FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ペットに課税、飼育放棄防ぐ!?民主チーム検討

読売新聞 より

 民主党税制改正プロジェクトチームは26日、2011年度税制改正に向けた政府への提言案で、犬や猫などペットへの課税を検討課題とすることを求めた。

 ペットの無責任な飼育放棄などが、行政による処分費用の負担など「負の連鎖」につながっているとして、「地方自治体による登録制を導入して課金も行うことなども含め検討を提言する」とした。

 課税を通じてペットの適切な飼育を促し、税収を処分費用に充てることを想定している。民主党関係者は26日、「ペットは家族の一員という人が増えている」と述べ、課税には一定の理解が得られるとの考えを示した。ただ、ペットへの課税は今年度の税制改正論議で検討課題に上っておらず、11年度税制改正で実現するかどうかは不透明だ。

 過去には自民党も、動物を飼ってもすぐ捨ててしまう飼い主を減らすため「ペット税」導入を検討したことがある。



税収を処分費用にすると言うのはおかしくないでしょうか?
これでは、今まで国民から徴収した税金で賄っていた殺処分費用をペットと暮らしている人達だけが出す事になります。この使用目的であれば、センターに捨てに来た飼い主から徴収する費用を増額して賄うべきだと思います。
真面目にペットと暮らしている人にとっては、自分の払った税金が間違いなく犬猫を殺す事に使われるというのは忍びないものがあります。

課税ではペットの適切な飼育を促す事は出来ないでしょうが、安易にペットを購入する人は減るかも知れないですね。

ペット暮らす人から税金を徴収する事自体に不満はありません。
せめて、使用目的をセンターに収容されている犬猫を生かす為に使って欲しいです。


関連記事

| 報道 | 08:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/236-4c9cf248

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT