PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 「命の大切さ伝えたい」 音楽劇通じ児童に呼びかけ /神奈川

「命の大切さ伝えたい」



 飼い主から見捨てられた犬や猫がどのような末路を辿るのか――。

 子どもたちに命の大切さを伝えようと17日、聖マリア小学校(逗子市逗子)で音楽劇を通じた教育プログラムが行われた。同校保護者で犬の保護啓発活動ボランティアを行っている佐竹加代子さんが企画。動物保護の普及活動を展開する音楽劇団「みゅーまる」と里親募集などを行うボランティア団体「ONE☆Paw(ワンパウ)」が協力した。

 参加したのは同校1年生から4年生まで117人。第1部では県動物保護センターの石原旬さんが講演。年間同センターに運び込まれる動物の数や最終的に引き取り手が見つからなかった犬や猫たちの末路などを現状を交えて紹介した。

 第2部ではみゅーまるによる音楽劇「ぼくの声きこえる?」を披露。家族に見捨てられ、殺処分される運命にある飼い犬「ジョン」の目線で「僕にも皆と同じように命がある。忘れないで。僕が家族みんなを愛していることを」など犬の声なき声を音楽に乗せて訴えた。音楽劇を終えて児童からは「ジョンの悲しい気持ちがよく分かった」「命をもっと大切にしなければいけないと思った」など感想があがった。プログラムを企画した佐竹さんは「自分たちが迎えた命は、責任を持って最後まで面倒をみなくてはいけないと子どもたちに学んでもらえれば」と話した。

殺処分…迷子や飼い主に飼育放棄された動物は動物保護センターが一時的に引き取る。里親が見つかる場合は譲渡するが長期間見つからない場合は殺処分される。以前はガスが使用されていたが、近年は眠らせてから注射する場合が多い。昨年、県動物保護センターでは70頭が殺処分の対象になった。

タウンニュース 2013年7月19日




最後の3行、神奈川の事だけを言っているのならいいけど、全国的な事を言っているのであれば誤解を招きそう。

誤)長期間見つからない場合は殺処分
正)大半のセンターでは短期間で殺処分。長期間なのは殺処分を減らそうと頑張っている一部のセンターのみ

誤)近年は眠らせてから注射する場合が多い
正)ガスによる窒息死が今も大半。麻酔による処分を行っているのはまだまだ一部

だと思う。




ブログトップで動物愛護に関する署名、イベント情報等を載せています。
そちらの方もよろしくお願い致します。


ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

地球生物会議ALIVE 家庭動物
地球生物会議ALIVE 家庭動物

アニマルライツセンター 殺処分をゼロに
アニマルライツセンター 動物売買禁止


関連記事

| 未分類 | 00:38 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

http://hid_496.ohiostage.com

chanel 財布 メンズ|chanel_pmz.crosscs.com |chanel 財布 メンズ
hid h4 55w バルブ http://hid_496.ohiostage.com

| hid h4 55w バルブ | 2014/01/21 15:45 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/1916-02904026

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。