ」という国内外からのバッシングにさらされている。この日も、北京や上海、香港など都市部から来た反対派がデモ活動を行なっていた。彼らに対し、「犬肉はダメで、鶏肉はいいのでは道理が通らない!」という反論をぶつける玉林市民も少なくなかった。

 食用肉として売られるのは、すべて養殖された食用犬だという。市場で犬肉を切り分ける女性の足元に鎖に繋がれた犬を見つけた。「これも食べるのか?」と尋ねたところ、「とんでもない! これはカワイイ飼い犬だ!」と怒られてしまった。

 夕暮れ時、犬肉屋台が並ぶ目抜き通りでは、多くの老若男女が「犬肉火鍋」を囲んでいた。私も一軒の屋台で注文した。醤油で煮込まれた犬肉はクセも臭いもない。パサパサした牛スネ肉のようだった。

zakzak 2013年07月04日




中国の「犬肉祭り」に国内から非難が殺到、動物愛護の意識高まる

中国の「犬肉祭り」に国内から非難が殺到、動物愛護の意識高まる



 2013年6月21日、ロサンゼルス・タイムズによると、中国広西チワン族自治区玉林市で毎年夏至の日に開催される「犬肉祭り」に対して、中国国内で激しい非難の嵐が巻き起こっている。24日付で参考消息(電子版)が伝えた。

中国の「犬肉祭り」に国内から非難が殺到、動物愛護の意識高まる 2



 ここ最近、海辺で発見された傷ついたイルカを観光客が助けようともせず、記念撮影などをして死亡させた事件や、最高級珍味である「クマの手のひら」200枚をロシアから密輸しようとした男2人が逮捕された事件など、動物虐待に関するニュースが相次いでいる中国で、最も注目を浴びたのは玉林市の「犬肉祭り(狗肉節)」だ。動物愛護団体によると、ここで毎年「消費」される1万匹の犬は、野犬狩りでつかまった犬や盗まれたペットの犬がほとんどだという。

 「犬肉祭り」に対し、中国国内の多くのネットユーザーが激しい怒りを示した。しかし、玉林市民は「夏至の日に犬の肉とライチ(レイシ)を食べるのは長年の習慣であり、健康法の一つ」だと反論。広西伝統文化研究会の謝平祥(シエ・ピンシアン)副会長も「犬肉を食べるのは民間の飲食習慣であり、法律や道徳とは無関係のものだ」と話す。

中国の「犬肉祭り」に国内から非難が殺到、動物愛護の意識高まる 3



 国際動物愛護基金(IFAW)アジア支部代表のグレース・G・ガブリエル氏は「中国におけるソーシャル・メディアを利用した動物虐待への抗議件数がここ数年で激増している」と話す。「ネット上での反応は大きい。以前ならば、こうした抗議は主に海外ユーザーによるものだったが、現在では中国ユーザーが主体になりつつある」と指摘した。「犬肉祭り」への抗議声明には、すでにネット上で10万人を超える署名が集まった。こうした国内の動きから、「犬肉祭り」と似たようなイベントを中止する都市も増えているという。「犬をペットとして飼う人が増えるにつれ、犬肉を食べるのに反対する人も増えている」とガブリエル氏は述べている。

Livedoor NEWS 2013年06月26日




犬肉を食べる祭りは残酷すぎる、犬は人類の友

犬肉を食べる祭りは残酷すぎる、犬は人類の友 1



 中国浙江省金華市でおととし、600年以上の歴史を誇る「犬肉祭り」が中止となったが、広西チワン族玉林市の「ライチ犬肉祭り」はいまだに行われている。だが、人類の友である犬を食べることはあまりにも残酷ではないだろうか?13日付で現代快報が伝えた。以下はその内容。

 犬肉を食べる場面は、中国の各都市で一般的にみられる光景だ。玉林市の「犬肉祭り」では大勢の参加者が数万匹の犬の新鮮な肉に舌鼓を打ちながら、祭りを楽しんでいる。

 だが、今まさに食べようとしている犬肉は、もしかしたら一人暮らしのお年寄りが可愛がっていた犬かもしれない。体の不自由な方が生きがいにしていたかけがいのないパートナーかもしれない。

 中国は古来より仁義を重んじる国。犬は共に生きていく友達とみなされてきた。決して食べるためのものではない。犬は人間の食物連鎖に含まれておらず、人間は犬肉を食べなくても十分に生きていける。

 犬の立場になって考えてみよう。友達としてともに楽しい時間を過ごしつつ、都合の良い時だけ食用になれというのは虫がよすぎるのではないだろうか?

犬肉を食べる祭りは残酷すぎる、犬は人類の友 2

犬肉を食べる祭りは残酷すぎる、犬は人類の友 3

犬肉を食べる祭りは残酷すぎる、犬は人類の友 4

犬肉を食べる祭りは残酷すぎる、犬は人類の友 5

犬肉を食べる祭りは残酷すぎる、犬は人類の友 6

犬肉を食べる祭りは残酷すぎる、犬は人類の友 7


新華経済 2013年06月14日




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

関連記事

| 報道 | 00:15 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。
伝統の祭り何だか知らないですが21世紀
あり得ないです・・・・。

倫理も何もあったものではなく食欲が満たされれば
何でも食べてしまう世界のブラックホールみたいに感じました。
日本でも食肉されている人にとっては可哀相と言いながら
家畜を食べているし一緒なのでしょうね・・・。

そういえば昨日のニュースでピータンに
工業用青酸を入れていた会社が摘発されたそうです。
中国だけではないですけどやっぱり中国は怖いです・・・。

意識改革して変わって欲しいと切に願います。

| kinnogoma | 2013/06/23 23:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1848-15f4d20c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。