FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

クマに続きイノシシやシカも出没増、異例の猟期延長 /兵庫

産経ニュース より

 イノシシやシカによる農林業被害が相次いでいる問題で、兵庫県は通常ならば2月15日までだったイノシシとニホンジカの狩猟期間を1カ月延長すると発表した。イノシシの狩猟期間延長は今回が初めて。

 県自然環境課によると、動物による農作物の被害額は約8億9千万円にのぼり、約7割がシカやイノシシによるものだという。

 イノシシの生息数は県内で把握していないが、今年度に入って生息域が拡大。9月には六甲山でハイカーが続けてイノシシに襲われる事態もあった。同課はイノシシの生息域の拡大に歯止めをかけるため、県の保護管理計画に基づきイノシシの猟期を3月15日までに延長することを決定した。

 ニホンジカは昨年、淡路島で局地的に増加し、昨年度の県内でのニホンジカ生息数は約14万頭に。このため、淡路地域限定で猟期を延長していたが、今年度は対象区域を県土全域に広げた。

 県内での狩猟期間は鳥獣保護法で11月15日から翌年2月15日までと決まっていたが、今回の異例の措置で同課は「よりたくさん捕ってもらうことで、安全確保につなげたい」と話している。



この狩猟というのは、食用とする事を目的とした狩りなのでしょうか?スポーツハントやレジャーハント(何ておぞましい言葉)も許可しているのでしょうか?
兵庫県はいつもお金の事ばかり気にしているように、住んでいて思えます。

何故、野生動物が増えたのか?
何故、野生動物が人の生息域に現れるようになったのか?
何故、野生動物の食料が減ってしまったのか?

「よりたくさん捕ってもらうことで、安全確保につなげたい」と言った人、よく考えてみて下さい。
関連記事

| 報道 | 06:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/209-c58cbc61

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT